十分な教育資金と老後資金のために


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +5.7% となりました。
前週比は ▲0.2% で推移しました。

20170317_パフォーマンス推移表



2.全体所感

東証マザーズ指数が比較的大きく下落していますが、
これまでの急ピッチな上昇を考えると、
そもそもこれ位の調整などまだ序の口だと思います。

しかも東証2部指数などの中小型銘柄には、
きちんとした買いも入っているようですので、
個人投資家の雰囲気は
総じて良好さが継続しているように思います。

米国の利上げが想定通りだっとはいえ、
年3回というシナリオを継続したことで、
一部の4回あるかもね~という勝手な期待は、
失望へとなったようです。
勝手に期待し、勝手に失望する、
そんないつもの光景です。

日米金利差の拡大が~とか、
その結果の為替の影響で企業業績が~とか、
選挙を控えたポピュリズムの波が~とか、
不確実性を煽られている雰囲気が漂っていますが、
毎週同じことを書いていますが、
そんなわけのわからない、というかどうなるかわからない予見に、
いちいち耳を貸している場合ではないということです。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170317_ポートフォリオ内訳


準主力銘柄(概ね5%~10%程度の比率)からアイドマMCが降格です。
先週はソーシャルワイヤーが降格したわけですが、
いずれも自分が見極めている割安性が下がったことによるものです。
ソーシャルワイヤーもアイドマMCも爆発的な成長という感触ではなく、
CAGR15%程度とみている一方で、
PERはソーシャルワイヤーは30倍を超える勢いであること、
アイドマMCも20倍を大きく超えてくる中での検討の上の判断です。

また2位から4位の準主力銘柄は比率が拮抗しており、
順番が日々入れ替わっていますが、
本当は、主力銘柄(10%台比率)へ格上げになる銘柄を
組み込みたいのですが、なかなか今のバリュエーションだと難しいです。
ということで、もう少し自信が持てるようになるまで、
じっくり考えたいものです。




保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170317_保有銘柄一覧(週間騰落)


今週は比較的穏やかな騰落でした。
日々で見ればそれなりの騰落差があったようには思いますがね。

アイドマMCが東証1部昇格をきっかけに大きく下落しています。
いわゆる出尽くしというやつでしょうかね。
まぁ私の感触的には、わかりきっている1部昇格を期待して、
勝手に担がれ、そしてはしごを外されるといったわかりやすい
短期の動きと捉えています。

そして、以前から急ピッチな上昇に対して、
昇格期待での先行的な動きとみていたこともあり、
目標株価まではまだGAPがあるものの、
一部を売却するという判断になりました。
結局東証1部昇格リリース後のPTSでの対応ということになりました。


一方であいホールディングスはじわじわ騰がっています。
アナリストレポートもきっかけになったようですね。
私は最初てっきり子会社化の情報の漏れもあったのかなと思っていました。
同社は一時期とても株価が安くなり、
やれひふみ投信が売っているのかもとかいろいろ怪情報もあったりでしたが、
私は全く気にしませんでしたが、
その後株価は反発をみせていますね。
足元でやや業績面で停滞がみられる一方で、
買収の種まきも行われており、
今後に向けて注意と期待を抱く感じですね。




保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170317_保有銘柄一覧(指標)


各銘柄の目標株価までのGAPが縮小しており、
引き続き、利益確定を検討するタイミングだな~と感じます。
まだいけるとか、もうそろそろてっぺんだなんて
予測は全くアテにならないので、
冷静な判断が求められますね。



4.個別銘柄トピックス


■ 3276 日本管理センター

管理戸数の月次が開示されています。
相変わらず鈍化している内容です。
まぁそれだけ不動産経営は活況ということなのでしょう(笑)。
また滞納保証件数は積み上がりが好調に推移しているようです。
月次開示はほとんど同社の推移を把握する上で、
あまり参考にならないのですが、
いっそのこと、業績予想前提として管理戸数を開示するのを
やめればいいのにとすら思います。
結局その時々でタクトの振り方を変えてマネジメントしているわけで、
当初の見込み前提など、
鮮度が下がっているものにすがるのもな・・・と思います。
さすがに市場も即座に微妙な月次にいちいち反応しなくなりました。
それだけも平穏が来てうれしいですが・・・。


