投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で ▲24.0% となりました。
前週比は▲11.5% で推移しました。


SnapCrab_NoName_2020-3-13_22-4-19_No-00.png



今週もきちんと被弾しています。
理屈や言葉では学べないことを体感していて貴重な経験ですね。


2.全体所感

所感として何を書き殴っておくかを悩む位に、
混乱をしていますが、リーマンショックを知らない私が、
投資家として洗礼を受けていることは貴重な経験なのだと思います。

こんな負け組投資家のブログ記事が読まれるのかも不安ですし、
単なるメシウマ提供くらいの要素しかないかもしれませんが、
もちろん、粛々と爆損ぶりを晒していこうと思います(笑)。

こういう暴落を前面に受けてみて、
色々な感情や自分の投資家としての論理などを見つめ直す、
というか見つめ直さらずえない状況に追い込まれていることは、
今後の投資家としての新たな軸を考えることにもなり、
洗礼として受けた損失は大きいですが、ありがたいことなのかもしれません。

自分が安心と思っていた要素が本当に安心だったのか。
銘柄選択をするプロセスに改善の余地はないのか。
自分が決めていた覚悟とは何者だったのか。
自分が軸とすべき論拠やその重みづけに違和感はないか。
観点として軽視した部分に自らの慢心がなかったか。

こんなことを考えながら、また軌道修正する必要がある部分は修正し、
これまでの堅持する部分は堅持し、
その時々のベストが尽くせるようにありたいです。

市場の混乱は自分では制御のしようがありません。
しかし、投資家としての自分の行動はその軸が定まっていれば、
失敗はしてもそれを受け入れ死なないで市場に生き延びられるものだと思います。
またそのような軸を持つべきですので、精進したいと思います。

なお、私は今週もこれだけ資産を毀損してしまい、これは数年単位での計画にも
狂いが生じる致命傷なわけではありますが、
あの時逃げていればとか、もう少し安全運転をしていれば、
などという結果論の反省は一切するつもりはありません。
あくまでこういう現実もまた受け入れねばならない中で、
自分が今後の行動指針となる軸をより太くし、
より納得性の高まるものになるよう、出来るだけ本質的な部分での
振り返りをしていきたいと考えています。

振り返りなどと書くと、まだこの暴落は終わっていないのでしょうし、
今後企業業績の冷酷期に入っていく蓋然性が高まっているので、
振り返ってる場合ではないともいえますが、
特段今のやり方に違和感を覚えているわけではないですから、
当面は今のやり方を継続しつつ、少しずつの調整を図っていきたいと思います。

暴落に混乱していて、とりとめのない内容ですが(いつもw)、
今後の振り返りのためにもう少し詳細に振り返るメモを作ろうと思っています。
noteなどで晒すかもしれませんし、自分の中に留めるかもしれません。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2020-3-13_22-34-59_No-00.png


こういう時にあまり大きく動かない方がいいのかもしれませんが、
そうはいってもいくつか売買をしています。

まず、ステップとオリコンHDの主力2銘柄を買い増ししています。
時価が十分下がっているため、保有比率にあまり変化はありません(涙)。
一連の暴落で結構ナンピン買いを重ねているんですけどね。

一方で、WDBHDと翻訳センターを全売却しました。
またHameeを一部売却しています。

本来、割安性がより高まっていることから、
現金を更に投入するべきなのでしょうが、結果的に売り優勢となり、
現金比率は先週末から3%ほど増えています。
投資方針に定めてる現金比率の目安から考えても現金を厚めにしたともいえますが、
この辺りは一言でいえばビビっているということになります(笑)。

翌週以降もどうなるかトレンド予測など出来ませんが、
今後向かいたい方向がおぼろげながらあって、
そういう意味でも断腸の思いで対応しています。

売り側については、いずれも業績の停滞が
比較的暗い見通しがあり、その時間軸が読みにくい部分から、
WDBHDと翻訳センターを売り切りました。
WDBHDはドコニコの開発失敗からリトライ中ですが、
社長自身が来期前半までは低調が続くと明言しており、
かつここに新型コロナが発端の景況感後退が
人材派遣ビジネスに与える影響が見通せないということです。
翻訳センターは今期は下方修正のメドすら示せないという中で、
特に自動車業界の低迷はより深刻化し、
かつ現在下支えしている特許分野にも波及してしまう可能性もあり、
PER水準もだいぶ下値ですが、そこにこれ以上ベットしておくのもな、
というような大衆心理によるところです。

