十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+4.8%(2018/2/23時点)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +4.8% となりました。
前週比は +2.5% で推移しました。

20180223_パフォーマンス推移表



私はたまたま年初来プラスをなんとかキープできています。
ですが、このことは全くもって重要なことではありません。
全てはこのタイミングでの偶発的なもので本質ではないという理解です。
なお、現金比率を厚くしていることから当然のことなのですが、
上下の変動幅が相対的に小さく抑制されている点は、
個人的には満足しています。
日々の騰落は気にしないので、
上下の変動幅なんてどっちでもいいわけですが、
やはり私のリスク・リターンの状況を鑑みると、
そんなにジェットコースターのようになってもらいたくないという
わがままな気持ちがある事は事実ですからね。



2.全体所感

2月に入ってからの大きめの下落の波が一服したのでしょうか。
再度大きく下落する動きは今のところ見られず、
疑心暗鬼の中で、徐々に反発してきている状況のようです。

過去の経験から、この辺りで再度底を見にいく動きが来るという予想や、
一方で足元の好調な業績を見れば割安感が台頭しているという解説もあり、
結局上にいくのか下にいくのかわからない様相です。

私はかねてから、相場の先行きは読めないし、読まない方針ですので、
このようなよくわからない予想はとりえあずスルーしておきます。
特にVIXなどの各種レシオ云々の話は、
普段全く気に留めていない指標を見ても自分には扱えませんし、
そもそもこういった騰落関係の指標で何かを推し量り、
投資判断を下していくとは私の投資方針には掲げていませんから、
気に留める必要のないものです。

私のポートフォリオも現金比率を厚くしているわりには、
それなりの反発している様子が見てとれ、
指数との比較は意味をなさないという前提はありますが、
そこそこ健闘しているのかなと感じています。
好調な業績に支えられ、その後の安定的な業績や還元という観点で、
ゆっくりと評価をされていってくれればよいので、
引き続き周りの値動きのよい銘柄や投資家に目を奪われることなく、
対応をしていきたいと思います。

特に決算が通過して、
企業側からは株式分割や分売などの需給面や、
将来の昇格を匂わす開示が増えてきているようです。
それに加えて、四季報相場が始まっているようで、
先取り配信などの影響を受けてのことか、
また(会員でない私からすると)不可解な高騰や急落が起こるものと思います。
業績とは直接は関係しない需給や四季報情報などで、
株価は短期的に大きく動くことになりそうですが、
重ねて、マイペースを意識して退屈な投資に徹したいと思います。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180223_ポートフォリオ内訳



今週はあいホールディングスを一部売却して
保有比率を下げました。
ツイートもしましたが、同社の見立てが変わったというより、
私の信念不足によるものです。
同社への期待は社長のMAの目利きやニッチな商材でありながら、
今後のIoTを含めたテーマに則した有望な商材を扱っており、
その魅力度に何か期待感が変わったわけではありません。
銘柄分析シートを更新するプロセスで改めて評価基軸に従って精査をし、
また目標株価のシミュレーションなども施していきました。
そして同社について語れることが少なく、
良くも悪くも思い入れがない状態でもありました。
そんな中で、ポートフォリオの変化もあって保有比率が5%以上になりそうで、
様々な悩みの中で対処をしています。

残りについては、佐々木ファンドへの出資と割り切って様子見をするか、
売り切るかはまだ悩んでいます。






ポートフォリオの構成も大きな変化もなく、
現金は45%と引き続き厚い状況が続いています。

買いは入れていますが、
とても約定するような指値ではありません。

引き続き、注文票を予め作成し、
各指値が約定後の取得単価の水準感などを慎重に計算しており、
安易に指値を引き上げるわけにもいきません。
別にトレンドを読んでいるわけでもなく、
単にこの保有比率に対して、自分が欲しいと思える取得単価として、
折り合えないということです。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180223_保有銘柄一覧(週間騰落)



各銘柄強弱はあれど、総じて堅調に株価は推移したようです。
日本管理センターは決算説明会も通過して、ようやく巡行状態になりました。
ソーシャルワイヤーは相変わらず暴れ馬ですが、
需給の改善や1部昇格も果たして流動性が増えればもう少し落ち着きますかね。
私は明確に買い増し意思こそありますが、
その水準には妥協はできないと考えておりますので、
ただ眺めているだけになりそうです・・・(涙)。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180223_保有銘柄一覧(指標)



あいホールディングスですが、先週に調整をかけましたが、
更に精査をして各評価を更新しています。(赤字箇所)

CAGRを10%として、安定性評価A→Bとしています。
業務提携などを進めるMA型の成長シナリオの中では、
安定性として見た時に、特段の強い安定性があるとまでいえないと
判断した事により、並の評価としています。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■サンセイランディック
ラジオ日経に松崎社長が出演されたようです。
オンデマンドで一応聴きましたが、
特に目新しいことはなく、
底地って何?というところからの初歩的な内容でした。
まぁそうなりますよね。。。


