投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +0.4% となりました。
前週比は ▲0.8% で推移しました。

20180817_パフォーマンス推移表


2.全体所感

株価の値動きなんて気にせず、
長期的な企業の価値向上を期待して、
ゆっくりとでもその恩恵に授かりたい、
そんなことを考えて、日々の騰落へ意識を奪われないよう努めています。

こういう時だからこそ変化に対応する機敏さが必要なんだとか、
ずっと先の将来への期待なんて儚いものだよとか、
やはり株価はその時々の人気投票なんだからモメンタムを意識しないととか、
様々な違う価値観からありがたいご指摘の声もあろうかと認識しています。
これはとてもありがたいことで色々な異論をぜひお寄せ頂きたいのですが、
それをありがたく拝聴しつつ、自分のスタンスを曲げずにやることが、
投資家としての自分らしさであるとも考えています。

といいながらも、資産が日々減っていく中でそろそろ反発して欲しいなと思ったり、
あるいは、せっかく下落するなら、自分が設定した指値まで下がってきてくれたらいいなと
都合のよいことを考えたりと、その狭間で煩悩に支配されるわけです(笑)。

まだまだ株価の日々の動きに対して敏感である辺りが、
以前に比べればだいぶ鈍感力は身についたとはいえ、
「覚悟」が足りないなと思い知った、今日この頃です。


私の自己完結の話はさておき、すぽさんの記事でこういった相場変動への受け止め方として、
「娘と老婆」のトリックアートを引用し、
自分にとって合理性の下で前向きに受け止めることへの提言がなされています。





まさにこのトリックアートのようにひとつの状況(作品)も、
自分のメンタルを含めた先入観によって、
どう行動する(見える)のかが変わってくるものだな、と改めて実感した所です。
状況に対して2面性を下に、自分が取るべき言動へ示唆を与えて下さる内容で、
自分も自分にとってどう行動すべきかをよく考えて、
合理的に対応していきたいものだなと思いました。


全体相場といいながら、それを受けた自分自身の受け止め方の話になってしまいましたが、
相場のことは相変わらずよくわかりません(笑)。
トルコが云々とか、それを背景に欧州への飛び火がどうとか、
一方で米中の問題など相変わらず不安を煽るばかりの状況です。

相場をみていると、まずマザーズがだいぶ落ちてきていることに目が留まります。
今年の高値から数ヶ月で3割目減りしています。
たいしたことはないと評する玄人もおられそうですが、
素人の私からすると3割目減りすることへのボラティリティの大きさに驚きます。

それから相対的に日経平均はだいぶ強い気がしています。
この理由(採用銘柄の中で牽引役でもいるんですかね)は調べてないですし、
調べるモチベーションもないのですが、
対TOPIXでみても日経平均が強いようです。
偶然なのかもしれませんが、相対的に外部環境の変化に対応しきれない
中小型の会社から影響が出始めていて(織り込みが始まり)、
大型の会社はまだその織り込みまではきていないということなのでしょうか。
こういったトレンドフォローは全くわからないし、
もっともらしいアナリストの解説も聞き流してしまうので意識していないのですが、
週次で数値を眺めていてふと気がついたものですから。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180817_ポートフォリオ内訳


全体がよく下がっているので、あまり変化がないですね。
ステップを買い増ししているため、PF順位が2位に上がっています。
ステップのような守りの会社が2位まであがってくるというのも複雑な心境です。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180817_保有銘柄一覧(週間騰落)


アイドマMCはどこまで下がるんですかね(笑)。
先週の買い増しとか本当に下手くそですね。
特にPF下位が下落がきつめですかね。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180817_保有銘柄一覧(指標)

ポートフォリオPER14.2倍まで下がってきています。
冷静に考えると私の目標利回りからすれば、
そんなに割安な状況でもないですが、現金比率目安は31%となりますので、
やや現金が厚い状況です。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。

