十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


ソーシャルワイヤーの株主総会に参加しました。

私の率直な印象について、独断と偏見に基づく解釈により、
レポートとして残しておきたいと思います。
(個人的な解釈ですので、ご自身で投資判断等はご判断下さい)


当日は雨が降りしきる中、
会場の最寄り駅である外苑前に向けて地下鉄に乗車します。

外苑前といえば、伊藤忠商事の本社があり、
そういえば早朝出社が奨励されていて、
朝食が提供されるんだったな~なんて思いながら下車します。

明らかに商社マンかなという印象の
ちょっとお洒落で出来そうなお兄さんやお姉さんを横目に、
私は会社を休み、株主総会ということで
どちらがいいものかと思いながら風雨に傘を奪われながら
会場に到着します。


会場は、ホテルや綺麗なオフィスとはいえない、
まぁ雑居ビルのような入口です。
ですが、その会場ビルはソーシャルワイヤーのインキュベーション事業の
拠点のひとつである青山オフィスが入居しています。
その共通会議室である大会議室が会場となっています。

大会議室といっても私が知る「大」会議室ではなく、
椅子の数が30席程度の容量の広さです。
というか、この程度しか用意されていないとすると、
これはエイジアと同等レベルだなとちょっと心配になりました。


開始時間が10時でしたが、
私はだいたい1時間前には到着している通り、
今回も9時過ぎに到着をしました。
ですが、受付は9時30分からですと案内されます。
待合室もなく、狭い廊下だけのため、
一度1階に降りてカフェで準備をすることにします。
改めて決算説明資料などに目を通して復習をします。

私のように早めに到着する人は奇特なのだと自認していますが、
受付開始が9時30分からと決まっているのであれば、
招集通知に明記して頂けるといいですね。
まして自社の拠点で運営しているので、
ある程度運営にも自由度があると思うのですがね。
これまで10時開始の総会で、
9時過ぎに到着してお断りされたことはなかったので、
少し意外に感じました。

開会の20分前で会場にいたのは、私ともう一人の個人株主だけです。
その過疎ぶりに少しドキドキしてきました。
会社側の席は監査役も含めれば10人を余裕で超えますので、
不均衡感が強くてなんか緊張してしまうんですよね。。。

開会10分前になって、
ようやく背広族の方が数名いらっしゃいました。
機関投資家なのでしょうか、会社側もより丁寧に対応されていました。

結局なんとか会社側の人数と同等くらいの人数が集まり
開会となります。

社長を議長とする旨、宣言され監査役からの監査報告など定型通り進みます。
議決権行使の状況ですが(聞き間違いがあるかもしれません)
403人/1744人 20850個/27320個で

事業報告及び対処すべき課題までを社長がプレゼンしますが、
招集通知はほとんど使わずに、
決算説明資料などを引用したパワーポイント資料を活用した
プレゼン形式で進んでいきました。

内容そのものは再三復習もしていたので、
ん?と思うようなことは一切なく、
新しいインプットは特にありませんでした。

先行指標となるKPI情報や人材投資が
成果に繋がるまでに課題があった点や、
一方でそれは克服できている点、
それが業績結果にも出ている説明があります。

説明を通して受けた印象ですが、
やはり成長のためにトップラインを上げることが
まずは至上命題でありそれは順調なものの、
会社規模がまだ小さく、
社内の様々な課題や試行錯誤の段階で
どうしても利益がまだ凸凹してしまう構造に対して、
冷静に受け止めていました。

とにかく利益倍増計画だ~と熱を帯びるわけでもなく、
今後は売上同様のトレンドで利益も安定的成長軌道に
まずは乗せられるような段階へシフトチェンジをしていきたい、
そのようなマネジメントへの冷静な決意があるように感じました。

それからインキュベーション事業のうち、
とりわけ国内が好調であるという認識はまだ変わっていないようです。
また仙台などで森ビルブランドの扱いが出来たことなどを取り上げ、
上場による信用力向上が寄与しているという認識を強調されていました。
これが事実だとすると、やはり本則市場への昇格も視野にしていると
思います。まだ形式要件が満たせていないため、
少し先になるでしょうが、ゆっくりでいいので目指して欲しいなと思います。

