十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)

4月の月末と週末が一致しており、かつ決算シーズンでもあり、
当記事は定型的な月間パフォーマンス記事の記録用として簡潔に済ませます。
(あくまで記録用ですので、読者の皆様は適宜スルーして頂ければと思います)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +6.3% となりました。
前月比は ▲0.7% で推移しました。


20170428_パフォーマンス推移表(月間)




2.全体所感

セルインメイを待たずに4月は調整スタートとなり、
強気スタンスのアナリストのトーンも変わってきたり、
やたらと地政学リスクだとか言われ、
不安を強調する中で株価は推移していきました。

一方で月末に向けて、外国の様々な状況が、
落ち着きを取り戻しつつあるとかで回復を見せて、
終わってみれば日経平均はプラスという結果になりました。

確かに東証2部指数の▲4.6%の月間下落やマザーズの▲4.3%と
中小型や新興銘柄が厳しいとも見えるわけですが、
これは単に年初から急激に高騰していた反動の範疇であり、
依然として年初来で10%水準で推移しており総じて堅調ということだと
理解をしています。

この4月の下落の最中で勇気を持って買えた人は、
更にパフォーマンスを向上させられた方もおられるでしょうし、
買い向かうことこそしなかったものの、終わってみればプラスという結果オーライで
安堵という方もおられると思います。
はたまた底で不安に駆られて投げてしまい忸怩たる思いの方もおられるでしょう。

この月の行動如何によってより足元の成績に優劣がつきやすい環境なわけですが、
そもそもパフォーマンスを向上させることが一義的に大事という立場であれば、
より行動に対して勇気を持てたか持てなかったかということが重要な関心事かもしれません。
しかし私はここでいう勇気の有無とかには興味がありません。

勇気ではなく、納得感なのです。
確かに保有株も下落し、今なお低迷しているものもありますが、
株価の騰落に対しては勇気を持って臨むべきものではなく、
自分自身の納得感、自分の中での合理性を持って臨むべきものと理解しています。
確かに外部環境によって私も豆腐メンタルなので、
納得感やその時々の合理的判断がぶれることがあるわけですが、
それでもその価値観は大事にしていきたいかと改めて感じる1ヶ月でした。


相場の全体感としてはやはり北朝鮮問題が気掛かりなのですが、
正直、今の楽観的に傾きかけている状況は全く理解できません。
外交や各国の思惑などが交錯する中で、
有事に発展するのかどうかわかりません。
そしてその状況はXデーといわれる日を通過したからといって、
急に好転するものでもないとも思っています。
ですので、相場が急に楽観的になっているのも解せないわけで、
これからも何かことあるごとにこれが理由と解説されて、
相場は大きく動いていくのではないかなと考えています。

このような不安定な外部環境だけであれば、
そこまで気掛かりではないのですが、
やはり全体的にバリュエーションは高止まりしている印象で、
無理をする局面ではありません。
チャート的には買えるとか、今は勝負が出来るといった感覚も、
すべて冒頭の勇気を持つというような話を同様に感じており、
自分が納得できる取引に徹するようにしたいと思いますし、
それが出来ないのであれば、現金比率を維持するということになろうかと思います。




3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20170428_保有銘柄一覧(月間騰落)


相変わらずPF1位の日本管理センターは泣かず飛ばずです。
しかもまもなく1Q決算でして、前期のイーベスト売上の剥落で
決算短信の見た目はとても悪い印象(つまり大幅減益)を与えるため、
更なる失望があると考えています。
株価の目先の騰落に踊らされないという立場と、
そうはいっても一旦軽くしておきたいという立場の狭間で悩ましいところです(笑)。

全国保障やシュッピンの上昇が際立っていますが、
全国保障は単に下落分の反発であり、
シュッピンは今後の期待先行ということかと思います。
シュッピンは確かに目先は好調だと思うのですが、
一旦出尽くしとかなるかもしれません。
PER水準もだいぶ高いですし、私の目標株価も一時突破してきています。
なのに保有を継続しているのは、単に優待目的まで比率を下げているからです。

下落側ですがソーシャルワイヤーは騰がり過ぎの是正でしょうか。
決算で出尽くし後でどうなるかなと思っていましたが、
今の水準でとりあえずは許してもらえたようですね。

アイドマMCも決算通過して同水準を許容してくれています。
ただ、こちらは自分の中ではもう少し買い戻しておきたいと思っているので、
どうしようか画策中です。
(今日の決算後の寄り付き、売り気配はもう少し下がってくれれば指値に・・・)