さすがにお盆週なので、リリースも少ないですね。


■エイジア
自己株買い、消却、そしてEC事業のMAを発表しています。
自己買いと消却はまぁ利益還元の一種と捉えておきますが、
この株価水準は会社としては安いと思っているということですかね。
私の指値を嘲笑うように今日は上昇してしまいました(たられば)。
MAについては、IRお電話していますが、
タイミングが合わず来週に持ち越しになってしまいました。
在庫管理のプラットフォームの事業(FULLKAITEN)ではなく、
EC事業そのものを買うということで、
領域も子供服ということで財務諸表(といっても概算)をみても
特徴もありません。
なんでこういう買収になったのか関心があります。
日経新聞の記事だと、EC事業のノウハウ獲得のためとありますが、
今更感もありますし、なんでいきなりMAするのかということもあります。
FULLKAITENは広く小売EC事業に活用ができそうで、
こちらの買収であればわかるのですけどね。
こちらの事業は最近もユナイテッドやVCなどから資金調達をしており、
育成中であることが伺えます。であればここへの出資や提携でもよかったと思うのですが、
色々大人の事情があるのかもしれません。
IRへお電話しても真意はわからないと思いますが、
これまでの提携とか商品バージョンアップなどのリリースとは毛色が違いますからね。

■Hamee
商品レコメンドAIのβ版がリリースされ、トライアル企業の募集も同時にされました。
場中のリリースでしたが、株価は動きませんでしたね。
前日比マイナスですか・・・。
これはAI活用が一歩前に進んだ大きな一歩だと思います。
しかもα版で自社サイトで一定の効果が発現しているというのもいいですね。
もちろん、それが費用対効果でペイできる水準なのかが大切なわけですけどね。
しかし、自社でEC事業を運営している強みが生かされ、
ユーザー目線での開発がなされているであろうことは、とても期待が持てます。
一方で自社の色が強すぎて、自社特化の運用に沿ったUI設計とかですと、
必ずしも万人受けするわけではなく、逆にクセが多いことにもなりやすいので、
その意味もあってトライアルを募り、本格リリースに向けてフェージングしているのは、
いい進め方だと思います。
思い返せば2016年2月、ネクストエンジンAIラボが設立され、
そこから2年半で開発、自社実証実験を経て、
このような形でひとつの歩みをみられたのは嬉しいことです。
特にこのリリースで今後の見通しが変わるものではなく、
規定路線かと思いますが、見守っていきたいと思います。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20180817_資産残高推移表


特にコメントはありません。


6.雑記

今週は久々に夏の夜空に舞う花火の写真を
サブブログの方へUPしたので、
そのご紹介でもしようと思っていました。 → こちら

DkrVcijU0AAUdQi.jpg Dkl9cXuU4AAfjVG.jpg
20180816224543.jpg



ですが、個人的に心を動かされたのは
ボランティアの尾畠さんの件で、これは書かずにはいられません。
山口で行方がわからなくなった2歳児を孤軍奮闘で捜索し発見したニュースです。
当然、この美談に感動したという賛辞の気持ちは私も人並みに感じて、
子を持つ親として、本当によかったと涙が出る気持ちで見守りました。


それで、この尾畠さんが如何にすばらしい功績を残された方かだとか、
今回の活躍を賞賛してもよいのですが(もちろんそういう気持ちでいっぱいですが)、
私が一番関心を持ったのは、
尾畠さんがどうしてここまで強い信念を抱けるのかという事です。

ボランティアの精神で食事や風呂の提供も一切受けないという美談も紹介されてますが、
ここにも自分の強い信念があります。
そもそも様々な被災地や捜索地に赴き孤軍奮闘で役に立ちたい、喜ばれたいという
モチベーションがどこからきているのか、
心が荒んでいる私にはとても学ぶべき所があるなと思ったのです。

私は投資家として自らの信念を築き、それを頑なに貫こうと日々やっていますが、
冒頭にも書いたとおり、様々な煩悩に苛まれています。
父としてもサラリーマンとしても平凡で拘りはあっても信念とまでいえる
一貫したものもありません。

