投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

Author:まるのん
アラフォーのイクメン窓際サラリーマン。
投資方針に忠実に運用し、
将来の教育資金や老後資金への不安へ対処していく。
中長期視点で現物日本株へ投資。
サブブログ「まるのんのフォトはなし」で趣味の写真も公開。
年初来:+0.9%(2019/5/31時点)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.1% となりました。
前週比は +2.1% で推移しました。

20190118_パフォーマンス推移表


各指数の中で最下位の我がPFです。
えぇ、体感通りですね~(笑)。
むしろプラスを維持していただけでも驚きです。



2.全体所感

日本電産の下方修正によって、
米中摩擦の影響が定量的な面でも顕在化してきたわけですが、
それを受けても各指数は底堅く推移しています。
既にこれまでの調整で織り込んでるということなのかもしれませんが、
しかし、自分の保有株が非シクリカルかつ一過性の理由だとしても、
凹んだら容赦なく売られる将来が手に取るように想像できます(笑)。

株は周囲の投資家のマインドや動向を読まねばならない、
チャートにその示唆があるということなのでしょうし、
人気投票やら美人投票だと言われることももっともなのでしょう。
そういう要素をうまく操って対処出来る方は、
今年もめざましいパフォーマンスを出されていることと思います。

もちろん、私はそういう波に完全に取り残されていますし、
そもそもそれを自ら選んでいるわけなので、
これでいいと思っていますし、
そもそも自らが見つめるべきものやそれを受けた行動がブレてはいけないと
強く省みっているところです。
こんな一種の儲け時のような地合いの中で、なにを退屈な事を言っているのか、
と思われるかもしれませんが、そういう時だからこそより
原点に返るべきなのだと考えています。


新興市場はバイオ祭りでマザーズ指数は昨年のマイナスを跳ね返すような
大幅な伸長を見せています。今週だけで+7.5%、年初来では既に+17.5%ですからね。
そしてこの祭りにうまく乗れている方は、
もう数十%のプラス、あるいはいきなり2倍なんかで推移していることと思います。
去年も数倍、今年も更に倍なんてことになると、
私のような弱小資産の投資家であっても、本当にすぐに億り人ですね。
そういう世界が近い所に見えてしまうと、
ついつい一攫千金を!なんて慣れないことをやってしまいそうになりますが、
これは天と地がひっくり返ってもやらないです。
それは私にとっては投資ではないからです。

変な拘りを捨てて、と思われるかもしれません。
そうですね、やっぱり不器用だなと思っています。
でも楽しく片隅で投資を楽しむ権利はあると思うので、
ゆったりとやっていきたいと思います。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。


20190118_ポートフォリオ内訳


騰落によって1位と2位が入れ替わり、
アイドマMCが1位に踊り出ました。
2位のサンセイランディックと共に、この2トップでいいのかと
客観的に見れば笑ってしまうかもしれません。

業績の見通しにチャチャがついているアイドマMCと
不動産セクターということで不安MAXの渦中にあるサンセイランディックですからね。

3位のステップは成長のために利益非開示で
減益を厭わず攻める銘柄、そして4位は日経リーク記事によって、
今期未達の確度が高まったルネサンスです。

5位の東鉄工業も今期は1Qのリカバリに追われやはり未達懸念となっています。

もちろん、私は個人としては現時点では両社共に魅力的だと思っているから、
このPFを踏襲しているわけですが、
こんなに懸念があるならシフトさせる事を考えないのかということになるのですが、
これは自分が投資家として何者かという領域に関わる問題でもあります。
別に過去に固執して意固地になるとか、思い入れが邪魔をしているとかではなく、
対峙すべき時間軸の問題なのです。

今期が未達とかあるいは逆に魅力がありそうだというカタリストを追いかけて、
あっちにこっちにシフトするというのは、
自分の本当にやりたいことではないのです。
このように機動的にやった方が、資金効率の面からもいいんだよというのも、
その通りなのだと思いますが、でもこのブログ口座での運用は、
投資方針に則って、粛々とやっていきたいと思っているのです。

ただ、まだまだ自信いっぱいという銘柄がないのも事実なので、
10%を超える主力銘柄不在の構成になっているのは残念ですね。
軒並み準主力扱いの5-10%の範囲内ですからね。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20190118_保有銘柄一覧(週間騰落)