■ 7164 全国保証

特別な内容ではありませんが、
会社説明会の様子が公開されています。 → こちら
また証券会社のレーティングがついたようで、
新規強気、目標株価4400円だそうです。


■ 3929 ソーシャルワイヤー

フリーのPRパーソンに対するサポート体制を強化に関するリリースです。
細かなIRですが、具体的な話というより方針に関するアナウンスです。
確かに、企画力がものをいう世界で、
PRなどのリリースに割く労力を下げることは魅力的だとは思いますので、
ニーズはあるものと思います。
一方でそこまでお金がもらえる仕組みであるとも思えず、
引き続き、@pressの付加価値向上に資する内容と理解しています。
こちら


■ 3076 あいホールディングス

食品、医薬品、化粧品分野などの市場が開拓できるとの狙いから、
業務提携先のアドバンスフードテック社を子会社化することになったようです。
業務提携以降に多くの引き合いと注文があるそうで、
これはなかなかニッチでまた期待が膨らみそうですね。




5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170317_資産残高推移表


6.雑記


四季報が発売されています。
私は毎号購入していますが、
その時々で付箋の数も違っており、
その時期のモチベーションを物語っているようであります。

それで今号はというと株価は総じて高い位置にあり、
良い銘柄が見つかっても、
結局買えないよね、という結末が見えており、
より高いモチベーションがないときちんと向き合えない気がします。

ただ、来たるべき暴落時に備える意味でも、
自分の銘柄を見る目を鍛える意味でも、
アンテナは高く持ち、
仮に今すぐ買えるお宝でなくても、
将来的に見込みのある銘柄について、
いつか縁があれば株主になりたいという候補を
沢山見つけていく姿勢を持ちたいものです。

ついつい、どうせ買えない、つまりどうせすぐには儲けられないし、
四季報読むのサボろうとかいう姿勢ではだめで、
こういう時だからこそ、労力をかけて楽しんで
四季報に向き合う姿勢を大事にしたいなと思います。


とりあえず四季報を読んだ雑感としては、
概ね違和感のないものでした。
また詳細はそのうち機会があればUPしたいと思います。

人気ブログランキングへ

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +6.0% となりました。
前週比は +2.3% で推移しました。

20170310_パフォーマンス推移表




2.全体所感

今週は北朝鮮のミサイルで地政学リスクが云々で
特に日経平均など大型株は軟調な動きだったようです。
とはいえ、週後半にかけてFOMCの動向に期待しているのか、
為替も主導して金曜日は大幅高となって終わりました。
こんな誰にでも思い付く解説は退屈ですが、
一応相場のアウトラインとしていつも簡単に書くようにしています。
自分でもどうでもいいと思って書いていますがね・・・(笑)。

それより興味深いのは、個人投資家界隈を賑わせている
ウェッジHDの件でしょうか。
個人投資家パフォーマンスランキング様 の集計によると、
多くの個人投資家に人気があったようです。
タイにおけるGLの事業に対して地元紙が
疑義を抱く記事を掲載したことをきっかけにして、
株価は暴落しているわけですが、
私が興味深いのはその株価の荒い値動きではありません。
ここに書くと長くなるので、とりあえず最後にダラダラ書こうと思います。

いずれにせよ、アキュセラインク等の時も見られましたが、
今後の動向次第では個人投資家の動きも多少は影響を受けるかな、
なんて思いました。
もちろん、私の動向には全くもって関係のないことなのですが。




3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170310_ポートフォリオ内訳


今週はソーシャルワイヤーの比率を3%まで下げました。
今年の始めは一時はPF1位に輝き比率も15%程度まであったでしょうか。
そこから1月末の下方修正を受けて安値で微益を確定して保有比率を半分にし、
更に今回高騰して目標株価接近のために比率を半分に落としました。

