投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


【決算精査】 2352_エイジア(20年3月期_2Q決算)

■分析PPT資料 (PDF) ※画像をクリックしてもPDFが表示されます。
リンク
SnapCrab_NoName_2019-11-2_22-29-49_No-00.png

※P7以降が主な更新スライドです。



■補足エクセル資料(PDF)
分析シート


■参考
・決算説明資料(会社開示)
 リンク
・決算説明(動画)
 未UPです。
・株主総会
 
・本決算の決算精査記事
 リンク


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング

1Qの利益計画超過を2Qで一気に消化してしまい、
貯金を使い果たしてしまいました。
と書くと印象が悪いのですが、計画水準で着地しているということで、
特段驚くような内容ではありません。
ただ、今期は中計最終年度で、業績ガイダンスからの上振れを期待されており、
その点からは市場から失望を買うかもしれません。

内容は主力のクラウドが絶好調ですが、
それ以外が冴えない状況となっているようです。
ECの不調は既に認識されていましたが、
コンサルは急な顧客都合による下押しですから
業績への寄与度という点では限定的ですが、
本体との連携という面もありますので、
今後の動向が気になります。
どうしても数値の規模が小さいため、ちょっとした解約で
一気に2桁%ずれるのはしょうがないですね。

また、ライセンスも前期の反動という説明ですが、
通期で見た時に顧客の環境がどうかは気になります。
特に前回の消費税増税の際にも、
新規の落ち込みがみられて一時期苦戦したことがあり、
今後下期でどこまで巻き返せるかという点は注視が必要かと思います。

今期の中計達成、業績予想の達成という面で
失望を招く恐れがあることは否めないのですが、
一方でどの部分をみて保有しているかというところなので、
このあたりは時間軸や期待するものによって
投資判断も変わってくるのかなと思います。

決算翌日の株価は少し上下したようですが、
概ねニュートラルに捉えていたのがちょっと意外に感じました。
もう少し失望が出るかなと思いました。

下期の状況に注視しないとなりませんが、
主力のクラウド事業は順調そのものですから、総合評価は「3」(想定通り)です。


2.詳細

四半期決算ですので、PPTに具体的なスライドをいれていますので、
記事中での言及は割愛します。



3.さいごに

決算を見ているとSIerの会社の決算が絶好調です。

そんな中、表面的にみると同社の業績も好調ですが、
もう少し王道の会社もあってもいいかなと思っているのですが、
どうしたものかという感じですが、
今の決算の状況、私のポートフォリオの状況、
あるいは来年以降の投資方針に照らした時に、
なかなか現状で主力へと買い増すという決断ができないでいます。

というわけで、無理せずにいきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1272-5608ad1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り