投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


個人投資家同士の交流が盛んです。
多くの個人投資家が健全な形で市場へ参加し、
活性化するのであれば、歓迎すべきことだと思っています。

一方で、敏腕投資家の動向に依拠するような
「イナゴ」という表現が台頭したりもしていて、
必ずしも健全でない要素が垣間見れる事も事実です。

集団が形成されると、
その個々の優劣により序列化されてみえ、
そこから出し抜いた成果を出したいと情報戦に躍起になったり、
儲けることに主眼が置かれた言動が目立つようにもなる気がします。

もちろん、投資家ですから、儲けるためにやっているわけですし、
きれいごとではなく手っ取り早く儲けられればよい、
これは正義でもある気がします。

ただ、正義をずっと貫いて勝ち続けられる程、
理想の世界ではないとも思うわけです。
時に無慈悲な嵐もあるでしょうし、
人や情報に依拠している場合、足元をすくわれることだってあるでしょう。
私のような駆け出し数年の投資家は特に注意が必要だと思います。

こういった有事の時に大事になることは、
やはり自分のスタンスが確立していることであると思うわけです。

人と繋がっていること、情報が豊かであることは、
当然その人の日常的な投資判断にも有益に作用することもあるでしょう。
但し有事の時やここぞという時の判断に、
自分が納得して主体的な判断を下せるためには、
自己が確立していることが大事だと思うのです。


私はここ最近でこそ、対面でお会いすることを拒むことはしていませんが、
投資を始めて最初の2、3年はオフ会等のお誘いも全てお断りしていました。
(なので、今もほとんどお声掛け頂くこともないわけですが)
それはもちろん、私がコミュ障ということもあるのですが(笑)、
自分が確立していない状態で特に敏腕と名声高い方々と対面という
近い距離で接してしまうと自己の確立に影響を与えてしまうと考えてのことです。

私は流されやすく感化されやすいために、
敏腕で実績のある方を勝手に神格化してしまい、
依拠してしまいがちであると思っていて、
だから敢えて適度な距離を置いていますし、
今でもそれは基本的には同じです。


ただ、周囲を見渡すと、多くの有益な出会いの場
(男女のという意味ではなく、投資家同士の健全な・・・)
を育む環境が存在していて、
そこでは有益な議論がなされているわけです。
そういった中で人脈が形成されて、
その繋がりがひとつのものさしになるというのは、
今の時世を捉えているなと思うわけです。



私は個別銘柄への思いや投資スタンス、マインドへの共感や同調ばかりでなく、
むしろ異を唱える方とも交流を持ちたいと思っています。
異を唱えるというとちょっと角が立つので、
その考えに至るまでの素朴な疑問や違って視点を与えてくれるものですね。
コーチングの手法でも客観的に、
違ったアプローチを示すというようなことがありますが、
それに近いイメージです。

もちろん相互の立場を十分に尊重した上での話なんですがね。
(そうでないとただの見苦しい喧嘩のようになってしまいますからね)


私はサラリーマンで窓際族ですが、
それでも何人かメンター的な方がいますが、
若い頃に、下請け会社のある先輩に言われたことがあります。

「いずれ君はプロパ社員としてリーダーとして、
人を率いていく立場になると思うのだけど、
周りに異を唱えてくれる人を沢山作って大事にしなさい」

新卒直後の能天気な私は、
いやいや会社の中でうまく立ち回るためには、
政治的に自分に従ってくれる人を多く作って出世するもんだろう、
なんて思っていたわけですが、
まぁ若気の至りですよね。
今となってはとてもしっくりきますよ。
そしてそんなことに気が付いた今ではもう出世意欲なんて皆無で、
むしろ投資家としてそのようなマインドを大切にしようと思っている始末です。
不良サラリーマンですよね(笑)。

まぁそれはいいとして、自分が選んだ銘柄とか、考え方とかに対しては、
一定の信念を持っているつもりですが、
まだまだ軟弱な部分がある事は否めません。
そういうものを一つ一つブラッシュアップするためには、
周囲からの気づきの一言はとても重要だと思っています。
なので、そういう人脈を作っていきたいなと思っています。
ただ、そんな奇特な考えの方は少数派でしょうから、
皆さんからは総じていつもポジティブな意見を頂きますが、
それだけで自惚れずにネガティブな意見も大事にしたいなと思っています。

まぁ某掲示板に書かれるようないわれもない中傷は、
それはそれで気分を害するわけですがね。。。


いや、そういう気付きも人からもらうのではなく、
自分で気が付くべきだし、結局孤独の戦いなのだよ、
という主張もあると思います。

その境地に立つと、
結局人はみんな孤独というテーマにも通じますし、
ちょっとややこしいのでそこまで掘り下げませんが、
人脈を、株を語り合える浅く広いコミュニティと捉えて、
気軽に楽しめばいいのだと思いますが、
どうも正確上、色々な事を考えてしまいます。


