十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +21.2% となりました。
前週比は +0.5% で推移しました。

20170818_パフォーマンス推移表




2.全体所感

北朝鮮に関する問題や、
テロ問題など世界情勢の喧騒の中、
国内市場は右往左往しているようです。

米国の指標がどうだとか、
各中央銀行の動向に注目がされたり、
とりわけ米国の足元の指標にやや先行き不透明感が出るとなると、
利上げペースが遅れ為替が動くとか、
まぁ相変わらず忙しなく海外市況も不安定です。
というか安定していることなんでないですがね。。。

そんな中、国内市場も大きく調整するのかなと思わせておきながら、
あまり調整するわけでもないようです。
資産が減らずに済んだと目先の短期的なことに嬉しいと感じたり、
買い増しが想定通りに進まず悲しいやら複雑な心境だったりします。
ただ、そんな一喜一憂の煩悩こそ、
私のような中途半端な初心者投資家には大敵ですので、
目先の「株価の動き」に惑わされないようにしたいと思います。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170818_ポートフォリオ内訳


ポートフォリオに大きな変化がありません。
今週は少し厚めに買い注文を出していましたが、
まだ、そうそう簡単には買わせてくれないようですね。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170818_保有銘柄一覧(週間騰落)


週内での浮き沈みはそれなりに大きかったですが、
終わってみれば、平穏な週だったと思います。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170818_保有銘柄一覧(指標)


前々から検討してきたサンセイランディックの目標株価を修正しました。
20.12期EPSを147としました。(CAGR7%成長を維持)
更に評価PERは12倍としています。



4.個別銘柄トピックス

■ソーシャルワイヤー
福岡市のスタートアップカフェ会員企業向けの
アットプレスサービスの提供を行う旨のリリースがありました。
福岡市といえば、スタートアップ企業に
積極的という記事を多数見て来ました。
改めてスタートアップ企業数等どこかに定量データがないか探してみたのですが、
すぐに見当たらなかったのですが、
コンパクトシティであったりベンチャー企業への支援に積極的ということもあり、
どうやらアツイ都市らしいです(なんだか俗っぽいですが・・・)。

同カフェでは会計や広報、クラウドシステムなど
様々なツールを利用できる特典があるようで、
実際、プレスリリースについても、
既にPRTIMESのサービスも月1回配信が出来るサービスが提供されています。
この度、同社からも改めて地域創生という
巧みで便利な言葉を用いたリリースとなっています。
当リリースが何か目先の業績や価値の見通しを変えるものではありませんが、
福岡といえば、アジア進出の際にも優位ですし、
同社の顧客ターゲット層にもマッチしている内容ですから、
引き続き頑張って欲しい、その程度の感想です。
株価は相変わらずややボラティリティが大きく、
投資家や投機家の様々な思惑が交錯しているようですので、
あまりそこに飲まれずにいきたいと思っています。

■あいHD
決算が出ています。
精査記事まであげるかこれから考えますが、
順調ではないでしょうか。
今期見込みが四季報などと比較して弱いので、
売られるでしょうが、今期見込みを当てるゲームに
参加しているわけではないので、どちらでもいいのです。




5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170818_資産残高推移表


特にコメントはありません。




6.雑記

今週は週央に短い家族旅行に出掛けていました。

旅行ブログならその旅行記を詳細に語りたいところなのですが、
まぁそれは割愛します(笑)。

ところで、私の周りでは株式投資に対して、
仕事中も旅行中も株価が気になって落ち着かないという方が多いです。
そしてそれが理由で資金運用にネガティブな意見を抱かれています。

私も投資を始めた3年余り前の初期では、株価の動きが気になり、
一日に何度も株価や騰落をチェックしていたりしました。
実際それで感情的に売買をしてみたり、
雰囲気で根拠ない戦略でその場凌ぎのことをしてみたり、
確かにそういう時期を過ごしてきたので、
その落ち着かないという感覚はとてもよく理解しているつもりです。

