投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で ▲12.0% となりました。
前週比は+3.1% で推移しました。


SnapCrab_NoName_2020-5-23_0-39-25_No-00.png



2.全体所感


緊急事態宣言が段階的に緩和されていく流れになっています。
諸外国ではロックダウン解除された後においても
経済面の回復は緩慢なようですが、日本ではどうでしょうか。

新たな生活様式の提案として様々な取り組みが例示されており、
人々の需要も全くもって変わるとも指摘されています。

しかしながら、とりわけ保守的で横並び意識の高い日本国民が、
真にパラダイムシフトへ向かっていくいくことになるのでしょうか。

テレワークが当たり前になり、
非対面チャネルのコミュニティも盛んになり、
買い物のスタイルやシーンにも変化が及び、
飲食店での振る舞い方からレジャーに至るまで、
制約が課せられるその生活様式は、今後我々の生活にどう染み付き、
それが標準化されていくのでしょうか。
そもそも、今の漠然とした危機感は色褪せ忘れられ、
気が付いたら、いつもの満員電車に居酒屋で盛り上がる従前の光景が
繰り広げられる日が来るのかもしれません。
そしてそれが経済にとっても、
過度にウィルスを恐れず共存していくことになるのかもしれません。

株式市場においては、そんな生活様式の変化を先取りできるようなテーマ株が物色され、
個人投資家はそれに色めき立ち、
需要が需要を呼ぶような騰落が随所で観測されているようです。

というわけで、投資家としてそんな機会を求めて躍起になって
情熱を注ぐべきところかもしれません。
しかしながら、私はここ最近特に投資クラスターとしての
SNS発信のモチベーションが下がっており、
投資へかける時間、そのものも減ってきていることも事実です。

私の投資で目指すべきところは、
投資機会に躍起になるのではなく、
長期的に放置できるくらい達観する事だと思っています。
ただこれは興味を薄くするという意味ではありません。
興味関心は注ぐものの、その注ぎ方、
とりわけどこに自分の何を注ぐのかを踏まえて、
自分なりの温度感を大切にしていかねばなりません。

このような自分の温度感を大切にというところが、
ここ最近のSNSとの距離の取り方を再考しているきっかけです。
加えて、自分の時間の使い方やそうあるべき姿というものを見つめ直した時に、
いま、これを書いている時間は果たして的確なのか、
そんなことを考えながら、もう少し整理を進めて、自分なりの投資家としての
あり方を見定めていきたいと思っています。

その結果、まるのん投資家はひっそりと姿を消すかもしれません。
それでも私自身は投資をやめる事はないと思います。
投資をし続けることになんら興味関心、楽しみが消えたわけではありませんので。

マザーズ指数が年初来プラスへ回復しています。
そしてその一因としては、個人投資家の機動的な対応による
底入れからの回復期待による買い上げがあるようです。
今回のショック安ともいうべき状況からいち早く回復し、
再び資産を伸ばすモードに皆さんが移りつつあり、
高揚感が漂う中で、弱小の凡人投資家として取るべき行動は、
よく考え、納得感を損なわないようにあり続けなければならないなと思います。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2020-5-22_17-22-37_No-00.png


全体のバランスや騰落によってイオンディライトが
5%未満となってしまいました。
この他は大きく変化はございません。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。


SnapCrab_NoName_2020-5-23_0-40-29_No-00.png


上期決算を通過したオリコンHDが株価が強かったようです。
また全国保証もどういうわけか株価が好調でした。

保有下位銘柄ではトーカイが弱い値動きになりました。
同社は病院・介護向けの消耗材等の提供、清掃、機器レンタルとして、
いずれもわかりやすい業務ではありますが、
シーツ等のリネン類の提供先にはホテルも含まれ、
このホテルの営業自粛によって甚大な影響が見込まれます。
またクリーニング施設向けの機器販売も落ち込みが大きそうということで、
早速業績未達懸念が台頭しやすい状況と理解しています。
IRへの照会を経てもその印象は変わらずという感覚です。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2020-5-23_0-40-16_No-00.png


