十分な教育資金と老後資金のために


昨年に続いて、サンセイランディックの株主総会に参加してきました。

昨年とは会場が異なり東京駅からすぐの丸の内界隈の会議室での開催です。
昨年は神田駅から少し歩いた会議室でしたが、
本社を丸の内に移転したこともあり、
本社のすぐ隣のビルの会議室での開催です。

通勤客に混ざりいつもは通過している東京駅で下車して、
総会に出席するために会社とは違う所に向かうのも、
少しワクワクするものですね。

会場のビルまでプラカードを持った案内の方がおりまして、
迷うことなくビルに到着してエスカレーターを登ります。

すると底地くんが出迎えてくれます(笑)。
昨年はおりませんでしたので、今年デビューですね。

3277_soukai.jpg

社員の方が一緒に写真をお撮りしましょうかと
お声掛け頂きましたが、
それはなんとなく固持し(笑)、受付の様子という事で撮影しました。

中にはペアで撮ってもらっている株主さんもおられましたね。
いきなり癒されますが、
同時に開場から開会までの1時間余りの間、
着ぐるみに包まれた中の人は大丈夫なのかな、と
変なところが気になってしまいました。


会場のに入ると、まだ誰も来られていなくて、
とりあえず席を確保して荷物を整理していると、
いつも懇意にして下さっているIR担当の方にお声掛け頂きました。

というか、早くないですか~とかフランクで楽しくお話をさせて頂いていると、
社長もマイクの調整や確認などで会場にお越しになったので、
一言ご挨拶をさせて頂きました。


そういえば、優待クロスに忙しかったので
株主総会での質問事項をきちんと事前に整理出来ていなかったので、
入り口のホワイエコーナーの椅子で復習をすることにしました。

セルフサービスで無料のコーヒーを頂きながら、
短信や決算説明資料を再読し、
自分の決算精査記事などにもざーっと目を通します。

ただ、直近で東証IRフェスタ2017
相当な時間ブースに入り浸り(笑)、
色々勉強してきた後だったので、新たな観点はなく、
確認くらいかなという感じです。


いくつかメモを取っているうちに、いよいよ開会です。
株主数は昨年は70人位の印象でしたが、
今年は少し増えて100人弱程度でしょうか。(数えたわけではありません)


事務局席に朝お話させて頂いたIR担当さんも着席されており、
その後、役員が入室されて、10時の時報を待ちます。
事務局から開会宣言があり、定款の定めにより議長は社長という
いつもの案内で進んでいきます。


事業報告については映像ですが、ここはだいたい理解しているので、
復習のつもりで耳を傾けます。
対処する課題については、映像ではなく、社長が自ら説明ですが、
無難さを優先しているのか、招集通知記載の内容をトレースするものです。
元気で早口なのはいつものことですね。

この辺は昨年同様にさらっと流れていきまして、いよいよ質疑です。

去年の総会も感じたことなのですが、
QAに対して事務局席のメモ提供の速さですね~。
こちらが質問して一通りしゃべり終わった頃には、
既に手書きのメモが社長に手渡されているのです。


というわけで、やり取りで私のつたない記憶と、
冴えない解釈に基づいてメモを残しておきます。
なお、出来るだけ時系列で記載している点と、
他の株主さんの質問でよくわからないこともあったので、
メモの言葉でいまいちなんのこと?というのも含まれる点、
ご了承下さい。


【Q】
2020年に向けた営業方針は?

【A】
次期中計(来年開示予定)策定で検討しているところ。
既存の拡大と新規ビジネスのバランスをみて、
着実な成長を実現できる方針を策定中であるため、
来年の開示をお待ちいただきたい。


【Q】
不動産バブルはいつはじけるのか?

【A】
オリンピックまで待たずにシュリンクしてくると考えていたものの、
現状を見るとなんだかんだいって
オリンピックくらいまではもつのかなという印象。
但し、オリンピックの前後では確実に調整局面が来ると感じており、
これは不動産に限らず、
経済全般に調整局面が来る前提で捉えるべきと考えている。
なお、これらはあくまで私見として述べたものである。


【Q】
相続についてはどうか・・・
(何を聞きたいのは私には理解できず・・・)

【A】
相続税の対象者は4%から8%に大幅に拡大し、
その対象者が増えることは、
様々な面で当社の活躍フィールドが広がると認識している。


【Q】
前期末で従業員が3人の純減となっているが、
人員確保は生命線とも認識している。
減少の背景として何か働きにくさなどの諸問題が背景にあるのか、
その原因についてどう認識しているか。
また、人材獲得競争が激化する中で、当社の今後の状況はどうか。

【A】
前期末で離職した社員はいずれも個人的な都合である。
(雰囲気的には家業を継ぐとか結婚や子育て起因のような)
構造的な問題ではないものと認識している。
また足元の人材獲得の状況では特に新卒採用を積極化しており、
今年も5人を採用している。
丸の内に移転していることや東証1部上場による知名度向上が、
確実に獲得競争にプラスに働いていると実感している。
また人数の量より、質を重視しており、
教育をより重視していく方針である。


【Q】
2022年問題として生産緑地の宅地化の増大について、
当社の底地ビジネスなどへの懸念する面と、
新たな事業機会と捉えてチャンスと見る面と双方あるのではと思うが、
現状で脅威や機会としてどのような認識を持たれているか。

【A】
生産緑地の対応においては専業でやられている会社が存在している。
(へぇ~そうなんだ~~知らなかった)
当該会社からも様々な提案を頂いている最中である。
総論としての認識は、
今の不動産のニーズの状況や生産緑地の立地を踏まえると、
直ちに大量の宅地化が進むと捉えておらず、
従って現状の地価等に与える影響は限定的だと理解している。
この問題よりも、不動産ニーズそのものの動向という意味で、
少子高齢化が進むことの方によほど対策立案が求められることと思う。


