投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で ▲15.1% となりました。
前週比は▲0.7% で推移しました。


SnapCrab_NoName_2020-5-15_22-47-31_No-00.png


2.全体所感

先週の記事でも少し言及していますが、
未だにどうあるべきか悩んでいます。

投資行動そのものがいまいちうまくいっていないのは、
別に今に始まったことではありません。
そもそも自分にとって、うまくいっているという状況とは
どういうことなのか。
改めて、自分が何を成そうとしているのか、
どうありたいのかについて、腹落ちしていないと、
どこまでも続けていられない世界なのかなと再認識するばかりの日々です。

私は自立した投資家としては身分不相応という現実を知り、
自らを「退場」するべきではないかと考えあぐねています。
自分が定めたことへの一貫性を貫くという1点において、
今もこの記事を書いているわけです。
しかし、このような姿勢で書く記事にそもそも何の意味があるのか、
そもそもこんな自虐的(と思われるかと思います)な記事は
ただでさえニーズのない発信に輪をかけて自己満足に徹することになります。

そして幸いなことに、投資を始めて5年が過ぎ、
この「発信すること」による自分自身への牽制効果がなくとも、
投資行動を自分で律する事は出来るようになりました。

一方でかねてから弊害と認識していた短期目線へのバイアスや、
SNS全般にいえる情報過多のデメリットを感じる機会は
益々増えてきているのも事実です。

今のマーケットをみても、相変わらず日々の値動き、
コロナ禍における騰落は躁鬱状態にあるようにみえており、
ここに目を向けようとすればするほど、短期目線になったり、
イベント志向になりがちになります。
別にこれが悪いわけではなく、寧ろ効率的だと思いますが、
やはり自分を見失うことは投資家としては致命的だと思っています。

現時点でそういうことになる危険は実感としてはここにありませんが、
そうなる前に、自分自身が発信する立場において、
区切りをつけるべき時が来ている気がしています。


成績が芳しくないとか、コロナ禍で投資が嫌になったと
厳しい意見を頂く事も覚悟の上です。
新しい付き合い方を見出した方がいいのかなと考えているところです。


マーケットのことは全くわかりません。
緊急事態宣言が一部で解除されるとなると株価は安くなったりもしてますが、
第二波を懸念していたり、これから顕在化してくるファンダメンタルズの悪化、
色々と不安も台頭してくる中で目先がどうなるかなんてわかりません。
本来こういう混沌とした状況であれば、その先に本質的な強さを持つ企業を探すには、
絶好のタイミングでもあります。

そのためにSNSも遮断して珍しく本も読んでいます。
自分がまた変わるタイミングなのかもしれません。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2020-5-15_22-43-50_No-00.png



はい、特に変わりません。無策ともいえますね。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。


SnapCrab_NoName_2020-5-15_22-42-52_No-00.png


決算を受けて、成長鈍化と受け止められた丸和運輸機関が下落しています。
潮目が変わるタイミングだと思います。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2020-5-15_22-43-16_No-00.png


本決算を通過しておりPERが向上しています。
EPSが目先下がらざる得ないという状況です。

業績未定としている会社についても、
一定の仮説に基づき、独自に皮算用しています。
詳細の説明は割愛します。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。
なお、株価の動きを踏まえた率直な思いも適宜メモしていきます。

この箇所もここで個別に文章にするのは割愛します。

概況としては出てきた決算の中で想定と異なった内容となったのは、
エイジアと丸和運輸機関です。
見立てについても色々思いを巡らせたり、調査していますが割愛します。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。


SnapCrab_NoName_2020-5-15_22-47-15_No-00.png




6.雑記

割愛いたします。
コメント
この記事へのコメント
10年後も投資をしようと思うなら、今の体験は貴重なものになります。
投資を続けるのが良いと思います。

僕はこれから市場が暴落すると思っていますので、株式を買っている資産に執着があるのであれば、売るのも良いでしょうし、買いと逆のポジションを取るのも良いと思います。

レバレッジをかけなければ、暴落して資金が半分になってもその後の暴騰で回復できます。

資産を増やすのが目的であれば、キャッシュポジションを多くとるのも良いと思います。

ライブドアショックやリーマンショックを経験している身としては、暴落時に市場と距離を置くのはオススメしませんね。

今回のコロナショックと同じようなショックが今後も断続的に襲ってくるでしょう。ただ、それを回避するために株式投資をしないというのは、インフレ時に資産を守れない。

色々考えないで、なくなっても構わないメダルゲームと割り切って投資をすれば良いと思いますよ。
今はなくなって困るような資金を株式市場に継ぎこむべきではないですね。保守的な考えで投資をするなら、暴落時に気が滅入ってしまいます。
2020/05/17(日) 15:45 | URL | MEANING #BTpCRXMw[ 編集]
>MEANINGさん
こんにちは、MEANINGさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
投資家としての大先輩であるMEANINGさんより、
激励を頂き大変嬉しく思います。ありがとうございます。

ご指摘の通り、今、投資活動と距離を取ることは
もったいない事だというご指摘はごもっともです。
私自身もそのつもりは毛頭ありません。

私は距離を置こうとか、退場をしようと考えあぐねているのは、
いわゆるSNSとの付き合い方です。
私は自分を律することを主目的として今も毎週のように
パフォーマンスの記事をあげています。
(これはMEANINGさんからしたら愚弄だとご批判頂く事と思いますが)

また決算を通過すると、一定の規定様式に基づき精査記事をあげたり、
大衆的な投資ネタを徒然なるままに独り言を連ねています。
ツイッターでは多くの情報過多な世界とうまく付き合いながらも
活用を進めてきたつもりであります。

