十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+4.8%(2018/2/23時点)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +4.0% となりました。
前月比は +4.0% で推移しました。


20180131_パフォーマンス推移表



2.全体所感

年初からのスタートダッシュが強烈でしたが、
終わってみれば、日経平均やTOPIXは+1%~+2%となり、
落ち着いた推移となっています。
一方で、JASDAQやマザーズは大変好調な推移となっています。
最近よく耳にするようになりましたが、
中小型株への熱い眼差しが注がれているとかで、
その恩恵がこれらの新興企業の水準訂正という形でみて取れます。

このような中で、個人投資家にとっても、
引き続き嬉しい展開ではなかったでしょうか。
私は相対的に見ると平凡な結果になっていますが、
それでも1月に数%上昇が当たり前のような今の様相は、
慎重に見るべきではないかとも思っています。

個別の銘柄がEPSなどファンダの伸長とは別に、
期待感や話題性などを手掛かりにして、
一気に高騰しています。
こういった動きを否定するつもりはなく、
それにマッチした多様的な対処が取れれば、
もっと儲かるかもしれないわけです。
ただ、自分の無知を晒しているようですが、
私は今の所、うまく対処することには
もう少し縁遠くていいかなと考えています。
決して、成長意欲がないというわけではなく、
近い表現でいえば、選択と集中です。

月間で+10%、+20%が当たり前というのも、
それに大いに敬意を示しつつ、
自分は自分でやれる範囲でやっていけばいいかなと思っています。




3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20180131_保有銘柄一覧(月間騰落)

サンセイランディック、アイアールジャパンHD、
丸和運輸機関、ホクリヨウが強かったです。

一方で、ルネサンスやソーシャルワイヤーが弱かったです。


サンセイランディックは、年初に某評論家が取り上げたとか、
民泊本命と株式新聞で取り上げられたとか、
とにかく危うい感じですよね(笑)。
既にそんな脆さが露呈するように今週に入って、
不安定な値動きになっていますからね。

ホクリヨウは決算を受けての動きであり、
まぁまだいいかなと思いますが、それ以外の銘柄も
単なる気まぐれですね。

これは下落側でも同様です。
ルネサンスはまぁ仕方ないですが、下落は歓迎です。




4.運用来パフォーマンスについて

20180131_運用来推移

まるのんPFは運用来(2014年1月基点)で+237.7%となっており、
2.4倍程度での推移となっています。
同期間のTOPIXが+141.0%ですから、
少なくても指数よりは幸運ですが上側にいます。
JASDAQなどの追い上げが激しいですが、
何より自分の資産は順調に推移しており、
これも市場の恩恵だなと思っています。




◆月初のポートフォリオ
20171229_ポートフォリオ内訳




◆月末のポートフォリオ
20180131_ポートフォリオ内訳



今週は現金比率を向上させることに注力しました。

かなり悩みましたし、今でも悩んでいます。
基本的には割高になった点や企業への期待が
今の水準に合わないと思ったものは比率調整をかけています。
これにより現金比率は34%から46%まで向上させました。

今のポートフォリオPERは16.9倍となりますので、
現金比率の目安は投資方針ルール上では45%ですから、
この目安も念頭にある程度無理に確保していた部分もあるかもしれません。
直近では目標株価に応じて利益確定を検討していくべきで
いくつかを月中に判断して実行してきました。



1月月間の売買は以下の通りです。


■買い
なし

■売り
3277 サンセイランディック 一部売却
3276 日本管理センター 一部売却
2475 WDBホールディングス 一部売却
6035 アイアールジャパンHD 一部売却


■優待クロス(全てSBI一般)
事情により、今月からツイッター共に公開を見合わせます。



なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。

20180131_資産残高推移表

20180131_保有銘柄一覧(指標)

人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +41.5% となりました。
前月比は +6.0% で推移しました。


20171229_パフォーマンス推移表(月間)



