投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

Author:まるのん
アラフォーのイクメン窓際サラリーマン。
投資方針に忠実に運用し、
将来の教育資金や老後資金への不安へ対処していく。
中長期視点で現物日本株へ投資。
サブブログ「まるのんのフォトはなし」で趣味の写真も公開。
年初来:+0.9%(2019/5/31時点)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +1.5% となりました。
前週比は +0.3% で推移しました。


20190524_パフォーマンス推移表


微増ですが、相変わらず低空飛行です。


2.全体所感

Huawaiの問題は先週もここに書いたのですが、
その後、凄いことになってきましたね。
米中の溝が益々大きくなるのではということで、
米国市場も軟調でしたが、日本株も連れ安しているようですが、
思った程、過剰な反応はなかったようですね。

米国はNYダウは週間で▲1.6%、月間で▲4.2%ですが
年初来では+10.2%と好調ですし、
より足元弱いNASDAQは半導体指数が危ういとか色々言われてて、
週間▲4.1%、月間▲7.5%となっていますが、
年初来は+15.9%とやはり好調にみえます。

NYダウのPERは17倍台と概ね20倍前後で推移してきた中で、
ここ数年では下限域にあります。
日本株の指標も、少なくても指標面からみると
PERもスプレッドで5年分くらいはあることからも、
やはり割安感が十分認められるという印象もあります。

ただ、あくまで指標面での話なので、今後景気悪化シナリオがより強く
顕在化してくることはわかりかねるので、
そうなるとシクリカルでないディフェンシブにシフトするというのが
真っ当な対応の仕方なのかなというのは感じているところです。

私の監視の中でもスーパーや医薬品などディフェンシブといわれるところも多く、
実際にいくつか購入のための最終判断をしているところもあるのですが、
やはり考える事は皆さん同じなのか、こういう銘柄はどれも強かったですね。

私のポートフォリオは不況耐性を考慮はしているものの、
結局相当に影響を受ける銘柄も多く入ってしまっているため、
シクリカル影響を普通に受けそうではあるんですよね。
そういうことも念頭に置きながら、
少しずつ納得感を高められるポートフォリオへ変えていきたいと思っています。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。


20190524_ポートフォリオ内訳


アイドマMCの部分売却を引き続き行っておりますが、
業務提携のリリースで高騰したこともあり保有比率があまり変わっていません。
今後は他の銘柄の売買状況を踏まえて調整については慎重に検討したいと思います。

また、ソーシャルワイヤーの下落が強く、総会前に許容できる水準までは
予め買い基準を決めていましたが、その1段目が約定してしまいました。
ただ値下がりの方が大きく、まだ保有比率5%には至っていません。
総会前にあとどれだけ刺さってしまうのかと、
落ちるナイフに怯えつつ、なんだかわくわくもしていたりします(笑)。




保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。


20190524_保有銘柄一覧(週間騰落)


アイドマMCが業務提携の材料で値上がりしています。
そんなに即座に評価される内容でもないと思うので、
まぁ来週には落ち着くだろうなと思います(笑)。

ソーシャルワイヤーの下落は何度かツイートしてしまいましたが、
きっとこの後、悪材料でも待っていますと示現しているような動きです。
木曜日に出来高が膨れていますが、とはいえ、じりじり下がっている感じなので、
いわゆるセリクラのようなわかりやすい底入れのようなこともなく、
結局金曜日も続落となりました。

ルネサンスは金曜日に急に弱さが見られました。
前日に定款変更やがん病院センター内の運動支援センターなどの新たな取り組みも
リリースされていますが、無慈悲は売りですね。
特に売られる内容もなかったのですが、そういえば四季報の速報とかで始める頃なので、
その方面でなんかありましたかね。私は会員ではないのでよくわからないんですけどね。

Hameeは今期予想に戦々恐々といったところで、
ずっと安値を掘っていますね~。投資による更なる落ち込みも想定されるため
まぁ仕方ないですかね。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。


20190524_保有銘柄一覧(指標)


ポートフォリオPER水準は12.2倍と引き続き低い状態です。
これを割安とみるのか、先行きの減益を織り込んでいるのか、
ニュートラルにいつも自分のポートフォリオを眺めています。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。
なお、株価の動きを踏まえた率直な思いも適宜メモしていきます。