人の名前が冠についた●●銘柄とか、
〇〇さん推しの銘柄とかの個別銘柄に関することはもちろんですが、
昨晩の某空調サービス会社のようなPTSを見ていても、
ちょっと悲しい気持ちになりますよね。
人の動向が顕著に表れてしまうこと。
私は同社の株は保有していませんが、
せっかく主要顧客の今後の動向に良い材料が観測されていて、
長期的な期待感が高まっている中でそういう右往左往がみられるのは、
やはり残念だなとも思うわけです。
(まぁザラ場には影響はないと思いますが)


そういう俗世から距離を置いて、達観出来る姿勢が私にとっては
居心地がよいのかもしれません。

そういう意味では、ツイッターや当ブログのように、
SNSで発信すること自体が意味をなさないというか、
孤独に打ちひしがれながら、
細々とやればいいだけではとも思うわけです。


というわけで、ブログもツイッターも閉鎖しようかなと一瞬思いました。






ただ、それはそれでそこまでの孤独に耐えられるわけもないので、
細々と皆さんにも支えて頂いて、
お付き合い頂きながら続けていくわけですが(笑)。




何が言いたいのが、相変わらず纏まりのない文章ですが、
人脈は投資を語り合うという意味で、健全な範囲で育まれるのは
大変良い機会であると思うと同時に、
一方でそれを情報戦だったり他者に依拠するような形でしか
捉えられない言動があるとしたら残念に思うということ。

そしてでは、自分は人脈育成にどのように取り組んでいきたいかという点では、
自分に問題提起や疑問を投げかけて
意義ある思考のきっかけを与えてくれる機会を
増やせるような、(単なる銘柄情報の交換ではなく)
そんな人脈が築かれれば嬉しいなと思っています。
もちろん、異業種の知見のことなども意義あるものだと思います。

人脈は銘柄のインプットでもなければ、
自分のスタンスの基礎を作ってくれる情報源ではないわけです。
(そういう立場の方を否定しているわけではありません)
自分にとって人脈をどう活かしたいかをきちんと考えた上で、
ゆっくりと今後人脈形成していけたらいいなと思います。
その中で大事なことは、量が多ければいいというものでありません。
友達100人出来るかなではなく、1人でも密な親友を作る方が有益です。
そういったことを考えながら、
人脈という点にも少し気を留めていきたいなと思います。

読者の方やいつもフォロー頂いている方には、
今後もぜひお付き合い頂ければ幸いに思います。

なお、銘柄情報も含めた有益な情報は私は持ち合わせていませんので、
もしそういう目的で当ブログを読まれてるのであれば、
世の中敏腕投資家の方が多数おられますので、
そういった方のSNSや書籍をフォローすることをお勧めいたします(笑)。


コメント
この記事へのコメント
いつも銘柄分析など参考にさせて頂いてます。
解りやすい表現でブログを書かれてるので読みやすく、銘柄によっては自分の疑問が解決したりと共感しています(^^)

私はまわりに株式投資の話を出来る人がいないのですが、銘柄診断の記事を介して自分の判断と一致すると、自分の判断の裏付けにもなったりしてます。

これからも連載頑張って下さい。
2018/02/28(水) 21:59 | URL | さあじゅん #-[ 編集]
こんにちは。まるのんさんのブログ、2年以上前から読ませていただいてます。銘柄分析深くまで考察されていますよね。予測の立て方など読んでて凄いなぁと思っていました。私は投資歴5年くらいですが独りでやっているだけでしかもテキトーな感じなので。けれどそれ以上に素晴らしいのは、まるのんさんの文章が私は何かとても癒されるというか、株を楽しむことを思い出させてくれるのです。きっとご自身の考えも他人も考えも大切にされるお人柄が文に滲み出てそう感じるのでしょう。そういえば株主総会で姫路に行かれた道中の記事は腹を抱えて笑いました。素敵な名文でした。今後もまるのんさんの努力が実を結び、ポートフォリオが大きく花開くことを陰ながら応援しています。
2018/03/01(木) 00:10 | URL | ユリ #-[ 編集]
>さあじゅんさん
こんにちは、さあじゅんさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
また、いつも銘柄分析など参考にして頂いているとのこと、
私のようなアプローチでも何かの参考にして頂いているのであれば、
大変嬉しく思います。

私の文章は冗長であまり校正もしていない、読者泣かせの文章なので、
解りやすいという評価を頂くのは、
身に余るわけですが、今後もあまり変わり映えしない主張が続くと思いますが、
お付き合い頂ければありがたいです。

