投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +3.1% となりました。
前週比は +0.4% で推移しました。

20180502_パフォーマンス推移表


週間といってもたった2日、それもゴールデンウィークの閑散期ですからね。
といっても決算通過で早速明暗の反応が色濃く出ていますね。



2.全体所感

決算シーズンに突入しており、
連休狭間で小休止となっていますが、
日経平均EPSは1717円まで上がってきました。
日経平均PERは13倍近傍で推移しておりますが、
1ヶ月前には12倍台半ば位で推移していましたから、
とりあえず目先は若干ではありますが反発していることになります。

朝鮮半島の動きが好転しつつありそうな中ではありますが、
引き続き内政は混迷していますので、
それらの外部環境がどう株価へ影響するかは相変わらずよくわかりません。

ただ、為替が110円に迫る中でも日経平均が大きく戻ることもなく、
方向感がないようにみえるのですが、
チャートを読める方はどういう分析をされているのでしょうかね。
私のスタイルではないので、それが分かった所でやることも変わらないし、
変えないわけですが、興味関心はありますね。

決算では個別銘柄で見ると、
ゾゾスーツで世の中を席巻(という程ではない?)した中で、
スタートトゥデイの株価が高騰を見せたり、
エリアリンクはテーマ性で高騰した後の決算でも結局は堅調さを保ち推移しています。
今日もハウスドゥが大幅な数値見直し(特に中計)を通して、
株価は更に急伸する事が見込まれます。

結局このような銘柄を握力強く握っていられたか否かで、
少なくても目先のパフォーマンスも変わりますし、
それを再現性をもって資産を殖やされる方もたくさんいらっしゃいます。
自分はそういう銘柄に縁がなかったりするわけですが、
この退屈なやり方を悲観することなく、粛々とやっていくだけだと思っています。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180502_ポートフォリオ内訳


ポートフォリオは先週末(=先月末)から2日しか経っていませんし、
ポートフォリオは特に変わりません。




保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180502_保有銘柄一覧(週間騰落)


ソーシャルワイヤーが決算通過で下落しています。
理由は4Q減速や今期予想の弱さからでしょうか。
後者の方がより影響しているかもしれません。

ちなみに同社の下落は▲18%となっていますが、
保有比率が小さかったこともあり
資産への影響は▲0.5%に留まっています。
これは逆を言えば、18%上がってもたかだが+0.5%分しか
寄与しないということで、保有している意味あるの?とも
思えますが、私の中では大有りだと実感しています。

少ないとはいえ、株主で保有していることにより、
会社への興味はより高まりますし、
何より株主総会に出たりする事も出来ます。
決算精査記事でも言及している通り、
そもそも株価水準は高いと感じているため、
どうしてもここから積極的に買い戻せないのです。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180502_保有銘柄一覧(指標)

ポートフォリオPERは14.3倍です。
投資方針を鑑みると適正とする現金比率の目安は31%です。
実態は36%ですから、やや現金比率は厚い状況ですが、
ここ1ヶ月の段階的な買い増しなどによって徐々に適正な目安に近づいています。
ただ、あくまで目安なのでこのあたりは柔軟に対応していきます。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■ルネサンス
ルネサンスについては、少し前にリクルートが提供している
教育配信教材のスタディサプリをルネサンスの子供向けに展開するようです。
代理店として細々とやっていく上では手間なくやれるという面もそうですし、
幼児向けにはそれなりにシナジーもありそうです。
ただ全体の業績面からみれば全くもって軽微なものでしょうね。
ちなみにこの教材、何気に大人のリカレントにも適していそうなので、
むしろ現役世代へも展開したらよいのにと思って、
半ば雑談のようになってしまいましたが、IR担当の方とお話しました。




それからツイートでは触れませんでしたが、役員交代の件も一応聞きましたが、
ルネサンス側の問題というより、親会社であるDIC側の内部の都合によるもののようです。


■ソーシャルワイヤー
インフルエンサーマーケティング会社の取得は完了したようです。
業績見通しは未定となっていますね。
保守的とも思える現予想をコンサバにしているのでしょうかね。
まぁよくわかりません(笑)。

それよりヤフーの掲示板が荒れていますね(笑)。
やれ追証がどうこうとか、社長に騙されたとか・・・。
ネタで書いているのか本気なのかわかりませんけどね。

それから1Qの4月のKPIが更新されています。
配信の先行指標は頭打ちになっていますが、
高水準と見る事も出来ますが、
一方で4Qにオリパラで抑制があったという状況があったとすると、
相対的に残チケットは押し上がる要素もあったと思うのですが、
この辺りはどう解釈すればいいか少し注視ですかね。
営業リソースがやや不足しているんでしょうかね。

それからインキュベーションの特に海外について、
増床もしているはずなのですが、やや稼働席数が弱いように思えます。
気のせいでしょうかね。
KPI更新が棒グラフになっており、過去の月毎の推移がトレース出来ていないので、
月の季節要因とかもあるのかもしれないですがね。。。