客観的に見ればPF1位のまま突っ走っていればもっと利益を得られたのですが、
私としては下方修正を受けた半分処分は今でも正しい判断だったと自負しています。
ですから、あのとき・・・というたられば思考は全く感じていません。

今回の目標株価での売却(実際には1780円と1820円で分割した売却)も
色々な観点で悩んだのですが、自分としては合理的に判断したつもりでおります。


そしてポートフォリオはここ最近再び不動産ツートップになっていますが、
これも少し悩ましいなとも思っています。
もっとも日本管理センターは不動産というより
金融と考えた方がいいかもしれませんので、
そこまで敏感に懸念しなくてもよいかもしれませんが、
特定のセクターにやや偏在しているという点は
少し気に留めておかないといけないなとは思っています。




保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170310_保有銘柄一覧(週間騰落)


ソーシャルワイヤーの他に、
シュッピンやアイドマMC辺りが引き続き好調です。
やはりチャートからもいえるようですが、
好調な銘柄は好調が続きますね。
ダメな銘柄はダメですね。
でもファンダメンタルズはダメではないので、
ノープロブレムです。
テクニカルな方から見れば、
気が狂ったか?と思われるのかもしれませんが(笑)。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170310_保有銘柄一覧(指標)


高PER銘柄のソーシャルワイヤーの比率を落としたことで、
ポートフォリオPERは14倍程度の横ばいです。
日経PERは16倍台となっておりまぁまぁPFはよい水準かなと思います。

一方で個々に見ていくと、
目標株価とのGAPがだいぶ縮小しています。

ソーシャルワイヤー以外では、シュッピンは+3%程度となっており
ここも利益確定を考えないといけないタイミングになっています。
ただ、そもそも比率を落として優待分だけを残しているのが現状です。
また成長を織り込んでいるとはいえ、
今のユーザー数の伸びなどは目を見張るものがあるのも事実です。
業績の上振れはツイートもしましたがないと思っていますので、
足元は平凡な着地を想定していますが、
将来性は十分感じているわけです。
さて、どうしましょうかね(笑)。
比率が限られるので優待目的ということもあり放置でもいいですし、
さすがに株価が行き過ぎと判断して、現物を持ったまま信用売りでもかましておくか。



4.個別銘柄トピックス


■サンセイランディック

民泊が年間上限180日ということで決着したようです。
もちろん、同社は民泊関連銘柄ではないと思っているので、
どちらでもいいですが、案外無風でした。
四季報レポートでは今期予想は会社予想まで減額されており、
恐らく春号では前号比減額マークが容赦なく炸裂するでしょうね(笑)。
というか会社予想がそうなっているので当然だと思うのですがね。
むしろ前期の仕入の状況があって新春号でなぜあんな強気を
継続出来たのかの方が謎なのですが。。。


■丸和運輸機関
直接同社のリリースなど材料はないのですが、
物流業界が大きく動いていますね。
最大手のヤマトが荷量抑制や、値上げ、
サービスレベルの見直しなど様々な対処が話題に上がっています。
同社の子会社もアマゾンの荷物を一部引き受けているようなのですが、
その量が増えるとかそういう目先のことではなく、
構造的な問題が根深いわけなので、
それがどう変革するのか、イノベーションが起こるのか、
それが同社の業績にどう影響するのか、
物流業界という大きな視点でフォローしていきたいですね。


■コムチュア
DarkTraceという製品情報がUPされています。
同社は導入支援と、
異常処理をAIが検知して通知するサービスに従事するようですね。
単品で何か業績が拡張するようなものではないですが、
AIと監視とうまく組み合わせた製品には一定のニーズはあるものと思います。


■全国保証
みなと銀行と清水銀行との間で保証業務開始のリリースが出ています。
この辺りはまったりやってくれればいいのですが、
メガなど大手の深堀りをまじめにやっていってもらいたいです。
もちろんまじめにやっているのだと思うのですが、
それが外からはなかなかみえないので・・・。
それにしても業績面は変調はないのですが、株価は随分冴えないですね~