週末と月末が一致しているので、
重複感がありますので、
画像中心に貼付していく形で簡易的に記事としておきます。

なお、年末でもありますので、
1年の振り返りは改めて真面目に記事にしたいと思います。

→ 週末の記事



2.全体所感

波乱なく推移していた2017年でしたが、
最後の12月は有終の美を飾るように
特に中小型銘柄を中心として一段高となりました。

東証2部はちょっと構成銘柄が特殊な状況なのですが、
月間で9%超のプラスとなっています。
マザーズ指数も7%弱のプラスとなっていますからね。

年末特有の損出しなどの特殊な売買もこなしながらじり高で、
2018年相場になったかと思ったら、
一気に勢いをつけて一段高で今年を終えました。

個人投資家にとっては大変やさしい相場だったのでしょうし、
暴落が怖いといいつつもそんな調整は来ずに12月を迎え、
疑心暗鬼の疑念も薄れて買っていったような印象もあります。
2018年のNISAを早々に投下した方もおられたかもしれません。

そうえいば年末にかけて
ビットコインなどの仮想通貨も一段と盛り上がり、
私の周囲でも一気に話題に上ってきて、
高揚感が出てきたわけですが、
何か関連があるのか、ないのか、よくわかりませんが、
新興市場が勢いがあるというのはよいことなのでしょう。
私の保有銘柄にはあまり恩恵がないと認識していますが、
しかし、それでも私のPFも6%近く月間プラスということを考えると、
知らず知らずのうちに、このよくわからない力が作用して、
押し上げてもらったという理解もしておいた方がよいのかもしれませんね。




3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20171229_保有銘柄一覧(月間騰落)


先月まで不動産銘柄が体たらく、なんてボヤいていたわけですが、
しかし、いずれも主力銘柄から落とすこともなく傍観していた、
つまり株価の騰落なんて気にしないということだったわけです。

なので、今月を見て、へぇ、サンセイランディックなんて月間17%プラス!?
なんて驚いてみても、来月どうなっているかなんてわかりませんし、
そんなことはふ~んと受け流しておけばいいことです。

アイアールジャパンホールディングスは先月の上昇が大きかったこともあり、
今月は相対的に弱い動きですね。
そういえば、シュッピンも同じですが、
どちらも四季報先取りで取り上げられていたそうですね。
(伝え聞いただけなので、真実かはよくわかりません)



4.運用来パフォーマンスについて

20171229_運用来推移



まるのんPFは運用来(2014年年初対比)で+128.5%となりました。
同期間のTOPIXが+39.6%となっています。
上記グラフの赤色実線の私のパフォーマンス推移ですが、
うーん、私が目指している利回り水準からみると、
確度が急すぎるのが悩ましいところです。
普通の感覚の方からすれば、
はぁ~?何言っているの?増えてるんだしいいじゃん、
ていうか、周りと比べればそんなに増えてないよね。
って感じだと思うのですが、
自分の感覚からすると、もっと絞る(現金を増やしたり、より銘柄をシフトする)ことを
してもよかったのではないか、とずっと考えあぐねています。



◆月初のポートフォリオ
20171130_ポートフォリオ内訳




◆月末のポートフォリオ
20171229_ポートフォリオ内訳



なんとか現金を維持させたつもりですが、
それでも2%ほど現金が減っていますね。
その他色が前後で変わっていてわかりにくいですが、
アイドマMC、ルネサンス、ステップが向上し、
シュッピンが比率後退しています。



12月月間の売買は以下の通りです。


■買い
9466 アイドマMC 買い増し
9795 ステップ 買い増し
2378 ルネサンス 買い増し


■売り
3179 シュッピン 一部売却
3276 日本管理センター 一部売却


■優待クロス(全てSBI一般)
3197 すかいらーく
8179 ロイヤルHD
3085 アークランドサービス
9830 トラスコ中山
4633 サカタインクス
3028 アルペン



なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。

20171229_資産残高推移表


20171229_保有銘柄一覧(指標)



次は、年末の振り返りとなります。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +35.5% となりました。
前月比は +4.4% で推移しました。


20171130_パフォーマンス推移表(月間)


