投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

※週末と月末が重なっているため、一部 週末記事 と重複します。

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.8% となりました。
前月比は +0.6% で推移しました。


20180930_パフォーマンス推移表(月間)




2.全体所感

私のポートフォリオのパフォーマンスは相変わらず低空飛行の中で、
一進一退を続けています。
日経平均や他の優秀な投資家の方々と比べてしまうと、
自分の投資成績のちっぽけさに悩まされますが、
それは無駄なことだし、無意味なことだと心得てもいるので
無駄な消耗をしなくていいかなと思っています(笑)。

重要なことは第三者と比較して自分の状況に
一喜一憂することではなく、
自分のポートフォリオのリスク要因を見つめて、
自分なりにそのリスクに対しての対処を冷静に
受け止める準備が出来ているかということです。

悪い方のリスクでは受容できるものが適正な量であるか、
逆に受容出来ない場合は、
その量を適切にする(軽減や回避)ことを検討しないとなりません。

具体的に言えば、たとえば不動産セクターで生じている
諸問題を受けて、自分のポートフォリオの事業影響を想像したり、
EPSの影響だけでなく、PERの水準訂正も含めて、
株価のざっくりとした想定下落に対して、
ポートフォリオへの影響がどの程度出るか、
それが自分の許容出来るものかなどを皮算用していたりします。

また良い方のリスクについてですが、
私はもちろん儲かれば儲かるほど嬉しいというのが本音ではありますが、
一方で想定目標利回りを大きく超過するようなことも
注視せねばならないとも考えています。
年利回り50%とか100%とかを目指すと掲げて、
そういったポートフォリオを組んで実現されるのであればいいですが、
そうではない私が、そういったポートフォリオを組むことや
無意識にリスク過大になるのはよろしくないことだと思っているからです。
大きな方針と行動はある程度相関を伴っていなければなりません。
これは私が必要以上に厳格にルールや規律を重んじているからですが、
私は弱い人間なのでそうしているだけで、
実際のところは臨機応変の方が、結果はうまく行くケースも多々ありますから、
そういった点からも第三者と比べる事は害になることもあると考えています。


3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間及び年間パフォーマンスは以下の表の通りです。


■月間
20180928_保有銘柄一覧(月間騰落)

■年間
20180930_保有銘柄一覧(年間騰落)


特に年間のキャプチャを見て頂くとわかるとおり、
上位銘柄がサンセイランディックを除き、
軒並み2桁マイナスとなっていて、
東鉄工業や日本管理センターはざっくり20%のマイナスです。

損切りラインを設定している多くの方からみると、
なんでこんな塩漬けばかりしているのと疑問に思われるかもしれません。
資金効率などを重視する立場からみると、
典型的な負けパターンのポートフォリオに見えることでしょう。

事実、上位銘柄の大きなマイナスのアイドマMC、ステップ、東鉄工業は
いずれも含み損に転落しているわけです。
そういった意味では負けパターンともいえるかなと思いますが、
私は別に負けたとも感じていませんし、
そもそも勝ち負けという概念が比較という発想から生まれることなので、
こういう捉え方をするのはやめようと思います。

アイドマMCのように変な急騰をしたところからの反落ですし、
特段の大きな業績悪化を懸念するような事象も認識していませんし、
PER水準もこの銘柄だけ危険を察知するような水準でもありません。
また、ステップはそもそもこんな安定的な銘柄が
こんなに値幅を持つのも意外なのですがそれだけPER水準というのも
儚くおぼろげなものなのだということですかね。
東鉄工業は私の中ではやや大型ですし、
株主構成も特徴的な会社なのですがこちらも何か懸念を大きく
抱かねばならないようなこともありません。
ステップも含めて退屈な投資先であることは大いに賛同するんですけどね。
ちなみに、日本管理センターが未だ含み益なのは意外ですね(笑)。
同社の事業領域は不動産の色々な問題に
巻き込まれるリスクが顕在化してきており、
そこをなんとか軌道修正しながらやっているようにみえます。
油断を許さない状況は続いていますが、
私の保有量であたふたするような状況ではありません。

