投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で ▲7.5% となりました。
前週比は+4.4% で推移しました。


SnapCrab_NoName_2020-5-23_0-39-25_No-00.png




2.全体所感


今月は大きな反発となった月となりました。

とりわけ新興市場が盛り上がったようで、
マザーズ指数は月間で+21.3%で先月より更に強い反発となりました。
一時は年初来で4割強のマイナスまで突っ込み、その後V字回復となってます。

新型コロナウィルスに対するワクチンが期待されるなど、
バイオ関連の銘柄が盛り上がっただけでなく、
個人投資家に名の知れた銘柄も様々な思惑が絡み、
いきなり随所で急騰がみられました。

主体別投資動向をみると長らく日本株を売っていた海外投資家が
ようやく買いに転身したようで、
大型株においても指数は月後半にかけて堅調に推移しています。
新型コロナウィルスの混乱などなかったことになりそうな
株価推移というのをどう捉えるかということになりますかね。

現時点で進行期の業績予想を未定にする会社も多く、
更に足元の影響は計り知れず、
これから出てくる決算にも不安があります。

一方で市場の評価はこの落ち込みは一時的で、
企業そのものの価値はそこまで毀損しないだろうという
総体評価なのでしょう。
確かに回復に要する年月がどの程度かはわからないものの、
企業のもたらす価値に注目すれば超長期としてみると
正しい評価なのかもしれません。

しかし、今の騰落をみていると、
その印象とは真逆で価値ではなく、ただその時々の機会によって、
大きくその時々の評価も変わっているように感じます。

私はここ最近、日中帯に株価を追う事をやめたのですが、
今1週間を振り返り、チャートをいくつかみていると、
1日の中でも大きく騰落があって、やはりこれに一喜一憂していると
ただただ疲れるだけだな、という感覚がより強まっています。

まして、それを私も含めてSNSで発信しているのを見て回るのは、
その多くが建設的でないと感じますし、
そんな中で有意義なものを見出すことで、
本当に自分にとって必要な情報を得るようにしたいなと思います。
そして自分自身がそんな情報をろくに発信できていないことから、
一旦なんのためにSNSを使っているのか、
これが今もまだなお、自分がどうあるべきかの悩みが続いています。

元々SNSなど気軽に使えばいいものなのですが、
投資家としての自分だけでなく、家族を支える父としての自分、
あるいは写真などの趣味を嗜む自分としてどうバランスさせていくか、
考えながら細々とやっていきたいと思います。

市場の方ですが、外部環境としては米中の再燃とEUの財政政策に動きがあり、
この辺りのニュースが今後市場の新たな懸念材料となっていかないか、
を気にしています。
第二波の影響も気になる所ではありますが、確実にまた感染者は増えるだろう中で、
どういう政策をとっていくのでしょうね。
今度こそ、冷静かつ共存がより前面に出てくるといいと思うのですが。

とはいえ、私がみるべきはやはり企業の価値創造です。
確かに外部環境の様々な影響で財務数値として凹凸があるのは事実ですが、
そこに目を奪われ過ぎずに、うまく達観していけるようにありたいです。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2020-5-29_22-31-50_No-00.png



特に大きな変化はありません。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。


SnapCrab_NoName_2020-5-29_22-30-57_No-00.png



週間としては満遍なく反発しているように思います。
そしてそれはテーマ株などがあるわけでもなく、
概ね市場平均並みに推移することになります。

個別では唯一のマザーズ銘柄であるソーシャルワイヤーが
謎の高騰を演じています。ちなみに月間では7割強となっています。
特にバイオでもなければ、業績期待ということでもないのですが、
不思議なものですね。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2020-5-29_22-30-27_No-00.png


ポートフォリオPERは引き続き高水準になっています。
ステップなど一部銘柄では既に今期の業績の落ち込みを反映して
独自予想EPSを元にしてPERを算出していますが、
とはいえ、まだEPSは下がる方向ですから、
実質的にはもう少しPER水準は高い状況だと認識しています。