アイドマMCはやや反発しましたが、まぁ虫の音ですね。
しかし保有比率5%以上の準主力銘柄が軒並み冴えません。
まぁ前述のような考えのもと、気にせずいきますよ(笑)。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。


20190118_保有銘柄一覧(指標)

ルネサンスの観測記事に応じて今期10%弱程度の未達を想定し、
今期予想EPSを135に暫定的に下げました。
これにより、PER水準が15倍程度にやや上昇しています。
ポートフォリオPERは以前11倍台ですね。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。
なお、株価の動きを踏まえた率直な思いも適宜メモしていきます。


■サンセイランディック
採用サイトがリニューアルされています。
新卒は5名募集に対して、きちんとリッチにページが作られています。
事業の説明もコンパクトでわかりやすいのですが、
やはり人にもきちんとフォーカスされていていいと思います。
こういう場にはホワイトの側面しか出てこないのが通例ですが、
同社も同じなのですが、相対的に不動産の中では
相当よい会社なのではないかなと印象を持っていますし、
転職口コミサイトなのでもそういう声が多いですね。
よい人材が獲得できるよう頑張って欲しいですね。

■ステップ
新年度の生徒募集が開始されています。
そして、その動向を左右するのは今年度の受験結果です。
本当に横浜翠嵐でTOPを取れるのでしょうかね。楽しみに見守りたいと思います。
もちろん、その可否が直ちに同社の長期的、潜在的価値を左右するものではないですが、
名実共にTOPになるためにも不可避なな道ですからね。


■ルネサンス
日経観測記事で5%減益がリークされました。
自然災害の閉鎖や営業機会喪失なのもあって
どうしょうもない部分と、
人件費の高騰など継続的コストの双方があります。
ただ、これも大きなトレンドで見て投資をしているので、
やはりこれに一喜一憂してもよくありません。

■ソーシャルワイヤー
仙台のクロスコープでキャンペーンやるようですね。
クロスコープといえば、新橋に新設するビルですが、
以前に火災が発生したビルですよね。
建設中のビルでけがをされた方も出たそうでお見舞い申し上げますが、
とはいえ、命に係る大きな人的被害が出なかったのは不幸中の幸いですが、
供用開始出来るのが遅れたりとかはないんですかね。
まぁこれもまた同社の価値云々に関わることではないのですけどね。
新橋で火災→クロスコープが新設する拠点だ
→リリースが遅れることで業績積み上がりが遅れるかも
→EPS伸長が鈍化するかも→1回回避しておこう
なんてやってたらキリないですからね。


■Hamee
フィスコレポートが出ています。 → PDF
私も先週電話で改めて様々な視点を元にIR照会をかけていますが、
概ね違和感のないレポートです。
定量目標を含んだ具体的な中計開示に意欲は感じていましたが、
レポートによると本決算の頃を目指しているようですね。

また今後の国内卸の動向次第では利益が未達になる可能性へ言及している点も、
私も同じ感覚として受け止めていました。

そして株価はそんな懸念を先読みして1ヶ月で半値になっていると思うのですが、
まぁやり過ぎではないかなというのが個人的な感覚です。
もちろん、もし未達あるいは下方修正まで出れば、
まだまだ下値もあるのかもしれませんが、
そんな値踏みなんて時間の無駄なのでもっと先に同社がどうなっているか、
シナリオ毎に想定しておくことが大事なのでしょう。

投資行動についてもいくつかの準備を進めていますが、
まだどうするか決めていません。かなり悩ましい状況だと思っています。


■丸和運輸機関
1/16の日経MJ流通新聞に同社が取り上げられています。
和佐見社長のコメントが随所に引用されており、
過去の武勇伝や今の攻めの経営の姿勢、またとりわけ人財への考え方は
相変わらず筋が通っています。
野村IRでもそのすごみを改めて実感してきましたが、
今後が楽しみだなと思います。

■シュッピン
こちらもフィスコレポートが出ています。 → PDF

時計好調がもっと評価されるべきという見立ては私は個人的にはそうは思いません。
もちろん、好調なのはいい事ですが、より外部環境に左右されます。
つまり株価などの経済指標が冷え込むと落ち込んだりするので、
やや不確実性が高いですしやはる主業のカメラが主軸で見るべきと考えています。

