投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


【決算精査】 9090_丸和運輸機関(18年3月期_4Q決算)

■銘柄分析シート(表紙)
PDFファイルリンク

■銘柄分析シート(詳細)
PDFファイルリンク


1.サマリ
総合評価:「4」 (☆★★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


想定通り、前期実績は売上は計画を超過したものの、
アマゾン社の対応や投資がかさむことで利益面は未達となっています。
とはいえ、EPSベースいえば5%程度の未達ですから、
個人的には想定より落ち込みが限定的だったなという印象です。
特に根拠はないのですが、10%程度のビハンイドを想定していました。

低温物流やマツキヨの日用品の物流事業は大きな変化もなく、
引き続き好調に推移しています。
ここは想定通りで特に違和感はありません。
一方でアマゾン向けの即日配送サービスについては、
各種立ち上げや改善コストが嵩んでいることがわかります。
ただ、ここのリカバリが想定より早く収束しているということなのでしょうか。

その表れとして、今期予想がなんとびっくり大幅な増収増益となっています。
こちらも全く根拠はないのですが、前期EPS90位から更に投資期として
EPS80位までは掘るかなと思っていたので、まさかEPS120が出てきて、
目が点になりました(笑)。

この増益をポジティブと捉えるか、ネガティブと捉えるかですね。
つまり、アマゾンの対応も収束化しており、
早々に収益化がみえたとみるのか、
投資を抑制して当面は現状維持で規模の拡大を取りやめる方針としたのか、
あるいは、単に楽観的な予想に基づいているのか。

この辺りはよくわかりませんし、1Qや2Q位までの進捗状況を
注視しないとなりませんね。
原油価格も上昇トレンドのようでコスト面でも決して楽観はできないはずです。
なんでこんなに強い予想が出てきたのか、まだ咀嚼が出来ていませんが
とはいえ、現時点では強い予想が出ていることもあり、
総合評価として「4」(ややポジティブ)となります。

但し、アマゾン対応については今後もより注視が必要だと思います。



2.定量数値の確認


(1)売上・利益の状況

9090_丸和運輸機関(18年3月期_4Q累計)売上-粗利推移


売上はアマゾンとの取引も始まり伸長している一方で、
その対策も含めて原価上昇があったわけですから、粗利率が下がります。
この辺りは素直に数値に出ています。


9090_丸和運輸機関(18年3月期_4Q累計)販管費推移

販管費は当然大幅に上昇していますが、
トップラインが十分伸びていますから、販管費率はやや減じていますね。


9090_丸和運輸機関(18年3月期_4Q累計)純利益-EPS推移


純利益は惜しかったですね。本当に僅かでしたが減益でしたね。
計画は未達ですが、前述の通りよくリカバリをしたとみています。




(2)今期予想について

14%の増収25%程度の増益ですね。

アマゾンの取引拡大がどこまで進捗するかということもありますが、
この程度の増収であれば、うまく拠点新設の投資とバランスを取りながら、
拡大していくことになるのでしょうね。
設備などへの投資をしながら、
またオペレーションの改善の対策をしながら、
この程度の増益が果たせるというのは立派ですよね。
それ以外に言葉が見当たりません。

あとはこれがきちんと実行されることですかね。



3.定性情報の確認


決算説明資料を改めて精査して、定性的な取り組みもチェックしたいと思います。
現時点では特別言及することはありません。


4.その他情報の確認


(1)株価推移の状況

9090_丸和運輸機関(18年3月期_4Q)株価推移


株価はだいぶ高いですが、
一時、私もテンバガーを達成してから調整入りしています。
今回の増益も素晴らしいのですが、それにしても水準は高いですね。


(2)IR照会の状況

Iちょっと頭の整理が追い付かないのと、
何から聞いていいか、論点も整理したいので、
決算説明資料を待ちたいと思います。



(3)目標株価について

21.3期EPSを140円、評価PERを20倍として、
新たな目標株価を2800円としています。

元々21.3EPSを120と見ていましたが、
19.3ガイダンスで出てきてしまったため、
改めて引き直しましたが、やや乱暴ですね。
評価PERは18倍から20倍に引き上げています。
ただ、物流業者としてみると20倍は過大感は否めません。
ですが、物流という今後バリューチェーンの中で光が当たる可能性も秘めており、
そんな中で一定の存在感を築けるポテンシャルも感じている所であり、
このような評価をしています。


5.さいごに


丸和運輸機関は消費増税時など、何度か試練があったのですが、
全て良い方向に裏切られてこれまでお付き合いをしてきました。
今回も一時的には停滞はやむ得ないと腹をくくっていましたが、
また良い意味で裏切られてしまいました。
いかに自分の見立てがいい加減なものか、よくわかりますね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1043-caf21b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り