ただ、インキュベーション事業の堅調さは、
今のオフィス需要の高止まりなどが背景にある事も事実であり、
外部環境の変化によっては大きく収益構造が崩れるリスクもあると考えており、
この辺りは前のIRセミナーでも質問しましたが、
引き続きチェックしていきたいと思っています。

社長が誠実にプレゼンをされたのち、
配当金剰余の件、取締役選任の件、ストックオプション付与の件と
上程されたのちに、質問タイムです。
もちろん、私も挙手しますが、
元気よく「はい」の掛け声と共に挙手したご老人が1人目です。

元気よい発声と共に何を質問するんだろうと、
他の方の質問にも興味があったのですが。


株主
当社には外国籍の従業員はいるか。
何人いるか。

社長
いる。
本体で3人ですが、海外子会社含めて現地のインキュベーション事業の
オペレーションは全て現地採用しており、
その方たちを入れると多数である。

株主
東芝やシャープのように日本人の経営だけでは
様々な不安がある。
A社は・・・でB社は・・・で(と世間話に脱線していく・・・)

社長
すみません、質問等はコンパクトにお願いします・・・

株主
要するに海外の方のセンスも入れた経営をしてもらいたい。
(ということが言いたかったと私は解釈しましたが)

社長
幹部級でも1人は外国籍の方がおり、
営業進捗等をトップマネジメントしている幹部会議にも
出席しており様々な議論に参画してもらっている。
なお、当社としては特に国内籍、外国籍を意識することなく、
採用から人事まで境なく対応していきているしそのようにするつもりである。
日本人だから、外国人だからというような枠組みは意識していない。


というわけで、まぁ仰りたいことはわかりますが、
東芝やシャープが抱えているような
コンプライアンスの諸問題は別に外国籍の人のどうこうではなく、
社長を始めとした経営のスタンスというか文化の問題であり、
当社に当てはめて考えると社長の影響力がより大きいため、
社長のコンプライアンス意識を正すのが先かなと思いました。


さて私の番ですね。



ニュースワイヤー事業の今後の見通しについて、
収益は単価と数量で決まるわけだが、
単価は様々なオプション機能を拡充し、
ディスカウント圧力を交わして横ばいで維持する一方で、
配信数を増やしていくことが戦略と認識している。
数量を増やしていく上で、既存先の深堀と新規先の拡充と
2つのやり方があると思うが、現状と今後の対応方針はどう考えているか。

社長
当事業の構造として既存先9に対して新規先1ということで、
圧倒的に既存先に偏在しているのが実情である。
このためまずは既存先でのリピート回数を増やすということを
第一に取り組んでいるところである。
一方で新規先はインターネット広告チャネルからの流入ということで、
例えば販管費で人のローラ作戦のような営業をかけてということは、
考えていないしやっていない。
また当事業では現在は人の手を介して対応している箇所のうち、
何らかの工夫によって対応工数を半分、1/3と削減させることが出来れば、
そこで浮いた稼働について要員の適正化や新規事業へのリソース配分などを通して、
収益構造を改善させることが出来るのではないかと考えている。


インキュベーション事業について現状では国内と海外でそれぞれ独立した
顧客層が入居しており、旺盛な需要にうまく対応して
徐々に増床して拡大しているものと認識している。
今後もこの好調なオフィス需要が続く限り、丁寧に付加価値をつけて、
増床を段階的に進めることで、レンタルオフィスとしての収益は少しずつでも
成長していくものと考えているものの、
もう少し長く野心的な展望として当事業としてどのような姿にしていきたいと考えているか。

社長
そもそも当事業をレンタルオフィス事業と銘打っていない。
レンタルオフィス業界の雄になるためにそこでスペシャルになろうとは考えていない。
あくまでレンタルオフィスというハードなファシリティを提供することは、
その後の新規ビジネスを育成する事業拠点としたいという意向があり、
ソフトのサービスの提供や更なる開発のために展開しているという面がある。
当事業のハードな部分の提供で一定の収益基盤を確保しつつ、
ソフトな部分で更なる付加価値創造を提供していけるようにしていきたいと考えている。


対処すべき課題にも記されている中でに人材育成について質問させて欲しい。
人材育成では当社では特に全く新しいイノベーションを創造するための人材育成の軸と、
既存の事業を如何に生産性高く運用するかオペレーションにおける人材育成の軸とが
考えられると認識しているが、
育成に当たってどのような軸を大事にしていきたいと考えているか。

社長
指摘のように双方が大事と考えている。
組織力管理という面でのマネジメント力の強化がまず大事と捉えている。
これは今後当社事業がスケールアウトしていく上で前提となるものと理解している。
また、商品力・企画力を追求するための新規性を見出す活動を養いたいとも思っている。


全般的にはもっと深堀して聞きたかったのですが、
個人投資家向け説明会も予定されていますので、
まずはさわりだけ質問という感じになりました。


次の株主の方の質問です。

株主
全社費の定義は?