■シュッピン
以下をツイートしましたが、こちらにも再掲しておきます。
 シュッピン月次を受けて着地を皮算用。
 3月売上は+16%で2520M、累計で24940Mで2.6%の計画未達。
 4Q営業利益率4.5%で営業利益313M、累計で1147Mで5.7%の計画超過。
 まぁ誤差の範囲で修正はなしの無難な着地かと。
 ユーザー数増がポジティブだな~




5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170310_資産残高推移表


資産はまぁじりじり増えていますかね。
来週の四季報までだと思います。
なにせ保有株は減額予想が多いようですから・・・


6.雑記

さて、冒頭のウェッジHDの動向を受けた印象の続きです。

いわゆるイナゴ投資家が自分の意思なく右往左往し、
第三者にSNS等を通して当たり散らすような言動も見られます。
真面目な投資家さんが一生懸命に今起こっている事象を理解しようと
努めている姿も目の当たりにしました。
また、こういうことはリスクを取っている立場であれば、
たまにあることとと静観されている方もおります。

株価がほんの数日で半分程度に毀損している現状を受けて、
どう向き合うかがこんなにも人により千差万別なのは不思議だなと思うわけです。
そしてその差がどうして生じるのか、
そしてそんな様々な受け止め方がある中で、
自分がどういうように向き合うようになりたいのかを考えるにも
とてもよい機会だと考えています。

人様の資産が減っている状況を、
よい機会というには少し誤解を与えるかもしれません。
ただ、私にも経験がありますが、S安を喰らい、
その先もどうなってしまうのかと不安に駆られる時に、
自分でも様々な感情が冷静な判断を欠いてしまうこともありました。
ですから他人事とは思えませんし、
確実に自分にもまた今後降りかかる機会は確実にあると思います。

そこで感じるのは、
その先の「株価」に不安を感じているようなら、
やはり一旦手仕舞うべきなのだなと思うのです。
「株価」の動向なんてものはそもそも相応の幅でゆらぎをもっているもので、
それが受容出来ないということは、
自分の許容度を超えるポジションを取り過ぎているか、
株価形成の根源でもあるファンダメンタルズに不安を感じているか、
だいたいそういうろくでもない時なのだと思います。
一方で、自分の見立てているファンダメンタルズへの評価は変わらず、
自信も不変であればただ傍観するのが正解なのだと思います。
結局自分の心の乱れの実感が、
自ずと今の自分にとって正しい方向に歩んでいるか否かを
教えてくれているのだと思います。


人気ブログランキングへ

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +3.7% となりました。
前週比は ▲0.7% で推移しました。

20170303_パフォーマンス推移表





2.全体所感

今週はトランプさんが無難な議会演説をしたとかで、
その後指数も強く動きました。
そもそも外部要因関係なく、新興市場は高値を更新していて、
もうまさに絶好調ですね。
高値更新銘柄などをさらってみると、
どれもこれも右肩上がりのチャートで惚れ惚れするような状況です。

こんな楽観相場がどこまで続くのかわかりませんが、
乗れるものは乗っておけということなのでしょう。
私のところへはなかなか好調な風は来ないのですが、
元々そんな風も来ないような片隅でひっそりしているので、
まぁ仕方ないかなぁと思っています(笑)。

こういう周囲が絶好調で自分がその波についていけてない時、
悶々としていてもどうせ良い発想には繋がりませんので、
改めて投資本を再読したりしています。
そうすると新たな発見があったり、
日々の騰落や損益の状況から達観出来て、
精神衛生上はなかなか良いようです。
単なる現実逃避なのかもしれませんがね(笑)。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170303_ポートフォリオ内訳


特にポートフォリオの構成は変わりません。
売買もしていませんしね~


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170303_保有銘柄一覧(週間騰落)


準主力以上の銘柄が軒並み週間でマイナスって、
指数が全てプラスなのに逆に不運が重なりますね。
まぁ不運ではなく、必然なのかもしれませんが、
私には特にファンダメンタルズに大きな毀損はないと判断しているので、
なんていうことはないのですがね・・・
週間騰落なんて結局、ああだこうだ言っても仕方のないものです。
と、マイナスの私が書くと、負け惜しみにしか聞こえないのですが、
でもそれが真実だと今でも疑っていません。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170303_保有銘柄一覧(指標)