【Q】
今期業績予想は、現中期経営計画の最終年度の目標額と比較すると、
下押しした業績予想となっているが、
これは株主としてどのように捉えたらよいか。

【A】
中計の数値を諦めたわけではなく、ここを目標にやっていることに変わりない。
業績予想はかなり保守的に策定しており、
それを必達しつつ、中計数値達成までをやり遂げられるよう努力していく。


【Q】
木密地域の打開に向けた対策は急務であると感じているが、
当社のようなノウハウをぜひ横展開してビジネスにすることはできないのか。


【A】
一番大事なことはやはりその木密地域にお住まいの方々の
意識だと感じているところである。
またその意識下にある要望を具現化するためにどうあるべきか、
それを深堀するために、
対象住民に対してヒヤリングすることに着手するつもりである。
一方で行政も当該問題に過大は感じているものの、
何から手を出してよいかわからないと混沌とした状況のようで、
すぐに形にはならないかもしれませんが、
行政をどこまで巻き込んで本気でやれるかを見通していくつもりである。


【Q】
民泊は法整備などの問題もありやはり難しいのか。

【A】
エアビーは法律上、現行法に照らすとグレーゾーンとなる。
当社はあくまで合法でやり遂げることを標榜するため、
最近では当社と近しい立場の百戦錬磨さんと
色々な面で連携する機会が増えたそうです。


【Q】
認知度向上や株式市場での存在感を確率するための整備をもう少し検討出来ないか。
例えば弁護士ドットコムのように会員制として
会員数の増減によって業績も変わり株価も騰落するが、
そういう会員数みたいな指標を例えば開示するなどどうか。
IRの積極化などでもう少し株価対策を検討してもらいたい。

【A】
株価対策としては原点である企業価値を高めて、
安定的な利益成長にこそ注力すべきことだと認識している。
そのためにも一義的には利益成長を確実に達成していくことと、
認知度向上のためにIR活動機会をより充実させていきたい。
この他、広告出稿なども踏まえて認知度向上も課題と捉えている。


【Q】
One'sLife社の赤字が前期にも足を引っ張っているように思えるが、
当該子会社をどう立て直すつもりか。

【A】
売上も16億計画に対して13.9億と未達となっており、赤字決算となっている。
今後の対策としては注文住宅の引き合いは依然と比べても強い事を踏まえて
そちらへの注力に沿うようにしている。
また物件仕入から施工、管理までを一気通貫して対処することも考える。
そのためにも親会社である当社とのシナジー発揮をどうするかを勧めていく。


【Q】
取締役の増員を検討しているようだが、
今回3名が新規で選定されている。
新たな役員を登用し、事業もより多角化していくとすると
本業がなおざりになるなどの懸念も気にしている。
今回新規登用の方のスキルは何であるか。

【A】
名古屋支店長の長を西日本を統括する立場となる。
また横浜支店長を首都圏の営業全般の立場。
コンサル他社ノウハウを社内に展開し、既存改革に長けた自分である。

前提として新規事業をやる→役員増ではなく、
役員増はあくまで「営業戦略の強化」が趣旨である。

多角化は原則やるつもりはないが、
不動産のシナジーが生まれやすい場合、
不動産という枠組みの中で新たな種を見つけていきたいとは思っている。
その過程では女性登用による女性のアイデアをぜひ活用したい。
その事も意識して定款を変えた要素もある。
(定款修正メインは民泊ではあるが・・・)

【Q】
定款の追記で「特定会社への出資」が挙げられているが、
何か具体的な案件を見据えたものか。

【A】
現状では石巻地域での復興再開発案件が大詰めであり、
今後特定目的会社の設立が必要になるかもしれないという点で、
今回のタイミングで追記することとした。
この他では特に現状具体的に検討している事実はない。

【Q】
機関投資家向けのIR活動は実績はいかがか。

【A】
Q2とQ4の後の決算説明会の場を設けている。
ちなみにそれ以外では個別に通期で44回の実績がある。



実は株主からの質疑応答を受ける前に、
仕入、配当、に関する質問が多いため、
先に回答案の説明がありました。(これは効率的ですね)


その後は、決議と新任取締役の照会があり、散会です。


去年は定規のお土産がありましたが、
そういえば今年は何もありませんでした。
私は全く気にしませんが、
株主からお土産がないという指摘がなかったことに安堵しました。


皆様にご挨拶を交わしてビルを後にしました。


※ここまで書いておいてなんですが、
特に見立てを変える新たな材料はありませんでしたが、
こうやって経営者と顔を合わせて議論するのはよいですね~


人気ブログランキングへ

【決算精査】 3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


前期実績は既に修正開示が出ていたので、
そのガイダンス通りの着地となっています。
特にサプライズもありません。(当たり前)

一応簡単に振り返っておくと、
売上は未達ながら利益は上振れで着地ということで、
特に4Qの巻き返しが強烈なものとなりました。

元々会社予想達成のためにはそのような計画でしたので、
今4Qもヒヤヒヤものでしたが、
終わってみれば順調な結果となりました。

売上と利益の兼ね合いについては、
元々居抜き物件の比率が高まることで、
利益率には限度があるという見立てだったようですが、
その居抜き物件の引き渡し時期の兼ね合いと、
利益率が確保しやすい底地が想定超に推移したことで、
売上未達ながらも、利益は上振れということになりました。

また、利益面でハードルがあがった状態での今期予想ですが、
またまた激しい下期偏重になっていますが、
きちんと増収増益を予定したものとなっています。
特に増収率は高く引き続き居抜き物件の比率が高まるとの予測の下、
増益率はマイルドではありますが、それでもハードルがあがった中で、
増益を確保している点は評価出来ます。