3年余りが経って今となっては、
意識的に自分の感情を仕向けているというのもありますが、
だいぶ落ち着かなさはなくなりました。

というか、落ち着かない要因を招く銘柄は
保有しないか、落ち着く程度に比率を下げることにしています。
今の私のリスクヘッジのやり方は、
まだまだ自己流で、その場で試行錯誤しているもので、
強い根拠があってこのようにしているものでもありません。
なので、この先、必ず訪れるだろう下落相場を前に、
どこまで自分が平穏を保てるのかはわかりません。

少なくても今回の家族旅行の間は、
株価やSNSからも距離を置いて、
完全に放置をしていましたし、
それで旅行中になんらストレスを感じず平穏にいられました。

長期投資が前提だからこそなのかもしれませんが、
仕事や家族との時間と両立をして、
どっしりと構えられる可能性があるこのスタイルこそ、
私には受け入れやすいやり方なんだろうと、
改めて実感しました。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +20.8% となりました。
前週比は ▲1.2% で推移しました。

20170810_パフォーマンス推移表



2.全体所感

先週はマザーズがやや下落しましたね~なんて書いていましたが、
先週の同程度下落しています。
その割には個人投資家から悲壮感も感じられず、
今年が如何に堅調な相場であるのかよくわかるな~と感じています。

全体相場は、また北朝鮮に絡む地政学リスクとやらで、
なんだか不安定な展開となったようです。
ですが、まぁこういうのは恒例行事のようなもので、
定期的に訪れる相場をかく乱するイベントのようなものです。
巷では、小沢一郎氏が政権批判のツイートをすると反発するという
都市伝説のようなものもあるようですが、
まぁその程度のことでしょう。
(株式投資の世界ではない、
国際情勢や外交面の真面目な事はここでは置いておきます)

そんなわけのわからないものより、
ファンダメンタルズを重視する投資家の端くれとしては、
やはり決算シーズンなのですから、
こちらの方が余程重要ですね。

結論としては、保有銘柄は総じて期待通りの決算推移を確認出来ており、
また一歩前進したんという感覚があります。
株価もいつものように勝手に期待からの勝手に失望という
展開が見られず、穏やかに過ごしており、
トリを飾る主力の日本管理センターの決算も想定通りで
今回の決算はまぁよかったね~なんて思ってたら、
今日は同社の株価は大きめの下落に見舞われて、
まぁただでは終わってくれないよねと冷静になりました(笑)。


内政面では内閣改造も終わり、
経済面もきちんと仕切り直して頑張ってもらいたいな、
なんて思っている矢先に、
今度は解散かもとかにわかに慌ただしくなってきています。
政局に動かされるのではなく、
とにかく腰を据えて意義ある活動を早くやってもらいたいです。





3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170810_ポートフォリオ内訳

5%以上の準主力以上の銘柄は
日本管理センター、サンセイランディック、ソーシャルワイヤー、アイドマMCと
特に布陣は変わっていません。
予備メンバーとして利益確定を進めた
WDBHDと丸和運輸機関が控えています。

下位ではアイアールジャパンHDとステップを上げたいのですが、
なかなか思うようにいきません。

現金は引き続き40%と比較的厚い状況となっています。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170810_保有銘柄一覧(週間騰落)

決算を受けて、日本管理センター、全国保証あたりが
売られています。
全国保証はなかなか好調で、
一時は5000円台もつけたのですがね・・・。
日本管理センターはまぁいつものやつですね。
そろそろこういうのも終わって平穏かなと思っていたら、
そんなことはなく、華麗に下落してくれました。
というわけで、指値の1発目が引っ掛かり買い増しと相成りました。

シュッピンの下落はまぁその前にだいぶ上げましたからね。
日本BS放送は今日のザラ場で急落しています。
大人の方が少し纏まったロットでも売ったのでしょうかね。


上昇側は丸和運輸機関ですが、
これは空売りの方々が逆日歩がついたりで大騒ぎのようで、
その買い戻しでしょうか。短期的な需給に伴うもので、
目先は下方修正を踏まえて、3000円台前半までを想定しています。


WDBHDは決算が引き続き評価される格好で
上昇が続いています。
特別利益が乗っているEPSなのですが、
PERは18倍を超えてきています。
実力的には20倍を超えている水準です。
いやはや、という感じです。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170810_保有銘柄一覧(指標)



