投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

当記事は株主総会出席のため、
地方遠征をした際の旅行記のAppendixとなります。
投資には関連しないため、興味がない方は、
スルー頂ければ幸いです。

前回は富山での短い時間を綴り、
いよいよ富山を後にするという所からです。





富山から岐阜への中部地域の縦断の主要交通機関は、
高速バスとなっています。
駅前からも名古屋方面の高速バスが出発していきます。

もちろん私は電車が好きですから、
高山本線に乗ってこの200km余りの行程を旅します。

本当はローカル線に揺られて、
のんびり行くルートがよかったのですが、
乗り継ぎも悪く相当時間がかかってしまうことと、
青春18切符シーズンでもないことから、
無粋ながらも直通で走破する特急ひだ号に乗車します。

ワイドビューという冠がついていることから、
座席は高い位置に設置され、
窓も大きな展望が望めるものとなっています。
とはいえ、同線は全線が非電化ということもあり、
キハ(気動車)で車両も古いです。


toyama_hidagou.jpg



ドッドッドッ・・・と発車の際に
大きな唸り声をあげて走り出します。
電車のように電子制御されている走り出しというより、
一生懸命に引っ張ろうとしていることが伝わってくるような、
独特の揺れがあります。
なかなか地方に旅行に出る機会も減りましたから、
キハに乗ることも少なくなりました。


takayamasen1.jpg



しばらくは富山平野を南に進みますが、
JR東海との境界駅である猪谷駅を出発すると
いよいよ飛騨高地の山々の合間を抜ける秘境感が出てきます。

集落も時々あるような沿線ですが、
深くえぐられた谷には清流が流れていますが、
そこに心許なく架けられた橋をいくつも渡っていきます。
カメラを構えて外から撮影したら、
凄くいい写真が撮れそうなスポットがいくつもあります。

陽が落ちて辺りも暗くなっていきますが、
明かりという明かりがあまりないため、
車窓の外は暗く、時折街道沿いを走る車のテールライトが
過ぎ去っていくだけです。
ですから、時折ちょっとした集落に
灯りがついているだけでどっかホッとします。
日常の首都圏の喧騒にまみれている自分にとっては、
同じ日本、同じ時間が流れていることが嘘のような、
しっとりとした時間が流れていきます。

気動車のエンジンが時折ドッドッドッ・・・と振動と共に
唸る音だけがその空間に響いていきます。

そろそろ買い込んだ夕飯を頂くことにします。
富山といえば、白えびということで、白えび丼です。
実は東京駅の八重洲地下街にも進出されているので、
ここでしか食べられないわけではないのですが、
そんなことを言ってると何も買えなくなりますからね。
そしてその近くで売られていたのどくろのお刺身がおいしそうだったので、
それも広げて、一人小宴会です。

takayamasen2.jpg



白えびはおいしいですが、
少し遠くの方で苦味があって大人の味です。
のどくろは白身ながらも立派な油ののりで、
こちらもとてもおいしいです。
ラーメン大盛が効いていたので、お寿司ではなく、
お刺身にしたのですが、これは正解でした。
地魚も沢山あったので、今度はこういったものもチャレンジしてみたいですね。
ただ、北陸の海産いうとどうしても、冬のイメージがあって
選択に悩むかもしれませんね。


高山駅はこの途中沿線では一番大きな町です。
駅前はさすがにそこそこの明るさもあります。
この辺りを起点に乗鞍方面の景色のよいドライブコースもあったりしますし、
ただ通過するだけというのは少し惜しいですね。


ここから再び山に入り、闇の中でドッドッドッ・・・と進みます。
途中温泉地でも有名な下呂を通過し、
美濃加茂市に入るとようやく市街地に戻ってきたなと実感できます。
ふるさと納税でいつもお世話になっている各務原市を通過して
(飛騨牛ハンバーグの返礼品は何度もリピートしました)
岐阜に到着です。さすがに4時間くらいに渡る縦断はただ乗っているだけとはいえ、
大変疲れますね。ドッと疲れて駅前のホテルに駆け込みます。


その4に続く。

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

1点教えて欲しいです。
まるのんさんの「銘柄分析シート 詳細」で上げている最後の株価とPERの図表は証券会社さんのツールですかね??
それとも自作でしょうか?
問題なければ(証券会社のものであれば)ツールだけでも教えてください。。。


あと、まるのんさんの株投資推奨本とかありましたら教えていただければありがたいです。

って、厚かましいお願いばかりで申し訳ございません。

あれから、まるのんさんの真似をしながらエクセルでの分析を日々進めております;

ただ、平日は株に向き合うことができないのでなるべく値動きが激しくない銘柄を探しているような感じで、とりあえず自分の身近なもので今後伸び代があるものから手を付けたいなと思いマザーズの3933 チエルと3138 富士山マガジンサービスを監視している感じです。

チエルは子どもがこれから小学生に上がっていくので今後の教育関連銘柄として、富士山マガジンは単純に自分が利用しているユーザー側だからですねwww
(あと、日々のチャート見てて相当売り込まれているなぁという雑感ですw)