Hameeについては、今期にコマースの上振れがあるものの、
コロナ影響が卸売りに相応の影響が出るのと、
そもそもiPhoneもサプライチェーンの混乱でどういう動向になるかも
見通せません。プラットフォームの成長を期待していますが、
こちらも人材定着に一定の効果が見え始めてはいますが、
来期以降の5Gテーマとしたときにまだスピード感が伴っていない課題などもあり、
現金の確保の観点で保有量を減らしています。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。


SnapCrab_NoName_2020-3-13_22-59-6_No-00.png


保有上位の2トップが2桁マイナスの続落です。

オリコンHDについては、最近の上昇が全てなかったことになるばかりか、
そこから下側に突き抜けており、板が薄いこともありおどろおどろしい状況です。

東鉄工業やヤオコーの準主力群がなんとか小さな下落で耐えています。

このほか、エイジア、アイドマMC、日本管理センター、Hamee、
シュッピン、システム情報、SI辺りの小型を中心に下落が大きいですね。
もう個人も買えないよ~ってことかもしれませんね。
この中ではアイドマMC、シュッピン辺りは今後の業績低迷の懸念が
台頭しやすいのだろうなとは思いますので、
真っ当な反応なのだろうと思います。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2020-3-13_22-33-30_No-00.png



ポートフォリオPERは今日のざら場中に一時10倍を切ったのですが、
終値ではぎりぎり10倍水準を保っています。
この水準はもちろん、短い私の投資運用来では初めての領域です。
それだけ減益が警戒されているともいえますし、
実際足元及び来期位でみるとそれは顕在化するものと思います。

まず、時価の大きな変化に伴い、割安性評価をいくつか変更しています。

オリコンHDはPER6倍台にまで下落してきており、
今の受注環境や収支計上構造などをみると超割安だと思います。
従ってA→S評価に変更しています。

イオンディライトは、足元及び来期の大きな下押しを覚悟せねばなりませんが、
それを考慮してもPER12倍台は割安水準に入りつつあると思います。
従ってB→A評価に変更しています。

日本管理センターは、ストック回帰ということで、
人の動きが抑制されたりすることで、新規の入居がどの程度影響を及ぼすか
未知数な部分もありますが、永続的に賃貸住宅需要が減るものではないですし、
安定業績に舵を切る中でのPER8倍台は割安水準に入りつつあると思います。
従ってB→A評価に変更しています。

トーカイについては、実は今週の下落率も相対的に小さいのですが、
PER10倍台後半はやや割高圏にあると考えていましたが、15倍台に入ってきて、
ニュートラルな状況になっていると考えています。
従ってC→B評価に変更しています。

Hameeについては、来期の業績不安はあれどPER15倍割れは
割高圏とはいえず、C→B評価に変更しています。

シュッピンについても消費後退の影響が特に高額品に出てきそうで、
減益観測が強くなっていると思いますが、PER11倍台は割高とはいえず、
C→B評価に変更しています。

なお、Cはやや割高、Bでニュートラル、Aでやや割安、Sは超割安みたいなイメージです。

ちなみにアイドマMCはPERが6倍台と驚きの水準ですが、
バローのチラシが全く発行されていない様子ですし、
元々アンダーで推移している中で、この新型コロナの影響で
相応の減益とならざる得ないのかなと認識しており、割安とまではいえないということで、
評価をAで据え置いています。

同観点でサンセイランディックは異例のPER4倍台ですが、
販売チャネル側が今の状況でどこまで買ってくれるのか、
業績停滞面を警戒されていますね。
このような環境下で超割安とまでは言えない部分もあり、評価をAで据え置いています。


株価が下がっているので、私はあまり配当利回りには注目していませんが、
結果的に配当利回りも大きくなってきています。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。
なお、株価の動きを踏まえた率直な思いも適宜メモしていきます。


■ステップ
来週に分散登校をして次年度に向けた説明や模試などをやるようです。
まだ春期講習の実施可否も不明ですし、
まもなく発せられるだろう緊急事態宣言の対象となる場合、
新年度以降にも影響を及ぼす可能性があり、
業績影響が甚大となるシナリオがあります。
この不安はぬぐえず、これを全額返金対応となると
最悪今期、大赤字となる可能性までも拭えませんが、
財務面からも問題はないでしょうし、何らかの方法で
学習機会の提供やそのニーズは不変と思いますので、
腹をくくってお付き合いする所存です(笑)。