カメラ不調なので同社の問題というより、
メーカー側のプロダクトミックスや製品展開の課題です。
ですので、そこに対して過度に悲観はいらないはその通りだと思います。

この他マーケティングシステムの進捗や狙いなどは
事前のアナウンス通りでしょうかね。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20190118_資産残高推移表


特にコメントはありません。


6.雑記

割愛します。


コメント
この記事へのコメント
ブログ外ではどのように投資されているのでしょうか?さすがにデイトレはないでしょうし(やってたらそれはそれで面白いですけど)、大きく投資手法が異なることはないと思いますが、ブログ口座とはまた違う目線のファンダメンタル投資ということであれば、一度ブログ外口座の記事も読んでみたいです。

日本電産はほぼ影響なしと言っていい結果でしたね。下方修正のネガティブインパクトより、永守会長の先見性を評価したのでしょう。

しかし日本電産ほどの企業がネガティブなら、他は推して知るべし、弱気づくと思いましたが、結果は全く正反対。つくづく投資センスのなさを思い知らされています(笑)
2019/01/19(土) 20:16 | URL | コー #-[ 編集]
>コーさん
こんにちは、コーさん。
いつもコメントを下さりありがとうございます。
大変励みになります。

ご質問頂いたブログ外の運用については、
まさにブログ外のため個々には言及したことがありませんでした。
わかりづらい感じになっており申し訳ありません。

まず私がブログ口座として運用開始をしたのは2014年からですが、
実際にはそれ以前から複数の口座において株式、債券、ETFなどを
国内外を問わず保有しております。

ただし国内株式の個別銘柄については漫然と大型株や優待株を保有していたり、
指数連動のETFをドルコスト積み立てなどをしておりました。

そんな中、子供も授かるなどのきっかけもあって、
資産運用を長期的に見つめて向き合おうと決めたこともあり、
当時、一番使い勝手のよかったSBI証券の口座をブログ口座と定めました。

このブログ口座は、不特定多数の方にその運用の投資方針や状況を開示をして、
謙虚にかつ自己規律の意味合いからもこのようなスタイルを続けています。

一方でブログ外口座というのは、
当然ながら前述の通りSBI証券以外の口座の資産は運用を続けていますし、
その後もとりわけ大型株や優待株などを中心に
相応に調整をしながら対応しています。

ちなみにご質問にあったデイトレはさすがにやりませんが、
このブログ口座のように投資方針にガチガチに縛ってはいないため、
かなり緩い感じになっています(笑)。

それこそ嫁さんからの優待取得の厳命が下って、
強制的に買い付けをすることもあります(笑)。
もちろん最低限の会社の状況は確認するわけですけどね。

実はブログ口座ではひらまつがこの嫁さんの強制厳命の銘柄です。
元々、創業者の経営手腕やホテルなど新たな成長を当時は期待し、
年に1回のフレンチの家族イベントのために今も保有を続けていますが、
かねがね言及している通り、ブログ口座で保有するべき状況ではありません。
ただ、保有比率的にごく軽微であることや、
SBI証券で買い付けており、計算の都合上、個別に切り出すのが厄介という
オペレーション上のこともあってこれまでブログ口座で保有しているという状況です。

ただ実際の所、PTSがある事などもあって、
SBI証券でもブログ外の取引として優待目的や他の目的などで売買する事も多く、
既に個別に計算時に調整をしていることもあるので、
ひらまつもどこかで宣言をしてブログ口座から外してもいいかなと思っています。
(このまま放置するかもしれませんけどね)

このため、ブログ口座外での保有分に対する配当や手数料などが生じており、
当然配当は控除してブログの運用として開示していますが、
手数料分はそのまま考慮しているのでブログ口座上は若干下押し要素になっています。
一方、ブログ外口座での損切り取引による税金の戻り分はブログ口座分に反映されているので、
これは逆に上積み余地になっています。
従って、ブログ口座の現金は厳密には若干実態より上下があります。
ただ年率パフォーマンスに換算するとほぼ影響がない程度に収束しているので、
全取引の手数料や税金分までを考慮した調整を厳密にやっていない状況です。
結果、ブログ外の配当のみは相応の影響が出てしまうので、
その分のみを考慮をしてブログ運用口座としては控除している状況です。