今後、もしさあじゅんさんのお考えと違う点があった時には、
ぜひ、私のためにご指摘下さると嬉しいです。

私は完全に自己流で分析をしていることもあり、
先入観などから判断を誤る事も当然多々あるわけなので、
読者の方から頂くコメントなどで新たな視点も踏まえて、
より的確な投資判断に活かさせて頂きたいと思っています。

こちらのお願いで恐縮ですが、
ぜひ今後も気軽にコメントを頂ければ嬉しいです。




2018/03/01(木) 00:30 | URL | まるのん #-[ 編集]
>ユリさん
こんにちは、ユリさん。
コメントを頂いたこと、また2年以上に渡り、
ご覧頂いているようで嬉しく思います。
ありがとうございます。


仮説を立てて分析(まがいのこと?)をやっていますが、
どうしても感覚的な要素が多分に入っており、
まだまだ改善の余地はあるとおもっています。
その辺りは、洞察のアプローチや視座を含めて、
読者の方からもコメント等で色々気付きを頂きながら
良い形になるようにしたいなと思います。
ですので、今後も、特に私の見立てと異なる感触などあれば、
ぜひ教えて頂けると嬉しいです。

私は文章力がなくて、
しかも読んで頂くことにあまり主眼を置いてなくて、
殴り書きのようにざーっとタイプして校正もせずに
UPしているので、大変心苦しくも思っています(笑)。

でもお読み頂いて何かを感じて頂けているのであれば、
私としても大変嬉しいです。

姫路の逸話は記事の文章はさておき、
秀逸な経験をしたなーと思っています。
そろそろ今年の姫路行も近づいてきましたので、
今度は姫路城にリベンジし、
アーモンドバターもゆっくり堪能したいと思っています。
またその時のレポート記事もUPしたいと思います。


今後もお付き合い頂ければ嬉しいです。
なお、コメントは気軽にどんな些細なこともでいいので、
また交流を持たせて頂ければ嬉しく思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


2018/03/01(木) 00:40 | URL | まるのん #-[ 編集]
「何故、株を買うのか?」

コメントしながら、その答えが見つかったので、何の参考にならないかもしれませんが、記事内容に対する答えでもあるので、コメントしておきます。


「何故、貯金するのか?」
という問いなら、多くの人の答えは「いざという時の為」だと思います。
旅行の為に貯金してるなら、旅行会社の「旅行積立」の方が得だし、デパートで買い物をする為なら、「友の会」の方が得です。車や家以外も、月額払いの仕組みが整って来てるので、使う目的がはっきりしてるなら、無駄に貯金に時間をかけるのは不合理です。

日本の場合は、公的な健康保険と年金が、補助にしかなってないので、いざという時の為に貯金をする必要があります。それが、保険と年金に対する誤解を生んでる気がします。
本来の保険は、保険料を少額払う事で、もしもの時の為の貯金をせずに済むという、所得を全額消費に使う為の仕組みです。
同様に、年金に入れば老後の心配をして貯金をせずに済み、今、お金を使えるのです。
要するに、これらも月額定額制サービスです。

家計の不確定要素をなくして効率化した時、余ったお金が、株を買う資金という事になります。今、使わなくて良いお金です。

そうではなく、今、お金を使いたくて株を買う人がいるなら、その人は儲けた傍から、それを使うという事になります。
その手法(リターンが出るたびに生活費に使っていく手法)は、最終的にはうまくいかないというのは、投資経験者の一致した意見でしょう。

という事は、
実際には使わないお金を得る為に株を買っている。

では、何の為か?

「一億貯めてサラリーマンを卒業」
という目的もよく聞きますが、元手を貯める所から始めたら、25年ぐらいはかかるでしょう。年百万円を貯金して、それを5年で二倍にするペースでも、1億になるのが50歳手前です。
それは人生設計とは呼べない。

今お金を使う為に保険や年金に入るという選択ではなく、今ガマンしてお金を使わないで株を買うという人生設計を選んだ人の目的は何か?
合理的な説明が、私にはできません。
その人生設計で、株を買う事が最良の選択であるという結論が出ません。

結局、私の答えは、最初の考えに戻って、使わなくて良い金があるから買う=「道楽」という事だと結論付けました。

例えば、時計は時間さえ見れれば良いのに、高級な腕時計を買うのは何故か? そこに合理的な説明はありません。
欲しいから買うのです。

所有欲と共に、自分の目利きを確かめたいという欲求を満たす道楽です。

その時計が高級だから買うという事ではなく、職人の技術やこだわりや機能性などの、その時計の本質的価値を自分は分かって買っているのだという快感を高級時計のユーザーは味わっている。
それらの事を人に言いたくて仕方ない。その時計の値段が高い事に食いつかれるのは不満で、それよりもその時計の素晴らしさを分かって欲しい。誰かそれが分かる人と話したい。