■日本管理センター
決算説明会の動画がUPされています。
パワポ資料のトーンがだいぶ変わった印象を持ちました。
エバンゲリオンを意識した資料なんでしょうか。
戦略会計のEVAとかけているとか?
私は同アニメは見た事がないのですが、
この特徴的なメッセージ様式はその流派なのかなと。
まぁそんなことはどうでもいいんですが、
全体の印象としては、より長期目線になっていることと、
サービスの網羅性をより意識しているのかなと感じた点です。
それから戦略会計ってなんぞ?というか唐突だね、といった印象です。

新中計が始まり、2019年までの期間を引いているわけですが
MOTTOで2024まで引いているんですね。
エクセレントカンパニーを完成させていくためには、
2,3年では足りないということのようで、
それは実態としてそうなのだと思います。
6年タームで進化をする意思表示でもあるかなと思いますが、
中計期間との平仄というか考え方には少し戸惑う部分もあるかなとも思います。

サービスの網羅性という点は、これまでの提携や買収から伺いしれていますが、
改めてその狙いや幅出しの重要性や狙いについて、
解説がなされています。
単なる管理会社からの脱皮がどのように実現するのか、
それを楽しみにしたいなと思います。

戦略会計という言葉が出てきて、
ここだけCFOに代わってプレゼンをしています。
これはどういう意味をなしているのかまだよくわかっていません。
これまで同社は資本利益に着目し、
中計目標にもROEを採用してきているわけですが、
ROICやEVAとかを測定項目としている点にも唐突感があります。
様々な株主からの見え方として、
このような明示化の仕方がよいということなのでしょうかね。

特に見立てを変えるようなことはありません。
武藤節は相変わらずの魅力です。
株を売りたくなったら、動画を見て洗脳されればいいので簡単です(笑)。


■ルネサンス
食事指導として、糖質を控えたお弁当や間食などのキットを提供するそうです。
最近はブームですし、食事指導だけでなく、
より踏み込んだものですが、まぁ収益を上げるというより、
既存の付加価値を少しずつでも向上させていく活動の取り組みでしょうか。

健康経営優良法人2018~ホワイト500~に選定されたそうです。
まぁ昨年に続いての選定ですし、新たに取り上げるようなこともないでしょう。


それから今週は日経記事にも出ていましたが、
既存店舗の一部で24時間営業の試行を行うようです。
IR照会の結果そのようなことを考えているとも聞いていたので、
驚きはありませんが、コスト増などの要素にもなる一方で、
顧客の利便性や競合に対する模倣戦略として、
どういう立ち位置がよいのか、よく研究して欲しいなと思います。



■ステップ
季節柄、合格情報などがUPDATEされてきています。
私立の有名校の実績も快調となっていますが、
フォローワーの方から様々な要素があってのことと、
考察を与えて下さり、冷静に受け止めることが出来ました。
そもそも公立校の結果が大事というのもその通りで、
行く末を見守りたいと思います。

それから、神奈川県の塾講師に対する処遇改善を
県労働局から指導が出ているそうで、
ステップにも当然のことながらその指導が届いたことと思います。
株主総会のQAでも処遇改善や働き方改革に向けた取り組みは、
議論をさせて頂きましたが、
ステップとしても引き続き取り組んで欲しいですね。
なお収益面での影響はさほどないと思っています。
そもそも競合も含めての対処となり、
いざとなればステップブランドで多少の価格転嫁も比較的容易と思います。
(安易な価格転嫁はやらないと思いますが)
このあたりは冷静に市場も受け止めているようでよかったですね。



■全国保証
決算説明会の音声データがUPされているようですが、
なぜか開いても再生されません(涙)。
この後、真面目に聴講したいと思います。
まぁたいしたサプライズもないと思いますが。



■丸和運輸機関
個人投資家向け説明会が開催されるようです。
自社Webサイトからリンクがありますが、平日の昼です。。。


■アイアールジャパンホールディングス
アクティベストリスクをAIで測定するサービスを提供のリリースが出ています。
というか、今まで少なからずでもAI使ってなかったのか、と思いますが、
頑張って欲しいですね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20180223_資産残高推移表

ポートフォリオPERがやや戻りが急ですかね。
3月で本決算が通過すれば少しは落ち着いてくれますかね。



6.雑記

今週は週央に日経マネー4月号が発売となり、
その付録に私のことが掲載されています。 → 詳細は こちらの記事

その後、ツイッターやメール等でご質問やコメントを頂いた皆さまには感謝です。
コメントを頂くと、また考えるきっかけにもなりますので大変ありがたいものです。

あくまで雑誌なので、ただ読み進めてしまうと、
その真意がライトなものになりがちなので、
あくまで自分の思考のきっかけとする位置づけで、
敏腕投資家の方の記事を拝読したいと思います。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.3% となりました。
前週比は +1.7% で推移しました。

20180216_パフォーマンス推移表


年初来のプラス、マイナスには拘ってはいないのですが、
浮き沈みの瀬戸際な状況をどこか他人事のように眺めています。
そんなものを眺めていても何も生まれないのですがね・・・(笑)。