■オリコンHD
あらかじめ新型コロナの影響についてリリースが出ていましたが、
一部計上期の変更が生じる可能性があるものの、
大きな影響はないとされています。
IR照会の結果からも同理解をしています。
今日もこんなニュースが出ていました。



まぁあまり楽観視するのもよくないですが、
受注残も豊富ですから、案件管理にさえ留意してもらえれば、
計上可否の兼ね合いで見た目のPLの断面が崩れる可能性はありますが、
大きな問題ではないでしょう。


■ヤオコー
月次が出ています。
好調ですね。お店も混雑していてよい感じだと思います。




■日本管理センター
ユナイテッド・マネージャーズ・ジャパンから大量保有報告が出ています。
5%超の買付だそうです。


■Hamee
3Q決算と通期の再度の上方修正を開示しています。



前述の通り、新型コロナの影響がどこまで卸売りに影響が出るか不透明ですが、
更に保守的な4Q計画を上振れして着地するのではないでしょうか。
ただ、逆に来期については見通しが楽観できないかなと考えています。

その先のプラットフォーム事業というか、IoT事業の新規拡大を期待するのであれば
いいのですが、まだ時間を要しそうな様相だと思っています。


■丸和運輸機関
自己株買いを発表しています。
株価に相当な忸怩たる思いがあるものと思います。
初めての自己株買いではないでしょうか。



そして新規物流拠点の用地取得のリリースが出ており、
こちらの方が注目かもしれません。

首都圏BCPも意識した大掛かりなもので、
投資金額も結構思い切った額になっていて、これは応援したいですね。


■幼児活動研究会
就活生向けですが、会社説明かの動画がUPされており、
社長、社員の動画がみられます。
社長が人格者と評判ですが、なるほど、雰囲気を感じることができました(笑)。


■シュッピン
三井住友トラスト・アセットマネジメントから大量保有報告が出ています。
保有比率が1%程度減ったそうです。

5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。


SnapCrab_NoName_2020-3-13_22-4-5_No-00.png


いやー何年か分を一気になくした感じですね。
醜いですが、現実を見てまたゆっくり回復させていくしかないですね。
無理をせずですね。


6.雑記

日本でも非常事態宣言がだされることになっていきそうですね。
外出抑制などもありますが、そもそも家に籠る方が不健康になりますから、
これは困ったもんですよね。

子供も学校が休校になって外出を控えるようにといわれていますが、
保護者の判断で人混みではない外を散歩する程度は毎日行うようにしています。

そうでないと心身共に病んでしまいますからね。
私もあまり投資のことばかりに張り付かずにいないとなりませんね。
コメント
この記事へのコメント
この相場でノーヘッジで年初来マイナス24%、被弾としては相当低いと本気で思ってます。Twitterでは狼狽も見られましたが、売買に関してブレてないので、これからもネタとして楽しませて頂きます(笑)

まだまだ波乱ありそうですが、「コロナショック乗り越えたおじさん」としてドヤ顔できるよう、来週以降も頑張ります・・そのまえに週末は元気有り余る子供の相手をせねば(汗)
2020/03/14(土) 09:26 | URL | コー #-[ 編集]
注目するべきは、上場していないような中小零細企業の業績と資金繰りだと思っています。

金融に対する影響が徐々に出てくるでしょうから、注目しましょう。
2020/03/14(土) 10:33 | URL | MEANING #BTpCRXMw[ 編集]
お久しぶりです。一所懸命、株を続けておられるようで何よりです。
資産の減少以上に痛いのは心が折れること、メンタルが崩れることではないでしょうか。一旦底入れしたっぽいので来週は戻すかもしれませんが。弱気相場入りはほぼ確定なので今出ている企業業績の予想値を基にした「買い」保有中心のやり方にこだわり過ぎるべきではないかもしれません。今後金融危機が本格化すれば断続的に暴落が起こるので今こそインバースでヘッジするとか現金比率を高めておくといったことをすべきでしょう。
企業や株の価値とは別の次元で換金売り処分売りが連鎖すれば株価はフリーフォールします。超割安でも誰も買わず、流動性が枯渇していく中、さらに処分売りで値下がりなんていうのは大相場が終わるときのいつものパターンという気がします。これまでは握力が利益の源泉になっていましたが、トレンド転換と共に考え方をスパッと変えて一旦PFをまっさらノーポジにしてみるのも悪くないかもしれませんよ。
しかし、信用取引等に手出しせず、信念と情熱をもって続けることさえ出来ればいずれきっとうまくいく、という気はします。応援しています。お互い頑張っていきましょう。
2020/03/14(土) 16:50 | URL | てぃーえむ #0ZBkoO82[ 編集]
>コーさん
こんにちは、コーさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
こういう辛い時ですからいつもに増して、
励ましのコメントが身に染み入ります。ありがとうございます。