■アイドマMC
業務提携がリリースされています。 →PDF
中国では非現金決済が通貨信任の問題から主流となっており、
日本に比べてキャッシュレス化が進んでいます。
ですから、フーマーフレッシュのような形態はより浸透しやすい文化があると
認識しており、では日本ではどうなのかなと思っています。

ただ、電子ラベルとサイネージを組み合わせることで、
販促ツールというより、最近流行り始めているダイナミックプライシングなど、
効率化のためのツールという面で捉えると、商材やその導入ノウハウで、
十分なポテンシャルがあるような内容でもあります。

あくまで業務提携ですからまだどのように具現化するのかもわかりませんし、
業績寄与もまだまだ先ですから、もう少しまったりみていかないとなりません。

また、決算説明資料が開示されました。 →PDF


パッと見て気になったのはP10のアウトストアはアイドマMCが
やれる部分なのかなという所です。
サイト構築やEC領域って強みとしてリソースがあるのかなというところです。

また急遽出てきた電子ラベルはきっと顧客とのコミュニケーションの中で、
相応に実需がありそうという感触の中で、
2年前に社長が視察されたフーマーをモデルにしようとなり、
その商材として今回の提携に至ったと思われます。
ダイナミックプライシングって最近小売りだけでなく、
鉄道などあらゆるところでAIと組み合わせて導入されるケースが増えていて、
単なる効率化というより戦略推進において即時性をもった対応のために、
今後は流行っていくのかもしれません。
その要素を早期に着手しようというのは面白いなと思います。
P11で運用を含めた一貫受注を志向していますから、
この辺りは顧客と密接に繋がりながらということになるのだと思います。
よくわからないけどやってみようというわけではなく、
地に足がついているのはいいかなと感じます。

まだ他の競合のことや業界のトレンドなどもあまり調べられていないので、
また色々アンテナ張って調べていきたいと思います。

それにしても決算説明資料開示無となっていたのですが、
このように開示され、そこには色々難しい事情があったようですが、
投資家に向き合ってくれた姿勢に感謝をしたいと思います。
(もちろんIRとしては当然の対応なわけではあるのですけどね)

あと、デジタルサイネージの技術展に出展するようです。
さすがにこのために会社サボっていくか悩ましいのですが、
ちょっと面白そうだなとは思っています。



■サンセイランディック
決算精査記事をアップしました。







■ルネサンス
譲渡制限付株式報酬制度の導入や定款の一部変更などがありました。
定款の一部変更は企画に係る領域を広げるための対応です。
色々新しいことにチャレンジしようという志向が高い会社なので、
今後の具体的なリリースに期待したいですね。
そして大阪のがんセンターの中に運動支援センターを開設
というリリースがありました。
これまでも脳卒中からのリハビリ特化型なども新店を出していますが、
症例に応じた特化型の対応が進んでいます。
ノウハウが横展開されることも期待されますが、
そもそも病院内にこういうものを作ってどの程度の収益性があるのか、
そこはちょっとよくわかりません(笑)。
ただ、理念として
「本センターを通じ、がん患者さまをご支援すると共に、
蓄積した知見を社会へと還元してまいります。」
とも書かれていて、なんだか応援したい気持ちになりますよね。
もちろん投資は単なる応援ではだめな部分もあるのでしょうけどね。


■MCJ
取締役の選任についてリリースされています。
MAに強そうな方が一人新任で入られましたね。
どんな方かぜひ質問して、ご本人のコメントも聞きたいところですが、
MCJの総会には行かれません・・・。


■丸和運輸機関
決算精査記事をアップしました。







■イオンディライト
カジタクの件、中間報告が出てきました。
元々18億ということでしたが、100億に迫る各種不正は
その金額内容もさることながら、内容も愕然とします。
ただ、チャレンジの社風などから想像はしていました(笑)。
起こってしまったものはもうしょうがないので、
再起を期待したいところです。
株主総会荒れるんですかね。


■日本管理センター
決算精査記事をアップしました。





■WDBホールディングス
決算説明会に参加してきました。




またこれを受けて、決算精査記事をUPしています。





5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。


20190524_資産残高推移表


今週も横ばいです。



6.雑記

そろそろ総会シーズンに突入です。
地方遠征の口実としていい機会なんですが、どこに行こうか画策しています。
本来は保有比率に応じて決めるところなんですが、
様々な要素をみて決めることになります。

会社を休んでの対応になりますが、
兼業なりに会社に寄り添っていけるようにありたいなと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1220-c6b33a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り