2.全体所感

株式市場は週後半でだいぶ雰囲気が良くなったでしょうか。
NYダウや為替の動向は相変わらず厳しい動きを見せています。
週前半は期待があって朝は堅調にスタートしても
いわゆる寄り天という状況が続いて、
引けにかけて削られるということが続いていました。
そんな中で徐々に悲観色も滲んできていたわけですが、
ようやく終日堅調な推移となったこともあり、
ややホッとしたというような雰囲気を感じているところです。
とはいえ、為替の円高推移なんてのもあって、
引き続き疑心暗鬼の中にあるのもまた事実です。

となると、結局この先どうなるかなんてわからないですね(笑)。
全体相場がどうなるのかなんてやはり予測出来ないという立場ですから、
あまり市況を読んだ気になって小手先でやろうとせず、
いつもと変わらず平常心でいたいところですね。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180216_ポートフォリオ内訳


今週前半は第二弾の指値群にだいぶ接近していたのですが、
残念ながら(幸運にも?)刺さることはありませんでした。
結果、ポートフォリオの構成は大きく変わっていません。

現金比率も40%半ばとなっており、
フルポジ派の方からすれば信じられないでしょうね(笑)。
相場を読まないといいつつ、現金比率の増減で、
タイミングを図るような姑息なやり方にも映るかもしれません。
そもそもそんなに守ってどうするの?やる気あるの?
そうですね、やる気は常にあるつもりなのですが、
投資方針にも現金確保をすることを掲げています。

よくよく突き詰めて考えれば、現金をコントロールすることは、
一長一短の要素もありますし、
フルポジ派の意見にも納得するところもあります。
ただ、特に今のように市況が不安定な時に、
急に自分のスタンスを変えると、
知らず知らずのうちに妙なフィルターがかかった状態での
変更管理を施すことになります。

何より今のやり方がしっくりきているのもあり、
私は当然このままのやり方でいくつもりです。




保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180216_保有銘柄一覧(週間騰落)

マザーズはまだ週間マイナスとなっていますが、
日経平均を中心に週間プラスに転じてきています。
私の保有銘柄もまちまちではありますが、
週間プラスの銘柄も出てきてくれています。
もちろん、週間の騰落なんて何の参考にもなりませんが、
日本管理センターやWDBホールディングス等の好調な業績の銘柄が、
きちんと評価をされてきているのは嬉しいですね。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180216_保有銘柄一覧(指標)


決算も出揃う中で、何ヵ所か赤字の箇所を更新しています。

サンセイランディックと日本管理センターは本決算を通過した事から、
各指標を後進しています。
また期が進んだことにより、日本管理センターの目標株価を更新し、
直近の株価との対比も踏まえて割安性指標をB→Aへ格上げしました。

それから、あいホールディングスのCAGRを14%から12%に調整しました。
特に明確な根拠はありませんが、
改めて決算通過を受けて銘柄シートを作成したりする中で、
14%の成長はやや強気過ぎるかなという感触を持ち、
今回調整することにしました。


エイジアは前回暫定評価だったわけですが、
今回改めて評価を更新しています。
成長性はCAGRで18%と会社見通しからやや控え目にみていますが、
しかし、成長性は高いと判断してA→Sへ格上げです。
安全性も改めて優良な財務を見つめてみると秀逸であると考え、
同様にA→Sへ格上げをしています。
逆に組織力の箇所は、IR担当との最近の接触がない事なども踏まえて、
一旦ニュートラルとするため、A→Bへ評価を下げました。
今後、総会などで改めて会社の状況を見聞きして、判断したいと思います。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■サンセイランディック
本決算並びに中計については、 決算精査記事 にて言及しました。
また決算説明会の説明資料がUPされており、
近く、その動画もUPされると思いますので、
松崎社長の早口で熱弁を奮う姿を拝まないとなりません(笑)。

■日本管理センター
同社も本決算を開示しており、 決算精査記事 をUPしました。
実は、同記事は、私のブログ記事の1000記事目であることに、
今更気が付きました。
よくもこんなに冗長なブログが1000記事も書き続けられたものです。
自分で感動しています(笑)。
それはそうと、英文の決算資料がUPされていますが、
同社としては初めてではないでしょうか(違っていたらすみません)。
海外からの機関投資家の流入が多いんでしょうかね。

■ルネサンス
世界共通の指標で測定した、働きがいのある会社ランキングなるもので、
6年連続でベストカンパニーに選出されたようです。 → リンク
同社は、私の初期の銘柄分析記事でも従業員の満足度に言及しておりますが、
高い満足度が長期的に見ればよい効果を生むと考えています。
もちろん満足度が高いだけではだめなのですがね。。。
そもそもこういうランキングもどこまで実体を表しているのか、
他の要素でも決まっているのではないかとか思ってしまいますがね。
でも従業員への配慮がもし本当に企業文化として存在しており、
その満足度が高い野であればいい事だと思います。
あとは株価も堅調に推移してもらい、株主の満足度も・・・(笑)。