同社の業績を見る上での先行き指標である仕入状況は、
引き続き苦戦をしている印象ですが、
一方で年明けから仕入環境も改善がみられているようで、
実績として大型案件もいくつか仕入が進んでいるそうです。
(IRに電話で確認しただけですが)
また、同社の仕入から販売までのリードタイムは概ね半年なので、
今上期の仕入が肝になりますし、
それを踏まえた下期増収傾向の見通しは、
私は明るいものだと判断しています。
但し、なぜ年明けから仕入環境が好転しているのか、
その根拠には曖昧さもあり、単に偶発的なものと見ることも出来、
その点を今後注意深く見守ると共に、
短期的な優劣と構造的(社会情勢面での)な方向性とを
混同しないように長期でゆっくりみていきたいとも思っています。


前期の利益計画の超過とそれを受けての今期増収増益基調の維持、
そして増配による還元姿勢も見られる点、
そもそも想定通りにEPS成長も遂げている点は評価出来ます。
四半期毎の業績のブレなど相変わらずヒヤヒヤさせられますが、
全般想定通りに成長が継続しているものと認めます。

以上から、総合評価は「3」(想定通り)となります。




2.定量数値の確認

前期実績について一応確認しておきます。


(1)売上の推移

◆4Q累計
3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q累計)売上推移




◆4Q単計
3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q単計)売上推移



売上は計画未達でした。
居抜き物件の販売(引き渡し)が期ズレしたことが主因のようです。
まぁここはしょうがないですね。




(2)利益の推移

◆4Q累計(営業利益)
3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q累計)営業利益推移




◆4Q単計(営業利益)
3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q単計)営業利益推移



営業利益は底地の比率が増えたこともあり、
堅調に推移しています。
利益率も特に4Q単では18%と高水準となりました。
純利益についても同様のトレンドです。



◆4Q累計(純利益)
3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q累計)純利益推移




◆4Q単計(純利益)
3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q単計)純利益推移




(3)今期予想について

18%の増収
3.4%経常利益増益
8.9%の純利益増益
となりました。

内訳として上期の減収減益ぶりが半端ないですね(笑)。
前々期(15年12月期)の業績予想が出た時を彷彿とさせます。
確かあの時も驚いて一気に売られたものの、
最後は通期で増収増益できちんと着地を合わせて
株価も一時的に動意づいた記憶があります。

■今期(17年12月期予想)
3277_サンセイランディック(17年12月期予想)


■前々期(15年12月期予想)
3277_サンセイランディック(15年12月期予想)




もちろん今回も前々期と同様にこの下期V字回復を実現してくれる保証は、
どこにもありませんから、
やはり四半期でここまで不安定になることを許容できないとも
みられますね。今後の推移が楽しみです。



(4)セグメントの状況


不動産事業のセグメント利益率は25%と高いのもさることながら、
建築事業の利益率も一部長期化しているとはいえ、
前期比でも向上しています。

3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q単計)セグメント収益推移


仕入と販売の状況も貼付しておきます。

3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q単計)仕入状況推移

仕入はまだ十分とはいえませんので、
引き続き頑張った方がよいですが、
底地の仕入も回復しているようにもみえます。
件数が減っている割に仕入金額が向上しているので、
この辺りからも徐々に大きな案件が獲得し始めているという
IRのコメントともなんとなく整合している気もします。
まだ確固たるトレンドは出ていませんがね。


3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q単計)販売状況推移


販売も底地の金額が伸長しています。
一方で居抜きは一部引き渡しが伸びた影響もあり、
確かに伸長度合いは控え目ですね。


3.IR照会

直近の前期業績予想修正の際にも
IR電話していますが、
そのことも踏まえて、改めて今回IR照会しています。
最近IRに電話する事が多いですが、
毎回、忙しい中、真摯に丁寧に対応して下さり、
本当にありがたい限りです。

なお、記載内容は私の主観に基づいたものですので、
会社の見解から曲解されている可能性もありますので、
参考程度にお読みください。



まるのん
下期偏重傾向となっているが、
特殊な事情によるものではなく、
前期仕入の状況と足元の仕入状況を加味して、
このような結果になっていると認識すればよいか。
イメージ的には、前々期の状況に酷似しているが、
同様の状況と理解してよいか。

IR
その通りの認識で構わない。
前期の仕入は決して苦戦したわけではないが、
一時的の高水準の状況と比較すると
様子見モードになっていたところもある。
前期から引き渡しが伸びた比較的利益率の低い
居抜き物件などの収支計上の予定もあるが、
前半は販売は落ち込むことになる。
一方で仕入環境は改善しており、
大型案件の仕入も進み、下期に向けて玉込めをしている。

まるのん
利益率で見ると、通期の営業利益率が減少することになるが、
これは単純にポートフォリオの構成見合いによるものか。

IR
その通りである。特に特殊な収益悪化傾向があるものではなく、
仕入販売の案件として居抜き物件の比率が高くなるという前提で、
業績予想を作成している。

まるのん
今期予想は開示されている中計の2017年数値目標に達していないが、
これはどのように理解すればよいか。
中計の数値目標は諦めたということか。それとも目標としては掲げるものの、
「業績予想」としては現実的なところで置いたとうことか。

IR
中計の数値目標は当然諦めたわけではないが、
現時点でまずは出来る数値という意味で置いたものと理解頂きたい。
中計の推移については、社内でもストックオプションの行使条件を満たせるよう、
従業員一同鋭意努力を行っていく所存である。
経常利益46億を満たせるようにと考えている。
(前期、今期、来期の経常利益で42億で75%行使、46億で100行使)
※前期13.3億、今期予想13.7億なので、来期は15億~19億!?