ちなみにこのブログ外口座の件は、今のブログ口座の投資方針に全く縛られず、
緩くやっているということもあり、人様に晒すことによって
何かを律したいとか皆様からご意見を頂きたいという判断も一切ないことから、
今後も開示をする予定はありません。
どういったスタンスでというのもその時々ですが、
今は優待銘柄や大型株が比較的多いように思います。
資産規模等も含めてあとは想像にお任せいたします(笑)。


これでご回答になっているでしょうか。
何か不明なことや些細な疑問もあればまたコメント頂ければ、
可能な限りで回答をさせて頂きます。



日本電産の件は、私も市場の反応には驚きました。
会長の会見も終始拝見しましたが、
なんともいえば、らしさが垣間見れて、この受けとめをどうするべきかは
確かに悩ましい部分もあります。
投資家の哲学のようなところで受け止め方も変わるのだろうなと思いました。
ただ、やはり先行きがここまで不透明感が台頭している中で、
今の株価水準の評価はやはり高いと感じます。
市場はそう思っていないから底堅いのだと思いますが、
あくまで自分がそう感じるのであれば、ただ見ているだけになります。
今後、同社が今のようならしさを維持しながら、
長期的な成長をしていき日本企業のひとつの誇りとして頑張っていってもらいたいと
野次馬ながらにそう思います。

日本電産の影響による他への影響もほぼありませんでした。
今の市況が織り込んでいるということなのかもしれませんが、
私の保有株でもいくつか更に下押しすると思われる銘柄があるのですが、
こちらはガッツリ失望して株価が急落する気がしてなりません(笑)。
まぁそんなもんなんだろうと思い、それも含めて受け止めて楽しみたいと思います。


相変わらず、長文のご返信となり失礼いたしました。


2019/01/20(日) 00:11 | URL | まるのん #-[ 編集]
野次馬的な質問に丁寧にご回答いただき、ありがとうございます。

ひらまつに関しては、ずっとPFから外したい気持ちがひしひしと伝わってきますので、優待があるとはいえ、なんで持ってるんだろうと不思議でしたが、なるほど納得です。我々は投資家である前に夫であり、夫である以上は嫁様の意向は無視できませんものね(笑)

日本電産は良くも悪くも「永守帝国」で正直個人的には好きではない経営者ですが、悪い局面で逃げることなく、しっかり説明する姿勢は素晴らしいです。PFの主力企業の経営者が、同じ対応ができるかどうか。まるのんさんのように楽しむまでの境地は無理ですが、しっかり見ていきたいと思っています。
2019/01/20(日) 15:39 | URL | コー #-[ 編集]
>コーさん
こんにちは、コーさん。

ひしひしと伝わってましたか(笑)。
資金量から見れば軽微とはいえ、
大切なお金なのでせめてブログ外の緩い優待口座管理へ
移管したいのですが、
そのうち対処したいと思います。
対処といっても単にエクセルの操作だけなのですけどね。

嫁さんの執行命令は絶対なので、
逆らわずにいきたいと思います。
実際、家族でこういう高級レストランにいって
雰囲気を味わってくることも、
特に子供にとってはよい機会だと思っていますしね。

日本電産の会見は動画で見ていますが、
良い意味で肩の力が抜けているというか、
尋常じゃない事態で凹んでいるにも拘らず、
冗談も飛ばしながら対処できるのは、
本当に経営を楽しまれているのだろうと改めて実感したところです。
経営者として、猛烈を歓迎するなど、
武勇伝を聞くと引いてしまう部分もありますが、
私は会見を通してしかわかりませんが、凄い経営者だなとは思いました。
もちろん、それが自分の尺度としての投資対象としての評価は
また別ものということでもありますけどね。

私も今の様にさえない時でも、更に落ち込んで、
まさに尋常じゃない事態が訪れたとしても、
冗談を飛ばしながらさてどうしようかね~と
楽しめるようにありたいと思います。

そのためにはまだまだ乗り越えねばならないことがいくつかあると思います。
それは自分起因のマインドだったりスタンスのことでもあるのでしょうが、
そういった部分を少しずつ養いながら続けていきたいと思います。
私もまだまだ境地に達しているわけではなく、
煩悩の塊なので、また色々お付き合いをさせて頂きながら、
そんな煩悩ともうまく付き合っていきたいとと思います。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019/01/21(月) 15:48 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1158-816fb165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り