■アイドママーケティングコミュニケーション
電子レシートのニュースを最近よく観るようになりました。
スーパーやコンビニなどの決済システム自体の将来像が
大きく変わろうとする中で、レシートの構造も大きく変わりそうですね。
株探ニュースでも当件が登場しており、
ビジネス機会になりそうとの言及がありました。 → リンク
基本的なことですが、電子化する情報インフラを作る事業と、
それを活用する事業とに大別されます。
インフラは情報基盤の共通化などで業界として整理が進む機運が高まっています。
一方で、それを活用する事業はオリジナリティが出てきます。
この辺りはエイジアもかなり攻勢をかけている印象がありますが、
どういったAIエンジンを担いで、どういうモデリングをするのか、
それを実運用のサービスとどう結びつけるか、
それを知るために顧客業態を深堀していく動きを取る必要があります。
直近のベンチャー出資の動きや、技術トレンドの把握に動く
社長の様子等を垣間見ると、
なかなか見どころがあるなーと思っています。

■あいホールディングス
決算が出ています。銘柄分析シートはほぼ作成済ですが、
記事に出来ていませんね。
同社はどうも分析をしていくのが苦手です。
というか、佐々木ファンドのようなもので、
あまり個々のニッチ事業を突き詰めていっても、
落としどころがみえないんですよねー(笑)。
会社の内情(組織力)も社長の手腕こそ魅力ですが、
それ以外のところがみえてきません。
従って良くも悪くも思い入れがないんです。
私の保有銘柄や選定プロセスからすると異色の銘柄なんですよね。

■ステップ
高校受験の合格者速報が更新されています。
早慶系列各校については、昨年の実績と比べて、
特別変化はないように思います。
既に昨年実績人数を超えている学校もあれば、
まだ満たない学校もあります。
まだ全日程の結果が出てもいないため、
今後の確定を見てみたいと思います。

■全国保証
証券会社からレーティングが更新されているようです。
投資判断の格付は、買いで目標株価は5500円だそうです。
私の目標株価は3年後目途で6000円です。
少し近づきましたね。

■WDBホールディングス
自己株買いを早々に実施してしまいましね。
こんなボラの大きい時に早々にやりましたが、
たまたまでしょうかね。

■ソーシャルワイヤー
こちらもボラが大きい中で分売をやりました。
2200人の株主は確保できましたでしょうかね。
もう1回くらいおかわりするでしょうか。
またこれにより、ユナイテッドの持ち株比率が更に下がっています。
まぁこの辺りは昇格期待の需給ですし、無視します。

それからフィナンシャルタイムズなどが選定する、
アジア太平洋地域の成長企業のランキングに
同社がランクインしたそうです。 → リンク
2013-2016の売上伸長がベンチマークのようですね。
てか338位ってどうなんでしょうね(笑)。全くよくわかりません。
ちなみに私の保有株では他にシュッピンも
もっと下位ですがランクインしていました。
ちなみに投資に役立つかなとCSVデータから
japanでフィルタリングしたりして、ざーっとみてみました。
シノケンとかも入っていますよ(笑)。
確かに売上は急増しているでしょうしね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20180216_資産残高推移表


少し戻しましたかね。



6.雑記

当ブログの記事数が1000記事を超えました。
記事の数が多ければいいわけではないのですが、
ここまで長く続けられることができているのは、
読者の皆様をどこかで感じているからです。

自分自身を律するためにも、
また読者の皆様頂く叱咤激励の声に励まされ、
また自分で考えるきっかけになったりと、
今後も継続していきたいと思っています。

このブログに割く時間をもっと読書などへの勉強に当てるか、
銘柄分析に使えばいいのかもしれませんが、
この無駄にもみえるブログ運営は、
なかなか言葉では言い表せない効果を私にはもたらしてくれています。

投資手法同様、人それぞれだと思いますが、
私はこのような日々がマッチしているようです。

今後も引き続き、よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +0.6% となりました。
前週比は ▲4.9% で推移しました。

20180209_パフォーマンス推移表


前週比で大きく下落しました。
その結果、年初来トントンまで戻ってきました。
単にひと月前に戻っただけなのですが、
年初の時と心持ちが違います。

本来は、ポートフォリオ内の割安さも指標からは高まり、
現金比率も高くなっていることから、
精神的には安定するはずなのですがね。。。
私のメンタルなんてそんなものです。



2.全体所感

今週は刺激的な1週間でしたね。
昨年が平穏だったのでしばらく忘れていたわけですが、
これまでもチャイナ、ギリシャ、エボラ等のショックで、
時には1日でマザーズが10%も下がる、なんてこともありました。

リーマンショックの時と比較して云々とか、
この解説のために小難しい経済ネタが話題になっています。

私は、その比較論も解説もあまり理解できませんし、
理解していない状態で広くそんな論評に耳を貸すと、
不安だけが助長されてしまいます。
なので、相場の先行き予測も含めて、
投資判断においては、
意識的に自分が見守るべきものだけに目を向けるようにしています。

株価が日々ジェットコースターのように騰落しているのを横目にしていると、
ついついうまくその波に乗れば、大きく儲けられる気がしてくるのですが、
それは大きく損をする可能性も孕んだものであり、
少なくても自分がなすべきことではありません。
従って、雰囲気に流されずに自分を堅持することが、
大切だと考えています。