まるのん
相変わらず、下期偏重のヒヤヒヤな内容だが、引き続き応援している。

IR
いつもありがとう。今月下旬に東証IRフェスタに出展するので、
ぜひお越し下さい。引き続き、よろしく~


特に新たな発見があったわけではないのですが、
ストックオプションの行使条件を強く意識している点は、
印象的でした。この行使条件を満たすために、
モチベーション高く従業員の方が活躍されるのは、
株主である我々にも恩恵のあることなので、
ぜひチャレンジしてもらいたいと思います。
42億水準でも来期は15億必要なので10%近い増益が求められ、
ハードルは高そうですがね。




4.株価推移

株価の動向ですが、
直近で現金比率の問題もあり売却していますが、
この推移表を見る限りはだいぶ下手くそな取引です。
まぁルールに照らして取った対処なので後悔はありませんがね。

3277_サンセイランディック(16年12月期_4Q)株価推移




5.さいごに

私は同社の目標株価算出において、
18年12月期予想EPSを121円で、
評価PERを12倍として1,450円としています。

今期予想EPSである114円を達成したとすると、
来期伸長率は6%程度となり、
元々の想定CAGR7%とほぼ同一です。
今期予想EPSの伸長は8%程度ですから、
まさに慣らすと7%程度になりますね。
というわけで、本当に見込み通りに成長を続けてくれています。

またまだまだ配当余力が低いながらも、
自己資本比率も少しずつ良化してくる中で、
気持ち配当性向も上げてきたようにもみえます(たまたまですね)。
今は配当より成長、また安定のために内部留保をして、
効率的に事業へ投資してもらいたいと思いますが、
四半期ブレをうまく乗り切りながら
のんびりと保有を続けていきたいなと思っています。



~なお、当記事は私の主観に基づき記載されていますので、
投資判断をされる際にはご自身の尺度で十分検討を行って頂くようお願いします。~



人気ブログランキングへ

【決算精査】 3076_あいホールディングス(17年6月期_2Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


上期計画が未達となり、
足元の株価の停滞感を反映したような決算です。

カード機器販売の販売落ち込みや情報機器の為替影響などが主な要因のようですが、
前者は元々四季報などでも言及があり、
今後の回復が待たれます。

為替の影響は止む無しですので、全部が悪いというわけではないですが、
一部のセグメントで販売低迷や販管費の上昇が見られるようですから、
このあたりの対処は今後注目だと思っています。

特に足元の状況のサマリはあまり変化がないので、
論点もありませんが、同時にストレージ会社との業務提携が開示されています。

足元でやや鈍さが見られるものの、
大きく構造的な問題が主因というわけでもないため、
想定通りの内容ということになります。



2.定量数値の確認


(1)売上の推移

◆2Q累計
3076_あいHD(17年6月期_2Q累計)売上推移


◆2Q単計
3076_あいHD(17年6月期_2Q単計)売上推移


2Q単では減収ということで、
足元ではやや弱さが見られる内容です。
1Qからその傾向があったのですが、
そもそも足元の状況で投資をしているわけではないので、
とりあえず静観です。



(2)利益の推移

◆2Q累計(営業利益)
3076_あいHD(17年6月期_2Q累計)営業利益推移



◆2Q単計(営業利益)
3076_あいHD(17年6月期_2Q単計)営業利益推移


利益面では、利益率が向上しており、
売上で弱さが見られるものの、増益を確保しています。
ただ、そうはいっても増益幅は小幅でもう少し力強さが欲しいですね。
もちろん、今というより、今後のMA含めた政策に期待しているため、
今の足元は参考情報程度に捉えています。

純利益も同トレンドです。


◆2Q累計(純利益)
3076_あいHD(17年6月期_2Q累計)純利益推移


◆2Q単計(純利益)
3076_あいHD(17年6月期_2Q単計)純利益推移




(3)利益の状況と今後の見通し

足元の状況云々は割愛します。


(4)セグメントの状況

銘柄分析シートにセグメント情報を貼付しています。
サマリに記載の通りですので、詳細は割愛します。


3.IR照会

今回は実施していません。



4.株価推移

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

3076_あいHD(17年6月期_2Q)株価推移



5.さいごに

同時リリースのストレージ関連の会社(米国)との業務提携を開示しています。
こちらの方がよっぽども詳細を調査する意義がありますが、
まず、米国会社ということもあり、情報量が少ないです。

まず会社名を調べてみると、
日本オフィスが同社のIoT推進室となっています。
というか最近株主になったせいか、そんな気の利いた推進室があったのか、
とちょっと驚きました。
同社のことをIoT関連と捉えている雰囲気は感じていなかったので、
ちょっと意外でした。(良い意味で)

提携先の会社の説明ですが、以下の通りだそうです。

ProphetStor 社の製品は、使用できるシステムが特定ベンダーに限定されないため、複数ベンダ
ーのシステム間の統合や汎用サーバーの利用が可能であり、また、人工知能(AI)を利用した処理
の効率化、自動化、情報の分析、システム故障の予知の機能を有しております。



マルチベンダーであるだけでなく、
既存のベンダー間の統合化や汎用サーバーにも対応が出来る点は、
活用シーンが大きいと思われます。
加えて、マイニングなどの分析エンジンも備えているようで、
この部分はどの程度使えるエンジンかということはまだわかりませんが、
時流を踏まえた方向性であることは良いことだと思います。

最近ではよくクラウド化が流行りですが、
クラウド化の前提としては、
大量のストレージを備えたサーバーが必要なわけで、
かつそこでの処理能力や分析等の付加価値が、
クラウド提供事業者からは求められる点も必然であり、
これらの要求に対して、米国内で基盤分野の特許を持った会社であることから、
一定の技術力もあるものだと推察できます。
もっとも、特許を持っているから優位性があると結論付けるには浅はかなのですがね。