しかし、改めて眺めてみると、
こんなに大きくマイナスの銘柄がひしめく中で、
よく全体でなんとかプラスを維持しているなと、
その意外性に感心しています(笑)。


4.運用来パフォーマンスについて

20180928_運用来推移


まるのんPFは運用来(2014年1月基点)で+234.9%となりました。
同期間のTOPIXが+148.1%となっています。


この図をみると、まぁ日経平均とかは少し上側に反発してきても
いいよね、とは思います。むしろマザーズはまだまだ下側にいるので、
むしろマザーズもそろそろ反発してきてもいいのではないかなと
感じるところでもあります。

私のポートフォリオの推移は、
今年に入ってから横ばいが続いています。
今年から年利回り目標を15%から10%に落としており、
そのことも意識してポートフォリオを構成しています。
これが偶然性のあるものなのかはまだ期間が短く判断出来ませんが、
ただ、ここまでの推移をみるとその効果(?)が出ている気もします。
今後3年は10%、そして次の3年は5%とさらに目標が下がるため、
目標へのフィットのためだけなら
米国大型株とかに手を出してもよさそうです。

ただ、現時点では投資方針上、
当ブログ公開用の口座は日本の中小型株に限定していますから、
その中で堅実な投資先へ振り向けていくことになります。

こういった縛りが無意味だなと感じることもありますが、
運用当初に決めたことですし、
それを遵守していくことで形成されるものを
このブログで推移を示していきたいと思っており、
私は色々試行錯誤したい気持ちは、
他口座で細々とやっていくことにしようと思います。


5.ポートフォリオ構成について


9月月初(8月末)と9月月末のポートフォリオ構成の変化です。
後述の通り、東鉄工業の買い増しにより、
現金がやや減り、同社の比率が4位まであがりました。
それ以外は大きな変化はありません。


◆月初のポートフォリオ
20180831_ポートフォリオ内訳


◆月末のポートフォリオ
20180928_ポートフォリオ内訳



9月月間の売買は以下の通りです。


■買い
1835 東鉄工業 買い増し


■売り
なし


東鉄工業は 週間記事 でも少し触れましたが、だいぶ先々のことも想定しています。
また成長率もやっと増収増益が確保できるかどうか、
そもそもこの3年は充電期間ということでよりそのラインが厳しい中ですから
そりゃ個人投資家にもあまり見向きもされませんね(笑)。
にも関わらず買い増している私は相当のモノ好きということになります。
前述の通り、向こう3年は10%目標、その先3年は5%目標、
さらにその先3年は10%目標という中でこういう退屈な銘柄を選んでいます。

すぐにでももうけになりそうなモメンタムが強い銘柄を横目に、
この行動は本当に勇気がいります。
(ただのバカなだけ、な気もしますけどね(笑))



なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。


20180928_資産残高推移表


20180928_保有銘柄一覧(指標)


※週末と月末が重なったため、一部週末記事と重複します。

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.2% となりました。
前月比は ▲3.0% で推移しました。


20180831_パフォーマンス推移表(月間)



2.全体所感

月間では3%と久々にやや大きく下落しました。
ただ、ポートフォリオの構成や私の対処の仕方からすると、
市況に対して強かったこともあり、その反動が出るのは仕方ありませんし、
この程度の下落なんてこれからもいくらでもありそうですからね。
私はうまく対処取れないのでいずれにせよ受け止めるしかないので、
まぁいいかなと思います。
むしろ、こんな保守的でかつ放置気味(結果的に)なのに、
よくプラスを維持出来ているなという感覚でもあります。
なんて目線が低いんだと思われるかもしれませんが、
それが自分の感覚なのだから仕方ありません(笑)。

3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20180831_保有銘柄一覧(月間騰落)


アイドマMCが先月高値から反落しましたと書いた記憶があったのですが、
その時は約10%程度の下落でしたが、続落となりました。
今月の下落率は更に20%超となっており、
ざっくり30%程度がこの2ケ月で下落した事になります。
とりわけ原因があるわけではないと思いますし、
なんでこんなに下がるんだろうと考えても、
それはその前に急騰したからとしかいえないわけです。
テクニカルとかを見ている方であれば、
高値で売り抜ける術があるのかもしれませんが、
当然、私にはそのやり方はわかりませんし、
やらないことにしている(いいか悪いかは別ですけどね)ので、
粛々と比率を自分の価値観に基づいて調整しています。