全体的に今はマザーズ下がっていてどれも割安なのかなぁとみえますけど、慎重に分析して投資していきたいと思います。

図々しいコメントで申し訳ないです。
気に障りましたら無視くださいませ。
2018/07/06(金) 23:42 | URL | スガリ #-[ 編集]
こんばんは。

1点教えて欲しいです。
まるのんさんの「銘柄分析シート 詳細」で上げている最後の株価とPERの図表は証券会社さんのツールですかね??
それとも自作でしょうか?
問題なければ(証券会社のものであれば)ツールだけでも教えてください。。。


あと、まるのんさんの株投資推奨本とかありましたら教えていただければありがたいです。

って、厚かましいお願いばかりで申し訳ございません。

あれから、まるのんさんの真似をしながらエクセルでの分析を日々進めております;

ただ、平日は株に向き合うことができないのでなるべく値動きが激しくない銘柄を探しているような感じで、とりあえず自分の身近なもので今後伸び代があるものから手を付けたいなと思い新興の3933 チエルと3138 富士山マガジンサービスを監視している感じです。

チエルは子どもがこれから小学生に上がっていくので今後の教育関連銘柄として、富士山マガジンは単純に自分が利用しているユーザー側だからですねwww
(あと、日々のチャート見てて相当売り込まれているなぁという雑感ですw)

全体的に今は下がっていてどれも割安なのかなぁとみえますけど、慎重に分析して投資していきたいと思います。

図々しいコメントで申し訳ないです。
気に障りましたら無視くださいませ。
2018/07/06(金) 23:55 | URL | スガリ #-[ 編集]
すみません。
チエルがマザーズじゃなかったので新興と直したら2回投稿されてしまいました;;
2018/07/06(金) 23:58 | URL | スガリ #-[ 編集]
>スガリさん
こんにちは、スガリさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

ご質問の件ですが、
その前に、当方の作成している銘柄分析シートについて、
興味を持って下さり嬉しく思います。
このように質問を頂けることもありがたく感じています。

株価のチャートとPERの近似線を引いた
資料についてかと思いますが、
こちらは自作で作成しています。
株価データはCSV等で取得できますので、
こちらをワークシート(出力はしてません)に貼付し、
その右側にEPSを手で入れていっています。
といってもEPSが変わるのは、修正開示や期が進んだ時が
ほとんどなので、メンテナンスも年に数回ですね。

このEPSと予め銘柄毎に決めている
3つのPER断面から求まる目安株価を
グラフ上の点線で表記しており、
これの近似線を太線で表記しています。
その上で自分が売買した日には、
その平均単価を買もしくは売の箇所に入れておくことで、
そのタイミングをプロットされるようにしてあります。

あまり凝った作りではありませんが、
気軽に作れるようにしてあります。
なので、自分が注文を出す時に、
手元でこれをUPDATEしてその水準感などをみるようにしています。
ただ、私はチャートは読めない(読まない)ので、
その形や出来高変化の云々までは見ていませんけどね。

同様の観点のものというと、
マネックス証券が最近投入している「銘柄スカウター」は、
株価チャートとPER水準を併記してくれる
機能があるので、同じような趣旨で使えるかもしれませんね。


次に投資本のお薦めということですが、
お恥ずかしい限り、これといってありません(笑)。
本当であれば、名著には目を通し、
そのエッセンスを記憶に留めた上で、
自分流の投資法を見出すべきなのかもしれませんが、
私は、あまり投資本を読んだことがありません。
著名な方の本もKindleにはたくさん入っていますが、
部分読みとか場合によっては開いてもいないといった
体たらくです。

読み物として面白かったのは、
村上氏の回顧録のような「生涯投資家」という本や、
個人投資家として有名となった五月氏の「勝つ投資 負けない投資」などですが、
あくまで読み物としてということで、
何か投資法のエッセンスになったかといえば、
明確にこれっってものがないので、
あまりお薦め出来るネタもありません。

他にも「ストーリとしての競争戦略」などは、
経済的な障壁についての考察が並べられており、
分析という視点で面白いな、と思いましたが、
量も多く、別にこの本でなければ触れられないということでもなく、
やはりお薦めというには根拠が薄いと思います。


あるいは、「財務3表一体理解法」などもよく読まれていますね。
こちらは財務諸表を読むための一般的な知識や
勘所をよく抑えていて、実際の企業の例も出てきて楽しいですが、
でもこれも一般的な財務諸表理解のための一助となる程度かと思います。

最近読んだ本ですと、
「ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること 「すごい会社」の見つけ方」
は中小型のファンマネの苦瓜氏が書かれていますが、
泥臭い投資との向き合い方や足で稼ぐ姿勢など、
プロであってもこういう普通のことの積み重ねが大事だなと痛感しました。
特段、スキル的に予見できる能力があるとか、
先駆的な手法などはないので、あくまで長期投資の姿勢を学ぶための、
読み物に近いかなと思います。


