投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +3.9% となりました。
前週比は ▲0.3% で推移しました。

20180601_パフォーマンス推移表



最近、毎週横ばいって書いている気がしますが、
今週もやっぱり横ばいです。


2.全体所感

米国の関税の話や米朝会談やるやらないとか、
相変わらずの様相で株価も一喜一憂しているようですね。
企業業績予想はソフトバンクの影響はあれど日経平均EPSは減益ということで、
バリュエーションからもなかなかこれ以上となると難しいのでしょうかね。

個別に見ると本当に強い銘柄もありますから、
足元のパフォーマンスも差がどんどん開いていく感じですかね。

昨日の月末記事でも言及しましたが、
私は今の状況には概ねうまくいっているという認識ですから、
これからもマイペースにやっていきます。
より高い次元へ努力するというのも、
私はそこまで力をいれずにいきたいと思います。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180601_ポートフォリオ内訳





保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180601_保有銘柄一覧(週間騰落)


ルネサンス、アイドマMCが熾烈な2位争いをしています。
でも、実は1位が入れ替わりそうなので、三つ巴の様相です。
かつての1位の日本管理センターはだいぶ下まで下がりましたね。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180601_保有銘柄一覧(指標)



ポートフォリオPERはあまり変わりません。


4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。

■サンセイランディック
健康保険組合の連合から健康優良企業の銀の認定を受けたそうです。
1079社が健康企業宣言を掲げて取り組まれている中で、
銀の認定は310社のようですね。
その後STEP2取り組み中が50社、更に金の認定を取得しているのは2社です。
ちなみにその2社はTDCソフトとヤマトクレジットファイナンスという会社です。
社員の健康への配慮という意味で意義があると思いますし、
経営側もそういう面に関心があるということはいいことだと思います。
あとは単に認定を受けることに本質があるわけではないと思うので、
実態においても現場がよりよくなるようになってもらいたいのと、
どうせ目指すなら、まだ社数も少ないわけですから、
金の認定とやらを取得してより高い次元へと高めていってもらいたいと思います。

また沖縄で個人投資家向けのセミナーに参加するようです。
「沖縄市町村自治会館」でやるそうで、
え?「沖縄市」の自治会館ってこと?沖縄市って中心地からもだいぶ離れていたはずだし、
公民館みたいなところではさすがに人が集まらんでしょ~なんて思ったら、
「沖縄県市町村自治会館」という場所でユイレールの駅の近くということで、
那覇の中心とわかり少し安心しました(笑)。
まぁそれであっても沖縄の方にどこまで関心を持って頂けるのか、
少し興味がありますけどね。さすがに私は沖縄までは行きません(笑)。


■ルネサンス
経済産業省と東京証券取引所が共同で開催する「攻めのIT経営銘柄」に選定されました。
ルネサンスでIT経営?と思いましたが、リリースによると、
テニススクールにおけるスマートレッスンの仕組みなどが評価されたとありました。
ソニーと共同で科学的なアプローチでアドバイスしてもらえるわけですが、
まぁなにかテーマがあると比較的選ばれやすいものなのかもしれませんね(笑)。


■東鉄工業
決算説明資料がUPされています。
ボリュームが多くて個々の案件まで丁寧に掲載されており、
これを読んでいくのはとても大変・・・、いや楽しいです(汗)。
中計資料だけで40ページありますからね。
しかも1ページのコンテンツ量も多いです。
これはプレゼン至上主義の方?からすると抵抗感があるかもしれませんね。
これだけのボリュームのものを実際会場でどういう説明をされていたのか、
そちらの方が興味がありますね。
大きなトレンドでみると、やはり前にIR電話したとおり、
足元ではオリパラ前の本格的なインフラ投資の端境期となることにより、
足踏みが続き、その間はエネルギーを蓄えるんんだという趣旨と、
なので、還元より高めるから長く見守ってね、ということかなと理解できます。
個人株主への配慮として、長期株主に向けてクオカード辺りをばら撒くと
いいと思うんですよね。なんかレアな電車とかの写真付のオリジナルのもので(笑)。
改めて精読してまた新たな所感を持ったら取り上げたいと思います。
ちなみにQAも開示されていて、中身もなかなかいいんではないでしょうか。
私も参加して質問してみたいなーと思いました。
にしても、成長株投資には適合しない会社だな、って改めて思いますね。