今週はソーシャルワイヤーが本決算を通過したため、
同社の指標が更新されています。
本来、同社は前期は大型の先行投資がありEPSが落ち込み、
今期はここからV字回復をする中計を掲げておりました。
しかしながら、外部要因の変化も相まってその回復は緩慢になるという見立てにより、
残念ながら今期予想PERも高い水準のままとなっています、
なお、会社予想はレンジ開示となっていますが、
下限域を設定し算出しています、

また主力のステップは今期予想EPSを55まで独自算出により
下げて計算しています。これはざっくり以下の記事において
今期予想EPSが半減するという前提です。
実際に6月から通常化しそうな様相ですので、
この前提もとりあえずはよさげです。
(数値の皮算用自体は全く保証されませんが・・・)





4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。
なお、株価の動きを踏まえた率直な思いも適宜メモしていきます。


■ステップ
ステップあれこれブログ という会社公式のブログがありますが、
ここにこの自粛期間中の生徒の様子や会社に寄せられた声の記事などが
最近連投されています。
生徒の声としては休校という不安な情勢の中で様々な苦労をされている様子、
またステップの運営に対する様々な意見が掲載されています。
もちろん、会社に寄せられる声として掲載されているものには
偏重したものもあるかもしれませんが、私の確認したところによると、
今回の一連のステップの対応は素晴らしい対応だったようであります。
会社の決算の財務数値としては大変残念な状況になることは不可避ではありますが、
この会社の姿勢や価値の捉え方に益々魅了されています。

なお、学校再開を想定し6月からライブ授業を再開することもリリースされています。
とはいえ、夏季休暇の状況等も踏まえてどこまで影響が出るのか見通せない部分もありますが、
生徒のため、頑張って頂きたいと思います。


■アイドマMC
子会社のニューフォリアにおいて、デジタルサイネージ効果分析のソリューションを発表しています。
同類のソリューションはNTTや日立などから先行してリリースされています。
私もリリース文をさらりと読んだだけなので優位性がいまいちわからず、
この点がもっと明確になると面白いのになと思います。
アイドマ本体がサイネージを活用した店舗運営のソリューション提案を行う際に、
その実現方式や分析ツールを自社G内に保持していることはよいと思いますが、
そもそもの分析効果のツールとしての優位性はいかにということですね、

ニューフォリア自体は相当マニアックな技術集団ですから、
今後も技術ドリブンで何か優位性のある商品やサービスに期待したいと思います。


■ソーシャルワイヤー
決算の内容としては可もなく不可もなくといった感じです。
取り組みの方向性や施策等は評価していますし、
この環境下にあって、これだけの売上目標を出してきたあたりは
一定の評価が出来るかなと感じています。
一方で、利益面では前期が底でV字回復というシナリオが遅れ、
これが外部環境の影響だけに依拠するものなのか、
構造的な問題かというのはまだよくわかりません。
今後中計も更新されるそうですので、その内容も吟味しながら
投資判断をしていきたいと思います。

なお、本則市場へのチャレンジがリリースされてしばらく時間を要してましたが、
ようやく動きが出てきました。分売と優待新設でいよいよという感じですが、
元々本則へのチャレンジも新橋の状況をみてからという計画だったのかもしれませんね。

優待が今の株価にしては2000円のクオカードというのは太っ腹な気もします。
とはいえ、総還元利回りは4%程度ですから今の状況下では特別高いわけでもありません。
これで株主増やして、本則への形式要件を満たしたら、保有期間による前提条件などを
つけてもらえるよう検討頂きたいですね。


■丸和運輸機関
決算説明資料がUPされています。

まずこんなにDXいう会社だったかという程、施策面にIT活用が謳われています。
スライドに整理されている顧客セグメント単位に今後の取り組みもわかりやすく整理されています。

それからBCPがより進んでいる気がします。
東京都やコカ・コーラ社だけでなく、同社の地元である埼玉県などにおいても
協定締結されており、今後拡大していくことが期待されます。
ただ、このビジネスの収益性は?というとまだよくわかりません。


■シュッピン
決算説明資料がUPされています。

とりあえず表紙の写真がかっこよくなりました(笑)。

今期予想は未定となっておりますが、本来EC主体で影響は軽微とも思われがちですが、
高額時計は店舗での購入が多かった点や、
出掛ける機会が抑制されることによるカメラ機材の購入機会の低減など、
様々な影響が出ているものと思います。加えてこれから消費行動にも変化が出てくるため、
高額嗜好品に対する需要がどこまで衰えてしまうかが気掛かりです。