4.個別銘柄トピックス

■日本管理センター
決算は至って普通です。 → 決算精査記事

■サンセイランディック
事前に修正が出ていたので、注目は仕入でしたが、
事前の観測通り、順調に仕入が進捗していました。
別途、決算精査記事をUPします。
なお、決算説明資料へ要望をお伝えしたのですが、
少しずつではありますが、確実に改善をしています。
嬉しいことであります。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170810_資産残高推移表


資産規模が1200万円台がみえてきました。
と先週書いて、週央で一旦超過しました。

そしてそれを天井に反落しました。
だいたいこういう調子のいいことを言い始めたら
フラグなんですよね(笑)。




6.雑記


私は敢えてネガティブな声を聞くようにしています。
某巨大掲示板もそうなのですが、
SNSなどでも耳の痛い声こそ受け入れて、
その上で自分の考えを深めたいと思っています。

今週はツイッターで見かけたのですが、
1億程度の資産を目指すと宣言して、
ブログやSNSをやっている人に対して、
そんなSNSになんぞ手間をかけないで、
投資手法を磨いたり、銘柄分析に集中すべきだというものです。

全くもってその通りです。
特に私のように全くの素人で、
ろくに投資本も読まず不勉強な者ならなおの事、
名著をあたり、様々な手法を体得し、
自分のスタンスを構築していくことは、
投資家たる上で大事なことだと思います。
そういう大前提の上に億の資産を目指すとか、
いうべきなのかもしれません。

がむしゃらなに努力をするからこそ、
結果を享受できるチャンスを得られるわけです。

今すぐに時間や手間がかかるSNSから手を引く、
つまりこのようなブログもやめて、ツイッターもやめて、
ひたむきに勉強と実践をする姿へ転換しようと一瞬考えてみました。


ただ、私にはやはり無理だなとすぐに悟りました。
結局私には本気さが足りず、
ストイックに投資を極めたいなんて思っていないのです。

家族との時間を最重視し、
仕事も窓際族ではありながらも基本は日々通勤もするし、
同僚とゆっくりランチをしたりもします。
ツイッターで好きなことをつぶやき、
ブログのような手段がないと、
ついつい決算精査やパフォーマンス記録もサボってしまうかもしれません。

投資本を読もうにも通読したり、
ましては何度も繰り返し読み重ねるなんて経験はほとんどありません。

結局ストイックさが足りないのです。


ただ、そんな体たらくな私のような者でも、
相場の片隅で自由に株式を売買することも出来ますし、
それを自分のSNSで発信したり、
その中で小さな輪が出来て交流を持たせてもらえたりするのは
自由にできることなのです。

ストイックさがないのでプロを目指す事なんてできません。
目を見張るパフォーマンスでいち早く資産を築く事も出来ません。
そもそもそんなことをしようなんて微塵も考えていません。

ストイックでない普通の窓際サラリーマンが
家族との時間を大事にしつつ、
その傍らで自分なりのペースで好きなようにやって、
ちょっとずつでも資産を築けて、
30年経てば、1億円になればいいね、というノリなのです。


ですから、株式取引を勝負だ、なんて思ったことはありませんし、
そういう世界から距離を置くべきだと思っています。


株式相場には様々な方が参加しています。
そのスタンスによって取るべき行動も異なります。

私も自分が取っている言動と、
求めるものが釣り合っているかはよく観察しないといけないと思いました。

いち早く億資産を築きたいと思っているのに、
今の私のような姿勢は頂けませんのでね。

ネガティブで耳の痛い言葉を受け入れて、
自分なりにどう解釈するかを考えて、
少しでも自分がこれでいいかなと思える言動が取れるように
していきたいなと思います。



人気ブログランキングへ

# 旅行帰りのため最低限の更新とします。
 追って未記載のコメントを追記して再UPします。

→追記しました(2017/8/5 AM3時頃)




1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +22.0% となりました。
前週比は +1.6% で推移しました。