尾畠さんのことは報道を通してしか見聞きしていないので、
どこまでが真実で、ご自身のお考えなのかわかりません。
ただ私が感じた異様なまでの使命感と信念の深さはどう育まれて、
どう日々の中で行動を起こさせているのか、とても興味を持ちました。

自分がなすべきことを65歳になった後にもまた見出し、
そこに強い信念を抱き行動できる、その姿を見て、
人並みではありますが、私もそんな風な人になりたいなと思いました。

「自己完結するのが真のボランティア」
「学歴も何もない自分がここまでやってこられた。社会に恩返ししたい」
「かけた情けは水に流せ、受けた恩は石に刻め。人の命は地球より重い」

こんな自分なりの信念はどこで抱き、どう自分の中に真に刻み、
そして行動できるのか、学びを得たいなと思いました。

きっとそれはとにかくやってみること、
モチベーションがあり行動すれば変わるということなのかもしれません。
ただ、そう容易いことではないと思うのです。

よく投資家として、お金をどう使うかも大切な素養と伺うことがあります。
稼いだお金を、自分のため、社会のためにどう還元するのかという大切さは
まだまだ資産は少ないですが私も感じているところです。
ただ、お金だけではなくもっと根底の信念や使命感といったところに、
アイデンティティを求めていくべきなんだろうと思いました。

投資家として相場が軟調で資産が減ったと嘆いて、
そこからなんとか経験を積み投資家として頑張るんだというのは当然、
日常の営みとしては大切ですし、その積み重ねを否定するものではありません。
しかし自分のアイデンティティを改めて見つめ、
自分の広義的な使命や信念について改めて考えてみたいなと思いました。

それにしても、本当に助かってよかったです。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +1.2% となりました。
前週比は ▲1.7% で推移しました。

20180810_パフォーマンス推移表


今週も続落となり、もう今年何度目かわかりませんが、
再び年初来マイナスに突っ込みそうですね。
現金比率を一定程度確保しているわけですが、
それでもどんどん減っていきますね~。
まぁしょうがないですね。



2.全体所感

マザーズ指数が再び1000ポイントを割り込みそうになり、
新興市場を中心として難しい局面が続いています。
とはいえ、決算通過後に順当に評価されていくものもあり、
その選定状況次第で引き続き明暗が分かれる状況が続いています。
別に統計を取っているわけではなく、全くアテにならない肌感覚ですが、
決算、だいぶブレーキがかかってきている印象を受けます。

不動産の先行きにも不透明感が増している感じがしますし、
外食や小売りなどでも苦戦が目につくようになってきました。
RPAなどの省力化に強いITや設備投資関連はまだ好調を維持しているようですが、
今後どうなっていくかなというのは少し気になっています。
特に猛暑や災害などの影響もありますから、
変化を評価しにくいですね。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180810_ポートフォリオ内訳


細かな順位の変動はありますが、
特に大きな動きはありません。
なお、値下がりにより東鉄工業が5%未満の比率に後退しました。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180810_保有銘柄一覧(週間騰落)


もう何週連続かわかりませんが、
アイドマMCが引き続き弱いですね。
今週は少しだけ買い戻しましたが、
これからナンピンスカンピンの実践者になっていきそうです(笑)。

また東鉄工業や全国保証も軟調でした。
東鉄工業は見た目が大幅減益でしたから、
まぁ仕方ないですが、全国保証は別にそんなに悪くないと思いますけどね。
気まぐれで動いているのか、金利上昇などマクロの変化を織り込みに入ったのか、
よくわかりませんが、ただ見守るだけという状況です。


丸和運輸機関もまた相当弱く推移していますが、
こちらは元々水準が高かったこともありますから仕方ないですかね。

シュッピンは決算で成長鈍化と見られたのか、こちらも残念な結果です。
私としては残念な印象ではないのですが、
短期的な株価はどうしても大衆の雰囲気で決まるので、
それはそれとして受け入れるしかありませんね。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180810_保有銘柄一覧(指標)