私は年初からの貯金は敏腕投資家の方と比すると
僅かではありましたが、その僅かな利益すらも削られました。
そういう時に、それを取り戻そうと変なことをすれば、
それは仮にうまくいったとしても、自分の納得感には繋がりません。
そこで損を拡大させるなんてことになれば、
自分自身を恨んでしまうでしょう。
結局。自分のなすべきこと以外のことをやれば、
どこかすっきりしなかったり、後悔が立ちます。
自分には嘘をつけません。

私は今回の暴落を受けて、
どう立ち回るべきについて、全く知見を持ち合わせていません。
ただ、ここに書いたようなマインドでやっていくことこそが、
基本動作としてあるべきで、
どうせ応用が効かないのですから、愚直にやることが、
なすべきことだと考えています。

来週も引き続き需給面から不安定な株式市場となると思われますが、
引き続き、基本動作を徹底していこうと思っています。

読者の方の中には、
今後のうまい立ち回り方を求めておられる方もおられるかもしれません。
残念ながらそういう示唆は私からは提供できません。
申し訳ありません。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180209_ポートフォリオ内訳


先週に続き、アイアールジャパンHDを目標株価となったこともあり、
売却しました。先週も書いたのですが同社への期待は全く変わりませんが、
割安さが薄れていることや、ポートフォリオ内の個々の銘柄の状況、
現金比率などの兼ね合いでこのような判断をしています。


一方で、ルネサンスとアイドマMCを買い増ししています。

ルネサンスは来期以降もなかなか成長は緩慢が続くと思いますが、
長期的な視点でもう少し比率を上げていきたいと思っていました。
元々この暴落の前からそういうモチベーションでしたから、
想定通りに買い増しが進んでよかったです。
もう少し纏めて買いたいのですが、ボラティリティが大きいので、
少しずつと自分に言い聞かせています。

アイドマMCは決算は一時的な増収効果もあって好調ですが、
もう少し長い目線で見た時に、面白味があると考えています。
目標株価とのGAPも大きいため、
想定通りに目標株価達成のシナリオが顕在化した時のためにも、
買い増しを行っています。


それから、エイジアを2年越しで買い戻しをしています。
私の基準からするとややバリューエションに目を瞑った部分がありますが、
主力商品のバージョンアップや小売依存からの脱却、
またIT活用の銘柄が組み入れられていないなど、
様々な背景もあり同社に限らず検討はしていたところです。
2年間は一応決算などは軽くフォローをしていましたが、
浦島太郎状態のところもあるので、
リハビリを兼ねて、株主総会でオリーブオイルをもらってきたいと思います(笑)。



ポートフォリオの構成としては、
市況を気にしないつもりではありますが、
やはり現金比率は注意をしています。
一応買いの注文は出し続けていますが、
安易に約定させにはいっていません。大切に現金は使います。





保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180209_保有銘柄一覧(週間騰落)



サンセイランディックはそうはいっても上方修正が効いているのか、
そこまで下落はしていません。
ルネサンスは優待効果でしょうかね(笑)。
ステップはさすがに安定業績というところでしょうか。
ソーシャルワイヤーはとにかくボラが大きいですが、
昇格期待の分売も発表になり、なんだか忙しない感じです。

それ以外は大きく下落ですね。
特にふ~んという感じです。
この中ではシュッピンは少し売られ過ぎではないかなとは思っています。




保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180209_保有銘柄一覧(指標)

赤字の箇所を更新しています。


サンセイランディックの目標株価を更新しています。
詳細は決算開示後、改めて銘柄分析シートをUPして言及し、
場合にはよっては再調整します。

アイドマMC、丸和運輸機関も銘柄分析シート記載の通り、
目標株価及びCAGRを修正しています。
丸和運輸機関の割安性指標はDへ格下げとしています。
明らかに割高だと思います。

WDBホールディングスについては、
本日の決算も踏まえて更新しています。
詳細は銘柄分析シートを後で気が向けばUPします。

エイジアはとりあえず暫定評価を入れています。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■サンセイランディック
東証IRフェスタへ出展される旨、リリースが出ています。
私も足を運ぶ予定です。
それから既に開示されていますが、
今週、上方修正が開示されていますが、
その翌日からのこの暴落祭りで全くなかったことになっています(笑)。

■ルネサンス
こちらに就活生向けの情報発信記事が紹介されています。
こういう類の記事は脚色も加えられていると思いますが、
それを割り引いても、同社の目指すことや人財への考え方が垣間見れて、
それが従業員の高い満足度にも表れているのかなと思います。
それから、競合のセントラルスポーツにIR照会をかけたのですが、
色々な気づきがありましたので、
それは改めてまた機会があれば同社の見立ての記事として言及したいと思います。

■全国保証
決算記事をUPしていませんが、順調な決算です。
保証債務の積み上がりや代位弁済の低位水準も含めて、
引き続き、順調に推移していると確認しています。

■丸和運輸機関
自社Webサイトによると、物流業界紙の選ぶ格付ランキングで1位になったそうです。
どれ位凄いのかよくわかりませんが・・・(笑)。
それから先週のことですが、ラジオニッケイに社長が出演されたようです。
確認を漏らしていたので、これから視聴したいと思います。
アマゾン対応で苦労が多い中でも社長自らメディアに出てくるのですから、
その姿勢だけでも評価したいと思います。