■トーカイ
決算説明資料が開示されています。
懸念材料となっているのは報酬精度の影響ですが、
影響と対策に大別して説明されており、
特に薬局の基本料区分の推移がどのように変化するのか、
そして来期にはどの程度回復するのかも併せて記載があって、
その点もいいなと思いました。
一方で、やはり僻地な門前薬局でのかかりつけ薬局の推進には限度があるわけで、
この辺りはもう少しセグメンテーションを分けて知りたいです。
どうしても報酬制度の取り決めの中で定量的な要素が押さえつけられてしまいますが、
ただ将来像の見通しやその中で果たすべき意義のようなものも
きちんと分析されていて、投資をしていていいなと思う会社だと感じています。
あとは、もう少し会社と接点をもって、どんな人なのかというあたりの雰囲気をみたいです。
ここで幻滅したらサヨナラするかもしれませんが、
いずれにせよ、株主総会に行きたいなと思っているところです。


■全国保証
決算説明会の動画UPされています。
相変わらず堅調な語り口です。
シンクタンクも入って様々な新規モデルを模索しているようですが、
どんなことを考えているんでしょうかね。
同社のことですから、相当に慎重に判断するんでしょうね。


■丸和運輸機関
決算説明資料が開示されています。
いかにも体育会系です、みたいな表紙でいいですね(笑)。
中身ですが、Amazonの新規取引によるトップラインへの効果や、
先行のコスト投下の影響によるボトムへの影響など、
数値も踏まえて把握できますね。
特段印象と変わりませんが、どんな説明があったのか知りたいですね。
第一に目を引いたのは、やはり今期の投資計画でしょうか。
前期の投資も急増していますが、更にマテハンなど倉庫内部に係る、
オペレーション部分への投資もなされるようです。
ダイフクとかも景気がよいようですが、
今後は倉庫内部の効率化も含めて投資が実るといいですね。

第二には、採用計画でしょうか。
どこまで本気かはわかりませんが、
ここ数年200人程度を新卒採用していましたが、
今期は300人、そして来年は400人、再来年は500人です。
この独特な文化に馴染むような学生を
どこからこんなに発掘してくるのかわかりませんが、
なんといっても皆さん大嫌いな労働集約ビジネスでもありますから、
若くて活気ある人財が採用できれば競争優位性もより高まりますね。
一方で気掛かりなのは同社の大事にしている文化の継承、
とりわけ配送にはエンドユーザーから未だに不満の声があがっていますので、
満足度の高いサービスをなせるための教育がきちんと機能して浸透させられるか、
この辺りは総数が増える中ではより大事にみていかないといけないと思います。



■ソーシャルワイヤー
反社チェックツールとして展開している「RISK EYES」のリニューアルがリリースされています。
検索スピードの高速化のほか、検索の利便性が向上したようです。
同サービスはクリッピングサービスの延長ですが、
あくまでニッチな商材ではありますが、
特にやや大きめの会社へのドアノックツールとしての意義はあると思います。
業績への影響度合いも含めて軽微な内容ですが、
むしろ検索の利便性や不要記事などの自動校正のような機能は、
メインであるクリッピングサービスやそこから派生するサービスへ活用していけるといいですね。

また、アイデアをコラボレーションさせるマッチングプラットフォームとして、
asagake collaboを開始するようです。
現状のasagakeはアピールしたい商材などをお試ししてもらい、
そこでの声を活かしていくというマーケティング色の強いものでしたが、
更に上流のイノベーションの機会を創る領域での展開なんでしょうかね。
同社の顧客層は比較的ベンチャー気質の高い、あるいは専門性の高い顧客が多く、
そういったセグメントに対して様々なコラボ機会を配信し、
マッチングするというのは、双方にとってとても意義あるプラットフォームになりそうですね。
しかも、特段、新たな仕組みもいらないようにも思えますし、
まずはライト(照明)をテーマにやってみるようですね。
まさに、ライトにはじめてみると、、、(すみません)。

あと、KPIですが特段問題なさげですね。
ニュースワイヤー事業の先行指標も伸長率は緩やかですが、
高水準を維持しているようです。
インキュベーションも海外の入れ替えの影響もありますが、
概ね順調かと思います。

それから月末恒例の社長メッセージですが、株主総会について触れられています。
こちらについては、私も記事をUPしていますが、
一部補足をして加筆をして別途取り上げたいと思います。






5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20180601_資産残高推移表



特にコメントはありません。



6.雑記

今週はソーシャルワイヤーの株主総会がありましたが、
その後、写真展にいきました。
フジフィルムのスクエアというミッドタウンの写真展です。









屋久島の写真は本当に雄大で、
大木の写真には圧倒されますが、
一方で小さな芽がとても印象的でした。
長い年月を経て大木になるのかと思うと、ロマンだなと思います。


また蓮の写真は絵画的でどうやって撮影しているのかと
撮影技法や現像方法についてとても興味を持ちました。

こんな写真を自分で撮って、キャンバス地のスクエア型の壁掛け用の
フレームを作ってみたいなと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1060-47e02fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り