全体的に目標株価までのGAPも一定程度出てきましたし、
ポートフォリオPERも少しこなれてきました。
値下がりは残念ですが、少しウキウキする面もあります。


4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。

■サンセイランディック
決算が開示されています。
数値そのものはすでに修正済ですが、
仕入の状況などは今回チェックですね。
決算精査記事は別途UPし詳細を確認しますが、
パッと見た感じでは、逆に大丈夫か?と思うほどに
仕入が急増しています。


■日本管理センター
決算が開示されています。
決算精査記事をUPしています。





収納代行サービスがリリースされています。
収納代行の一次対応は主にオーナー側の手間の軽減に
効果を発揮しますかね。こういった地道なメニューを少しずつ
拡充していっていますね。


■トーカイ
こちらも決算が開示されています。
別途、決算精査を進めたいと思いますが、
ぱっと見でこんな程度の減益で済んだのか!?と拍子抜けしました。
といってもまだ中身をきちんとみていないので、
まぁそりゃそうかとなるかもしれません。

真備町へ医療チーム派遣の一団に
たんぽぽ薬局のチームが参加したようです。
こういった活動はやはりこの会社は特に参加しますよね。


■ルネサンス
JPX日経中小型株指数に採用されたそうです。
といっても昨年も採用されていたので、
継続ということですね。
まぁだからどうしたということなんですけどね。
こういった指数は連動型の投信もあり、
需給面でもよいのかもしれませんが、
あまりこういうものを重視していないので、
よかったねとは思いますが、特段何もありません。

それよりルネサンス所属の池江選手の日本新記録での
銀メダル、おめでとうございます、ですね。


■東鉄工業
決算開示されています。
株価は大きく下落をしていますが、
そんなにですかね。工事進捗やタイミングにより、
どうしても下方修正のリスクも考慮が必要かもしれませんが、
私の時間軸ではむしろ受注などの状況も踏まえて
特段不安というものもありません。





■WDBホールディングス
決算開示されています。
こちらも別途、決算精査記事をUPするつもりです。
こちらも順調ですね。恐らく計画超過ペースでしょうが、
何より、MAしている北欧のCROが順調ということで、
軌道に乗ったことがより鮮明になり嬉しいです。
事業説明会(レポート記事)でもその裏側を垣間見られたので、
この点も改めてよかったです。


■シュッピン
決算出ましたね。成長鈍化、失望などかと思いますが、
だいぶ売られましたが、株価は高かったこともあり、
仕方ありませんね。
事業上のリスクや今後の展望も特段見立ては変わりませんので放置です。





■ホクリヨウ
決算開示されています。
鶏卵価格の軟調さや為替の影響による飼料価格の影響もあり、
軟調なものになると想像していましたが、
その予想通りの内容です。
また、このトレンドは2Qでも続きますから、さすがに保守的とはいえ、
業績達成が厳しいのかなという印象です。
外部要因に影響を受けているので、
目先の状況にも厳しさが予見できますが、
今の比率ですので、放置です。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20180810_資産残高推移表

再び年初水準まで戻ってきました。


6.雑記


ひょんな事でご批判に対しての所感を記事にしました。





あまり想定していなかったのですが、
温かい声を多数頂きましてこの場を借りて改めて御礼申し上げます。
また、心配をして下さっている方もおり、
逆にご心配をおかけすることとなり申し訳ありません。
今後も様々な声に向き合っていきたいと思います。
ブログへのコメントとしてお寄せ頂いたものについては、
この後、順次、返信をさせて頂きたいと思います。

そして決算シーズン終了のため、自分なりに決算を見て行きたいと思います。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.8% となりました。
前週比は ▲3.0% で推移しました。

20180803_パフォーマンス推移表


先週の記事で、マイアノマリー的にそろそろ反落させられる所だと書きました。
見事に的中しました(たまたまですがね)。
そんなことを的中させ、全面で資産を減らしている場合ではないのですが、
まぁ私のスタイルに拘ればこういう事もやむ得ない事だと思っています。