■ソーシャルワイヤー
クロスコープの販促キャンペーンがあります。定期的にやっていますが、
入居が進みまた増床といういい流れが続くといいですね。
それから立会外分売が出ています。
よりにもよってこんなボラが大きい時にという感じもしますが、
こればかりは仕方ありません。
ディスカウントも2%台ですので、あってないようなもんですね。
だって、今日1日の値幅だけみても15%程度上下に動いていますからね(笑)。
単純計算で850人の株主増を狙っていますが、捌けるでしょうかね・・・。
優待せずに形式要件クリアできるかどうか。
もしくは、分売おかわりか、もしくは分割してくれれば手っ取り早そうですね。
まぁテクニックのことで、本質的なことではないので、
どうでもいいのですが。

■WDBホールディングス
決算はIR照会もしていますが、別途記事にできたらします。
セットで自己株買いです。株数が多いわけではないので、
株価形成の影響は皆無でしょうが、
今後のM&Aなどの政策上、楽しみですね。

■シュッピン
情報発信のアプリリリースのお知らせです。
なにやら面白そうなアプリですので、
暫く使ってみたいと思います。
情報発信からくるストーリーが嗜好品には大切で、
それが販売チャネルへ繋がる仕組みがありそうなので、
機会増には良さそうな施策ですね。

■ひらまつ
決算が出ていますが、完全に優待目的なので無視です。
てか、通期を再度修正するんですかね(笑)。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20180209_資産残高推移表



だいぶ減りました。



6.雑記

株式市場がどんなに荒れようとも、
家族と過ごす温かな時間は損なわれません。
連休は家族で出掛けて、子供へ色々な経験をさせてあげようと思っています。

あくまで家族との時間が第一です。
その上でサラリーマンとしての仕事があり(私は窓際ですが)、
株式投資に向き合う自分がいます。

多くのの時間と精神を犠牲にするのではなく、
上手くバランスをとって、
程よい距離感が良いのだと思います。

そんな生ぬるいからダメだと思われるかもしれませんが、
ストイックさは必要な所には必要ですが、
気を抜くべき時は気を抜く事も大切です。

というわけで、株式相場の荒れ模様は切り離して、
これから家族と楽しい3連休を過ごそうと思います。
皆さんもよい週末をお迎えくださいませ。

※コメントは喜んで受付しますので、叱咤激励などお寄せ頂ければ嬉しいです。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +5.5% となりました。
前週比は ▲1.1% で推移しました。

20180202_パフォーマンス推移表



今週は2018年年初から初めて週間マイナスとなりました。
だから何?って感じですが、私のような保守的なポートフォリオでも、
伸長の角度こそマイルドながら一貫して
強気な推移になっていたことがわかります。



2.全体所感

米国の長期金利の動向に不安定さが・・・
為替が円高っぽくて警戒感が・・・
雇用統計を前に不確実性が・・・
とかまぁよくわかりませんが、
なんだかリスクオフの流れってやつなんでしょうか。

この調整は当然だし今後の相場を見ればポジティブだという主張も、
相場の転換期で警戒感を持って接するべしという主張も、
全てが儚いものに聞こえて仕方ありません。

相場は読めないし、読まないというスタンスですから、
多くの市場参加者株価や市況のモメンタムなるものを
手掛かりにしていることは認識はしつつ、
相変わらず放置することに決めています。
(そんなんだから、パフォーマンスが悪いって(笑)!?)

あくまで自分のポジションは、
相場の先行き予想に右往左往されることなく
判断すべきだと思っています。
自分の保有株が保有継続するには高くなってるとか、
なんらかの変化や他の銘柄とのバランスといった点を踏まえ、
例え感覚的なものだったとしても、
保有継続するのに落ち着かない印象が湧いてくれば
適切に調整していくという判断の中で、売買行動をとっています。
相場の潮流に売買をさせられるのではなく、
感覚的だったとしても銘柄に対する自分の判断に基づき
売買を行うべきですので、今後も横目で市況を眺めつつ、
判断根拠はぶらさぬようにしていきたいと思っています。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180202_ポートフォリオ内訳



準主力銘柄のうち、WDBホールディングスと
アイアールジャパンホールディングスの2銘柄を売却し保有比率を下げました。
これで保有比率5%以上の銘柄は3銘柄となり、
益々やる気のないポートフォリオになってきました(笑)。

WDBホールディングスについては、
不動産に係る特益が乗ったEPSベースでのPERで30倍となっています。
この市況においてはテーマ性や業績面から許容されるPERかもしれませんが、
やはり冷静な時に設定している評価PERなどを鑑みて、
安易に高PERを許容してはならないとも考えておりました。
また目標株価も大きく超過しており、
期が進み目標株価も修正されることを見通したとしても、
割安さは損なわれているという判断をずっとしていました。
一方で、同社のCRO事業の成長余地や、
半分はホラでありつつ社長の強い1000億企業への夢の共有ということもあり、
ずっと我慢をしてきたわけですが、
ポートフォリオ全体の資金管理の面から対処を取ることとしました。
銘柄への思い入れも強く、苦しい選択でしたよ・・・。