いずれにせよ、このリリース文からですと、
市場環境としては記載のある通り
成長分野であることは変わりなく、
有望だなという第一印象です。
ただ、競合状況における優位性やポジショニングがまだ、
わからないこともあり、現時点では評価が難しい感触です。

今後、少し勉強しないといけませんね、、、

いずれにせよ、佐々木社長の嗅覚が反応していると思われるので、
今後を楽しみにしていきたいと思います。


人気ブログランキングへ

2017/2/14追記
3.IR照会の箇所に、決算発表翌日に開催された、
同社の個人投資家向け説明会の様子を追記しました。



【決算精査】 3276_日本管理センター(16年12月期_4Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


相変わらず精度の高い着地ですね。
利益については1%の誤差もないですからね。

月次管理戸数が不調だとか、
不動産関連は危ういとか色々言われますが、
結局会社が目指している通り、
何のサプライズもない結果となっています。

市場の興味は既に今期予想並びに
中計UPDATEに向いているでしょうが、
こちらも個人的には想定通りの内容でした。
ただ、従来の20%成長の継続を信じていた方からすると、
利益成長が15%以上となっていることから、
ネガティブに映る方もおられるかもしれません。

但し、少なくても数枚のペーパーを読む限り、
私は新中計を好感して読みました。

既存進化と新規開拓のバランスを取った事業戦略に加えて、
エクセレントカンパニーの創造という、
定量面の価値というより、
定性面の価値についても言及がなされている点は、
今後のトレンドをきちんとわきまえたものという印象です。

特に好調が続く環境下において、持続可能性への配慮や、
従業員への働き方改革などにも配慮が見られており、
時価総額1000億はまだまだ先ですが、そういう体格の企業に向かっている、
そんな実感が伴うものと感じました。

本決算並びに今期予想、中計の内容全てが
私の中での優等生である同社の期待通りの内容であり、
想定通り「3」の評価となります。


2.定量数値の確認

一応、本決算が出ているので、
前期実績について確認しておきます。


(1)売上の推移

◆4Q累計
3276_日本管理センター(16年12月期_4Q累計)売上推移



◆4Q単計
3276_日本管理センター(16年12月期_4Q単計)売上推移


予想の400億には僅かに届きませんでしたが、
月次管理戸数が芳しくない中でうまくタクトを振って
うまく着地させてくれました。



(2)利益の推移

◆4Q累計(営業利益)
3276_日本管理センター(16年12月期_4Q累計)営業利益推移



◆4Q単計(営業利益)
3276_日本管理センター(16年12月期_4Q単計)営業利益推移


元々、前期4Q期間はイーベストのリカバリの効果があったこともあり、
前期比で見ると4Q単では減益となっていますが、
そもそもそんなことも承知の上で、きちんと着地見込みに合わせてきた印象です。
順調に推移したとみてよいと思います。
純利益も同様ですね。


◆4Q累計(純利益)
3276_日本管理センター(16年12月期_4Q累計)純利益推移



◆4Q単計(純利益)
3276_日本管理センター(16年12月期_4Q単計)純利益推移



(3)今期予想について

元々、20%増益を前中計でコミットしておりましたが、
数値規模も大きくなってきたことからも、
その継続は難しく、今後は成長率はマイルドになると認識していました。

CAGRは15%前後の10%台になると認識していましたが、
概ねそのような内容となっています。

とはいえ、EPS成長率は19.3%とほぼ20%水準を満たしています。
自己株式購入などの効果でしょうかね。

次期見通しの定性情報として、
個人への貸家業への融資残高の上昇に対する危機感をきちんと明文化して、
認識したうえでの見通し開示となっており、
少なくても過去の実績を見ると、高い確度を持った数値情報と思います。

既存事業の深化だけではこれを成し得ないと思いますので、
新規種まきが収益化に貢献してくるこれからの動向次第で、
市場からも再度評価されてくる局面があるかなと思います。

あとは配当性向をコミットしていることから、
業績成長に応じて増配となるわけですが、
確かに40%以上は満たしていますが、
もう少し配当出してもらえてもよかったかなと欲を感じましたが、
まぁ単なるわがままなのでいいです。

全般、よい内容だと思います。



(4)セグメントの状況


売上のみの開示となっています。

3276_日本管理センター(16年12月期_4Q)セグメント売上推移(内訳)


不動産収入が踊り場となっていますが、
今後この部分をどう再加速させていくかと、
新規領域での積み上がりがどのようになっていくかに注目です。

パートナー企業の獲得が停滞していることも、
加盟店収入の横ばい傾向の要因にもみえます。

どうしても好況期ということもあり、
今はパートナー企業を獲得しにくい状況でしょうから、
今後パートナー企業の獲得が進むと、
地場の不動産会社などが危機感を持ち始めていると、
先行指標にもなるかもしれません。


3276_日本管理センター(16年12月期_4Q)加盟店数推移


また踊り場の状況を示す管理戸数の動向も貼付しておきます。

3276_日本管理センター(16年12月期_4Q)月次管理戸数推移

意図的にリソース配分を他に回しているようで、
その説明も合理的と感じており、
いちいちこの動向に一喜一憂するのはやめました(笑)。



3.IR照会

2017/2/14追記

決算翌日に個人投資家向け説明会が開催されました。
証券アナリスト協会主催の説明会にエントリーしており、
決算開示翌日、しかも中計開示後のこのタイミングとはにくいですね。

武藤社長のプレゼンは相変わらずで、
今回も洗脳されてきたわけですが、
内容について少し追記しておきます。

あくまで私の解釈を元に記載しており、
会社見解と異なる点もあることはご了承下さい。


・前中計では、15.12期は正直辛かった。
 ゴリゴリ営業して頑張った。

・今後の高成長を持続するためにも、
 新中計について株主にもご理解を頂きたい。
 (20%→15%のことを指しており、それなりに苦悩があったとみられる)