2.全体所感

日銀の緩和姿勢に変化があり、
金利が上昇局面に転化してきているようです。
といっても現時点では僅かな範疇ではありますし、
急激な変動はきちんとコントロールされるでしょうけども、
それにしても今後が気掛かりですね。

ですが、実は私は金利が上昇局面になるということが、
株にとって一般論としてネガティブだというくらいの感触しかありません。
金利が上昇することでお金の流れが変わるとか、
不動産の動向の先行きに変化が生じるかもしれないわけですが、
結局何に留意すればいいのかもわかりません(笑)。

いや、笑いごとではないのですが、
元々そういう変化にもある程度耐性を持ち、
中長期的に魅力があって輝ける会社へ投資しているつもりなので、
本来はあまり気にする必要がないわけですけどね。

またここ最近毎日のように耳にする貿易摩擦の件も、
先行きが不透明ですね。
トヨタの決算説明の場でももし関税25%が発動された際の影響が
甚大であることが改めて示されています。
もちろん、発動されればの仮定の話ですし、
どう変化が顕在化するのか、しないのかなんてわかりませんからね。
極度に恐怖におののく必要もないと思うわけです。

それから決算シーズンを迎えていますが、
やはりいつもに増して厳しい評価がなされていると思います。
だいたいいつも堅調な決算の後に急落して、
なんでそうなるの!?なんて嘆くのはもう恒例行事ですが、
今回の決算でも大した期待もされていない、あるいは事前に調整されていたところから、
大きく投げられるなんてものも散見されます。
もちろん中には順調に評価されるケースもあるので、
そういった銘柄で流れに乗れている人にとってはウキウキだと思います。

また、先行投資で足元が芳しくないという決算も多い印象です。
こういった時にはとても評価が難しいわけですが、
ここはやはり人気のある会社であれば許されるけど、
そうでない会社だと総悲観に一気に傾くといった感じがします。

いずれにしても足元では変化に富んだ相場となっていますね。

私はやはりそういう動きに一喜一憂するのではなく、
粛々と自分のスタンスを維持していくだけですけど、
やはり脳裏のどこかに悶々としたものがないと言えば嘘になります。
というわけで、その辺の弱いメンタルを露呈した文章は、
改めて記事にしたいと思います。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180803_ポートフォリオ内訳


株価の騰落が銘柄間で大きく順位に細かな変動があります。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180803_保有銘柄一覧(週間騰落)


アイドマMCの下落が止まりませんね。
僅か1ヶ月で30%の下落となっています。
今週だけでも16%の下落なので、まぁざっくりS安を一回喰らった感じですかね。
ただ、その前2ケ月余りで50%以上上昇しており、それも投機的でしたから、
当然ながらその反動は出るわけですね。
なんでだーと嘆いても、それに理屈をつけようと思っても無駄なので、
ただただ見ているだけです。
私も1000円を超えてから段階的に利益確定をしていますから、
その分をどこかで買い戻してもいいかななんて思っています。

サンセイランディックは上方修正がありましたが、
僅かな上昇となっています。
このリリースは一部期ズレがあり減収になりながらの
利益の大幅上振れなので結構なものだったのですけどね。
こういう鈍い反応しか出ないところがまた同社らしいなと思います。


エイジアやソーシャルワイヤーは決算を受けて悲観売りですね。

ソーシャルワイヤーは確かにやむ得ない部分があると思いますが、
エイジアはそんなに悪い決算でしたかね。まぁ見た目は悪いんですけどね。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180803_保有銘柄一覧(指標)


アイドマMCの下落によって目標株価GAPが再び魅力的な水準に広がってきました。
HameeやエイジアといったIT関連はGAPが大きくなっています。
両社共にPER20倍水準なのですが、さてどうしましょうかね・・・。
この2社と共に買い戻しの注文を入れていたコムチュアだけが大きく反発していくという
私らしい取りこぼし方で涙が出ますね(笑)。

ポートフォリオPERは14.8倍となっています。
投資方針によるとちょうどポートフォリオ全体では適正水準で、
現金比率目安は34%(下限24%)ですから、
現状の37%なのでやや厚い、つまり何か少し買っていってもいいよというモードです。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。