一方で今期にも様々な施策・投資が行われるようです。
特にIT化の更なる進展あたりが今後どのような成果になるか、
期待と不安が交錯した気持ちであります。


■システムインテグレ―タ
コロナに負けるなということで、新規先に対して
キャンペーンをされるようです、
このような中ではとりわけ小売りEC事業者は
厳しい経営に直面しているケースもありそうですが、
一方でEC化が益々進展するきっかけになることもあり、
この辺りの需要をうまく取り込めるといいなと思っています。
なにぶん、同社はアイデアの会社なので、
今後もニッチなニーズをくみ取り、頑張って頂きたいです。
同社はテレワークなどを先進して導入しておりますし、
この機会にWBSを管理するソフトの優位性がより示され、
機会として益々認知されるといいなと思います。


■ゼンリン
決算説明資料がUPされています。

自動車向けなどシクリカル要素の強い販路は厳しい運営になりそうですね。
とはいえ、新たなMaaS自体を見据えた投資は継続するということで、
財務的な数値は苦戦が続きそうですが、今後の可能性を期待しています。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。


SnapCrab_NoName_2020-5-23_0-39-11_No-00.png





6.雑記

冒頭にも記載している通り、
投資関連のSNSへ割く時間を抑制しています。
一方で平日も含め子供と過ごす時間が大幅に増えています。

勉強を教えるのはもちろんですが、
そこからのはば広学習をしたり、
何より子供とカメラをもって近所を散策する時間が増えました。


幸いにして新緑や花々も綺麗でスナップにもとても良いシーズンです。
加えて家でのテーブルフォトにも夢中で、
家の中に小さなスタジオを作って身近な被写体に向き合ったりと
充実した時間を過ごしています。

投資については、決算の精査など時間を割けていませんが、
これも決算短信を開示日に全読するという
注ぎ方とは違う距離感で向き合うのもいいかなと考えています。

例えば年に1回出る有報をじっくり読んで、
そこから投資判断をしてもいいんだ、という距離感を大切にしていきたいですし、
それが写真、子供、家族などとのバランスを考えた時に
いい塩梅なのかもしれません。

このあたりの塩梅も考慮しながら、
このブログの運営方針なども変えていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
まるのんファンとしてはTwitterはともかく、不定期でもブログは続けてほしいです。これだけ内容の濃い銘柄分析を読めるブログが少なくなり、僕のようなミジンコ投資家には貴重な勉強の場ですから。PFの成績開示を止めて、銘柄絞ればもうちょっと楽に・・ってじゃあオマエが書けよって話ですが(笑)

ここからドンドン上げていくとは思えず(ということは上がるんでしょうけど)、気味が悪い感覚をずっと持っています。ただ、こういう相場もあるんだと目の前で起こっていることを見て、参加し続けることは投資家として財産になると思っています。

ともあれ、兼業投資家は仕事と家庭がベースにあって、はじめて投資を楽しめます。まるのんさんが優先すべきと思われることを楽しんでほしいと一ファンとして願っています!
2020/05/26(火) 13:00 | URL | コー #-[ 編集]
>コーさん
こんにちは、コーさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
また、返信が遅れて申し訳ありません。

ブログの運営について、曖昧な状況が続いており申し訳ありません。
私の自己規律を保つという事を主眼として、
自己満足の範疇で運営を続けてきたものではありますが、
ここにきてどうあるべきかを悩んでいます。

内容も独りよがりな所も多く、
これは今に始まったことではなく、
そういう回り道をするという非効率さを貫くことが
結果的に自分を保つのに寄与してきました。

しかしながら、最近はこういう営みをせずとも、
自己規律を保てるようにもなり、
ではここまで非効率な営みを続けるかどうかという岐路にあります。

開示する成績とか問題ではないのですが、
どういう運営をするか拙速に結論を出さず、
ゆっくりと考えていきたいと思います。


いずれにせよ、このようにあたたかな声を頂き、
応援して下さる方もゼロではないということも念頭に置きながら、
自分がどうしたいかを考えて行動していきたいと思います。

2020/05/28(木) 17:32 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1342-c5612115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り