他にも準主力銘柄の東鉄工業やルネサンスあたりも
弱く推移しました。
ルネサンスは数ヶ月スパンでみると年初から高騰していますから、
当然調整しますね。
東鉄工業は決算の影響ですね。
私はあまり気にしていませんし、
足元更に掘ってもまぁいいかなと思っています。
(まぁ内容にはよりますけどね)
他にもシュッピンやソーシャルワイヤーとかなんだか随分弱いですね。
いずれも足元の決算で少しの不安があると即座に売られますからね。
買い増しはまだまだ考えられない水準なので、
(だから利益確定を進めて下位なのですが)
ただ見ているだけになりそうです。

上昇はサンセイランディックですかね。
足元の業績もよさげということです。
もう少し上にも下にも落ち着いていて欲しいのですが、
市場が決めることなので仕方のないところですかね。
特段何か見立てが変わるものではありません。


4.運用来パフォーマンスについて

20180831_運用来推移



まるのんPFは運用来(2014年1月基点)で+233.5%となりました。
同期間のTOPIXが+133.3%となっています。

今年に入ってから横ばいになっていますね。
今年からは過去3年の目標+15%を+10%に切り下げてスタートした事もあり、
より銘柄の選択が慎重になっている自覚もありますから、
ある程度そりゃそうだという感覚でもあります。
もちろん、この程度のスパンでは偶然の方が大きいと思いますけどね。



◆月初のポートフォリオ
20180731_ポートフォリオ内訳



◆月末のポートフォリオ
20180831_ポートフォリオ内訳


ポートフォリオの状況をみると、あまり変わっていませんね。
全体が目減りしたことで、やや現金を投入しているかなと思います。


8月月間の売買は以下の通りです。


■買い
9466 アイドマMC 買い増し(買い戻し)
9795 ステップ 買い増し


■売り
なし


月中で色々買付の注文を出していたのですが、
あまり約定しませんでした。
下手に指値を上げる事もしませんでしたからね。



なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。


20180831_資産残高推移表




20180831_保有銘柄一覧(指標)




1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +5.2% となりました。
前月比は ▲0.4% で推移しました。


20180731_パフォーマンス推移表(月間)





2.全体所感

決算シーズンが突入して個別企業の業績を見ていますが、
だいぶ明暗が分かれてきている印象があります。
例えばITと一言で言ってもRPAとかIoTなどを先端でうまく取り入れている会社と、
そうでない会社とで少なくても足元ではだいぶ強弱が強いようです。
また、これまで安定的に成長を継続していた会社でも、
ちらほらと減益となっている会社もあり、
もちろん先行投資とか様々な背景はありますが、
全体として踊り場になっている印象があります。
その後に再び成長加速の軌跡をたどるのか、
天井となって停滞するのかはよくわかりません。

全体相場のことはわりませんが、
ちょうど、今日、日銀の金融緩和もひとつの区切りになるような
ゼロ金利誘導を緩やかにするとのことで、
このことがどのような影響を及ぼすのかと、
それを受けても影響を受けないビジネスモデルを有している会社を
きちんと見極めていかないといけないなと思います。

というわけで、とっとと、決算精査をします。。。


3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20180731_保有銘柄一覧(月間騰落)


先月急騰をしたアイドマMCですが、今月は大きく反落しています。
半値位ですかね。そして、私は今月急な高騰もあり一部を売却しています。

この他はWDBHDがやや値動きが大きいものの、
全体としてはあまり強弱がない月になったようです。


4.運用来パフォーマンスについて

20180731_運用来推移




まるのんPFは運用来(2014年1月基点)で+240.5%となりました。
同期間のTOPIXが+134.6%となっています。

特にコメントはありません。


◆月初のポートフォリオ
20180629_ポートフォリオ内訳


◆月末のポートフォリオ
20180731_ポートフォリオ内訳





7月月間の売買は以下の通りです。


■買い
2352 エイジア 買い増し


■売り
9466 アイドマMC 一部売却
2378 ルネサンス 一部売却


エイジアは少しずつ買い増していこうと思って買いました。
今日の決算を受けて、明日以降また長いトンネルに入りそうですね。
決算の精査としては、別記事できちんと精査しておこうと思います。

アイドマMCとルネサンスはどうしても高騰していたところで、
比率調整を余儀なくされました。


なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。


20180731_資産残高推移表



20180731_保有銘柄一覧(指標)