なんというか、ピータリンチとかバフェットとか
そういう著名な人の名著が出て来ず、申し訳ありません。
個人投資家で有名なみきまるさんなどは、
いつも様々な書評と共に、書籍も紹介下さっていて、
いろんなタイプの書籍を探されるのであれば参考になるかもしれません。



平日は仕事で値動きが少ないものをというのは、
私も同じ立場なのでとてもよくわかります。
(私の場合窓際サラリーマンなので相場みられるのですがねw)

ただ、株式市場というのは、やはり値動きがあるもので、
それはどんな銘柄であっても上下をするものですから、
まず値動きはするものだという前提で向き合うべきかなと思います。
そのため、値動きがあっても、自分が安心して保有していける
拠り所のようなものが大事なのかなと考えています。
私はそれを自分なりの納得感といつも表現をしていますが、
なんでもいいのですが、自分なりの拠り所が大事ではないかと思います。

それが低PERで下値余地が少ないと思えばそれに徹すればいいですし、
業績推移が鉄板であるのがいいと思えばそれ、
あるいは成長維持が確信的と思えばそれをという具合ですね。

私は安定業績と割安性をMIXさせた上で、
最近では会社組織としての魅力という観点を追加して、
この3つを主軸に投資判断を下していますから、
そういう銘柄と長く付き合っていきたいと思っています。

その前提としては自分が会社のことを
ある程度理解することが大事ですね。
ですから理解出来ない会社は避けるようにしています。

その意味で、富士山マガジンサービスはプラットフォームとして
一定のニッチのニーズを網羅できそうなポテンシャルを感じますし、
経営者に有識者も存在しているようで魅力を感じるところですが、
私自身があまり差別化や優位性を認識することが難しく、
人気がある銘柄ですが、検討の段階で保留としました。

チエルは私も大変魅力的な会社だと認識しており、
領域としても今後需要が大きくなる分野を扱っており、
本気で投資を検討した時もありました。
今でも監視銘柄の中に入れていますが、
小学校向けの展開が遅れており、
このあたりが単なる引き合いのタイミングの問題なのか、
何か構造的にやはり進展に難しさがあるものなのか、
この辺りの動向をもう少し様子見が必要という判断をしています。


個人的な感覚としては、両社共に先行きに期待感がある一方で、
業績が読みにくく、また需要を実際の成果に繋げられるかには、
不確実性も高い印象があり、
スガリさんお仰る趣旨で、値動きが激しくない銘柄というより、
どちらかというとボラティリティが大きい銘柄というイメージを
持っています。
あくまで私の個人的な所感ですから、
スガリさんが値動きが激しくないと捉えてらっしゃることを
否定するものではありませんけどね。


以上、長文になりましたが、ご質問の件への回答を含め、
返信させていただきました。

エクセルでの分析、私も一緒に勉強していきたいと思っていますので、
また何かございましたら、ご質問やご提言などいただければ
幸いでございます。


2018/07/07(土) 23:47 | URL | まるのん #-[ 編集]
まるのんさん、コメント返信ありがとうございます。

エクセルのものは自作だったのですね。
すばらしい!!
あの様な一目で直感的にわかるもの、目安になるものが欲しいなと考えていたので早速自分の分析にも取り入れたいと思いますw
マネックス証券の「銘柄スカウター」は億万投資家名鑑でも紹介していたやつですね。
(早速マネックスにも開設の手続きしておきましたw)

また、投資本についても返信ありがとうございます。
これから本屋に行くので探してみます!


それと監視銘柄にもコメントいただきありがとうございます。
まるのんさんのコメントもさることながら、その銘柄を選んだ自分の"拠り所"というのはシックリきました。
こういう考え方が銘柄を強く握れることにつながっていくんだろうなと。

私は銘柄の見立ても含め株式というものを理解できていないようなので一つ一つ吸収しながら取り組んでいきたいと思いますwww

コメントありがとうございました。
2018/07/08(日) 13:52 | URL | スガリ #-[ 編集]
>スガリさん
こんにちは、スガリさん。
重ねてのコメントありがとうございます。


エクセルは私は特段のスキルもないですが、
なんとなくこういったものが欲しいというイメージがあれば、
何とかなってしまうものだと思います。
色々いじられた上で、
ご自身の納得するアウトプットが出来るといいですね。
また出来たらぜひエッセンスを教えて下さい。
私も参考にさせて頂きたいと思います。

銘柄スカウターは多くの方がお勧めされているようですが、
私も好んで使っています。
但し、あくまでツールですからこれを使うことが、
投資成績に直結するといった必殺技でもないので、
参考データを参照するための手段のひとつくらいに
みておかれるといいのかなと個人的には思います。


拠り所というのは、あくまで私の感覚ですが、
表現はさておき、株の売買には何かしらの
自分なりの根拠が大切かなと思います。

チャートでもファンダメンタルズでも、
あるいは社長の理念とかでもいいですが、
自分で考えた根拠がないと主体的に取引判断がつきません。

雰囲気や他人の動向を追いかけるのも
別に私は否定しませんが、
自分が主体的に続けていくためには
大事なことだと思っています。


今後もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2018/07/08(日) 23:08 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1076-ce1e7d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り