しかしながら、この一時的な指標で算出された結果だけで、
高い、安いと評するのは少し違うな、と特にここ最近考えを改めています。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。
なお、株価の動きを踏まえた率直な思いも適宜メモしていきます。


■ステップ
6月から通常授業に戻るとのアナウンスに続き、
キッズ部門も新規説明会の開催の案内が出ました。
少しずつですが、通常化に向かっています。
但し、第二波の懸念もいくつかの地域で示されていますから、
今後もライブとリモートとをうまく使い分けながらの
運用となる可能性があるのかなと捉えています。
こういう機会にもステップの優位性を示し、生徒さんに価値をもたらし、
やはりステップのもたらす価値は素晴らしいということになれば、
財務数値については二の次で良いのではないかと思っています。


■オリコンHD
株主優待制度を拡充する旨のリリースが出ています。
1000株以上の長期株主が優遇される形となりますが、
そもそも日々の出来高が少ない同社の銘柄で、
この優待拡充がきっかけで一時はストップ高になるのは、
また不思議な感覚です。


■ソーシャルワイヤー
決算説明動画がUPされ、社長の月次コメントも更新されました。
動画でも前期の修正の真摯な振り返りと共に、
現状を正確に伝えようとする姿や着々と進めている
事業展開の様子もよく伝わります。なにより社長が元気そうに
お話されているのが良かったと思います。
株主優待制度が額面では太っ腹ということもあり株価は急騰しており、
この点はやや残念な部分もありますが、
今後形式要件を満たしたら、長期株主を対象とするなどの
対策についても検討頂きたいなとは思います。

事業についてはデジタルPRについてはコロナ禍の影響は一定程度ある一方、
シェアオフィス事業はむしろ追い風という中で、
今後更にオフィスそのものの捉われ方が変わることが、
機会になるという見立てのようです。

素人ながら、そもそも都心に立地しているという優位性そのものが
変化する可能性がある中で、そこまで追い風になるという構造が
そもそもまだ理解できていませんが、
今後、総会などで勉強していきたいと思います。

ファクトブックも含めて積極的なIRは大変好感が持てます。


■トーカイ
決算説明資料がUPされてます。
既にIR照会をしていたこともあり特に新しい観点はありませんでした。
少し見た目が綺麗になりましたね。
今期は業績が落ち込む計画となっていますが、
参考として示されているビジョン等を読むと、改めて価値に目が向きます。
同社が確立しようとしているビジョン姿に賛同しています。


■システムインテグレータ
株主総会が開催されました。
動画中継もされていたので私はリモートで参加しました。
ちょっと回線が不安定だった時もあり、改めてUPされると思いますので、
それもみて復習しておきたいと思います。
こちらも梅田社長の独特の語り口は健在です。
この業界の会社としては珍しく、「守り」を意識して発言されていたのが
印象的でした。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。


SnapCrab_NoName_2020-5-29_22-33-43_No-00.png


まだようやく半値戻しくらいですかね。
足元の資産的にはまだまだ厳しい状況です。



6.雑記

学校が休校中ということもあり、子供と早朝に近場で散歩をしながら、
花々を撮影する時間が増えました。
子供と首に一眼レフをぶら下げて朝の散歩に出かけ、
昼は子供と勉強したり、電子工作したり、写真を現像したりして
更に家の家事を手伝ったりしているとあっという間に日々が過ぎていきます。

もちろん、リモートでサラリーマンとしての最低限の仕事もこなしており、
良くも悪くも投資に割く時間は減少しています。

もっと熱を注いでやればいいのでしょうが、
私の新たなニューノーマルとやらはどうやら家族、趣味をより重視したものとなりそうです。

とはいえ、投資家としての自分を捨てる気がないため、
共存して楽しんで投資ライフも送るために距離感やなすべきことを模索していきたいですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1343-2a18f44a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り