※週末と重なったため再掲情報を含みます。 → 週末記事はこちら
※アイドマMCの総会記事 → こちら
※トーカイの総会記事 → こちら


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +5.7% となりました。
前月比は +2.1% で推移しました。


20180629_パフォーマンス推移表(月間)




2.全体所感

今月は月間騰落でみると各指数ともそんなに大きく動いていませんが、
JASDAQが2%台の下落、マザーズは3%台の下落と、
中小型・新興株が軟調だったようです。

ただ、この騰落率以上に雰囲気が悪い一面もあります。
ネタなのかどうかわかりませんが、
一部ではもう引退するなど退場をほのめかすような発信もみられます。
個人的にはその感覚にだいぶ違和感があるわけですが、
確かに年初来で見ても、マザーズは10%を超える下落で、
現物ならまだしも、信用を張っているとそれなりに
甚大な影響が出ているのかもしれません。

なんかだいぶリスク警戒への声も大きくなっているような感じもありますが、
もちろんそんな雰囲気に恐れることなく、
平常心で、適度な距離感をもっていきたいと思います。


3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20180629_保有銘柄一覧(月間騰落)


アイドマMCは月間で30%も騰がっているのですね。驚きと当惑の気持ちでいっぱいです。
日本管理センター、Hameeは大きく下がっています。
日本管理センターはまぁ仕方ないと思っています。
感覚的ですが1000円割るくらいは今後の決算も踏まえてありうるかなと見ています。
この他、まぁ色々動きはありますがまぁいいんじゃないでしょうか(いい加減)。



4.運用来パフォーマンスについて

20180629_運用来推移



まるのんPFは運用来(2014年1月基点)で+241.5%となりました。
同期間のTOPIXが+132.9%となっています。

特にコメントはありません。


◆月初のポートフォリオ
20180531_ポートフォリオ内訳



◆月末のポートフォリオ
20180629_ポートフォリオ内訳




6月月間の売買は以下の通りです。


■買い
3134 Hamee 買い戻し(2年越し)
※未保有期間に株価騰がりました…

■売り
2378 ルネサンス 一部売却


Hameeはずっと欲しかったのですが、
最初の買いは少し早いかなとナンピン上等で買い、
とりあえず下がっていく段階で大きく2回に分けて買いました。
まだ下がるんですかね。株価弱いですからね。

ルネサンスは現金比率の兼ね合いで上値余地との兼ね合いで
対処をしています。


なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。


20180629_資産残高推移表



20180629_保有銘柄一覧(指標)


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +3.6% となりました。
前月比は +0.9% で推移しました。


20180531_パフォーマンス推移表




2.全体所感

相場の雰囲気がよいせいか、
そういえば、セルインメイなんてアノマリーもあまり見聞きしませんでしたね。
私はアノマリーなんて全く無視していますが、
結果的に5月も総じてみれば可もなく不可もなくといった感じでしたでしょうか。
個別にみると躍進している銘柄もあって、
そういうものに巡り合えた敏腕さんは凄いパフォーマンスを叩き出しているようです。

そんな中で、私なんてこんなちっぽけでしょぼい、、、なんて実は思っていません(笑)。
私は私で順調にやってこれていると思っています。
負け惜しみでもなくて、自分の投資方針に従った行動を概ね取れていると思いますし、
結果だって皆さんには笑われてしまうかもしれませんが、
自分のペースで推移していると考えています。
今年の目標は年率10%としていますが、
これもここ数年のハイペース(私の中では)ということもあり、
マイナス20%までを受け入れるつもりでいるわけです。
まぁ実際には心理的に抵抗感もありますが、
でもそういうことになっているのです、今年の冒頭の投資方針では。


一番よくないのは、自分の投資方針に掲げられていることと違うことをすることです。
これで損を拡大させたらもちろんですが、
むしろなんかうまくっちゃいましたと爆益なんてこともやりたくありません。

まぁ単月とか数ヶ月単位でみれば、
マーケットのご機嫌によって定量的な結果も様々ですから、
あまり定量的な見た目で自分を卑下したり自惚れたりしないようにしたいですね。




3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20180531_保有銘柄一覧(月間騰落)