ノーヘッジとはいえ、2割超の資産を毀損するというのは、
やはり投資家としては致命的な状況という事に変わりはなく、
現状については大変憂慮しています。

日々驚くほどのスピードでお金が減っていく様をみて、
常にどうあるべきかを自分に問い詰めつつ、
冷静さを失わぬようにおりましたが、
不幸か幸いか、取りうる選択肢が次から次へと浮かぶほど、
そもそも知見がないこともあり、ずっと堂々巡りの思考の中で、
とりわけ大胆な対処も取ることも出来ず、傍観していた感じです。

これだけボラが大きくなり、ウィルスの見えない未来への恐怖、
そして世界的な景気の後退が明確になる中では、
益々、金融市場は波乱含みになるものと思います。
波乱の中で敢えてポジションを取らず、
休むも相場という選択もありえますし、
このまま自分の理論を貫くこともできますし、
結局それを選択するのは自分ですから、
結果がどこに転がるかわかりませんが、
自分が受け入れられる範囲で納得感を損なわないよう、
日々を送っていく事に尽きるのだと思います。

相場が大きく変動していますから、
ついついそちらに意識をもっていかれますが、
子供との時間を過ごすとか、自分の趣味に時間を充てるといった、
意識を外に向けることもまた大切なのだろうと思います。

お互い適度に頑張りましょうね!
2020/03/14(土) 23:54 | URL | まるのん #-[ 編集]
>MEANINGさん
MEANINGさん、コメントを頂きましてありがとうございます。
いつもコメント差し上げるのも恐れ多く、
MEANINGさんのブログは読み専用となっていますが、
今の景況感への危機感への見立てを拝読しております。

当方はこのような状況の中で、呑気にポジションを持ち、
この荒波を前面に受けており、
このような心を乱した記事を
排出しておりお恥ずかしい限りでございます(笑)。


これだけ急速な自粛が拡がると、
一気にキャッシュフローが止まり、
ご指摘の通り、中小零細企業が一気に冷え込み、
残念ながら多くの倒産も生じてしまうのではないかと憂いでおります。

そして、これは非上場の小さな会社だけ、という問題では当然ないですね。
部品が納入されない事で製造業は立ち行かなくなりますし、
可処分所得が急減することで、内需のサービス、小売りなど
個人消費の低迷で業種に関わらず多大なる影響が出るものと思います。

つまり、景況感に影響を与えるのは当然のこととして、
急激なリセッションを伴うことで、金融不安にまで言及する可能性もあり、
中銀等が先だって対策を打ち出しているものの、
その限界が来ると、手を付けられなくなる、みたいな事も
念頭に置いておくべきなのだろうと思います。

そんな中で、今はまだポジションを外さず、
潮が引いた時に残っている代表、みたいになってしまいますが、
それでも相場にあり続けられるように、
退場だけはしないようにしながら
自分の投資家としての理論を貫きたいと思います。
(来週の暴落でそうはいってられなくなるかもしれませんが(笑))
自分の理論を貫くことは、市場や大きなトレンドに逆らうことでもあり、
その代償が大きい可能性が多分にあるため、
覚悟をもって取り組んでいきたいと思います。

個々の内容に対して、そうではないんだよっ、お叱りを受けそうですが、
寛大なる心でお読み頂き、コメント下さりありがとうございます。
とはいえ、違和感等感じられる部分があれば、
ぜひどしどしディスって頂ければと思います。

今後とも、また貴重なご忠告やご意見、励ましを頂けましたら幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
2020/03/15(日) 00:08 | URL | まるのん #-[ 編集]
>てぃーえむさん
こんにちは、てぃーえむさん。
私なりに自分のペースで株をなんとか続けて
生きながらえられており本当にありがたいことだと思います。
そしてこのようにありがたいご忠告と共に、
励ましのコメントを頂き大変嬉しく思います。

まず今回の暴落(と私は認識しています)に対して、
2割超の資産を毀損させたことは、大変遺憾です。
取り戻すのにはこれ以上の積み重ねが必要でもあるわけですから、
数年来の時間を費やすことになる事を覚悟せねばなりませんし、
その時間を費やしても取り戻せることすらままならないのかもしれません。
そういう状況になる前に、何らかの手を打つべきだったのかについては、
当然その時々で何度も頭をぐるぐるさせていました。