上昇余地が縮小している銘柄から
他銘柄にシフトを考えないといけないのかもしれませんが、
タイミングを図っていると、なかなか決断できないですね。
いずれにしても焦ってやるのではなく、
熟考を重ねて納得感のある取引を心掛けたいものです。



4.個別銘柄トピックス

■日本管理センター

同社のファンダメンタルズには関係なのですが、
非情に残念なのですが、今年の株主総会には
出席出来そうにありません。
どうしても所用の調整がつかないため、
今回は諦めます・・・。
というわけで、ツイッター等で情報収集に努めます。
もし心ある方がいらっしゃれば、
共有頂けると大変嬉しいです。

それから武藤社長から大量保有報告書が出ていました。
保有比率が上がっていますね。
何より社長が大株主というのは安心出来る一要素です。


■サンセイランディック

同社の成長源泉とは認識していませんが、
「民泊」が市場からのテーマ性として扱われているようです。
「民泊」については、新法が自民部会で了承され、
年間上限営業日が180日で決着など、法整備に進捗が見られました。
また厚労省の調査によると、
無許可営業だけでも全体の3割に及び、
真っ当にやっている事業と比較すると、
半額以下で流通しているというありさまのようです。
今後は法整備に従い、淘汰されていくものと思いますが、
どこまで潜在力のある事業なのかやはりまだ不透明だなという印象です。
なお、この民泊対応を受けてかと思いますが、
約款に事業目的が追加されています。
更に取締役の新任が3人おり若い方もおられるようで心強いです。
こちらはしっかり総会に出て観察してきたいと思います。
また、取締役の人数枠拡大に伴う報酬額上限の拡大も付議されるようです。
その報酬に見合うような長期を見据えた経営をぜひ継続してもらいたいですね。


■ソーシャルワイヤー
プレスリリース配信にキャンペーンオプションを追加という
サービス拡充のリリースが出ています。
背景や狙いはリリース文記載の通りで、
@Press事業の単価を維持・向上させるための
高付加価値化の一環ですね。
こういう地道な高付加価値化や幅出し施策を
どんどん打ち出してもらいたいですね。

それから2月の実績がKPI情報へ追加されています。
こちらはまず先行指標が順調ですから特に違和感なく、
各実績データも概ねそんなもんではないでしょうかね。

あと、恒例の月末社長記事ですが、
今回はやはりシンガポール拠点の調査会社との提携に関する話です。
タイトル通り、ハードとソフトの融合というのはよい方向性だと思います。
今回BIZLABの調査サービスというソフトサービスが、
どの程度の優位性がありニーズがあるのかは、
もう少し時間が経過しないと私もはっきりわからないのですが、
会議室という既存のハードサービス提供に付加価値をつけ、
かつシンガポールだけでなく拡張も視野にあるようで、
かつその意義にも手応えがあるようですから、
今後が期待されます。
もっともこのようなトピックスが実際に収益貢献するのは、
もう少し先でしょうから、、アジアBPOサービスという大きなビジョンに向けて、
紆余曲折はありながらも邁進している限り、
私も応援していきたいなと考えています。
ただ、株価も下方修正をしたにもかかわらず、
随分堅調でちょっと驚くし謎だなと思います。


■WDB
社長が市場に株式を一部売出をするということで、
特に優待新設直後なので、心証が悪いと思います。
別に希薄化するわけでもないのですが、
需給面では悪影響でしょう。
私は気にしないですが、
やはりIRに電話をしておくことにしました。
単刀直入に心証が悪いし、
社長が一部でも利益確定でもするようにもみえて、
会社成長もそろそろ踊り場というメッセージにもなりかねないと
粛々とこちらの疑念をお伝えした上で、
今回の売り出しの背景を聞きました。
結論としては、東証1部の形式要件の株主数が、
ぎりぎりの状況ということもあり、
これまで優待を1回限りの実施としていたものを、
まず制度としたこと、
そして株主を増やすことも必要と今回の判断になったということです。