4.運用来パフォーマンスについて

20170428_運用来推移



まるのんPFは運用来(2014年年初対比)で+71.6%となりました。
TOPIXが+17.6%となっています。

いつも思いますが、しがない何の知識も経験もない凡人サラリーマンが、
自己流で試行錯誤してのんびりやっている立場で見れば、
十分過ぎる推移なのだと自ら関心しています(笑)。



◆月初のポートフォリオ
20170331_ポートフォリオ内訳

◆月末のポートフォリオ
20170428_ポートフォリオ内訳


ポートフォリオも株価の騰落に応じて若干順番が変わっていますが、
構成や大きなウエイト配分は変わりありません。

4月月間の売買は、優待目的の一般クロス取引のみです。

9627 アインホールディングス



なお、資産の状況については以下の通りです。


20170428_資産残高推移表

人気ブログランキングへ

3月は週末と月末が一致していたうえに、
更新のタイミングによってこの月末記事のUPが遅れました。
そのため、既に鮮度が失われていますが、
粛々と定常的に記載している月末記事をUPしておきます。
(記録用ですので、読者の皆様は適宜スルーして頂ければと思います)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +6.9% となりました。
前月比は +3.2% で推移しました。

20170331_パフォーマンス推移表




2.全体所感

今月はやや軟調な動きから反転しつつあり、
瞬間風速では年間目標の10%に迫る動きもありましたが、
その後、失速してしまいました。
それでも十分過ぎる内容だし、
むしろ割安性が薄まっていることへの危機感を呈する形で、
3月を終えました。

特にマザーズや東証2部の中小型株に資金が集中していく中で、
参加者に楽観ムードが広がる中で、
少しずつ利益確定による現金比率の向上を続ける形となりました。

実はこの記事は週末に家族旅行に出掛けた後に記載しており、
その後、4月1週目の前半に調整局面が来ており、
その下落でここでのパフォーマンスも幻となった中で、
イマイチ鮮度が損なわれている中で、
毎月続けていることであり、自分の旅行のせいで
割愛するのは自分に許容出来ずに書いています。
もう少し現金比率を大胆に高めておくべきだったというのは
後の祭りだし、一応目安となる現金比率以上に高めているわけで、
既に若干弾力的運用の範疇になっていることもあり、
後悔はありません。

明日以降、戻すのかもしれませんし、
追証や今の高値を許容出来ない売りが
更に続くのかもしれません。
そんなことはわかりませんので、どうでもいいことです。

自分のスタンスを曲げずに貫くことだけをやればいいと思っています。




3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20170331_保有銘柄一覧(月間騰落)


ここは週末パフォーマンス記事と重複するため、
詳細は割愛します。

月間で見てみると、まず主力PF1位の日本管理センターは、
鳴かず飛ばずの横ばいですね。
一方で10%台で上昇しているもののうち、
WDBやソーシャルワイヤーは5%以上の比率があったことと、
目標株価に接近又は超過していることも踏まえて、
利益確定を進めたことがわかります。
この辺りは、利益確定が早かったかなと思う一方で、
適正な取引だったとも思っています。



4.運用来パフォーマンスについて

20170331_運用来推移


まるのんPFは運用来で+72.7%となりました。
TOPIXが+16.1%となっています。




◆月初のポートフォリオ
20170228_ポートフォリオ内訳

◆月末のポートフォリオ
20170331_ポートフォリオ内訳



なお、資産の状況については以下の通りです。


20170331_資産残高推移表

人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +3.8% となりました。
前月比は +1.4% で推移しました。

20170228_パフォーマンス推移表



2.全体所感

年初から相場は堅調な動きが続いており、
特に毎週言及しているように、
中小型株が好調のようで、
今月も月間で4%を超える続伸となっており、
引き続き潤った相場のように感じます。

日経平均は年初からほぼ横ばいで、
NYダウが高値を更新しているのに比べると停滞しています。
トランプ政権のリスクや今後欧州では政局リスクも出て来ますし、
一体どうなっていくのか、誰にもわかりませんね。

個人投資家の中でも引き続き、
新興株の割安感の解消が続いていることへの
警戒感も聞かれるようですが、
警戒の声が大きいうちは高値を更新していくものなんですよね。

私のポートフォリオは相変わらず新興中小型指数には
ついていけてませんが、そんなことはどうでもいいと思っています。
年利回り10%の目標を目安にマイペースに臨みたいと思います。



3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20170228_保有銘柄一覧(月間騰落)


個々の銘柄のことをいちいち言及しても、
明日にどうなるかなんてわからないので、
あまり意味がないのですが、
それでは記事にならないので一応言及しておきます(笑)。
まぁ、こういう機会に個々の騰落眺めるのもよかろうということで。