社長
いずれのセグメントにも属さない共通費的なもので。。。
例えば私のお給料とか。。。
(まぁそりゃ、答えに窮するよね、本社経費とかありがちなものですからね)



質問は以上!
なんだか寂しいですね。
もう少しアグレッシブな質問が出てもいいのにな~とちょっと残念でした。


例えば前期で下方修正をしており、
予算策定方法に課題があると会社側も認識していたはずなのですが、
そのあたりでもっと問題を呈するなどあってもよいのにな、と。
まぁ説明の中でもコスト投下に課題と反省がある旨は述べられていましたし、
私はIR担当役員の藤原さんと散々電話でやり取りさせてもらった手前、
そのことを改めて蒸し返して言及するまでの度胸はありませんでした(笑)。



お土産はマグカップ(会社名、11回株主総会の刻印入り)と卓上カレンダーでした。
卓上カレンダーは期中で開始のものでしたが、
期中だと既にカレンダー沢山なので、どうしようかなと思案中です。
マグカップは嫁さんが気に入ってくれてよいお土産になりました。
(写真も撮らず、サボってすみません。)

帰りに他のフロアにある貸会議室の内覧に参加しました。
内覧といっても少し受付や共通会議室を覗く程度ですがね。
2組会議をされていて実際にお客様が利用されていました。
このあたりはふ~んという感じで特別な印象は受けませんでした。

スタジオとして撮影などにも使われるとのことだったのですが、
そこまで突出してハイセンスという印象はなかったのですがね。。。



さて、全般を通した印象です。
株主総会の会場を自社(相当)の会議室を使っているあたりは
コスト意識や合理性をある程度重んじているかなと思いました。
社長は自らの会社の現状や将来像をきちんと見定められている印象ですが、
一方で他の役員の方は一切発言されなかったので
その素性は理解できませんでしたが、
例えば質問に対して、自分の所掌の箇所ではもう少し発言を促すなど
多様性を持ってもよいのかなと感じました。

社長が優秀で誠実であることはこれまでも知っていましたし、
IR担当役員も優秀で的確な対応をして下さるのも知っていますが、
他の方からの説明も聞いてみたかったです。
どうしても社長のワンマンで社長力だけでもっている会社となると、
どんなに優秀でもどこかで限界が来てしまうものですからね。
その点、日本管理センターの武藤社長は、
圧倒的なカリスマがありながらも、
権限委譲を進めて人が育っている印象なのでいいですね。

アジアBPOというメッセージが大きなビジョンとされている一方で、
まだアジア地域BPOの総合対応力という面では
網羅性も認知度もすべてに課題があるのだが、
GET50億の達成論拠をもっと市場へメッセージを送り、
コンセンサスを得ながら経営に邁進してもらいたいなと思いました。

このGET50を前提に考えれば株価は安いですが、
どうしても足元の指標をみてしまうと、
大きく買い戻すにも躊躇をしてしまうのですが、
いくらなんでも単元保有まで比率を落としているのは、
ちょっと臆病すぎるかなとも思っています(笑)。




さて、今後、個人投資家との少人数ミーティングも予定されているようですので、
そこでもう少し聞いてみたいことを現時点で箇条書きでメモしておきたいと思います。


・小さな会社なので、良くも悪くも社長が社内の文化を作っていると考えているが、
 コンプライアンス意識や社内の生産性などどのような考えを浸透させようとして
 行動しているか。またその成果や現状の課題をどのように認識しているか。

・ニュースワイヤー事業で既存先のリピートを深堀していく戦略において、
 成長限界の壁に当たることはないのか。
 企業側がPRリリースしたい案件の総数そのものはそもそも当サービスの有無で
 そんなに大きく変わるものではないと考えており、
 現状でやりたいことはある程度網羅されているのではないか。