規模が大きくなったこともあり、
一旦20%成長の持続を見直してブラッシュアップが必要と判断した。
但し、今中計で十分なブラッシュアップを図り、
新たな道筋をつけて、
再度20%成長の基軸を回復させられるよう努めていきたい。

・エクセレントカンパニー志向について
元人事マンとして、従業員の満足が
ひいては株主の価値にも繋がるはずと信念を持っている。

新終身雇用という形態として、
総合職と一般職の合間の業務職の新設など、
従業員のダイバーシティを認める制度を創設していく。


・JPMCデポという志向で、部材や建材など大量調達によるコスト削減など、
同社自身がデポとして機能するやりかたをもっと深堀りする

・自社からのIT活用が遅れている課題に対して、
もう少しIT化を充実させていく。
JPMCアプリを開発中で、今後春にかけてリリース予定。


・今期予想では収益物件による売却益は織り込んでいない。
現在自社でも10棟ほど保有しているが、
簿価と時価がそこまで益が出ている状況でもなく、
むしろインカムで十分な収益を上げられる構造となっている。


Q 新中計の達成に当たり、どのようなリスクやポイントがあるか。

→前中計でもそれぞれの年度で苦労もあったが、
全社一丸となり達成してきた。
今中計についてもそこまでのリスクや高いハードルは想定していない。
むしろ15%成長はやや保守的に最終的に出来る計画を出している。

Q 20%への回帰については、新中計期間中に達成するのか、
 2019年以降の次期での話なのか。

→(曖昧であったが)次期中計である。
 ただ、今中計についても、あくまで15%「以上」とつけているので、
 その水準は常に意識していく。
 繰り返しになるが、保守的に出来る計画を出している。

Q 他社提携の見解は。

→LIXILさんなどと部材建材の調達などで連携をしているし、
 その他でも必要なアウト―ソーサーとは連携している。
 むしろ、同社は積極的にアウトソースすべき点は、
 どんどんアウトソースしてコアコンピタンスを活かすやり方を目指している。
 但し、ご質問の通り、新たなハウスメーカーやリノベーションメーカーとの
 提携については、我々がフィーを払ってまでの価値がないと判断して
 あまり積極的ではないのが実情である。

Q 金利上昇などリスクは?

→確かに外部環境の変化によるリスクには常にさらされている。
 ただ、スモールユニットであるため、
 競合のメーカー系と比較すると、環境変化には比較的柔軟に対処できると、
 考えている。そのため、リスクは当然あるが、それをうまく受容して、
 対処していけるだけの体制を取っていると認識している。

 よく指摘される後継者問題についても、
 そもそも私はまだ元気だし、若手層も十分育成されてきているため、
 心配していない。



これまであまり強調されていなかった点として、
従業員への配慮、IT活用、確度ある計画が印象的で、
現成長基軸のブラッシュアップとして
金融の立ち上げ、ふるさぽの強化など個別論点も説明されていました。
ビジネス環境の構造は特に大きくこれまでの説明と変更はありませんでした。

この辺りは、今後UPされるだろう決算説明会の動画なども改めて視聴して、
よく復習しておきたいと思います。




4.株価推移

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

3276_日本管理センター(16年12月期_4Q)株価推移


この推移表を見ると、そろそろ買い増ししたい水準ですね(笑)。
既に比率が高いので、どうしようかなという感じですが。


5.中計について

今回の一番の見どころであった新中計ですが、
個人的には特にサプライズはありません。
一応、経営目標を再掲しておきます。

(1)3ヵ年計画における毎年の利益成長率は 15%以上を目指す。
(2)株主資本利益率(ROE)は3年間を通じて 30%以上を確保する。
(3)配当性向は3年間において、40%以上を目途とする。



(1)の利益成長は、前中計は20%以上でしたから、
成長鈍化側になりますので、ネガティブ視されるでしょうかね。
私は、かねがね20%成長は修正されると感じていましたから、
特に驚きもありません。
数値規模が大きくなるとどうしてもずっと20%というのは難しいし、
出来る計画した出さないという趣旨からすると、
当然このような内容になると考えていました。
従って、従来の強いコミットメントがあるのであれば
私は十分な内容だと思います。

(2)は従来のROE30%維持を堅持ですね。
こちらは、自己株買いなどの財務戦略も必要に応じて検討されるようですので、
うまく資本効率を意識した経営を目指すことは不変です。
株主としては大変心強い目標だと感じます。

(3)は成長性を20%から減少させる代わりに更なる配当性向の向上を
実はちょっと期待していましたが、従前の方針を維持する内容です。
高いROEの維持という目標も掲げているので、
この辺りはうまくバランスを見ていくのではないかと思います。


ちなみに定量目標からざっくり19.12期のEPS予想を計算してみると、
自己株買いなどの効果は無視して純利益ベースでみてみると、
110位になるかなと思います。
実際には自己株買いなども行われる可能性もありますので、
110から120位ということかなと思います。
今の株価1326円からみるとPERは11倍程度になることになります。
う~ん、やはり魅力的だなと思いますね。(買い煽りではありません)


既存の深化についてですが、
サブリースとイーベストは自然体でも鈍化はしないと思いますが、
成長を牽引するためには、特にサブリースはどういう方向になるのでしょうか。
新中計を読むと、いずれ地方を中心に収益性が低下して、
苦労するオーナーが増えてくることが、
益々同社の追い風になると読めますが、
そういうタイミングがうまく合うのかはよくわかりません。
それから、金融事業の収益化はまだ具体的に見えてきていないので、
(私個人が認識出来ていないという意味で事業はきちんとされていると思いますが)
その点は評価が難しいなと感じます。
金融事業の延滞保証などが具体的にどの程度浸透していて、
数値面でどう表れてきているのかはどこかで見たい気持ちもあります。