分売でもよかったのではとのこちらの質問には、
投機的なものを出来るだけ抑制し、
主幹事会社にお願いして対応をしてもらうことを優先したということでした。
納得したような、しないような。。。(笑)

安定的な株主をつくるためには、
優待を実施するにしても保有期間で優劣をつけるなど、
本質的、長期的目線で対応してもらいたいという要望を伝えておきました。


■アイドマMC
時間的には来週辺りに東証1部昇格のリリースが正式に出るでしょうか。
ここで出尽くしと売られるのでしょうかね。
とっとも平穏が訪れて、再びIR説明会でも実施してもらいたいです。
富山にでも出掛けていきたいと思います。
出来ればアルプスの山々の雪化粧を眺めたいので、
早めにやって欲しいです(笑)。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170303_資産残高推移表


資産は横ばいです。
なかなか殖えないですが、そもそもそう簡単に殖えるものではないんですよね。



6.雑記

そろそろ四季報相場に突入ですかね。
既にオンライン組は熾烈な情報戦が始まっているのだと思いますが、
私は非会員なので、黙って書籍が発売されるまで待ちます。
といっても四季報の記載内容でいちいち売買もしないので、
鉄道好きの私が時刻表見て旅情に浸るくらい、
実態のないことのように感じています。


春休みが近づいてきました。
子供とどう過ごすかカレンダーに色々予定を入れている時は、
とても幸せですね。
ついつい欲張ってしまうのですが、
実は子供は遠い所へのお出掛けより
近場の公園が一番だったりするんですよね。
親の方が前のめりになってしまうものですが、
節約も心掛けつつ、楽しい休みになるように企画したいと思います。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +3.8% となりました。
前月比は +1.4% で推移しました。

20170228_パフォーマンス推移表



2.全体所感

年初から相場は堅調な動きが続いており、
特に毎週言及しているように、
中小型株が好調のようで、
今月も月間で4%を超える続伸となっており、
引き続き潤った相場のように感じます。

日経平均は年初からほぼ横ばいで、
NYダウが高値を更新しているのに比べると停滞しています。
トランプ政権のリスクや今後欧州では政局リスクも出て来ますし、
一体どうなっていくのか、誰にもわかりませんね。

個人投資家の中でも引き続き、
新興株の割安感の解消が続いていることへの
警戒感も聞かれるようですが、
警戒の声が大きいうちは高値を更新していくものなんですよね。

私のポートフォリオは相変わらず新興中小型指数には
ついていけてませんが、そんなことはどうでもいいと思っています。
年利回り10%の目標を目安にマイペースに臨みたいと思います。



3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20170228_保有銘柄一覧(月間騰落)


個々の銘柄のことをいちいち言及しても、
明日にどうなるかなんてわからないので、
あまり意味がないのですが、
それでは記事にならないので一応言及しておきます(笑)。
まぁ、こういう機会に個々の騰落眺めるのもよかろうということで。

まず取引としては今月は色々と取引をしています。
週間の記事で個別に記載はしていますが、
改めて振り返っておきます。

主力の日本管理センターとサンセイランディックを買い増しています。
どちらも決算や次期中計を見ての対応で、
自分の想定通りであれば買い増しを考えていました。
従って想定通りの対処が取れたと思います。
日本管理センターは武藤社長が、
昨日大量保有報告で買い増しされたようで、
気が合いますな~という感じです(笑)。
サンセイランディックについては、現在投稿中の東証IRフェスタの記事で、
この後、心証をUPします。

一方で、1月31日のPTSにおいて下方修正を受けて、
比率を半分まで落としています。
特に事業内容や成長性に自信がなくなったわけでもないのですが、
PF2位の比率で維持するにはいくらなんでも指標が高すぎてしまい、
自分の許容出来るリスク量までコントロールすることにしたものです。
結果的にその後の株価は堅調に推移していますから、
相変わらず下手な取引ですよね。
といっても私は全く後悔はしていません。
精度はさておきその時の自分の判断は、
自分の視点で論拠に基づいて行動した結果ですし、
あの時に・・・というたられば発想はありません。
今でも納得の売却です。