まず取引としては今月は色々と取引をしています。
週間の記事で個別に記載はしていますが、
改めて振り返っておきます。

主力の日本管理センターとサンセイランディックを買い増しています。
どちらも決算や次期中計を見ての対応で、
自分の想定通りであれば買い増しを考えていました。
従って想定通りの対処が取れたと思います。
日本管理センターは武藤社長が、
昨日大量保有報告で買い増しされたようで、
気が合いますな~という感じです(笑)。
サンセイランディックについては、現在投稿中の東証IRフェスタの記事で、
この後、心証をUPします。

一方で、1月31日のPTSにおいて下方修正を受けて、
比率を半分まで落としています。
特に事業内容や成長性に自信がなくなったわけでもないのですが、
PF2位の比率で維持するにはいくらなんでも指標が高すぎてしまい、
自分の許容出来るリスク量までコントロールすることにしたものです。
結果的にその後の株価は堅調に推移していますから、
相変わらず下手な取引ですよね。
といっても私は全く後悔はしていません。
精度はさておきその時の自分の判断は、
自分の視点で論拠に基づいて行動した結果ですし、
あの時に・・・というたられば発想はありません。
今でも納得の売却です。

新規購入として打診買いではありますが、
あいホールディングスを組入れました。
そう、話題のひふみ投信にも長く組入れられている銘柄です。
私も独特の佐々木社長の手腕に期待するところは大きく、
ずっと眺めていたわけですが、
そろそろ手が届く株価になってくれたので決断しました。
ただ、打診買いで留めているのは、いくつか理由があります。
まず、足元の業績面で少し停滞が見られること、
そしてあまり自分の意思決定の要素にするつもりはないのですが、
株価が極めて弱いという部分に一抹の不安がある点が挙げられます。
また、現金比率の問題ももちろんあります。
ただ、例えば株価の動きなんて恐れる必要などないのです。
チャートを見て売買される立場であれば、
当然、こんな下降トレンドで買うなんてありえないでしょうし、
チャートが未来を示唆するとなると自殺行為のようなものかもしれません。
しかし、MAによる成長基軸は続くでしょうし、
そもそも監視カメラなど既存事業も十分に余地があると認識していますからね。
目標株価までの上値余地も大きいため、
現金の兼ね合いもありますが、対処を引き続き模索したいと思います。

最後にベアETFの比率を更に下げています。
最終的には今年の投資方針に従い、原則は0にして、
その後は投機的と認識した上で、期間を絞り、
確保すべき現金比率の中でやるようにします。


月間騰落としては、日本管理センターが上昇しています。
結局次期中計の内容が確定し、当面の不確実性がなくなり、
安定的な15%成長を織り込みにいっている印象です。
サンセイランディックも上昇していますが、
こちらも決算内容で下期偏重の不安は残りますが、
とりあえず不動産関連とはいえ、株価は安いですからね。

丸和運輸機関は年初からの下落が12%と落ち込んでいます。
物流業はヤマトなど最大手でも様々な動向が見られています。
私は人材不足や傭車費上昇の影響でどの企業も影響は受けるでしょうが、
丸和運輸機関にとってはチャンスではないかとすら思っています。
マツキヨの改装や免税対応という特需もいよいよ終わりが見えてくる中、
低温物流の展開局面で利益で少し踊り場を迎えるでしょうから、
その辺を織り込みに行っているのであれば、
それは時間の経過でなんてことはない問題だと思います。

アイドマMCは大きく上昇しています。
年初から27%の上昇ですね。
市場変更の期待とかで買われているとすると、
もう完全にチキンレースのようなものです。
市場変更が開示されるだろう3月上旬を前にピークをつけて、
調整ということでしょうか。
私はもう少し買い増したいのですが、なかなかタイミングが合わないですね。

シュッピンの上昇はまた凄まじいわけですが、
一旦何があったのでしょうかね。
月間で+23%って・・・よくわかりませんが、
直近でEC売上だけでなく、
ユーザー数の伸びが大きいですから、
新たな施策の展開が上手くいっている予兆かもしれません。
その意味では上に行くのは理解出来るのですが、
さすがにやり過ぎではないかと思うのですが。



4.運用来パフォーマンスについて

20170228_運用来推移


まるのんPFは運用来で+67.6%となりました。
TOPIXが+17.9%となっています。
直近の東証2部指数などの躍進により、
私のPFの優位さが縮小していますが、
そもそも、指数に比べて
そこまでアウトパフォーム出来るわけではないと思っていますから、
十分な推移だと理解しています。