アイアールジャパンホールディングスについては、
環境分析から導かれる大きな流れを想像すると、
まだまだ成長余地は大きく残されている印象です。
足元の繁忙ぶりは様々な記事からは当然のことながら、
IRへの電話でお話を伺う中でもそれを実感します。
業績も堅調でしょうし、特段何かネガティブリスクが
あるわけではありませんが、
こちらも割安性は失われていると判断せざる得ません。
PER面で30倍弱の水準となっており、
目標株価超過も一つの目安ともなり、
少なくても準主力銘柄の目安としている保有比率5%超は
少し落ち着かない状況となっておりました。
このため、対処を取りました。
なお、同社はこの水準からでも
新規買いや買い増しされている方もおります。
確かに環境分析からも、
構造的に益々需要が増えていくイメージが出来ますので、
高PERが許容出来る場合には賢明な選択だとも思います。
きっとこういう許容度を広くもって放置出来る人の方が、
大きく儲けられるのだろうなと思いつつ、
粛々と対処するのもまた勇気が必要なんですよね。
幸いにして、同社にはまだ思い入れがないので、
WDBホールディングスに比べると苦しくはなかったですが。





保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180202_保有銘柄一覧(週間騰落)


サンセイランディックのボラティリティが大きいですが、
そろそろ落ち着いて欲しいと思っています。
ポートフォリオ1位(といっても10%程度ですがね)で
こんな地味な銘柄がジェットコースターというのは、
心臓の弱い私にはちょっと刺激的です。

そして、先週の記事で、ソーシャルワイヤーについて、
買い戻しをして比率を上げていきたいという自己中心的な思いで、
もっと株価下がってくれ~と不謹慎なことを書きましたが、
それのバチが当たった?のか、決算後にまさかのS高となりました。
確かに私も 精査記事 の通り決算は好調と受け止めましたよ。
でもS高って、さすがにやり過ぎではないでしょうかね。

丸和運輸機関も決算を受けて高騰しているのですが、
こちらは全く解せません。
まだ精査記事にもしていませんし、IR照会もかけていますが、
決算はまだネガティブリスクを多分に孕んでいます。
恐らく下方修正がなかったことの安心感ということかもしれませんが、
それは問題の先送りであり、アマゾンへの対策にはまだ課題もあり、
頑張っているという思い入れを除外してみれば、
売られる決算だと思うんですよね。
やっぱり株価の短期的なヨミにはセンスがないんだなと思う次第です。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180202_保有銘柄一覧(指標)



先週はポートフォリオPERが18倍を超えて、
何らかの対処が必要と思い、
少し強引ではありましたが、保有株の売却を進めました。
これに伴い、現金比率を調整し、
ポートフォリオPERも17倍付近としました。

それから、現在、各銘柄の銘柄分析シートを更新する作業を
進めていることがきっかけとなり、各銘柄の評価を順次更新をかけています。
(赤字箇所が該当箇所です)

日本管理センターの目標株価については、想定EPSと評価PERを
微修正したものを反映しました。

ステップは成長性をCからBに格上げしました。
成長率こそそこまで高くないものの、毎期着実に成長しているなど、
様々な点を考慮しての対処です。
また割安性は、株価の是正が進んでおり
特段の割安さが顕著というわけでもなくなっていることから、
AからBへ格下げしました。目標株価も修正しています。

ソーシャルワイヤーは安定の指標について、
ストック性の効果や販管費の抑制が継続的に認められることなどから、
安定性を並の評価としてCからBへ格上げしました。
また目標株価も修正しています。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■アイドママーケティングコミュニケーション
決算並びにSBIファンドを介して
AIやブロックチェーンの新興企業への出資についてリリースがありました。
近日中に決算精査記事をUPするかもしれませんので、
機会があればそちらで言及したいと思います。


■ルネサンス
決算精査記事をUPしています。
またリンクアンドコミュニケーション社への出資をリリースしています。
健康分野における管理等を行うナビアプリの開発会社です。
なかなか面白そうですが、特に、以下の言及など色々想像させてくれますね。
「L&C社のライフログデータベースと、
当社の会員データベースの活用による新たな事業創出も視野に入れ、
今後の連携を強化していく予定」
株価は無反応なようですけどね(笑)。


■全国保証
役員異動のリリースです。
営業副本部長の執行委員追認ですかね。
営業面でまだまだ提携の深堀が課題ですから、
どんどんやって欲しいですね。


■アイアールジャパンホールディングス
こちらもIR照会していますが、
まだ精査記事はUPできていません。
(するかどうかもわかりませんが・・・)
全般堅調なので、特に論点もないわけですがね。


■丸和運輸機関
こちらも決算通過です。
アマゾンの先行投資や改善活動における費用が先行しています。
まだ先行投資も継続するようですし、
なかなか通期予想達成はハードルが高いですね。
IR照会も含めてもなかなか厳しい状況ですが、
頑張ってほしいですね。