■サンセイランディック
上期の業績予想修正が出ています。
大型物件の引き渡しが3Qに期ズレし売上は下方修正、
にもかかわらず利益は予想比1.5倍です。
続きは下期の状況をもう少し見てからということで、
どうしても保守性を重んじている会社ですから
その便りを待ちたいと思います(便りはないかもしれませんが)。





■ステップ
安定の決算が出ています。 → 決算精査記事はこちら
IRにも照会しましたが、まぁ大丈夫だと思います。


■アイドマMC
こちらも平凡な決算ですが、きちんと増収増益ですね。 → 決算精査記事はこちら
株価は軟調ですね。
精査記事にも書きましたが、そんなに何を期待していたのさ、という感じですね。


■日本管理センター
これから決算で地雷臭がプンプンするわけですね(笑)。
7月30日付で販売用不動産を売却したとのリリースです。
3Qに計上なので、2Qはやはり予想数値から大きく未達になるものと思います。


■ルネサンス
こちらは堅調な決算ですね。
といっても予想の範囲内でしょう。 → 決算精査記事はこちら
8/1にリハビリ特化型の施設を開設しています。
脳卒中の患者に特化しているそうで、鎌倉市に第一号店の展開となります。
まだ未知数ですが、今後拡がっていくといいですね。


■トーカイ
同社決算はこれからですが、
同業の調剤薬局の決算を見ていると見るも無残ですね。
特に門前が多い日本調剤など7割減益ですからね。
もっとも同社の場合自己株買いをぶつけて株価対策をしていますけどね。
さすがに同社は決算跨ぎを回避しようとかと少し考えている所です。
原則は跨ぎを回避、なんて邪道なことはしないんですけどね。


■全国保証
本日決算が出ています。2桁の増収増益と好調です。
決算精査記事はこれから必要に応じてUPしますが、
まぁ順調の一言でいいと思います。
敢えて懸念点をIR照会もしましたが、問題ないと判断しました。





■エイジア
決算を出していますが、成長企業としての期待には
届かない短信1ページ目です。 → 決算精査記事はこちら
こちらは人材投資などの先行費用が主因というわけで、
判断が難しいやつですね。


■丸和運輸機関
絶好調な決算ですね。
ただ株価は一時的に高騰しましたが、すっかり元に戻りました。
なんだったんでしょうね。。。
まぁ株価は高いですからね。
まだ決算精査記事をUP出来ていませんが、
エクセルは作成済なので改めて上げたいと思います。
特に問題がないので、優先度を劣後しています。
何の問題もないんですもんね。


■シュッピン
機関投資家から大量保有が出てますね。買い増しですか。。。
間もなくでる7月月次ですが、
前年の伸長率が+38.5%と伸長していることもあり、
6月と同程度の売上規模だとすると、
ほぼ横ばいということになります。
月次はずっと2桁増が当たり前だったので、
見た目が悪くなる可能性がありますね。
だから何か対策をするってこともないんですけどね。


■ソーシャルワイヤー
決算が微妙な内容となったこともあり、
株価も売られています。 → 決算精査記事はこちら

記事に書きたいことは全て書いたので、ここでは割愛します。
新宿の貸し会議室でキャンペーンですね。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20180803_資産残高推移表

はい、少し減りましたね。


6.雑記

どこかに写真を撮りに行きたいのですが、
いかんせんこの暑さでは躊躇してしまいます。

写真を撮る旅というのは
新しいものとの出会いがあるような実感がより高まるので、
とてもウキウキするのです。
どんな綺麗な風景に出会えるのだろう、
あるいはどんな物語のある雰囲気に浸れるのだろうと。

青春18切符でも握りしめて、
ごとごとと出掛けたいのですが、
なにせこの暑さでは撮影どころではないんですよね。

どこか涼しい所といってもどこに行っても結局暑そうなので、
集中して撮影に没頭できないと。

株式投資だけでなく、こちらの方面でも
悩ましい夏休みになりそうです。

人気ブログランキングへ

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +5.2% となりました。
前月比は ▲0.4% で推移しました。


