投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.2% となりました。
前週比は ▲0.6% で推移しました。

20180309_パフォーマンス推移表


騰落については、先週から続落となっていますが、
まぁこの程度の幅であればなんとも感じません。
私は、現金を高め、また銘柄もより安全サイドにシフトしていることもあり、
パフォーマンスに勢いがないのもやむ得ない、
というかそういう勢いを求めていないわけですから、
当然のことと受け止めています。


2.全体所感

相変わらず目先のニュースに振らされやすく、
値幅の大きな展開が続いています。
今日1日の日経平均の値幅は527円で前日終値比で2.5%動いています。
週間の値幅は1000円弱で4.5%程度の幅となっています。

日経平均の値幅が大きいとか、
だからどうしたって感じかもしれません。
ただ、実際こういうボラティリティがあるから、
目先の損得にも色がつく面もありますから、
投資ブロガー(?)としてはネタとしては無視も出来ません。
銘柄間も四季報の情報も含めて、
情報戦が繰り広げられてるようにもみえており、
各自の目先の損得もだいぶ差が開いてくる展開かと思います。

ただ、実際、投資家としては、ふ~んという感じでしかありませんし、
目先の損得に振らされない立場を取っていますから、
マイペース、マイペースと言い聞かせているわけです。
どうしても敏腕さんの状況が否が応でも目に入ってきますから、
年利回り目標+10%という私が、
それについていく必要はないわけです。
値幅の大きい環境、銘柄によっても飛んでいる銘柄もある中で、
ついつい、欲が出がちになりますから、
まだ私も未熟だなと思うわけです。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180309_ポートフォリオ内訳


今週はあいホールディングスを売り切り、
ポートフォリオから消える事になりました。

先日一部売却した時にも言及していますが、
佐々木ファンドとしての期待や、
ニッチで根幹を抑えたような事業買収、
その先にあるものへの期待が変わったわけではありません。

当然ながら期待を持っているわけですが、
この社長ファンドという期待以上に会社への思い入れや、
実態が見えにくい点が、私のスタンス上、優先度が下がった結果です。
それに加えて、より慎重なポートフォリオへのシフトも考慮し、
中途半端なポジションを全て閉じる決断をしました。

というか、現金を5割弱まで高めて維持している中で、
銘柄群までより安全サイドにシフトする、って
やる気あるのか?と聞こえてきそうですよね(笑)。
やる気は一応あるんですが、チキンなんですよね。。。

持たざるリスクとか揶揄されてしまうかもしれませんね。




保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180309_保有銘柄一覧(週間騰落)


主力の中で、日本管理センターが結構下がっていたんですね。
(このシートを見て始めて実感しました・・・)
理由はよくわかりません。考えても無駄でしょう。
四季報にでもよくない事でも書いてあるんですかね(笑)。

サンセイランディックも弱いようですし、
不動産がそろそろオワコンってことですかね。
ずっと言われているんですがね。
でも、ずっと懸念されているシノケンなんて、
もう大手のレーティングまで付いちゃって、高値更新していますしね。
まぁまちまちってやつですかね。


WDBホールディングスは強いですね。
2月の下落からの再度の高値更新も早かったですね。
CRO等なかなか今後難しい面も出て来そうですけど、
どんどん高くなっていくのをみて、唖然としているわけです。


東鉄工業も強いですね。
こちらは主要顧客のJR東日本から、
ホームドアの設備投資計画のアナウンスがありました。
このことをポジティブに評価しているようですね。
というか、この程度の拡充は元々想定範囲内と思います。
そんなこといったら、中央線の12両化に伴く設備更新や、
新幹線のインフラ補強など、様々な工事が今後予定されています。
JR東日本は中期ビジョンの中で、
第一に安全投資はきちんと対処していくこと、
特に直近のメンテナンス不足等に起因する事故を省みた施策が
絶賛進行中ですからね。
というわけで、このホームドアの件も、とっとと嵐は去り、
株価もこなれてきてくれて、
更に今期下方修正も出してもらっていいんです(笑)。

エイジアは後述の人工知能を扱うSENSY社との業務提携を発表しており、
そこから株価も堅調に推移したようです。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180309_保有銘柄一覧(指標)


今週はこれまでの注文票を基本的に引き継ぎ、
注文を出していましたが、一部の銘柄はあと少しのところでした。
ポートフォリオPERは15倍割れとなっておりますので、
決して割安水準ではありませんが、現金との兼ね合いとも相談しながら、
徐々に買っていく感じになると思います。