新規事業としては、「賃貸管理業」に関わることを仕掛けたいようです。
IT重説なども含めて、今後賃貸のフローや管理面での事業化に
余地があるということなのでしょうね。
ここも具体的な発表を楽しみに待ちたいところです。

エクセレントカンパニーの創造というが同列に語られていますが、
こちらも好感が持てます。
株主としては、自己株買いも含めた効率経営へ言及があるのは、
良いことだと思いますし、社員や社会への必要と認められる企業形成は、
武藤社長が人事畑で苦労した逸話からよい会社にするという強い意思を感じます。


環境分析が丁寧に記載されていますが、
こちらもひとつひとつが納得性のあるものです。

不動産がプチバブルで貸家の実需への懸念など取り上げられますが、
そういう環境を十分認識した上で、
それを機会と捉えようという内容で、
かつそれを無理なく合理的に分析しているので、
この点もよい内容だなと感じました。

ふるさぽへの注力についても言及があります。
かつて介護関連銘柄にも投資していたので、
この分野はうまくやれば十分成長産業になると実感していますので、
国策の状況をうまく見ながら投資を進めて収益化をして欲しいと期待します。


いずれにしても私は完全に武藤社長信者なので(笑)、
完全なる色眼鏡状態かもしれませんが、
今後も主力銘柄として応援したいと思える内容となりました。


~なお、当記事は私の主観に基づき記載されていますので、
投資判断をされる際にはご自身の尺度で十分検討を行って頂くようお願いします。~



人気ブログランキングへ

【決算精査】 2475_WDBホールディングス(17年3月期_3Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング

前回の2Qでも計画上振れでしたが、
その好調さが続いて全般的に好調な決算となっています。

外部環境として、有効求人倍率も良化しており、
技術職や研究職に対する需要も底堅いため、
この好調決算は想定通りの内容です。

CRO事業などの種まきもしながら、
大幅な増収増益決算となっていますので、
ポジティブに捉えています。

同時に優待と、新たな事業の子会社設立のリリースがありました。
優待は実はここ何回か実施していたものを、
正式な制度としたものなのです。
特に驚きはありませんが、どう反応するんでしょうかね。

子会社設立の件は、インターネットを介した各種情報提供サービスだそうで、
全くなんのことかわかりません(笑)。
一応IRに電話して突っ込んでみました。

前回の決算でもややポジティブに近い、
想定通りの評価としましたが、今回も同様の評価です。

一方で、今の好調さがどちらかというと外部環境に助けられている要素も強く、
もう少し同社自身の潜在力なり姿勢の「変化」が、
主体的に機能していると判断出来るまでは想定通りの評価を継続します。

以上から、総合評価は「3」想定通りです。
但し記載のようにややポジティブ「4」に限りなく近いものとなります。



2.定量数値の確認


(1)売上の推移

◆3Q累計
2475_WDB(17年3月期_3Q累計)売上推移



◆3Q単計
2475_WDB(17年3月期_3Q単計)売上推移


特にどの事業なり領域なりが好調というわけではないのですが、
全般的な好調が継続しており、前期比で10%程度の増収が続いています。
新設した事業所も概ね順調に推移しているようで、
今後の売上寄与にも徐々に貢献も見られると思いますし、
海外を含めたCRO事業の受注も順調のようですし、
こちらも今後緩やかに寄与してくれるものと期待しています。
特に論点はなく、順調なのね、で終わりですね。




(2)利益の推移

◆3Q累計(営業利益)
2475_WDB(17年3月期_3Q累計)営業利益推移




◆3Q単計(営業利益)
2475_WDB(17年3月期_3Q単計)営業利益推移


営業利益面で見ても利益率は10%を超えて好調に推移しています。
こちらも2Qの時から特に変調はなく、継続して安心してみていられる状況です。
粗利率、販管費率の内訳も特に変化がありません。
また、純利益ベースでもトレンドは変わりません。
利益率がこの3Q単で一時的に上昇していますが、
経常利益ベースまでは営業利益と同トレンドなので
あまり着目すべき事実もないでしょう。


◆3Q累計(純利益)
2475_WDB(17年3月期_3Q累計)純利益推移



◆3Q単計(純利益)
2475_WDB(17年3月期_3Q単計)純利益推移







(3)利益の状況と今後の見通し

上期決算で計画超過の際にも修正はありませんでしたが、
さすがに今回は通期の修正があるかなと思っていましたが、
修正ありませんでした。
前回のIR電話の際にもいわゆる東証基準に抵触するかどうかで、
修正を決めているようなので、まぁさすがに30%は上振れないかという
ことなのだと思います。


<今期の通期会社予想>
売上 33,081百万円
営業利益 2,827百万円(8.5%)
純利益 1,696百万円(5.1%)

<今期の4Q会社予想>※3Q実績から通期予想の差分
売上 8,980百万円
営業利益 347百万円(3.9%)
純利益 267百万円(3.0%)

<前期の4Q実績>
売上 7,723百万円
営業利益 759百万円(9.8%)
純利益 467百万円(6.1%)


まず売上については、前年比16%増収が必要で、
こちらはハードルが高い印象です。
ここ3四半期はずっと10%前後の増収ペースなので、
4Qで急にこれが16%まで向上する根拠はありません。
従って、売上は未達濃厚でしょう。(念のため、IRに電話します)

次に利益ですが、こちらは逆に保守的過ぎるというか、
何か4Qに費用先行事象でもあるんですか?という状況です。
前年比で半額程度まで落ち込むことになります。
売上が未達だろうことを考慮しても
営業利益率で5%弱程度でしょうが、
過去を遡ると、リーマンショックの影響を受けた、
2010年3月期で4%程度ですから、
要するにこの程度まで落ち込むことになりますが、
まぁそんなことはないでしょう。