周囲の好調ぶりと比較するとなんともコメントしづらいでしょうか(笑)。
そもそも周囲と比較してもしょうがないですし、
出来るだけ何かと比較して一喜一憂することには無縁であり、
スタンスに沿ったことを根気よくやっていくことが自分らしさだと思っています。
これでは脚光を浴びるような成果は出ないでしょうし、
そんな投資家の戯言ブログなんて相変わらず需要ないかもしれませんが、
粛々と今月もブログに記録は残していきます。


2.全体所感

北朝鮮におけるリスクが再燃したり、
米国の税制改革や債務上限引き上げなど政局も慌ただしかったりしています。
特に米国の法人税の行方を含めた税制改革は、
海外含み資産のドル転需要を一気に左右することにもなることから、
為替にも影響を及ぼしそうです。
ということは、為替に敏感な日本株は・・・なんて、
鈍感であろうと思っても実際には耳に入ってくる様々なニュースに
憶測を膨らませては考えを巡らせてしまいます。

日経平均は高いとか、バブルに入っているなどともいわれますが、
少なくてもPER水準は決してバブルだと騒ぐ程、高いわけではありません。
利益面についても少なくても現状では、
EPSも大きく目減りするような状況でもないと考えています。
確かに今期のハードルが上がっていることもあり、
ここから実力のみでどこまで来期伸長できるのかは
不透明さがある事も事実だと思います。

と、更に憶測で様々なことを考えてみてもいいのですが、
はっきりいって、こんな素人の浅い考察など、
何の役にも立ちません。
結局相場全体がどうなるか、
もっといえば個別株の株価が今後どうなるかなんて、
よくわからないのです。

株価が堅調に動いていることもあり、
多くの投資家の方(一部投機家の方もおられるでしょう)も、
自分だけ儲けの波に乗り遅れまいと、
どんどん利益を積み増そうと市場に挑んでいるようです。
それに飽き足らず、リスクを考慮せずに、
全力で仮想通貨に突っ込む方もおられます。

人間の欲とは深いです。
確かに欲があって、向上心がなければならない面もありますが、
私はやはり行き急がずに行きたいと思っています。


3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20171130_保有銘柄一覧(月間騰落)

先月のこの記事に、
主力の不動産2銘柄がこんな体たらくで~なんて書いていましたが、
今月も体たらくですね(笑)。

不動産全般にいえることですが、
なにがというわけではないのですが、
個別の様々なニュースに触れていると少し変調の兆しを感じています。
ただ感覚的なものですし、
自分の感覚などあまり信じてもいないので、
今のところちょっと注意を払うようにしている程度です。

不動産融資の環境やオリンピックを前にした市況の変化など、
確実に業界に変化を及ぼしますので、
それが具現化した時にどのように影響が出るのか、
改めて考えていきたいと思っています。

アイアールジャパンHDやシュッピンは四季報にも取り上げられたとかで、
なんだか凄い株価の動きですね。
モメンタムというのはこういうことなのでしょう。
勢いがあれば更に勢いが増して株価は騰がるということなのでしょう。
四季報が発売される来月はこの2銘柄は厳しいかもしれませんね(笑)。

ルネサンスは赤字としていますが、
分析記事にも上げた通り、新規銘柄として打診買いいたしました。


丸和運輸機関は月間で+35%ですか。
先月調整したとはいえ、▲14%ですからね。
なんだかボラティリティが大きいわけですが、
分割して早々、早速再度分割してもいい感じになってきましたね。



4.運用来パフォーマンスについて

20171130_運用来推移



まるのんPFは運用来(2014年年初対比)で+118.9%となりました。
同期間のTOPIXが+37.6%となっています。
この赤色実線の私のパフォーマンス推移ですが、
これだけをみても、今年がいかに好調かがわかります。
自分が目指す年利10%を大きく上回っているのは、
自分の実力でもなんでもなく、相場に助けられているだけです。