4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■サンセイランディック
櫻井英明氏のインタネット放送の番組に社長が出演されています。
同番組はネットの生放送らしいですが、
設備の故障やらで、放送が出来ず、収録データがUPされていました。

そして、冒頭で定番のカップとソーサーの話です。
カップが上物、ソーサーが底地で、双方が揃う(権利が揃う)から、
役目を果たせる、そのものの価値となるという事例説明です。
もう何回聞いたことか。
社長が実家に帰った時に、ソーサーにケーキが盛られて出てきて、
やっぱり溝があって食べづらいから、
本来の役割を果たすためには・・・の下りももうお馴染みです(笑)。
視聴してもらえばわかりますが、新たなネタはありません。

それから株主総会の招集通知が出ました。
昨年より少しレイアウトもみやすくなりましたかね。
お土産ないよ、が協調されています。
お土産はないけど、
底地くんと記念撮影できますとか書いておけばいいのに(笑)。
まぁニーズないのかな。でも女性とか結構率先して写真撮ってましたけどね。



■シュッピン
月次が出ています。
数値そのものは順調ですが、
Eコマースの伸長が少し弱い?という感じもして、
念のためIRに電話しました。
まぁ問題ないでしょう。
というか、売上推移だけみると、修正後の計画も超えてきそうですね。
あとはセールの強弱でうまく調整してくるでしょう。






■エイジア
パーソナル人工知能を手掛けるベンチャー企業と提携ですね。
開示日にこのSENSY社について調べてみましたが、
いまいち情報もなく、現時点でもまだよくわかりません。
慶応大学発のテクニカルに強い印象の会社で、
これが固有のAIアーキテクトを持っている会社なのか、
もう少し見極めが必要かなと思います。
ただ、慶応大学だけでない学術メンバーもおりますし、
技術顧問に慶応大学の教授らもついており、
経営手腕は未知数ですが、技術は一定のレベルにはありそうです。
ただ、まだ評価不能なんですよね。
また、そもそも目を向けるべきは、
そのAI技術がどうWEBCASとシンクロしてシナジーを出すかということなので、
この辺りの展望は総会までにもう少し勉強して、
質問してみたいなと思います。


■ひらまつ
同銘柄は嫁さんの指示に基づき(笑)、
運用初期にブログ口座内で買った銘柄です。
ジーフットのようにトップラインがなかなかついてこず、
案の定、下方修正が出ています。
配当も減配があったので、
これは株価にはネガティブに効くでしょう。

ホテル事業は順調のようですが、
結婚式需要が想定以上に減っているようで、
やはりコンパクトな会が流行っているんでしょうかね。

私は単元の完全優待目的なので、
強いていえば、ブログ口座から外すかどうかなのですが、
口座内でこれだけ外すのも管理が面倒なので、
まぁこのまま放置ですね(笑)。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20180309_資産残高推移表


特にコメントはありません。



6.雑記

先週にカメラや写真の祭典であるCP+の件を書きましたが、
重い腰をあげて行ってきたわけです。
そしてまぁ見事に感化されたわけで、
もう少し真面目に写真を撮りたいな、とウキウキして帰ってきました。

しかし、今週末は会社の新卒採用のリクルーター活動で予定が詰まり、
来週は四季報と東証IRフェアでこれまた多忙ですね。

撮影に出掛けたいと思うと、
そうさせてくれなかったりするわけで、
そうすると益々欲求不満が溜まるという悪循環になります。

目の前にあるもので、でもなかなか手に入らないと
フラストレーションがたまりますよね。

株でもそうですよね。
魅力的な銘柄があと少しで買える基準になるんだけど、
それがあと一歩で買えないとか。

あるいは食事でもそうですね。
限定何食のランチが目の前で終了すると、
なんかとても損をした気になるというか、
もう他のメニューでは満足感が得られなくなってしまうというか、
不思議な感覚になります。

できないことをを嘆くのではなく、
与えられた中で、どう満足感を高められるかと
前向きな発想で何事にも取り組むようにしていきたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
今のPERだけで考えると割高のように見えますが、2021年3月期に連結売上高1,000億円を目指しているからでしょうか。
2018/03/11(日) 11:18 | URL | WDBホルダー #-[ 編集]
ひらまつ一旦処分して別口座でもてばいいのでは?
ルールの運用は自己責任なのでご本人の判断を尊重しますが。
個人的には資金管理や銘柄選定には並々ならぬ哲学を感じ尊敬してますが、この銘柄だけ適当なのはもったいないようおもいます。
2018/03/11(日) 14:41 | URL | #-[ 編集]
>WDBホルダーさん
こんにちは、WDBホルダーさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