新規購入として打診買いではありますが、
あいホールディングスを組入れました。
そう、話題のひふみ投信にも長く組入れられている銘柄です。
私も独特の佐々木社長の手腕に期待するところは大きく、
ずっと眺めていたわけですが、
そろそろ手が届く株価になってくれたので決断しました。
ただ、打診買いで留めているのは、いくつか理由があります。
まず、足元の業績面で少し停滞が見られること、
そしてあまり自分の意思決定の要素にするつもりはないのですが、
株価が極めて弱いという部分に一抹の不安がある点が挙げられます。
また、現金比率の問題ももちろんあります。
ただ、例えば株価の動きなんて恐れる必要などないのです。
チャートを見て売買される立場であれば、
当然、こんな下降トレンドで買うなんてありえないでしょうし、
チャートが未来を示唆するとなると自殺行為のようなものかもしれません。
しかし、MAによる成長基軸は続くでしょうし、
そもそも監視カメラなど既存事業も十分に余地があると認識していますからね。
目標株価までの上値余地も大きいため、
現金の兼ね合いもありますが、対処を引き続き模索したいと思います。

最後にベアETFの比率を更に下げています。
最終的には今年の投資方針に従い、原則は0にして、
その後は投機的と認識した上で、期間を絞り、
確保すべき現金比率の中でやるようにします。


月間騰落としては、日本管理センターが上昇しています。
結局次期中計の内容が確定し、当面の不確実性がなくなり、
安定的な15%成長を織り込みにいっている印象です。
サンセイランディックも上昇していますが、
こちらも決算内容で下期偏重の不安は残りますが、
とりあえず不動産関連とはいえ、株価は安いですからね。

丸和運輸機関は年初からの下落が12%と落ち込んでいます。
物流業はヤマトなど最大手でも様々な動向が見られています。
私は人材不足や傭車費上昇の影響でどの企業も影響は受けるでしょうが、
丸和運輸機関にとってはチャンスではないかとすら思っています。
マツキヨの改装や免税対応という特需もいよいよ終わりが見えてくる中、
低温物流の展開局面で利益で少し踊り場を迎えるでしょうから、
その辺を織り込みに行っているのであれば、
それは時間の経過でなんてことはない問題だと思います。

アイドマMCは大きく上昇しています。
年初から27%の上昇ですね。
市場変更の期待とかで買われているとすると、
もう完全にチキンレースのようなものです。
市場変更が開示されるだろう3月上旬を前にピークをつけて、
調整ということでしょうか。
私はもう少し買い増したいのですが、なかなかタイミングが合わないですね。

シュッピンの上昇はまた凄まじいわけですが、
一旦何があったのでしょうかね。
月間で+23%って・・・よくわかりませんが、
直近でEC売上だけでなく、
ユーザー数の伸びが大きいですから、
新たな施策の展開が上手くいっている予兆かもしれません。
その意味では上に行くのは理解出来るのですが、
さすがにやり過ぎではないかと思うのですが。



4.運用来パフォーマンスについて

20170228_運用来推移


まるのんPFは運用来で+67.6%となりました。
TOPIXが+17.9%となっています。
直近の東証2部指数などの躍進により、
私のPFの優位さが縮小していますが、
そもそも、指数に比べて
そこまでアウトパフォーム出来るわけではないと思っていますから、
十分な推移だと理解しています。



◆月初のポートフォリオ
20170131_ポートフォリオ内訳

◆月末のポートフォリオ
20170228_ポートフォリオ内訳


前述の取引によって、PF構成は変化しています。



なお、資産の状況については以下の通りです。


20170228_資産残高推移表

人気ブログランキングへ

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +4.4% となりました。
前週比は +1.5% で推移しました。

