投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

【決算精査】 2378_ルネサンス(18年3月期_4Q決算)


■銘柄分析シート(表紙)
PDFファイルリンク

■銘柄分析シート(詳細)
PDFファイルリンク

■銘柄分析シート(補足資料)
PDFファイルリンク



1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


利益率や進捗率など一応こねくりまわしてみたのですが、
過去に遡れば遡るほど、なんか無意味な作業をやっている気がしてなりません。

例えば、前期の1Qは北千住や名古屋駅ビルなど大型店が相次いで開設して、
その開設費用が先行する中で減益となっていたわけです。

その時には開設費用などその施設固有のコストがあるでしょうし、
それをどう会社計画に盛られているかによっても
達成率や進捗率も変わります。
利益率の推移をみても、そもそも1Qは落ち込む期ですから、
余計に通期を見通した際の寄与度は下がります。

決算短信上の見立ては良いようにも思いますし、
実際、様々な新しい取り組みが見られる中で、
一定の増益率、進捗率を確保しているので、まぁ好調なんではないですか、
でいい気がします。サボっているわけではなくて、一応エクセルのワークシートも含めて
色々睨めここはしたんですよ(笑)。

元氣ジムのFC展開や新業態として脳卒中患者向けの施設など、
新しい試みは今後が楽しみです。
またオペレーション面でRPA導入を推進しているので、
このあたりの施策展開の状況、
とりわけ現場浸透度と効率化寄与度あたりが気になります。
どの程度のスピード感でやってるかも併せて、今後照会してみようかなと思います。

業績推移としては順調ですが、
ただ、そこまで驚くようなものでもないですね。
総合評価は想定通り「3」です。



2.定量数値の確認


(1)売上・利益の状況

■売上-粗利推移
2378_ルネサンス(19年3月期_1Q単計)売上-粗利推移

1Qは年度の入れ替えということもあり、
期中で閑散期となるわけですが、それでも年々粗利率も向上しています。
特に推移上も変化は見られません。

粗利率が11.4%となり前々期の11.6%に肉薄する高水準となっています。
ただこれも前述の通り、施設開設のタイミングなどによるので、
だから何?となりますね。


■販管費推移
2378_ルネサンス(19年3月期_1Q単計)販管費推移


販管費はやや高水準ですかね。
販管費率5.7%はここ数期の四半期単位の中でも一番高いですね。
これまでだいたい4%-5%前半位でしたかね。
ただ、いちいち質問するほどでもないので、引き続き、次回の決算をみます。



■純利益-EPS推移
2378_ルネサンス(19年3月期_1Q単計)純利益-EPS推移


特段コメントはありません。



(2)今期予想について

上期予想を達成するための2Q単のハードルは以下です。

売上    :11,950百万円
営業利益 :1,163百万円(9.7%)

前期の2Q単の実績は以下の通りです。

売上    :11,743百万円
営業利益 :1,193百万円(10.2%)

以上から、2Q単では1.8%増収、2.5%営業減益の見込みです。


大阪千里店が引き続き地震で休業しているとか、
新規事業で開設などもあるということで、
利益面では抑制されそうな要素が一定程度はありそうですが、
にしても減益にまでなりますかね。。。
この辺りの皮算用もまたなんか不毛な気がするんですよね。


3.定性情報の確認


短信上で様々な新たな取り組みについて細かくトレースされていますね。
私は週間単位でリリース見ているのでおさらいですが、
それをやっていなくても短信に目を通せば取り組み状況はよくわかります。
この会社もユニークな会社だなということがわかります。

年収を挙げるプロジェクトとかやってるんですね。
上手く従業員へも還元していってもらいたいと思います。


4.その他情報の確認


(1)株価推移の状況

2378_ルネサンス(19年3月期_1Q単計)株価推移


株価もどういうわけか高騰しましたね。
全くよくわかりませんが、とりあえず急騰と目標株価との兼ね合いもあり、
私は少し売却をしています。



(2)IR照会の状況

特に今回は実施していません。


5.さいごに

24時間対応などやっていますが、今後は特に早朝帯に特化して
などバリエーションも増やしてくるかもしれません。
試行錯誤しながらの会社のような印象を持っているので、
色々試しながらベストを尽くして欲しいと思います。

東京オリンピック関連だとか、どうしてもテーマ株にしたい方も
沢山おられるでしょうが、そんなに劇的に変わらないし、
変わったとしてもひと時の旬は定着もしにくいですからね。

一緒に盛り上がりつつ、ビジネスの戦略は粛々と冷静に進めて欲しいと思います。
特段ツッコミどころのない好調な決算でした。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1088-d91a3f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り