20180731_パフォーマンス推移表(月間)





2.全体所感

決算シーズンが突入して個別企業の業績を見ていますが、
だいぶ明暗が分かれてきている印象があります。
例えばITと一言で言ってもRPAとかIoTなどを先端でうまく取り入れている会社と、
そうでない会社とで少なくても足元ではだいぶ強弱が強いようです。
また、これまで安定的に成長を継続していた会社でも、
ちらほらと減益となっている会社もあり、
もちろん先行投資とか様々な背景はありますが、
全体として踊り場になっている印象があります。
その後に再び成長加速の軌跡をたどるのか、
天井となって停滞するのかはよくわかりません。

全体相場のことはわりませんが、
ちょうど、今日、日銀の金融緩和もひとつの区切りになるような
ゼロ金利誘導を緩やかにするとのことで、
このことがどのような影響を及ぼすのかと、
それを受けても影響を受けないビジネスモデルを有している会社を
きちんと見極めていかないといけないなと思います。

というわけで、とっとと、決算精査をします。。。


3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20180731_保有銘柄一覧(月間騰落)


先月急騰をしたアイドマMCですが、今月は大きく反落しています。
半値位ですかね。そして、私は今月急な高騰もあり一部を売却しています。

この他はWDBHDがやや値動きが大きいものの、
全体としてはあまり強弱がない月になったようです。


4.運用来パフォーマンスについて

20180731_運用来推移




まるのんPFは運用来(2014年1月基点)で+240.5%となりました。
同期間のTOPIXが+134.6%となっています。

特にコメントはありません。


◆月初のポートフォリオ
20180629_ポートフォリオ内訳


◆月末のポートフォリオ
20180731_ポートフォリオ内訳





7月月間の売買は以下の通りです。


■買い
2352 エイジア 買い増し


■売り
9466 アイドマMC 一部売却
2378 ルネサンス 一部売却


エイジアは少しずつ買い増していこうと思って買いました。
今日の決算を受けて、明日以降また長いトンネルに入りそうですね。
決算の精査としては、別記事できちんと精査しておこうと思います。

アイドマMCとルネサンスはどうしても高騰していたところで、
比率調整を余儀なくされました。


なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。


20180731_資産残高推移表



20180731_保有銘柄一覧(指標)




人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +5.8% となりました。
前週比は +2.1% で推移しました。

20180727_パフォーマンス推移表


今年のマイアノマリー的には、そろそろ反落する所ですが、
今回はどうでしょうかね。
決算を迎えますが、足元で不安がある会社もありますからね・・・。
またアノマリー通りになる気がします。
というか、アノマリーってなんですかね、自分で言っていてよくわかっていません。



2.全体所感

トランプ大統領がEUと仲直りした((かのように見えるだけ?)ようで、
雰囲気がよくなったんですかね。今週は各指数も横ばい水準とはいえ、
総じて堅調だったように感じます。
そして、個別銘柄によって強弱が相変わらず明暗が分かれていて、
歓喜や悲観の声が聞こえてきますが、
多くが株価の動向、需給などに対するものであるように感じます。
これから決算が本格化してきます。
四半期単位の決算にどれだけの意味があるかは議論がありますが、
やはりきちんと確認して色々妄想を広げていくことを楽しめればと思います。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180727_ポートフォリオ内訳


特に変化はありません。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180727_保有銘柄一覧(週間騰落)


サンセイランディックやアイドマMCが直近で株価がやや下落していましたから、
その反転なのか上昇しています。
ソーシャルワイヤーも上昇が大きいですが、
こちらも含めて特に何か見立てが変わるようなものは認識していません。
気まぐれの範疇だと思います。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180727_保有銘柄一覧(指標)

WDBホールディングスについて、目標株価を上方修正しました。
元々、21.3期EPSをベースにPER18倍で評価をしていましたが、
本日出席した事業説明会の説明を受けて、
将来見通しの取り込みを保留していたものを一部反映させました。

