投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

【決算精査】 9795_ステップ(19年9月期_3Q決算)

■分析PPT資料 (PDF) ※画像をクリックしてもPDFが表示されます。
リンク
SnapCrab_NoName_2019-7-26_23-37-23_No-00.png


■補足エクセル資料(PDF)
分析シート表紙
分析シートグラフ

■過去記事
2Q決算精査記事
投資家向け説明会


1.サマリ
総合評価:「4」 (☆★★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング

第3半期はステップにとっては新年度が開始する生徒入替により、
収益が凹む季節要因があります。
確かに他の四半期に比べると当期も落ち込んではいますが、
特に利益面ではここ数年のトレンドと異なり、粗利率の落ち込みが小さく、
利益が強い状況となっています。

売上面も、概ね通期の進捗は71%程度が常で安定してきたわけですが、
当期は72%後半となっており、金額にしても1-2億程度はピッチが早いと思います。

先行投資で1億弱の備品等の投資を継続していますが、
2Qのボーナス支出と比べると落ち着いたものとなり、
収益が落ち込む期とはいえ、前期比で大幅な増益となっています。
前3Qと比べても営業利益は44%程度の増益となり好調が持続しています。
かつ生徒の入れ替えがあった新年度切り替えですから期待が持てるものです。

この背景としては、前期に高等部で受験科目多様化による単価上昇がみられましたが、
神奈川県の公立高校の特色試験はトップ校から準トップ校へ拡がりを見せる動きがみられ、
より多くの生徒がこれを睨み、特色試験対策の講座を+αで受講するようになり、
結果、粗利率が改善しているということです。
加えて、横浜翠嵐などの実績が早速生徒集客に効果が出ている面もあると思います。

2Qは投資が多く大幅減益となる中で売上面も強く、
その際の評価は4(ややポジティブ)に近い3(想定通り)としましたが、
今回も同様であることなども鑑みて、総合評価は「4」(ややポジティブ)と評価します。

ただ、累計期間でみると2Qの投資が大きな影響があり、
短信表紙上は減益決算となることから、そこまで注目は浴びないのかもしれません。
この辺りは、コンセンサスがどこにあるのか全くわからないので(投資家失格w?)、
株価の反応がどうなるかはよくわかりません。


2.詳細

四半期決算ですので、PPTの更新箇所のみここでキャプチャ張っておきます。


SnapCrab_NoName_2019-7-26_23-27-23_No-00.png


→今期の進捗ですね。1Qでぎりぎり増益、2Qで大幅減益、3Qで減益幅縮小といいう感じですね。
強いていえば、社を上げて利益を度外視して先行投資をしていくと宣言している中では、
もう少し大胆な投資をしてもよいのではないかとも思います。
もちろん、意味のない思いつきの投資ならしない方がいいので、
実になる投資案件があって、そこに注げるような環境があるといいのですけどね。


SnapCrab_NoName_2019-7-26_23-27-52_No-00.png


→グラフでみるとよりわかりやすいのですが、
ここ数年の綺麗なトレンドは崩れており、あれ、利益が強いという印象です。
粗利率が20%を超えるというのは少し驚きです。
しかも設備・備品などで+1憶弱の投資を行っています。
もちろん、この全額がこの投資期としての一過性のものというわけではなく、
毎期計上される分も含んでいますから、
単純に割り戻しても仕方ないですが、仮に割り戻すとより強さが鮮明です。


SnapCrab_NoName_2019-7-26_23-28-10_No-00.png


→販管費は特に変調はないようですね。



SnapCrab_NoName_2019-7-26_23-28-30_No-00.png


→粗利の状況が営業利益にも出ていますね。こちらもあくまで暫定的ではありますが、
3Qの投資を割り戻すと強いなという感想になります。



SnapCrab_NoName_2019-7-26_23-29-0_No-00.png


→株価は利益非開示、投資に乗り出すということへの疑心感から軟調な展開が続いています。
ただ、そろそろ一旦落ち着いた感じですかね。市況が大きく崩れなければ、
業績も安定していますし、将来の配当もコミットしていますから
比較的安心していられるかなと思います。



3.さいごに

既に2Qの時にも実は好調は認識していましたし、
湘南投資勉強会の時の様子からもその認識は継続していたので、
特段今回の好調も驚かないのですが、
粗利がここまで持ち上がるとは思っていませんでした。

今期で龍井社長は社長を勇退されることは宣言されていますから、
後任や全体の体制がどのようになるかはわかりませんし、
そこでステップイズムのようなものが揺るがないか、
非常に気になる所ではありますが、うまく体制が引き継がれるといいなと思います。

龍井さんも会長職で残ることと思いますし、
代表権をどう引き継ぎ、そして周囲のサポートがどう機能していくか、
その中で、ブレずにこれまでの方針を粛々とやっていてもらえるように、
期待をしたいところです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1238-c9624f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り