◆月初のポートフォリオ
20170131_ポートフォリオ内訳

◆月末のポートフォリオ
20170228_ポートフォリオ内訳


前述の取引によって、PF構成は変化しています。



なお、資産の状況については以下の通りです。


20170228_資産残高推移表

人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス   ※ ( )内は月間パフォーマンス

            年初来パフォーマンス  (月間パフォーマンス)
 まるのんPF : + 2.4%   (+ 2.4%)
 TOPIX    : + 0.2%   (+ 0.2%)
 日経平均   : ▲ 0.4%   (▲ 0.4%)
 東証2部   : + 3.8%   (+ 3.8%)
 JASDAQ  : + 4.7%   (+ 4.7%)
 マザーズ   : + 5.4%   (+ 5.4%)


2.全体所感

トランプ相場と言われて始まった新年ですが、
終わってみると日経平均やTOPIXはほぼ横ばいだったのですね。
一方で新興中小型株は堅調で、
周囲の個人投資家も含めてボーナスステージの印象が強い、
そんな1月となりました。
もちろん、私はボーナスステージどころか、
本日開示の主力銘柄(ソーシャルワイヤー)にも
悪材料が出てむしろ罰ゲームのような呪いのステージです(笑)。

トランプ大統領の各種言動によって、
米国だけでなく世界中が不確実性に直面しており、
よりリスクが高まっている印象を強く持っています。

経済面への影響について楽観視している状況のようですが、
入国拒否の問題にしても
ダイバシティの観点で事業を支えている多様性への配慮が薄まることは、
企業の経済活動において決して楽観できないと考えています。
事実、主要企業の幹部からも明確にネガティブコメントが出ています。
外部環境としてとても気になっているのが1点。

それから、企業の足元の業績についてですが、
足元の決算発表はまだ途中ですが、
中小型の一角は相変わらずぶっとんだ好調ぶりですが、
セクター主導をするような大型株などを見ていると、
そこまで明るい状況には思えません。

為替の影響で多少押上げ効果がみられる企業もあります。
ただ、ここまでの為替変動があったにしては、
上方修正(というか期初予想に戻す)が少ない印象です。

全て感覚の話なので正当性が低いのですが、
しかし、中小型の一角が相変わらず強いのは事実ですし、
実際にマザーズ指数も含めて堅調な推移ですし、
個別で見れば優秀な銘柄が多いので
個別物色をきちんとかけて対処することが、
より重要なことになっているのだと思います。

あと、留意しておきたいのはあくまで私は
長期投資を志しています。
ですから、足元の好調さの波に乗るということとは、
敢えて無縁でなければなりません。
(極端な話であり、実際にはトレンドも念頭に置くべきなのでしょう)
従って外部環境のリスクのことや足元で好調な流れを横目にしながら、
しかしやることは投資方針に従って変えるべきではないです。
まして、足元のパフォーマンスが悪いからといって、
「パフォーマンスがよくなりそう」というモチベーションで、
行動しないことは肝に銘じておきたいと思います。


3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20170131_保有銘柄一覧(月間騰落)

一応言及しておきますが、ソーシャルワイヤーが月間上昇が大きいです。
一応というのは、既にPTSでもそうですが、下方修正に伴い、
この上昇は全てなかったことになるわけですね(苦笑)。
というか、なかったことで終わってくれる位であればいいのですがね。。。

丸和運輸機関は下落が続いていますね。
きっとこの後何か悪材料でも控えているのでしょうかね。
12月の荷量でも悪かったのか、
はたまたセンター開設費用がまた先行しているのか。
株価を見てそんな不安が脳裏に台頭してくるようではまだまだですね~
(→私のことです)

アイドマMCを新規組み入れしました。
東証1部への昇格期待なのか知りませんが、
随分株価は慌ただしいですね。。。
もう少し買い増したいのですが、まぁゆっくり考えていきたいですね。



4.運用来パフォーマンスについて

20170131_パフォーマンス推移表


運用来パフォーマンスは+65.3%となりました。
今月だけで叩き出せている化け物が沢山いそうですよね。
まぁ私の実力を考えると、3年1ヶ月を要してたとしても、
この結果は出来すぎなのです。
ですから主力銘柄で下方修正を喰らってもめげませんよ~(笑)。