まず、同社の中計は22.3期で1000億企業を標榜していますが、
そのうち700億までは既に既存事業で見えているという確信を改めて抱いたことと、
+αはまだ織り込むには尚早という判断で現状の420億から700億で65%位の成長とみます。
利益率は10%と現状よりやや下がるわけですが、概ねEPSは146→240となります。
現時点では約10%程度を安全率をかけておき、EPS220でPERを20倍に評価します。
評価PERを20倍まであげたのは、ひとつは人材派遣というシクリカルと言われる中で、
当面は人材タイトな状況が続くと考えているのと、
そもそもそのような範疇で経営を小さく考えていないということが、
改めて実感されたからです。
今後、事業説明会の内容のサマリを改めて記事にUPすると共に、
もう少し冷静になってから評価も適宜つけていきたいと思います。


4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。


■ステップ
3Q決算が開示されています。
パッと見で何も問題ありませんが、
改めて精査していきたいと思います。


■東鉄工業
暑熱対策として緑のトンネルを試験したというリリースです。
本当に暑い日々が続いていますが、あまりに地味過ぎますね(笑)。
こんなのもリリース出すのが面白いです。


■Hamee
モバイルアクセサリ―の会社の譲渡MAがリリースされています。
これまでiFaceは女性向けが主流でしたが、
新たに男性向けも意識されるようですね。
取得価額も取得後の業績推移での+αを支払うというスキームで、
リスクを低減させているようです。
iPhone商戦盛り上がるといいですね~。


■全国保証
西日本地域の豪雨災害に対して、義援金を払うそうです。
いかにも同社らしい対応ですね。


■エイジア
駅すぱーとを展開するヴァル研究所と業務提携だそうです。
駅すぱーとからどの程度の粒度の情報が取得できるのか、
そのAPIを知らないのですが、相応に販促活動などのビックデータ取得に
貢献してくれそうな気がします。
それから、同社が2016年に業務提携しているディーエムエス社が、
好調な決算を開示しています。
ディーエムエス社にはエイジアはWEBCASをOEM提供しています。
ディーエムエス社が好調だからエイジアも好調というわけでもないですし、
エイジア全社から見れば影響は限定的ですが、
販促活動全般が好調な環境があるとすると嬉しいですね。


■WDBホールディングス
本日、東京で事業説明会と懇親会が行われました。
これは別途、レポート記事にUPする予定ですが、
一言で申し上げれば洗脳されてきました(笑)






5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20180727_資産残高推移表


特にコメントはありません。



6.雑記

子供との接し方にはとても留意をしていますが、
夏休みに入り、親心としては色々充実した日を過ごしてもらいたいと思っています。

ついつい、先回りして早く宿題を終わらせてーとか
あそこにいってこういう経験をさせて、あっちにいってまた違う経験をさせて・・・と
色々詰め込んでしまいたくなる気持ちを抑えるのが大変です(笑)。

ただ、今年は子供にちょっとした変化があって、
自ら積極的に色々な物事に取り組めるようになってきました。
親がいちいち先回りしなくても早々に夏休みの宿題ドリルも終われせていて、
親のこちらがびっくりしたくらいです。

自分で考えて、自分がどうありたいかというのを考えさせる癖をつけさせるような
声掛けをしてきたのですが、それが少しずつ伝わっているようで、
本当に嬉しいなと思っています。

これからの子供達は、敷かれたレールに沿って、
あれをやって、これをやって・・・では通用しないと思うので、
自ら課題をみつけたり、自分の興味がある事を見つけたりして、
また自分でそれを実現させるためにどう行動したらいいか、
自分で考えられるように育って欲しいなと強く意識して
これからも子供と接していきたいと思います。


さて、これから、ステップの決算精査と
メインディッシュのWDBホールディングスのレポート纏めをしたいと思います。
特にレポート纏めはだいぶ感情的なものになりそうです。
まぁまたいつものやつだと受け流してくださいませ(笑)。


人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り