20170804_パフォーマンス推移表



2.全体所感

今週はなんといっても新興市場、というかマザーズ、
というか一部のゲーム関連銘柄を中心に株価が崩れて、
やや悲観ムードが台頭する週だったようです。

新興市場に危うさがあると認識するや否や、
業績面など関係なく、特に株価形成が強かったものも、
やや調整を強いられる状況となりました。

また決算シーズンということもあり、
余程のサプライズがない限り、
またはちょっと短信を精読すれば順調に思えるもの銘柄でも、
ちょっと気掛かりなことがあると無慈悲な売りが先行する、
不安定な株式市場だったかなと感じています。

ただ、個人的な事で恐縮ですが、週の半ばから、
今のさっきまで山に籠っていて株式市場から距離を置いていた事もあり、
とても平穏に過ごす事が出来ました。
不安定な時は、距離を置くというのも悪くないものです。
今回はたまたま決算シーズンと旅行が重なり、
少し慌ただしくもありますが、
これから週後半に開示があったものはチェックしていきたいと思います。

なお、ツイッターでも触れていますが、
マザーズが不安定だろうか、反発しようか、下値を掘っていこうが、
私の投資スタンスにはまったくもって関係のないことです。
ですので、通常時と同じように冷静な判断で対処をしていきたいと考えています。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170804_ポートフォリオ内訳


今週はいくつか買い増しを行いました。
サンセイランディックを買い増しにより、10%程度まで引き上げると共に、
ソーシャルワイヤーを準主力に返り咲きさせるべく買い増しをしています。
(といっても高値水準なので、やや割安性を犠牲にした点は重々承知しています)
またアイアールジャパンHDを買い増ししています。
本来、準主力まであげたいところなのですが、
更なる買い増しは焦らずにもう少し下でと決めていたことなので、
安易に指値をあげるようなことはしませんでした。
(こういう対処が機会損失になるのですが、それもやむ得ません)

現金比率については、、
現在のポートフォリオPERを投資方針ルールに照らすと、
適正水準は約30%ですが、実態は41%と引き続き現金が厚いことがわかります。
ただ安易に買いを入れることはしたくないので、
そういう状況であることを認識した上で、
どう対処するかは、株価を見て決めるのではなく、
企業への期待値を推し量り冷静に決めたいと思います。




保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170804_保有銘柄一覧(週間騰落)




保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170804_保有銘柄一覧(指標)


目標株価からの超過はWDBHDと丸和運輸機関です。
いずれも大部分を利益確定を済ませておりますが、
目標株価超過してでも保有継続している特別ロジックが必要です。

もちろん、その理由は明確になっており、
納得しているうえですので、これは引き続き許容していきます。

ソーシャルワイヤーはSBグループとの提携や
好決算(?)に支えられて上値GAPは小さくなっていっています。
そんな中、買い増している私はやはり頭がおかしいかもしれません。
ただ、目標株価が20.3期基準のままなので、
ここに修正余地があると認識していますので、
近く改めて精査したいと思っています。




4.個別銘柄トピックス

■アイドマMC
詳細は決算精査記事をUPする予定ですが、
総じて普通に順調という内容だったと認識しています。
CASHBACKアプリが沖縄でのパイロットが終わり、
いよいよ全国展開というリリースとセットですが、
もちろんこれにはあまり期待していません。
ですので、まぁ当たればラッキー位の感覚ですが、
それ以外の主業も徐々にジワリ拡大という感覚で
私にとっては想定通りなのですが、
株価は普通決算のみにやや失望して下落という
素直な反応でしたね。


■ソーシャルワイヤー
決算精査記事をUPしました。 → こちら
決算以外では、クロスコープ事業とアットプレス事業のシナジーのために、
クロスコープの利用顧客へ、アットプレスを無償提供するというキャンペーンです。
まぁ3回分ということでお試しということでしょう。
何度も耳にしている通り、アットプレスのサービス品質に自信がある証拠でしょう。
事業や今後の方針は順調ですね~
株価は騒がしいようですがね・・・(苦笑)。


■全国保証
LIFULL HOME’S 住宅評価サービスへ参加するとのリリースが出ています。
新規物件へのローン保証だけでなく、
中古物件へのローン保証へ幅出しを進めるために、
その業容拡大をより視野高くするための活動と思われます。
住宅ローン保証という枠組みはきちんと遵守しつつ、
新たなチャネルを取り込むことで機会の拡大を図るようです。
この参加が直ちに業績に変化をもたらすわけではありませんが、
中長期的にひとつの可能性を模索する上で、
有益な内容と理解しました。