WDBホールディングスの株価は本当に強いですね。
私自身も既に自分で算出した目標株価を超えており、
単元まで比率を落として傍観しているわけですが、
1000億までを織り込んでいるというわけでもないと思います。

事実、1000億のうち、現時点ではまだ200-300億程度は、
具体的な道筋が見えていないと社長も公言しています。
逆にいえば、700-800億程度は、
道筋が立っていると受け止めています。
この程度の売上規模であればEPSは270位までは
現実味があるとも思います。
もちろん、CRO事業が順調に推移するとか、
今の好況が続く事が前提ではあります。

となると、現状の株価はPER16倍程度となりますので、
まぁこのあたりのEPSを織り込みに
いっているのかなという気がします。

売上1000億ですとEPS320位かなと思いますので、
14倍弱の水準となり、今の好況状況や、
同社の安定的な派遣形態などを考慮すると、
ここまでは織り込んでいないかなと思います。

もちろん、あくまで感覚的なものですが。


人材派遣関連の銘柄は軒並み株価が好調です。
人材不足が今後も続くというシナリオが支配的ですから、
今後もこの業界は案外息長く続くのかもしれません。

とはいえ、一般的な人材派遣はシクリカルですから、
不況期に移行する中では、大きくPER水準も切り下がります。
もちろん、EPSも派遣業は下がるので、
株価はドラマティックに下落する可能性もあります。


ですから、人材派遣といっても、その業容やビジネスモデルが、
不況期でも長期的には安定的であるという点は考慮して、
同社へ投資をしています。


コメントを頂きましてありがとうございます。
今後も、よろしくお願いいたします。
2018/03/11(日) 22:01 | URL | まるのん #-[ 編集]
>お名前が空欄の方
コメントありがとうございます。
頂いたコメントにお名前が書かれておらず、
宛名を書けずに失礼いたします。


ひらまつの件で、痛い所へのご指摘ありがとうございます。

別口座に切り替えればいいではないか
というご指摘はごもっともです。
投資判断のプロセスからすると、
異色な銘柄選定となっていますし、
「適当」であるというご指摘は、
ごもっともでありまして、
改めて真摯なご意見として受け止めています。

今回の下方修正を受けてというより、
既にこれまでの決算などから、
当面は厳しい状況が続くと認識しており、
一時はIRへも電話してフォローしておりましたが、
その気力もなくなってしまい、
完全に蚊帳の外といった感じでした。

確かにホテル事業など新たな事業にも期待はありますが、
今の主事業が苦戦する中で、
それをひっくり返す程の期待値があるわけでもありません。

従って、優待のみが目的といっても過言ではなく、
それであれば、少なくてもブログ用の当口座からは
外すべき、というのはごもっともであり、
私自身も何度もそれを検討しました。


ただ、みみっちい話なのですが、
ブログ口座用であるSBI証券の口座内のNISAで買ってしまっています。
というわけで、わざわざNISA口座を損切りして、
別口座の非NISAで買い戻すというのも、
どう考えても合理的でないという特殊な事情があります。
また、ブログ口座としてSBIのNISA枠で保有継続するにしても、
ブログで公開する際にはその分を調整すればよいとも思いますが、
それも毎回調整するのも案外面倒です。
そもそも、ブログ用口座の保有比率は0.4%程度となっており、
仮に紙切れになったとして、
ポートフォリオ全体の押し下げ要素はわずか0.4%なわけです。

つまり寄与度もほぼ無視出来る水準であるということもあり、
敢えてNISAを損切りして非NISAに移行するのは合理的でないし、
だからといって計算の際に毎回調整する手間もかけたくない。

というわけで、趣旨に合わない点は十分認識していますが、
放置しているというのが実態です。


もったいないというご指摘も本当にその通りだと思いますし、
いい加減と映ってしまう点は私自身が
痛感しているところでありますが、
上記のような事情により現状ではこのような状況です。

なお、こんな軽微なものなら、
しれっと落としてしまえばいいんじゃんという考えも過りました。
ただ、私自身が自己都合でそういう小さな綻び自体も、
取り入れたくなく、厳密な推移を記録するためにも、
忠実に続けています。


ただ、読者の方からこのようなごもっともな、
真摯なご意見を頂けることは大変嬉しく思いました。

今後もこのような手厳しい意見も含めて、
叱咤激励を頂けますと嬉しく思います。


2018/03/11(日) 22:24 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1014-bf6d28a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り