いずれにせよ、業績予想が現状のラインだとすれば
当然十分な推移のようにも思えますが、
今の高PERを維持するとなると、
もう少し高いものが市場からは求められてしまうのかもしれませんね。





5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20180502_資産残高推移表


資産はあまり増えません。
そしてこうであってはいけないかもしれませんが、
決算通過しても、増えていく気がしません(笑)。

トーカイにしても東鉄工業にしても目先は不安要素が大きいです。
主力の不動産2銘柄もビックチェンジとは程遠いです。
そもそもビックチェンジにベットしているわけでもないので、
これは致し方ない事だと思っています。



6.雑記


ゴールデンウィーク前半が終わりましたね。

どこに行っても混雑しているため、
特にどこかに出掛けることはなく、実家へ帰省したり、
近場な仲間家族と遊ぶなどで今後も過ごしていく予定です。

実家に帰った時に、地元の友達に10年以上の
ブランクをあけて再開をしました。

勘のいい方(?)であれば、
あれ、Nさん、Kさんの話?と思うかもしれませんね。

さて、どんな帰省だったのかについては、
また投資外記事として近日UPしたいと思います。
(NさんやKさんと再開出来たのでしょうか、出来なかったのでしょうか。)

全く興味ない方が大多数と思いますが、
変に引っ張っておきます(笑)。

皆さんもハッピーな連休を過ごされて下さいませ。
コメント
この記事へのコメント
先週より現金が増えたのはなぜですか
2018/05/02(水) 21:26 | URL | 大川栄策 #-[ 編集]
>大川栄策さん
コメントを頂きましてありがとうございます。
細部に渡り、確認を頂いているようで、
また誤解を与えるような相違がありまして申し訳ありません。

実は少し誤差が大きかったので、
今回の記事で補足しようかと思ったのですが、
諸々の事情で個々の説明を割愛させて頂きました。


コメントを頂きましたので、
少し中身についてご説明いたします。


まず前提として、私はブログで資産を公開していますが、
その口座はSBI証券の口座です。
ブログ外の資産は他証券会社も利用しているわけですが、
メイン口座をSBI証券の口座としていることもあり、
厳密にはブログ外で保有している銘柄からの配当金や
優待取得目的の短期取引(クロス取引)に絡む
一時的な配当金、信用調整額などで軽微な出入りが常にあります。
ですから厳密に現金をブログ公開銘柄だけで補正をかけるためには、
個々の入出金を全て加減算していく必要があります。

ただ、全てを厳密にとなると大変な作業になるということで、
以下のようなポリシーで対応しています。

まず、ブログ外の銘柄からの配当金は控除しています。
これは毎月のようにブログ外の配当金が積み上がってしまうと、
ブログ公開資産を蓄積して歪めることになるためです。
(控除しないとじわりとパフォーマンスを向上させてしまい歪みになる)

一方、優待取得の短期取引(クロス取引)については、
一時的に配当金収入が先行したり、
その後信用調整額で控除されたり、
さらに税金分が還付されたりとその時々では若干の差異が出ますが、
それをつぶさに毎週計算するのはあまりに手間がかかることもあり、
この部分の計算は割愛しています。
この理由としては、結局時間が経つと概ね行って来いになり、
長期的な資産形成を歪めることにならないからです。
確かに週毎にみていくると若干のゆらぎがありますが、
それはその時々の揺らぎでしかなく、
長期的な形成を開示している目的に照らした時、
その目的を毀損しないと考えているためです。


そして、今回差異が大きくなった理由ですが、
まず先週末(4/27)は、
ややクロス取引に絡む配当金収入が大きい明細があり、
先行してパフォーマンスを押し上げてしまう要素になりました。
当該日は月末日とも重なっており、
月末ではある程度補正しておこうと思ったものですから、
先週末(月末)の計算の際には、主たるクロス取引の分を控除しておりました。
一方で本日時点の計算においては、
「まぁあと数日すれば調整されるものだし」という甘えもあり、
厳密さを犠牲にしたというのが実態でございます。

実は今回に限らず、これまでもこのような行って来いの状況で、
現金については、多少の揺らぎをもっていたのが実態です。
今回は前回の補正も相まって、やや差額が大きく、
しかもそれが2営業日だったということもあり、
補足をしようかと思ったのです。


一方で、証券口座の使い分けや、
クロス取引の件を含めてご説明が必要であり、
クロス取引の件は様々な背景もあり非開示としてきたため、
その構造を説明するのが憚られたということもあります。

しかしながら、今回、ご指摘を頂いたので、
事細かなにご説明をさせて頂きました。

なお、その補正の計算など厳密さにやや欠ける可能性は
今後も可能性として残りますが、長期的な資産推移としては、
齟齬がなきよう運営していきたいと思います。


誤解や疑問を抱かせるような形となりまして申し訳ありません。
また、ご質問を頂きまして、ありがとうございました。


2018/05/02(水) 22:31 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1040-209599a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り