私の株に対する感情は、それと同じだと思います。

その高級時計にプレミアがついたら、それは嬉しいけど、別に安くなってても、その時計の素晴らしさを自分が知ってれば良いし、分かる人とその思いを共有したら、嬉しいのです。
時計が好きで、時計に敬意を持ってるから、私は、プレミアがつきやすい時計がどれなのかを探す事に躍起な連中には消えて欲しい。

株ブログを読んでる時の私の感情について、やっと自己分析ができました。

会社が好き過ぎるんだなぁ。
だから、経営学を専攻したのですが。

という事は、転売目的で高級時計を集めてる人に対しては、それを入口に高級時計の魅力が伝われば良いな、と願っていれば良いのでしょうね。

まるのんさんは、そろそろ会社の魅力が分かって来たのではないですか?
それを共有したいが為のブログではどうでしょう。


追伸として、返信で気になったのは、ステップといえば連続増配企業で有名で、同業の明光ネットワークや保育所のJPホールディングスも連続増配で有名です。幼児活動研究会の45期連続増収など、この手の企業(フィットネスクラブなども含めて)、は安定的に成長する為、長期配当狙い銘柄だと認識してます。
その視点がないのに、結果的にそうなってるのが、興味深いです。
リスクを下げていくと、結局は配当を考えた投資になるのかもしれません。
2018/03/01(木) 03:11 | URL | 理論家 #mQop/nM.[ 編集]
>理論家さん
こんにちは、理論家さん。
毎回、お時間を割いてコメントを下さりありがとうございます。

株を「道楽」とみるか、「人生設計」とみるかは、
人それぞれ結論も異なると思いますが、
私は「資産形成」のためであると捉えています。

私は当ブログでも公開している通り、
概ね30年後に資産1億円の形成を目指しています。

理論家さんが「人生設計」と捉えられない理由が、
期間の問題か利回りの問題かはわかりませんが、
私は資産形成の結果、30年後程度には
資産を大台に乗せたいと考えています。

もちろん、その背景には老後の自分達の資産は、
自分達で考えて形成しなければならないという、
要請も影響していますし、
子供への一定の不自由なき投資を実現するためでもあります。
子育てや老後を想定したライフプラン上、
資産形成は避けては通れないものと考えています。

ただ儲ければよい、資産が築かれればよいというスタンスでは、
これだけの期間を自らの目指すリターンを冷静に受け止めながら、
同じことを続けていくことは容易くありません。
ついつい、調子に乗ってリスクを過分に取れば、
早期実現の可能性も上がりますが、
実現不可能となる可能性も上がります。

従って会社のファンダメンタルズを見据えて腰を落ち着かせる
投資運用を標榜して取り組んでいる以上、
ご指摘の通り、会社の魅力に目を向けて、
時に利の最大化からみると非効率的な事でも取り組むようにしています。
そしてそれを効率性を第一とせずに敢えて
楽しいという視点も持ち合わせているため、
それが「道楽」だと言われれば、そうなのかもしれません。


ちなみに、理論家さんは「実際には使わないお金を得るための投資」と表現されていますが、
この点は私は見解が異なります。
実際には老後や子育てと明確にこれという対象や金額は不確かですが、
これらの使途を想定して実際に使うことになるだろうお金を得るために、
資産形成をしている認識です。

現在すぐに支出しない資金を元手として、
自分にマッチしたリスクを取りながら、資産形成に有利になるように
運用しているわけです。

使わなくてよいお金が今あるから株を買うということは、
必ずしも「道楽」ではないかなとも思います。
使わなくてよいお金がある場合、
それを普通預金に眠らせておくか、
資本市場の中で必要とする所へ投下して、
長期的に見た時の成長分をリターンとして受け取るかのいずれかです。
(他にも選択肢があるかもしれませんが、ここでは簡易化してます)

リスクからのリターンといったものを取りにいく場合、
それが将来必要となりそうな需要へ備えることだとすると、
これは道楽というより、備えなのかなと思います。

この辺りが保険と株が同類で語られるひとつの背景でもあるかなと思います。

保険の場合、生死や病気の他、障害や事故などに備えて、
商品設計がされています。特定のリスクへの備えですが、
株はもう少し汎用的に開かれたものであるという解釈をしています。



ステップが長期配当狙い銘柄だというのは、
否定もしませんし、ご指摘の通り、安定成長に伴う増配は
挙げて頂いた銘柄も含めて合意です。

ただ、私はステップに対しても、キャピタルゲインを期待しています。
確かに成長性(成長率)はそこまで大きくないですが、
安定性や財務健全性等の観点からみても市場からの評価は大きく落ちる事もなく、
緩やかながらも成長していくこともセットで考えれると、
長期で応援していれば、プラスサムの世界を享受できると考えています。





2018/03/03(土) 00:32 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/1007-83a47f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り