◆月初のポートフォリオ
20161230_PF内訳

◆月末のポートフォリオ
20170131_ポートフォリオ内訳


今月は優待銘柄の中で上値余地が縮小しており、
現金確保の観点からも残分のスターマイカを売り切りしました。
(私が売った後、更に高値を更新し続けているのはお約束ですね)
その代わりにアイドマMCを新規組み入れしています。
この他細かいですが、WDBを上値余地縮小で一部利益確定をして、
順位が若干変動しています。



詳細のPFの順位は以下の通りです。

********************

 1位 3929 ソーシャルワイヤー(2) ↑
 2位 3276 日本管理センター(1) ↓
 3位 9090 丸和運輸機関(3) →
 4位 3844 コムチュア(5) ↑
 5位 2475 WDB(4) ↓
 6位 3277 サンセイランディック(6) →
 7位 9466 アイドマMC(新) -
 8位 7164 全国保証(7) ↓
 9位 3179 シュッピン(8) ↓
10位 9414 日本BS放送(9) ↓
11位 1384 ホクリヨウ(12) ↑
12位 2686 ジーフット(11) ↓
13位 2764 ひらまつ(13) →
-   1360 日経ベア2倍ETF



なお、2017年のパフォーマンス推移及び資産については以下の通りです。

20170131_パフォーマンス推移表




20170131_資産残高推移表


この後、ソーシャルワイヤーとアイドマMCの決算精査を進めます。
記事は後日になると思いますが、
きちんと向き合うようにしたいと思います。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス   ※ ( )内は月間パフォーマンス

            年初来パフォーマンス  (月間パフォーマンス)
 まるのんPF : + 8.3%   (▲ 0.8%)
 TOPIX    : ▲ 1.9%   (+ 3.2%)
 日経平均   : + 0.4%   (+ 4.2%)
 東証2部   : +10.5%   (+ 8.2%)
 JASDAQ  : + 3.5%   (+ 2.7%)
 マザーズ   : + 6.3%   (+ 2.3%)


2.全体所感

12月は年末にかけて尻上がりになるという
アノマリーがあるらしいですが、
その言葉通りの堅調な相場になりました。
直近の日経新聞でも記事になっていましたが、
東証2部指数がものすごい上昇となっています。
こういう中小型株が堅調な時には、
私のポーフォリオも相関するはずなのですが、
その期待を裏切る月間マイナスとなりました。

トランプラリーから大型株が大きく買われ、
そこから中小型への循環という、
いつもの好循環がみられますね。

新年を迎えて警戒感も台頭しているようですが、
そんな警戒感をよそに高値を更新し続けていくのか、
注目の全体相場ですね。


3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20161230_保有銘柄月間パフォーマンス

主力の日本管理センターが前月に続き調整が続いています。
ヘッジ目的のベアETFの下落も手伝っての軟調ぶりです。
他のPF上位もまともに上昇しているのは、WDBだけですからね。
こういう騰落の話は特に長期投資家の立場においては、
意味のないことですから引き続き一喜一憂せず、
ふ~んと思うようにしています。


4.運用来パフォーマンスについて

20161230_運用来推移


運用来パフォーマンスは+61.5%となりました。
運用来というのはつまり、2014年年初からですから、
ちょうど3年累計期間のパフォーマンスとなります。
この3年の目標はCAGR15%で、917万円が到達目標に対して、
974万で着地しましたので、6%程度の上振れ着地です。

優秀な投資家の方からすれば1ヶ月で
叩き出せる成果かもしれませんが、
私としては非常に満足感の高い結果です。



◆月初のポートフォリオ
20161130_PF内訳

◆月末のポートフォリオ
20161230_PF内訳



インバースETFの比率を半減させました。
2016年の税金の損出しという観点と、
2017年投資方針によりインバースETF保有方針を変更する事に伴う対処です。


 売 1360 日経平均ベア2倍 (一部売却)


詳細のPFの順位は以下の通りです。

********************

 1位 3276 日本管理センター(1) →
 2位 3929 ソーシャルワイヤー(2) →
 3位 9090 丸和運輸機関(3) →
 4位 2475 WDB(4) →
 5位 3844 コムチュア(5) →
 6位 3277 サンセイランディック(6) →
 7位 7164 全国保証(7) →
 8位 3179 シュッピン(8) →
 9位 9414 日本BS放送(9) →
10位 3230 スターマイカ(10) →
11位 2686 ジーフット(11) →
12位 1384 ホクリヨウ(12) →
13位 2764 ひらまつ(13) →
-   1360 日経ベア2倍ETF



なお、2016年のパフォーマンス推移及び資産については以下の通りです。

20161230_パフォーマンス推移表



20161230_資産残高推移表


今年最後の記事になります。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

なお、新年早々に投資方針の記事をアップします。

人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り