決算ですが足元は好調ですね。
但し、新規保証実行件数が減少に転じており、
業績予想の前提基準である7.4万件はやや苦戦するかもしれません。
もっともこのパラメータが直ちに今期予想に影響は限定的だと思いますが、
借換需要が落ち着いたというのは金利動向にもよるでしょうし、
もう少し様子見が必要かもしれませんね。
こちらも決算精査記事を別途UP予定です。


■WDBホールディングス
決算精査記事はこれからUP予定ですが、
決算は極めて順調に推移しています。
もちろん、予想しやすい銘柄ですので、
私としてはそこまで驚きはありませんが、
嬉しい推移となっています。
更にようやく配当政策について
明文化したものが開示されました。

株主総会でも配当性向を30%まで段階的に引き上げるということで、
今のままの推移でみていくと、なかなか楽しみだなと思っています。
配当性向30%は今となっていは並ですが、
しかしCRO事業など成長投資とのバランスを熟考した上での、
コミットメントですので評価したいなと思います。


■アイアールジャパンHD
決算後急落した所を買い増ししました。
決算の内容そのものは順調だと判断しています。
詳細は決算精査記事にUPしています。 → こちら


■シュッピン
決算精査記事は今後作る予定ですが、順調ですね。
株価がだいぶ高い水準にあるので、
サプライズがない分、評価は厳しいかもしれませんが、
そんなことはどうでもいいです。

月次を見ても、特に店舗、とりわけインバウンドが復調しているようです。
ただ、Eコマース部分の主軸も20%以上の伸長がみられますので、
まぁとにかく順調だと認識しています。


■丸和運輸機関
決算精査記事をUPしています。 → こちら
AMAZON社の影響は限定的とはいいながら、
それなりに先行投資の一部が利益を押し下げている気配です。
業績予想の修正は見送られましたが、
この内容である程度織り込むかと思い、
実際株価も軟調に推移しましたが、
再び元の位置に戻りつつあります。
空売りもだいぶ入っていたようで、需給面で難しくもなってきそうですね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170804_資産残高推移表


資産規模が1200万円台がみえてきました。
億り人を多く輩出しているこの相場で笑われてしまう規模なのですが、
まぁ私はこの規模で運用していますので、
それはそれでよいとして、
運用開始時に定めた長期資産シミュレーション(30年プラン)上では、
2017年末目標ラインは1008万、2018年末で1109万、2019年末で1220万となっています。

私は基本的に年利10%程度を目標としており(3年スパンで強気と弱気を繰り返すシナリオ)、
これは私にとっては安定的に出すパフォーマンスとしては、
十分高いものと認識していますので、
それを超過するペースであることにやや戸惑いを感じています。

だからどうするということもないのですが、
そういう状況であることを踏まえて、
無理をしたり、他人と比べて今をどうこうしようと考えるのは
やめたいと思います。

2015年末時点の長期資産シミュレーション




6.雑記

今週はお休みします。すみません。





人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +21.2% となりました。
前月比は +3.2% で推移しました。


20170731_パフォーマンス推移表(月間)




2.全体所感

楽観ムードが続く相場となっていますが、
私は全く楽観ムードではありません。
とはいえ、悲観モードでもなく、
いつもニュートラルでいたいと思っています。

強気とか弱気とか結局は雰囲気であり、
結果論だと思います。

そういうなんちゃらモードとか気分などで
自分の投資判断がぶれない様にしなくてはなりません。

ファンダメンタルズ投資家として玄人の方からすれば、
当然の事と思いますが、
私はまだ気を張っていないと、
ついつい流されてしまいそうなので、
自制を促すためにもずっと同じことを言い続けています。

全体相場については、大型株は方向感がなく横ばいとなっていて、
好調が続く中小型銘柄のパフォーマンスが続いています。
但し、マザーズについては、ゲームやバイオなど
一部の銘柄で急落したものもみられ、
パフォーマンスとしてはマイナスとなっています。
それでも各指数の中ではTOPのパフォーマンスとなっています。