・ニュースワイヤー事業で新規先の開拓による展開余地はどの程度あるのか。
 既存先の深堀りにリソースが精一杯ということなのか、
 余地がそこまで高いと認識していないのか。

・株主総会でニュースワイヤー事業で大幅な工数低減が果たせれば
人材リソースの適正化も含めて検討出来るという説明があったが、
これはリストラをするということか。
そうだとすると生産性を劇的に向上させようというモチベーションが損なわれるとも思うが、
どう認識しているか。

・インキュベーション事業ではハードの提供にあらゆるソフト機能をアドオンする可能性も見出し、
新規事業拠点とする姿を創造しようとしているとのことですが、
この部分の戦略の理解を深めたいため、詳しく狙いを教えて欲しい。


・人材育成でマネジメント力育成と新規性追求のそれぞれについて、
どのようににトレーニングしているか。
社長直轄でポストを与えてビシバシやるでポストが人を育てるというのは、
理解はできるが、場合によっては失敗リスクや丸投げ体質にもなりかねず、
効率性とのバランスも必要と感じている。
人材育成の課題と対策について詳しく教えて欲しい。


・前期に下方修正をしており、会社側もコスト投下のタイミングや配分、また
その予算策定の精度に課題があると認識されていました。
今期予想の策定や今の事業運営上でこの反省をどのように活かされているのでしょうか。
例えば人件費投下のタイミングへの配慮や、
業績予想の策定方法などにおいて。

・株主総会の会場で、トイレの洗面台の石鹸が切れていたり、
会場内の時計が5分程進んでズレていたり小さな綻び(?)を感じたのだが、
普段はお客様が使われる共通スペースなので、
このような細かな所への運用はきちんとした方がよいのではないだろうか。
また内覧会の時に受付に立ち寄った際も、
受付の方は座ったままの対応で、お客様にとっての大事なお客様をお招き入れるには、
もう少し配慮があってもよいかなと感じた。
この辺りのオペレーションの教育も含めてサービスの拡充だけでなく、
基本動作の質向上にも目を向けた方がよいと感じる。

・社長の圧倒的なリーダシップが光るわけだが、
他の役職員の方がどう経営ビジョンを受け止め行動しているかが
まだ伝わってこないので、場合によっては社長力で持っている会社とも受け止められかねない。
管理職ポストを与えて育成しているということであるが、
役職員にどのように経営ビジョンを共有し同じベクトルを持って臨めるような工夫をされているか。
また今後のスケールアウトの局面ではよりこのマネジメントが難しくなると思うが、
同じ情熱をもち続けていくために必要なことはどのようなことだと考えているか。



初めて社長とも直接お会いできました。
またIR担当の藤原さんにはお電話対応の御礼まではお伝え出来ませんでしたが、
勝手にお会い出来たことを嬉しく感じています。

あまり個人投資家にもフォローされず、
PRTIMESが人気なので、私はひっそりと当社をフォローしていこうと思っています(笑)。


人気ブログランキングへ

【決算精査】 3277_サンセイランディック(17年12月期_1Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


決算速報などを見ていると、
1Q決算は赤字転落などと表記されていて、
これだけでダメだ~という印象を与えるわけですが、
実際には、そんなことは既に業績予想の開示時点でわかっていたことであり、
1Qの収益を見て何も論じられません。
(それがそもそもリスクで評価を下げざる得ないという面はあるかと思います)

注目すべきは、今後の収益の種となる
物件仕入の積み上がり状況ということになりますが、
結論としては可もなく不可もなくということになります。

仕入は同社のメイン事業である底地や居抜き物件で
共に大きく伸長していますが、
ではそれが今期の業績予想を達成する上で、
十分なものかどうかは定量結果だけを見ると、
まだ確信は持てないです。
とはいえ、仕入れは順調に積み上がっていることもあり、
先行き面でも順調な状況のようですしね。


業績面はまぁこんなもんでしょうという点と、
仕入がとりあえず積み上がっていることも考慮すると、
想定通りの推移だと感じます。
総合評価についても想定通り「3」とします。