◆月初のポートフォリオ
20171031_ポートフォリオ内訳




◆月末のポートフォリオ
20171130_ポートフォリオ内訳


ちょっと色が変わってしまっていてわかりづらいですが、
現金がやや減っています。

11月月間の売買は以下の通りです。


■買い
2378 ルネサンス 新規買い
3277 サンセイランディック 買い増し
3076 あいHD 買い増し


■売り
なし

■優待クロス(全てSBI一般)
ここでは詳細は割愛します。 
機会があれば優待記事をUPいたします。
取得銘柄だけ書いておきます。

3349 コスモス薬品
7594 マルカキカイ




なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。

20171130_資産残高推移表


20171130_保有銘柄一覧(指標)





人気ブログランキングへ

※決算精査記事は順次UPする予定ですが、
全銘柄網羅するのはやめようと思います。



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +31.1% となりました。
前月比は +1.6% で推移しました。


20171031_パフォーマンス推移表(月間)




2.全体所感

10月も引き続き堅調な相場となり、
全指数が大きく上昇しています。
月間騰落で全指数がここまで並んで上昇しているのは、
私が投資運用を始めて以来のことだと思います。

これまでも月間騰落で大きい月もありましたが、
日経平均が強い時にはマザーズ指数が弱いとか、
その逆だったりと相応のバランスが見て取れました。
10月は確かに日経平均が一番強いですが、
新興市場の各指数も相応に上昇していますので、
やはり相場全体が高揚している感じかなと思います。

実際、SNSで聞こえてくる個人投資家もウハウハの方が多いです。
一部では個人は売り越している傾向もあり、
そこまで個人は盛り上がっていないなんてことも言われているようですが、
そんなことを感じさせない勢いがあるように感じます。
まぁ私がフォローさせて頂いている投資家さんは、
みんな敏腕なので、当然といえば当然なのでしょう。

それで私はというと、まぁ冴えません(笑)。
現金比率を高め、銘柄選定やそこへの資金配分も完全に守りに入っているため、
それは当然の結果ですし、これでも十分満足です。

こんなに指数に負けていても満足というのも変なのですが、
そもそも、週間はもちろん月間の騰落ですら
一喜一憂するものではないと思うので、こんな感想になります。

所感として、今後どうなるのかなんてものもわかりませんし、
あまり興味がありませんので、全体相場への言及などしないでおきます。





3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20171031_保有銘柄一覧(月間騰落)

主力の不動産2銘柄がこんな体たらくですからね(笑)。
日本管理センターはこのままずっとゆらゆらするんですかね。
目先でなかなかエキサイティングな展開が想像できないですからね。

アイアールジャパンHDは決算前の期待感が高揚しているんでしょうか。
1Qでは表面的にはあまりポジティブさがみえないながらも、
IR照会で好調さを推察できる内容でしたから2Qも楽しみにしているのですが、
なんだかこんだけ株価が先行してしまうと少し憂鬱になりますね。

中位銘柄も横ばいで、案外超保守的銘柄のステップが珍しく上昇しています。
決算もまるで論点のない平凡な内容ですが、
今の自分にはとても安心出来る嬉しい銘柄なのです。

そして丸和運輸機関はまぁよく調整してくれました。
今回はたまたま下落の前に比率を下げることが出来ましたが、
引き続き応援をしていますので、頑張って欲しいですね。
想定通り足元でアマゾンへの対応での先行コストで減速感が出ていますが、
・・・握手をしてしまいましたからね(笑)。

なお、決算については、この後順次記事に出来たらUPしたいと思います。



4.運用来パフォーマンスについて

20171031_運用来推移




まるのんPFは運用来(2014年年初対比)で+111.7%となりました。
同期間のTOPIXが+35.6%となっています。




◆月初のポートフォリオ
20170929_ポートフォリオ内訳



◆月末のポートフォリオ
20171031_ポートフォリオ内訳



アイドマMCを決算直前に比率を下げました。
決算そのものは私には想定通りにみえますが、
IR照会の結果を踏まえて微調整を行いました。

この他、ソーシャルワイヤーや丸和運輸機関など、
長期目線では売りたくなかった銘柄も
比率調整で売却を進め、現金比率が更に向上しています。


10月月間の売買は以下の通りです。


■買い
なし

■売り
3929 ソーシャルワイヤ 一部売却
9090 丸和運輸機関 一部売却
9466 アイドマMC 一部売却

■優待クロス(全てSBI一般)
ここでは詳細は割愛します。 別途優待記事をUPいたします。
取得銘柄だけ書いておきます。
4666 パーク24
3038 神戸物産




なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。

20171031_資産残高推移表



20171031_保有銘柄一覧(指標)





人気ブログランキングへ
月末と週末が重なっていますので、
週末パフォーマンス記事 と重なる点があります。
ご了承下さい。


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +29.4% となりました。
前月比は +4.7% で推移しました。


20170929_パフォーマンス推移表(月間)





2.全体所感

マザーズ指数は、バイオやゲーム関連で一時的な過熱感があり、
引き続き調整をしていますが、
私のポートフォリオも含めて、
4月以降調整らしい調整もなく堅調に推移しています。

特に中小型株でテーマ性があったり、
目先に業績変化が顕著な銘柄などは、
買いが買いを呼ぶ展開で、どんどん高値を超えており、
楽観的な相場が続いています。

北朝鮮情勢など気になる点もありますし、
何より私は国内の総選挙を睨んだ野党の動きに
危機感を持っており、決して楽観的になれない状況です。

ポートフォリオのバリュエーション面からも
割安性が損なわれており、
私がメインとする環境から離れているかなとも感じているので、
どういう対処をすべきかを慎重に検討したいと考えています。



3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20170929_保有銘柄一覧(月間騰落)

先月は上位不動産セクターが好調でしたが、
今月は日本管理センターとサンセイランディックで明暗が分かれています。
サンセイランディックは最近高値が続いていますが、
誰か買っているのでしょうかね。
現在、新中計の策定中であり、
来期にどの程度の内容で出てくるのか楽しみなので、
引き続き上位で保有することになりそうですが、
ゆっくりと評価されていってくれればいいです。


月間の上昇としては、
ソーシャルワイヤーが引き続き堅調となっています。
先月が+34%で今月が+25%ですし、
PER等の指標面からもなかなか保有継続する判断も
慎重を期せねばならないなと考えています。

丸和運輸機関も先月に引き続き強く、
シュッピンは先月の下落が大きかったこともあり
今月の伸長が大きいです。

ホクリヨウは再度の業績予想修正により、
業績面からの買いが入ったように思いますが、
今期予想は超保守的なもので大幅減益となると勝手に思っており、
株価はいい具合になるのではないかと思います。

個別の騰落について書いていても、
明日どうなるかもわからないので意味がないと思いつつ、
月間という定点なので一応振り返ってみました。



4.運用来パフォーマンスについて

20170929_運用来推移



まるのんPFは運用来(2014年年初対比)で+109.1%となりました。
同期間のTOPIXが+28.6%となっています。

順調に右肩上がりになっていますが、
相場に助けられているという面が大きいため、
冷静に受け止める必要があると考えています。


◆月初のポートフォリオ
20170831_ポートフォリオ内訳


◆月末のポートフォリオ
20170929_ポートフォリオ内訳


ポートフォリオの構成もほとんど変わりません。
退屈ですね~(笑)。


8月月間の売買は以下の通りです。


■買い
なし

■売り
3929 ソーシャルワイヤ 一部売却

■優待クロス(全てSBI一般)
ここでは詳細は割愛します。 別途優待記事をUPいたします。
取得銘柄だけ書いておきます。
3288 オープンハウス
7421 カッパクリエイト
2207 名糖産業
3167 トーカイ
3397 トリドール
8098 稲畑産業
7550 ゼンショー
4680 ラウンドワン
7296 FCC
8803 平和不動産
9936 王将フード
4958 長谷川香料



なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。

20170929_資産残高推移表



20170929_保有銘柄一覧(指標)




人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り