一方で、多くの優秀な投資家さんがいらっしゃる中で、
特段優位性があるわけでもない私が、
自分を律することを主目的にSNSを続けている意義については、
特にここ最近は違和感を持ってきていたのも事実です。


私はこれまでも今までのように退屈な投資を続けていきます。
これは楽しいですしマイペースに今後も続けていく事は間違いありません。
また、ありがたいことにこの期間で、自分を律することには
SNSの力を借りずとも確立できつつある自信も身に着けました。


そんな中、私の生活様式も変わりつつあります。
子供との時間の変化、趣味の時間を大切にしたい気持ち、
でも投資も大好き、という環境下でどうSNSと付き合うべきか、
この点にそろそろ区切りをつけてもいいのかなと考えています。

少なくても今のように付き合うのではなく、
もう少し緩くしていってもいいかなと考えます。
これにより、自分自身が納得できない行動に
走ってしまうことがあれば残念ですが、
そうならない自信も出てきた中で、新たな付き合い方を
模索していければと思います。

いずれにせよ、投資は今後も粛々と続けていきたいと考えております。

先輩からのありがたいコメント、ありがとうございます。
2020/05/17(日) 22:09 | URL | まるのん #-[ 編集]
そういうことでしたか。

SNSを止めるというのは、僕は大賛成です。
ツイッターなんて百害あって一利なしだと思いますし、ブログでパフォーマンスを記す目的も良く分かりません。

ブログは続けても良いと思いますが、まるのんさんはブログに注力しすぎる傾向があると思いますので、エネルギーの振り分け方を見直すのはとても良いと思います。

好きこそものの上手なれ。
自分の好きなように、淡々と続ければいいだけですね。

自身が出てきたということで、周りに惑わされない投資ができるようになったのかもしれませんね。

僕自身、偉そうなことを言えるような投資家ではありませんが、応援しています。
2020/05/17(日) 22:34 | URL | MEANING #BTpCRXMw[ 編集]
いつからか毎週末にブログを拝見しています。
私は投資歴6年目なので、まるのんさんと近いのですね。2017年末からブログも書き始めましたが、その動機はまるのんさんと同様でした。
私のブログは完全に自分にとっての記録として書いていて、読者を想定していないので雑なものですが、まるのんさんのブログを拝見するとその労力を想像していつも目眩がするようでした。
色々な考え方がありますし、それらを尊重しますが、まるのんさんのブログ読者として、完全に発信を止められたら少し寂しいな、とは思います。
楽しみにしている人間もいますよ、ということをお伝えしたくて初めてコメント致しました。
迷いながらも悔いはないように生きたいものですね。
2020/05/17(日) 23:10 | URL | さびどめ #-[ 編集]
>MEANINGさん
こんにちは、MEANINGさん。
ご返信を頂きましてありがとうございます。

SNSを完全にやめるとまでは現時点では考えていませんが、
自分を律する事という側面からも、
私のような凡人が発信を通して何らかの共感を抱いてもらう側面からも、
その意義が薄まりつつあるというのが率直な今の気持ちです。

幸いにして、自分の投資行動や推移を示し続けずとも、
自分を律することが出来るようになりました。
また凡人がありのままの情報発信を続けてもニーズがどこまであるのか、
誤解を恐れずにいえば、儲かる話、もしくは儲け方にこそ
需要があるのが現状だと考えています。
加えて、SNSの世界では「誰が言っているか」がとても重視され、
それは合理的な流れだとも思うわけで、
いよいよ無名の私が続けていくことにどんな意義があるのだろうか、
かねがね考えていたことがよりリアリティある自問に至っているのです。


いずれにせよ、ご指摘の通り、情報発信に必要以上に時間をかけてきました。
パフォーマンスにしても雑感にしても決算精査にしてもです。
そんな弊害が出ていることも感じつつある中で、
自分がどうありたいかを考えながらうまく付き合っていくやり方を
見定めていきたいと思います。

こんな不安定なマインドの私にも優しくお付き合い下さりありがとうございます。


2020/05/18(月) 21:50 | URL | まるのん #-[ 編集]
>さびどめさん
こんにちは、さびどめさん。
このようにコメントを頂ける事を大変嬉しく思います。

毎週拙く同じようなことばかり連ねているこのブログに
お付き合い下さり本当にありがとうございます。

投資歴も同じくらいということで、そのような方とも切磋琢磨しながら、
よい交流を持ち続けられればいいなと思っています。

ご指摘の通り、意図的とはいえ労力をかけすぎていましたし、
それは読者の方に向けられたものというより、
自分自身へ向いているものでもありました。

しかしながら幸いにして自分自身も少しは成長し、
自分自身に牽制を働かせなくても、
自分を律することが出来るようになりました。

そして、最近はSNSもより形態を変え、
スピード感であったり、クローズドなコミュニティだったりしています。
そして誰が発信しているかがより重要となる色も強くなってきています。

私のようなド素人の発信などどこに需要があるのだろうか、
そして自分自身を律するという目的も一定の目的は果たせました。
こんな中でどう付き合っていくかは再考していく時にあるかなと思っています。

ただ、さびどめさんのように、楽しみにしてくれている方がいるということも、
大変恐縮するとともにありがたいことだと思っています。

そのような方にもうまく寄り添いながら、
しかし、自分がどうありたいかも含めて考えながら、
SNSとどうお付き合いしていくかを検討していきたいなと思います。

お忙しい中、このような声を届けて下さり、嬉しく思います。
ありがとうございます。
2020/05/18(月) 21:59 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1341-8b9eb673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り