20170224_パフォーマンス推移表




2.全体所感

今週も引き続き中小型株が堅調で、
日経平均など大型株は伸び悩む傾向が継続しています。

NYダウが連日高値更新し続けていますので、
日経平均が息切れしており、
出来高も細っているとかで、
今後の動向が気になります。

特にその動向を予見して
(そもそも正しく予見出来ないわけですが)
自分の投資行動を決めることはないので、
この思考そのものは何の意味もないわけです。

個人投資家も中小型株の堅調を受けて、
だいぶ警戒感が高まっているようにも思いますが、
一方で儲けられる時に儲けておこうと
イケイケな部分も垣間見れて、
その欲と怖さとが交錯したいつもの光景なのですね。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170224_ポートフォリオ内訳


今週はサンセイランディックが上昇したことで、
PF2位に上昇しており、
再び不動産2銘柄が2TOPになりました。

以下の週間騰落の一覧からもわかる通り、
アイドマMCなど引き続き需給期待先行で、
値動きが激しいわけですが、まぁふ~んという感じですね。

優待保有目的に比率を大幅に下げているジーフットが、
優待権利落ちで随分下がっていますね。
高い靴ですね~(笑)。

保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170224_保有銘柄一覧(週間騰落)



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170224_保有銘柄一覧(指標)


目標株価までのGAPがだいぶ縮小している銘柄もあります。
具体的にはコムチュア、WDBHD、ソーシャルワイヤー辺りですかね。
いずれも3月期決算のため、間もなく目標株価更新となりますが、
さてどうしたものかという感じですね。

WDBHD、ソーシャルワイヤーは少し比率調整をしていますが、
コムチュアは現状維持のままですね。
まだまだ成長は続くと思うので、
目安として気にしつつ、利益確定のタイミングは、
現金の状況なども踏まえて検討したいところです。


4.個別銘柄トピックス

・日本管理センター

今週は決算説明動画がUPされました。
アナリスト向けのものですが、この翌日の個人投資家向けのものを
受けていたので特に新たな内容はありませんでした。

中計の15%とした件は、
やはり従来の20%から下方という受け止められ方をすることを気にされていました。
ただ、説明の中では最低ラインということと、
再び20%成長へ戻す充電期間というニュアンスは動画上でも強調されており、
やはり有言実行の強いコミットメントと理解しました。


印象的だったのは、金融機関への食い込みにおける、
背景についてです。
地場銀行がそもそも地場産業への貢献という名目と、
名目を保つという構造的な部分への働きかけに、
うまく仕事を取れれば強くなるなと思いました。

またセンターデポ構想もパートナー企業団の付加価値向上にもつながり、
規模メリットを生かしたものになりそうで楽しみですね。
ホームセンターなどの調達チャネルに入りこめればニーズはあるでしょうね。
ただ、これで収益を上げるのは高い収益率は誇れず、
むしろ小さな利幅になると思いますので、
既存パートナーや事業への付加価値向上や囲い込みの一環かなと思いました。

またReTech構想もアプリ開発中ということで、
ようやくIT系にも効率化を求めたのかーと印象的でしたね。


・サンセイランディック

こちらも決算動画UPされています。
また本日、明日と東証IRフェアに出展しています。
改めてその内容も踏まえてレビューしたいと思います。


・コムチュア

IBMから表彰を受けたようです。
日本代表で選出されたとのことで、
まぁいいんじゃないでしょうかね~(適当(笑))。



・WDB

社長が株式を売り出しするようですね。
これはどういう背景なのかなと興味を持っています。
単純な流動性向上とかのため?
それとも社長が利益確定を急いだとか?
よくわかりませんが、株価はややネガティブでしたかね。




・ソーシャルワイヤー

業界リサーチ「BIZLAB」と業務提携というリリースが出ています。
まぁこの内容そのものは新たな収益源を産むというより、
海外拠点レンタルオフィスなどのソフト面の付加価値をつけていることで、
既存インキュベーション事業の価値を上げているものですね。
同社の事業はアジアBPOの確立を目指しているわけで、
新たにアジアに進出する事業者へのフォローですので、
こういう周辺系のソフトサービスの拡充はそれに沿った良いニュースだと思います。




5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170224_資産残高推移表


資産は順調に増えていますね。
来週どうなっているかわかりませんがね・・・(笑)。



6.雑記

今週末は東証IRフェアです。
別記事でその様子を別途ご紹介したいと思います。


人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り