なお、決算シーズンに突入していますが、
総じてみますとやはり好調な決算が多い印象です。
ただ、各指数とも相応に先行して評価されている気もしており、
一時的には更に高値という事も十分考えられますが、
やはり今の好調決算を踏まえても割安だと
自信を持って言える銘柄は少ない事に変わりないという認識です。

従って無理に買うことはしない、それが例え機会損失になったとしてもです。
現金比率が引き続き厚いのも納得の上でそのようにしています。



3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20170731_保有銘柄一覧(月間騰落)


日本管理センターは途中急落する場面もありつつ、
月間ではそれなりに上昇しています。
月次管理戸数の推移が弱いですが、
そういう材料にもあまり反応しなくなりました。
上期の着地には特に上も下もないものと考えていますが、
どうなるでしょうかね。

サンセイランディックも上昇幅が大きくなりました。
上期の上方修正によるものですね。
週間記事でも書いたので割愛しますが、
私は相応の評価をしたので買い増しをしています。

ソーシャルワイヤーについても言及しているので、
ここでは割愛します。月間では相応に上昇しているようですが、
瞬間風速が吹いたところからは落ち着いた所に落ち着きました。
決算は普通に順調で、別にサプライズがあるものではないでしょう。

シュッピンが相変わらず強いです。
あまり理由が思い当りません。
そのうち調整でもするんじゃないでしょうかね~(根拠なし)


丸和運輸機関は月間での下落はこの程度なのですね。
アマゾン社に関するプチ炎上を踏まえてモニタリング強化していますし、
実際決算も芳しくないもののようです。
出来れば今回修正を出して欲しかったですが、
まだ影響が見極められないという側面もあるのかもしれません。
私は既に保有比率で調整済なので覚悟が出来ていますが、
当面は苦しいですね。



4.運用来パフォーマンスについて

20170731_運用来推移





まるのんPFは運用来(2014年年初対比)で+95.8%となりました。
同期間のTOPIXが+24.3%となっています。




◆月初のポートフォリオ
20170630_ポートフォリオ内訳

◆月末のポートフォリオ
20170731_ポートフォリオ内訳


優待分として残していたジーフットを売却しています。
決算が酷いことはいつものこと(笑)なのですが、
まぁ諸々やる気がないのに痺れをきらしたというのが本音ですね。
一連の同社の投資では利益が出ていますし、
優待もありがたく使わせてもらったわけですが、
投資としては失敗ですね。

株主総会での印象や店舗での現地調査などから、
一向に改善される様子もない所は認知していたので、
もう少し早く判断をすべきでした。
我慢して推移を見守るという根気を持つことと、
見切りをつけるという決断力を持つことは、
トレードオフの関係にありなかなか難しいところですが、
私が一番大事にしている人材という点で欠如があったというのは、
決定的だったと思います。

いずれにせよ人材や誠意といったところに
不安を感じる場合には即断が求められますね。


丸和運輸機関の一部売却は、
気持ち的には売りたくなかったのですが、
株価水準やアマゾン社の荷受けに係るリスクが許容を超えているという判断です。
今後、先行投資や改善に向けたコスト先行で当面は厳しいでしょうから、
そのような判断をしました。
だいぶ空売りされているようで、
決算前に一時的に買い戻しとみられる動きもあったようですが、
決算も想定通り厳しいものでしたので、
早く周知の事実になるといいなと思っています。


アイアールジャパンの購入にも言及済ですので割愛しますが、
PFに新たに登場頂きました。
特にこれ以上のコメントはありません。
決算は期ずれの影響があり表面的には悪くみえますが、
私は可もなく不可もなく普通に順調な決算と認識しました。
IR照会も行いましたが、引き合いも受注環境も好調ということで、
普通に期待を継続しています。

あとはソーシャルワイヤーやサンセイランディック等の買い増しで、
それぞれ保有比率が向上しています。





7月月間の売買は以下の通りです。


買い
6035 アイアールジャパンHD(新規買い+買い増し)
9466 アイドマMC(買い増し)
3277 サンセイランディック(買い増し)
3929 ソーシャルワイヤー(買い増し)


売り
2686 ジーフット(全部売り)
9090 丸和運輸機関(一部売り)