■ソーシャルワイヤー
決算 精査記事 をUPしています。
この他社長月次メッセージやKPIも開示されています。
1月のアットプレスの数値が少し弱いかなという感じですが、
まだ騒ぐ程の事はないと思います。
先行チケットも高水準ですからね。
ただ、2月の動向も要チェックです。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20180202_資産残高推移表



特にコメントなしです。



6.雑記

先日皆既月食がありましたが、皆さんは空を眺めてみましたか。

普段月をまじまじと見る機会はありませんが、
我が家では子供が星や月に興味を持ってくれているので、
高性能の双眼鏡でベランダから空を眺めることがあります。

皆既月食もやや遅い時間でしたが、
子供と三脚に双眼鏡を固定し、ずっと見ていましたが、
欠けていく様子や色が赤みを帯びていく様をみて、
素直に感動していました。

天体望遠鏡が欲しくなるわけですが、
ただベランダからだと限度もありますし、
中途半端な性能のものではすぐに飽きてしまいそうです。
ただ、こういう興味関心をもってくれることは、
親としてはとても嬉しいですし、
少なくてもその可能性を出来るだけ伸ばしてあげられる
環境だけは作ってあげたいなと思うわけです。

といっても、早々高性能の天体望遠鏡なんて買えないわけですが、
こういう親子の時間もまたいいものだな、とほのぼのしました。

投資をしていてもこういうゆとりがある生活でないと、
長続きしないので、生活とのバランスも大事にしながら、
これからもマイペースに株式投資も頑張っていきたいと思います。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +4.0% となりました。
前月比は +4.0% で推移しました。


20180131_パフォーマンス推移表



2.全体所感

年初からのスタートダッシュが強烈でしたが、
終わってみれば、日経平均やTOPIXは+1%~+2%となり、
落ち着いた推移となっています。
一方で、JASDAQやマザーズは大変好調な推移となっています。
最近よく耳にするようになりましたが、
中小型株への熱い眼差しが注がれているとかで、
その恩恵がこれらの新興企業の水準訂正という形でみて取れます。

このような中で、個人投資家にとっても、
引き続き嬉しい展開ではなかったでしょうか。
私は相対的に見ると平凡な結果になっていますが、
それでも1月に数%上昇が当たり前のような今の様相は、
慎重に見るべきではないかとも思っています。

個別の銘柄がEPSなどファンダの伸長とは別に、
期待感や話題性などを手掛かりにして、
一気に高騰しています。
こういった動きを否定するつもりはなく、
それにマッチした多様的な対処が取れれば、
もっと儲かるかもしれないわけです。
ただ、自分の無知を晒しているようですが、
私は今の所、うまく対処することには
もう少し縁遠くていいかなと考えています。
決して、成長意欲がないというわけではなく、
近い表現でいえば、選択と集中です。

月間で+10%、+20%が当たり前というのも、
それに大いに敬意を示しつつ、
自分は自分でやれる範囲でやっていけばいいかなと思っています。




3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20180131_保有銘柄一覧(月間騰落)

サンセイランディック、アイアールジャパンHD、
丸和運輸機関、ホクリヨウが強かったです。

一方で、ルネサンスやソーシャルワイヤーが弱かったです。


サンセイランディックは、年初に某評論家が取り上げたとか、
民泊本命と株式新聞で取り上げられたとか、
とにかく危うい感じですよね(笑)。
既にそんな脆さが露呈するように今週に入って、
不安定な値動きになっていますからね。

ホクリヨウは決算を受けての動きであり、
まぁまだいいかなと思いますが、それ以外の銘柄も
単なる気まぐれですね。

これは下落側でも同様です。
ルネサンスはまぁ仕方ないですが、下落は歓迎です。




4.運用来パフォーマンスについて

20180131_運用来推移

まるのんPFは運用来(2014年1月基点)で+237.7%となっており、
2.4倍程度での推移となっています。
同期間のTOPIXが+141.0%ですから、
少なくても指数よりは幸運ですが上側にいます。
JASDAQなどの追い上げが激しいですが、
何より自分の資産は順調に推移しており、
これも市場の恩恵だなと思っています。




◆月初のポートフォリオ
20171229_ポートフォリオ内訳




◆月末のポートフォリオ
20180131_ポートフォリオ内訳



今週は現金比率を向上させることに注力しました。

かなり悩みましたし、今でも悩んでいます。
基本的には割高になった点や企業への期待が
今の水準に合わないと思ったものは比率調整をかけています。
これにより現金比率は34%から46%まで向上させました。

今のポートフォリオPERは16.9倍となりますので、
現金比率の目安は投資方針ルール上では45%ですから、
この目安も念頭にある程度無理に確保していた部分もあるかもしれません。
直近では目標株価に応じて利益確定を検討していくべきで
いくつかを月中に判断して実行してきました。



1月月間の売買は以下の通りです。


■買い
なし

■売り
3277 サンセイランディック 一部売却
3276 日本管理センター 一部売却
2475 WDBホールディングス 一部売却
6035 アイアールジャパンHD 一部売却


■優待クロス(全てSBI一般)
事情により、今月からツイッター共に公開を見合わせます。



なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。

20180131_資産残高推移表

20180131_保有銘柄一覧(指標)

人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り