ルネサンスとアイドマMCを前月と当月で少しだけ買い増していますが、
株価も何故か堅調に推移しました。

アイドマMCは先月の記事で決算を受けても全く無反応ですね、
なんて毒ついていましたが(笑)、
今月は少し動きがみられましたね。
ただ、逆にこんなに高騰するような内容でもないと思います。
本当になんにつけても極端だな、と思います。

ルネサンスはよくわかりませんが、
まぁ来月は普通により戻しがあるんではないですかね。
個人的にはややスピード感早く、目標株価のGAPが狭まっているので、
現金比率を高めなければならなくなった場合には、
少し調整をする候補かなと考えています。
出来れば、このまま放置しておきたいのですがね。。。


サンセイランディックと日本管理センターの不動産2銘柄は弱かったです。
日本管理センターはどうしても決算の見た目が悪く、
その内容も短中期的にやや心配しているところですが、
それに加えて、レオパレスの問題がクローズアップされ、
再びサブリースやアパートへの厳しい視線が注がれそうですね。
ちょうど株価軟調で勝手に比率も下がってくれていますし、
このままもう少し様子見ですかね。


トーカイは決算も減益ですし、
目先報酬改定の影響がやはり気掛かりということもあるようで、
売られていますね。
ちょうど買値付近になってきているので、
まぁここで慌てて買い増さなくても、もう少し様子見かなと思います。

全国保証や丸和運輸機関は前月の動きもあって少し戻りましたね。
丸和運輸機関は月末の今日、10%近く下がりましたが、
なんかあったかなと思いましたが特に何もないですね。
原油高騰とかですかね。まぁよくわかりませんね(笑)。


WDBホールディングスとソーシャルワイヤーも売られています。
WDBホールディングスはもう少し長い目線で見ると、
前年に上がり過ぎているので、今年はこんなことになってしまいますね。
ただ、ウィルグループとか他の人材派遣関連の銘柄が
どこも弱いような気がするので、
何か懸念でも台頭しているのかななんて思ったりしました。
まぁ結局こちらもよくわからないし、わかったとしても
そんなにいちいち騒ぐ必要もないと思います。
ソーシャルワイヤーもまぁボラティリティが大きいので仕方ないですかね。

ホクリヨウはまぁ随分下がりましたね。
皆さん、鶏卵会社にどこまで期待していたんですかね(笑)。
鶏卵相場は毎日全農のページで更新されていましたし、
一時はYAHOOのトピックスに鶏卵安なんてニュースにまでなっていましたけど。
まぁこれだけ下がっても会社予想EPSからみるとまだPER16倍位ありますから、
PER10倍くらいまで売られるんですかね。
そうすると株価は500円台ですね。
この辺まできたら、さすがに喜んで買い戻してもいいかなと思いますけど。



4.運用来パフォーマンスについて

20180531_運用来推移



まるのんPFは運用来(2014年1月基点)で+236.8%となりました。
同期間のTOPIXが+134.2%となっています。

2017年までは年率15%目標で、2018年から年率+10%目標になっているわけですが、
それに伴いポートフォリオも少しずつ構成を変えているつもりです。
本当にたまたまで相場環境の影響なのですが、
この推移表をみてみると、明らかに2018年から傾きがマイルドになっています。
だからなにってことなんですけど、
私が目指している推移のようになってくれていると認識しており、
恵まれているなと思うわけです。前述の通り、だから、いちいち卑下する必要なんてない、
と思っているわけです。




◆月初のポートフォリオ
20180427_ポートフォリオ内訳




◆月末のポートフォリオ
20180531_ポートフォリオ内訳






5月月間の売買は以下の通りです。


■買い
9466 アイドママーケティングコミュニケーション 買い増し

■売り
6035 アイアールジャパンホールディングス 全部売却


アイドママーケティングコミュニケーションは、
決算説明会の様子を改めて確認し、
全体のバランスを見て少し調整のために買い増ししました。





アイアールジャパンは単純に目標株価に到達したことによる売却です。
特に先の見通しに変化を感じたわけでもなく、今後も堅調だと思いますが、
自分が3年程度先を見越した時の平常目線での評価ラインに接触していますし、
そこまで会社への思い入れもないこともあり、
ある程度ドライに対応することがあってもよいかなと思っての対処です。






なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。

20180531_資産残高推移表



20180531_保有銘柄一覧(指標)
◆最近のお気に入り