優待クロス
2590 ダイドーグループHD




なお、資産の状況及びポートフォリオの各指標については、
それぞれ以下の通りです。


20170731_資産残高推移表



20170731_保有銘柄一覧(指標)



人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +20.5% となりました。
前週比は +1.1% で推移しました。


20170728_パフォーマンス推移表



2.全体所感

私にとってはどうでもいいことなのですが、
全体相場はだいぶ煮詰まっている印象を受けます。

為替がやや円高になっても
これまでのような神経質に動くわけでもなく、
不気味な感じがしますね。

なんとなく周囲のSNSなどをみてみても、
高値警戒感のようなものが漂っているような印象で、
リスクを限定的にするために、
一部では短期売買の対応を取っている方も散見されます。

私は短期売買にセンスがないことを十分自覚していますし、
期間を短くしたとして無用なリスクである事に変わりありませんので、
自分にマッチしたリスクを取るようにしていきたいと思います。

それから注視すべきこととして、
政局が慌ただしくなりそうですね。
蓮舫氏が辞任したかと思えば、
図ったかのようにその直後に稲田大臣が辞任をしました。
近く改造があるのに敢えてそれを待たずに辞任を選ぶというのも、
なにかしらの策略を感じますね。
そして、ここから内閣改造や民進党の新たな代表戦となります。

今度は安倍首相の任命責任の追及など、
またどうしょうもないことに時間を割くのでしょうかね。
任命責任がないというわけではないと思いますが、
いずれにしても政治には外交や経済だと重要テーマが山積しているので、
獣医学部の云々はもうやめて建設的かつ重要な課題についての
議論をきちんとしてもらいたいですし、
我々投資家は特に経済に注目しているので、
そういうテーマをきちんと議論して政策を進めてもらいたいです。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170728_ポートフォリオ内訳


今週は特に売買もなくPFも大きく変わっていません。
毎週同じことを書いていますが、
私の今年の投資方針に掲げている現金比率目安からみると、
現金が厚くなっています。
あくまで目安なので、ルールを逸脱したものではないのですが、
そういう現状を認識した上で、今後も行動したいと思います。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170728_保有銘柄一覧(週間騰落)




保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170728_保有銘柄一覧(指標)



日本管理センターとソーシャルワイヤーの上昇幅がやや大きいでしょうか。

日本管理センターはここ1年位のボックス圏の天井まできました。
私はチャートの見方がわかりませんので、
だからどうなるっていうのはわかりませんが(笑)。
短期取引ではそろそろ一旦売っておくところなのでしょうかね。
もちろん、私は売りませんが。
サプライズのない決算をただただ期待しています。

ソーシャルワイヤーは後述のSBグループとの業務提携を材料視し、
木曜にストップ高を演出し、
金曜にその半分以上の上昇幅を消す下落に見舞われました。
私は中長期投資なので、この2日の騰落では何も感じませんが、
こんな乱高下の波には自分はうまく乗れないことだけは、
改めてよく理解できました(笑)。

その他の銘柄もまぁ全体市況が方向感がないのに同調するかのように、
穏やかな動きになっています。



4.個別銘柄トピックス

■サンセイランディック
上期の業績予想修正が開示されました。
開示のタイトルを初見した時に、
販売の期ずれに伴う下方修正ではないかと思いました(笑)

開示文書を見ると、利益率向上と経費圧縮ということですが、
背景を確認するためにIR担当へ電話しました。
個々のやり取りは割愛しますが、以下のような印象を受けました。

・利益率向上は社員の交渉力の向上による効果が大きい
・特に若手社員が付加価値付与ができている
・特に名古屋での市況が絶好調(居抜き)
・底地権を一旦買い取り、所有権とした上で売買が多く底上げ
・下期は現時点では修正しない(今後の状況を注視していく)
・仕入も問題なし

一番嬉しかったのは、
人財が育ち付加価値向上により収益があがっている点です。
またIR担当のいつもお世話になっている方とお話している中で、
より中長期の視点で次期中計も意識したことへの言及が
きちんとコミュニケーションを取れることもよいです。
今期の業績達成有無は大事ですが、
見据えている視点がそこに執着していない点は、
私はとてもポジティブに感じました。
ただ、もちろん、視点があっても計画や実績が追い付いてこない
という可能性も実際はありますので、
冷静に投資判断は下す必要があります。
(私は買いも売りも推奨していませんので、各自で判断して下さいませ)