こういう時こそトレンドに従うべきか、
自分の投資家としての理論を堅持するのか、
この両者択一の方針が全てだと今でも思っており、
前述の通りお金は減って遺憾ですが、後悔はありません。
というより後悔は意味のないものだと思っています。

例えば、あの休校要請があった時には逃げる判断をすることが出来たはずだ、
と省みたとしても、確かにその時々でそういう検討は常に念頭にありながら、
そうではない対応をした結果致命傷を負っているわけで、
結果主義の投資家としては判断を誤っている事は受け入れざるえませんが、
自分の行動に後悔はありません。

その点からいえば、心が折れるということはありません。
もう折れそうではありますが、むしろ自分の理論を崩した時にこそ、
損失をカバー出来たとしても心は折れそうです。
メンヘラの発信を続けていますが、ベースの所でメンタルが崩壊したら、
多分、ツイッターもブログもそっと閉じて退場すると思います。
なので、ブログの更新が止まり、ツイッターからも姿を消したら、
察して頂ければと思います(笑)。


企業業績は今後瀕死のような状態になる確度は上がっていますし、
このウィルスの状況次第でそれがいつまで続くかわかりません。
そしてウィルスが終息したとしても崩れた負の経済スパイラルは、
そう簡単に回復するとも思えないため、数年とか10年以上の景気サイクルで、
低迷期が続いてしまうことも念頭に置くべきなのだと思います。
そうでなければ株価がここまで反応し、更に激しいボラの中で
下値を探るなんてことになならないのだろうと思います。
こういった先行き真っ暗という状況の中で、
買い一辺倒、それも今のように数年先を予測した超基礎的な見方だけでみても、
そもそもその数年先もお先真っ暗な状況なのでしょうから、
優位性がないのではないかというご忠告なのだと受け止めました。


私も数年前まではインバースでのヘッジを組み入れていましたが、
今ではそれを投資方針上、原則論で否定しています。
やってみた時に率直に売りでのヘッジが全く性に合わなかったのです。
タイミングよく相場の流れに乗ってヘッジが機能した時にも、
すぐに利益確定を出してしまい、実質売りでヘッジ、儲かるという発想が、
自分には相性が悪いと実感した次第です。

とはいえ、この時はアベノミクス全盛期でしたから、
そもそも不安台頭もなかったわけですが、
今後は不安台頭という相場の中では再び試してみるというのは、
検討してみるべきなのかもしれません。
合わせて現金比率については、投資方針で目安とすべき現金比率を
ポートフォリオ全体のPER水準で設定していますが、
そのPERが歴史的な低PERとなっていることから、
目安として確保すべき現金比率はより低い水準にあります。
しかしながら、PERはEPSの変動に敏感ですし、
そのEPSが少なくても一時的には大きく毀損することは明白であるため、
そもそもPER水準での目安自体が意味を成さないという事は念頭にあり、
目安より厚めに現金を確保しているという状況です。
それでも2割弱のキャッシュは絶対値としても心もとない面もあり、
十分に今後も留意して、しかし取るべきポジションをきちんと持ち、
過ごしていきたいと今は思っています。

本格下落相場の中で需給が崩れて低迷するものもあり、
この需給の崩れによる低迷は相当警戒した方がよいというのも
ありがたいご助言だと思っています。
私はこのような暴落の経験がなく、
チャートなどで想像するしかないですが、実際にその場にいないと
体感としては中々捉えにくい辛さなのだと思います。

従来の考え方を改めて、市場に寄り添ったやり方を模索して
適応していくことが大切というのは本当に仰る通りなのだと思います。
あとは自分がそういう器用さをもって対応していけるか、
いや対応していこうと腹に落ちて転換を図れるかが課題な気がしています。
ノーポジで一旦頭をリフレッシュし、冷静になることもよいというアドバイスも踏まえて、
自分と対話しながらやっていきたいと思います。

信用取引でのリバを張ることは明確に禁止していますので、
やるつもりはありませんが、信念と情熱だけでどこまで成果に繋がるのかは未知数ですし、
結果が出ずとも、ベストを尽くしていきたいと思います。

親身になりお時間を割いてアドバイスを頂きまして本当にありがとうございます。
なかなか未熟な投資家であるため、物分かりが悪いのですが、
また懲りずにご意見やアドバイス、励ましを頂ければ大変嬉しく思います。

ありがとうございます。



















2020/03/15(日) 00:49 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1324-199ec2ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り