売り上げは前期比10%程度の増収ということであれば、
4Q単で8,500百万円程度でしょうから、
通期累計で32,600百万円が着地ポイントと思われます。
また営業利益率は10%を継続すると考えると、
4Q単で850百万円となり、通期累計で3,330百万円となります。
同様に純利益率は5.3%程度で、4Q単で450百万円、
通期累計で1,880百万円と皮算用できます。
もしかすると、支店新設やCRO事業のコストなどで、
少し4Qで支出して着地を調整するかもしれず、
少し利益は下ブレルかもしれませんが。

以上を整理すると、通期予想は、以下となります。

<今期通期の独自予想>
売上 32,600百万円
営業利益 3,330百万円(10.2%)
純利益 1,890百万円(5.8%)

会社予想比で売上は1.5%の未達、
営業利益は18%程度の上振れ、
純利益は11%程度の上振れとなります。

これに伴い、会社予想EPS84.6を支持していましたが、
独自予想EPSを93へ修正しています。
但し、増収増益への強いコミットメントが会社にはありますが、
一旦長期的な目標株価の前提である
19.3期のEPS102は変えずにいきたいと思います。
それは冒頭にも記載の通り、
同社の潜在力などに起因する変化がまだ確実視出来ないためです。
もし社長メッセージのように活路が顕在化してくると、
長期的にも更なる目標株価の上昇も期待出来ると考えます。


(4)セグメントの状況

人材サービス事業でほぼ決まる現状というのがわかるように、
同一スケールに各セグメントの収益をグラフ化しています。


私が貼付した以下のものは四半期単計です。

2475_WDB(17年3月期_3Q単計)セグメント収益


こちらも特にこれまでと変化ないですね。


3.IR照会

まず通期の修正をしなかった点について、
会社認識がどのようなものか念のため確認します。

また子会社設立のリリースはこれだけでは、
何をしようとしているのか、シナジーが何か、
全くわかりませんので、一応突っ込んでおきます。

最後に今期の好調さにより来期以降のハードルが高くなるが、
その点の認識についてですかね。

※私の主観によりサマリしていますので、投資判断される際はご自身で確認下さい。




まるのん
3Qも引き続き好調に事業が推移しているが、
売上面では通期予想の達成が難しいように見える。
10%増収だったものが4Qで16%程度増収となるのは、
何か根拠があってのものか。

IR
確かに売上面ではハードルが高いという認識を持っている。
社内では利益重視の姿勢のため、まずは利益をきちんと出していきたい。
(実質的に未達可能性を否定しなかったと私は判断しました)

まるのん
一方で利益については、会社予想を支持すると、
4Qで大きく利益率も下がり額面も前期比でも半額程度まで下がることになる。
何か特別な支出を予定しているのか、もしくは保守的だという理解か。

IR
特別な支出は特に予定はしておらず、保守的というわけでもなく、
きちんと利益を出していきたいと考えている。
なお、修正については、東証基準を想定した時に、
そこまでの状況と判断は現時点ではしていないため、修正開示は出していない。
今後必要があれば・・・。
(計画超過は実質認めたものの、+30%まではないということと理解した)

まるのん
同時にリリースしている子会社設立の件がリリースされているが、
インターネットを介した情報提供事業だけでは全くわからないが、
どういったビジネスになるのか。また既存事業とのシナジーは考慮しているのか。

IR
現時点で開示しているのは記載の通りであり、
今後具体的な事業内容をリリースする予定であるためそれを待ってもらいたい。
既存事業と全くかけ離れた新しいことというわけではなく、
既存事業とのシナジーも想定したものにしようと考えている。


まるのん
このような曖昧なリリースだと内容がわかりづらいため、
ぜひ早急に開示をお願いしたい。どの程度で我々が把握できるようになるか。

IR
出来るだけ早く、半年までいかない数ヶ月の間にきちんと開示したい。

まるのん
来期以降の成長性についての認識について質問したいが、
今期にだいぶ好調さを持って推移していることで、
相対的に来期以降の成長をどのように認識したらよいか気になっている。

IR
同社では増収増益基調はきちんと守っていきたいと考えている。
ただ、確かに今期が好調という背景もあり、
今後も成長していくためには、現時点で投資投下しているCRO事業などの
他事業の立ち上がりによるものと、
既存事業の拡大(エリアなど)が必達だと認識している。
投資家の期待に応えられるよう、今の種まきを収穫することで、
安定的成長が継続出来るよう社内でも議論している。

まるのん
優待新設について、なぜこのタイミングで正式な制度としたのか。
また長期保有優遇や保有株数に応じた傾斜の検討はされたのか。

IR
これまで1回のみの優待実施ということを続けてきたが、
投資家から正式な制度とする要望が強いことを受けて、
その要望を受けて、まずは一律の制度として設定したものである。


今回も前回同様、丁寧なIR対応でした。
全般的に満足しました。


4.株価推移

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

2475_WDB(17年3月期_3Q)株価推移


図の中で赤色矢印が主に買いを入れたタイミングです。
目標株価は10%成長でPER15倍水準で、
現状でいえば1530円となります。
前述のように今後目標株価の修正を検討してもよいかなと
感じ始めています。
来期予想の開示など、同社の潜在力の変化がより強く見られれば検討したいです。


5.さいごに

PTSで目標株価を超える株価が付いていましたが、
これには驚きました。
恐らく誤発注かと思いますが、こういうこともあるのだなと思いました。

もし仮に直近で目標株価の1500円台に突入することになれば、
少し対処には悩みそうです。

人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り