■ソーシャルワイヤー
最近PR情報の開示が相次いでいます。
シンガポール拠点の入居率の高止まりから
増床されるそうですし、
渋谷は増床フロアがオープンになったようです。
ニーズに見合って段階的に増床しており、
それがストックになっていくので、
質の良い拡大戦略の継続を確認出来ます。

そして今週のメインディッシュ?である、
ソフトバンク・ペイメント・サービスとの業務提携です。
これを材料に木曜日はストップ高していましたが、
この時とばかりに大株主のユナイテッドが一部売却していたようですね。

ソフトバンク・ペイメント・サービスに加盟している企業へ、
アットプレスのサービスを提供していくということで、
顧客基盤の数を稼ぐには良い材料だとは思いますが、
実際にどの程度のお金を払ってもらって
これを使ってもらえるのかは未知数です。
あくまで可能性が広がっただけで、
それが中長期的な収益になっていくかは
まだ見守ることが必要だと思います。

矢田社長がSB出身ということも今回のSBグループとの提携に
何か所以があるのでしょうか。
そのあたりはわかりませんが、
まぁストップ高はやり過ぎということで、
金曜日には冷静になってもらえました(笑)。

週明けの決算開示(説明資料)において、
少し中身についてもフォローがあると思いますので、
そちらを熟読したいと思います。


■ステップ
決算が出ましたが早速退屈で論点のない決算ですね(笑)。
順調の一言です。
それ以上でもそれ以下でもありません。
一応銘柄分析シートは更新しました。 → こちら(PDF)




5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170728_資産残高推移表




特にコメントはありません。



6.雑記

夏休みの子供の宿題に頭を悩ませている方も多いと思います。
その中でも自由研究はもっとも大きなイベントだと認識しています。

せっかくの長期休みなので、
子供のなぜ?に対して寄り添って調べてみる経験が出来るので、
またとないイベントだと考えています。

しかし一方で巷では、
「1日で終える自由研究」なる書籍やイベントが数が多く、
とりあえず体裁を保つためのソリューションが多いです。

時間がなかなか取れない方もおられるので、
そういうニーズが大きいことは、時代の流れなのかと
少し寂しくも感じますが、
我が家では、敢えて時間をかけていきたいと思っています。

そのためにも子供に対して、
日常不思議だなと思うことや調べてみたいと思っていることがないか、
ずっとヒアリングを続けています。
すると出てくる出てくる(笑)。

・なんでものは落ちるのか
・なんで学校に行かなくてはいけないのか
・天気予報にはどんな種類(天気図や注意報等)があるのか
・雲はなぜできるのか
・なんでお金が必要なのか
・新幹線と普通電車で顔がなぜ違うのか
・○○駅(我が家の最寄り駅から出ている電車の終点)はどんなところか
他にも多数・・・

この中で小学1年生に出来ることをある程度交通整理をしなければなりません。

なんでものは落ちるのかは非常に深いわけで、
重さで落ちる時間は変わると思う?と聞いたら重いものが早く落ちると即答。
う~んでもさすがに大掛かりになってしまう。。。

学校に行かなくてならない理由も突き詰めて考えると面白いです。
勉強はなんのためにするのか、
集団生活の重要性などを整理するのも、1年生としては面白いかもしれません。

天気予報は身近に出来るし、難易度も調整が出来そうなので
興味があるなら良さそうです。
雲の仕組みはもう少し高学年になってからかな。。。

お金の金融教育の入り口として私は興味津々ですが、
これももう少し温めておきたいな~

新幹線と普通電車の件は、
空気抵抗とかをどう説明するか、、、
モックを作って減速実験をしてみるとかもいいんだけど、
これも1年生には早いかな。。。

駅の冒険も楽しそうですね。
駅の仕組みや沿線調査などをしても幅が広がりそうです。

というわけで、我が家は自由研究を複数テーマやることになるかもしれません。

子供の興味や関心がないと本末転倒なので、
それを大事にして寄り添って楽しい夏休みにしたいと思います。


人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り