2.定量数値の確認



(1)売上の推移

◆1Q累計
3277_サンセイランディック(17年12月期_1Q累計)売上推移



◆1Q単計
3277_サンセイランディック(17年12月期_1Q単計)売上推移


ふ~んで終わらせておきます。
突っついてもあまり何もやることはありません。


(2)利益の推移

◆1Q累計(営業利益)
3277_サンセイランディック(17年12月期_1Q累計)営業利益推移



◆1Q単計(営業利益)
3277_サンセイランディック(17年12月期_1Q単計)営業利益推移


前々期の時の下期偏重決算の時を彷彿とさせますね。
1Qでは赤字ですが、前々期の時よりはマシです。
だからどうしたという感じですがね。



◆1Q累計(純利益)
3277_サンセイランディック(17年12月期_1Q累計)純利益推移




◆1Q単計(純利益)
3277_サンセイランディック(17年12月期_1Q単計)純利益推移


純利益についても特に言及すべきことはありません。



(3)上期予想について

上期予想も意味がないのでやめておきます。
皮算用するまでもないということです。



(4)仕入・販売状況

◆仕入金額推移
3277_サンセイランディック(17年12月期_1Q)仕入金額推移

前期の1Q及び3Qで特に仕入が軟調だったことが、
当期の下期偏重予想に繋がっていることがわかります。
今1Qでは前期比で見れば大きな伸長ですが、
水準感としてはもう少し積み上がってもよいかなという印象ではありますが、
棚卸資産も増加していますのでまぁ及第点といったところでしょうかね。



◆販売金額推移
3277_サンセイランディック(17年12月期_1Q)販売金額推移

居抜き物件が増えていますが、
これは前期からの期ズレ分で利益率を落として売り捌いた要素が強いようです。
一方で、利益率のよい底地は少なくなっており、
それが収益が悪化しているようにみえているようです。
いずれにせよ、個々に一喜一憂しても仕方のないものです。



3.IR照会

仕入の状況が会社見通しと比べてどうかなど、
念のためIR照会を行いました。
細かな部分は割愛しますし、私の主観ですが、
やり取りの概要について記載しておきます。


まるのん
仕入の状況については、会社の見通しに対してどのような状況か。

IR
計画通りに推移しているし、2Qで更に進捗が見られている状況である。
確かにもう少し積み上げられればよい面もあるか、
まずまずの順調な推移といった状況である。

まるのん
今期の業績予想は下期偏重となっており、
棚卸資産の金額と業績予想のトップラインを比較すると
まだストレッチが必要なのではないか。今期の数値の見通しについては、
どのように捉えているか。

IR
個々の案件の仕入状況や仕入の進捗状況から、
既に社内で今期の数値についてはある程度見えてきているのが実情である。
むしろ社内では来期以降の数値をどう作っていけるかを占う意味で、
どのように活動していくかを議論している。
新たな中計を次回本決算に開示するが、
その策定に向けてどのような数値を作っていくか、
長期視点で活動を行っている。


この他、決算短信補足説明資料なるものを今回より開示することに至った
IR姿勢に対して感謝と御礼を申し上げると共に、
主に以下のような件について、僭越ながらも意見を述べさせてもらいました。

・四半期進捗率はあまり意味のない情報ではないか
 (むしろ四半期ではなく半期・通期の目線で見てもらえる工夫が必要ではないか)
・居抜き物件の前期期ズレの要因分析や再発しない言及はもっとあってよいのではないか
 (今後は通常利益率になるの根拠が薄く読めてしまう)
・仕入の状況は予実の開示も含めて開示を検討できないのか
 (なんでも開示すればよいものではないかもしれないが、重要な指標である認識)
・財務状況の言及は、棚卸資産にフォーカスを当てれば十分ではないか
・数値だけでなく、各取り組み状況やトピックスにもっと言及があってもよいのではないか


4.株価推移

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

3277_サンセイランディック(17年12月期_1Q)株価推移



赤色が買い、青色が売りです。
今の水準は、ブレの大きい収支や不動産セクターである点など
評価を下げる要素を念頭に置いたとしてもやはり安いなと思います。
同社の誠実な姿勢(ビジネス上においてもIR姿勢においても)や、
ニッチノウハウを有するBS上に表れにくい人材という資産など、
様々なポジティブな要素もあります。



目標株価ですが、先の本決算時に期が進行している件を
フォローしておらず目標株価を変更しておりませんでしたので、
今回再算出しておきます。

従来の目標株価は、18年12月期予想EPSを121円で、
評価PERを12倍として1,450円としていました。
これを更新します。


同社への期待成長率はCAGR7%で置いています。
前期実績EPSを元に算出し、評価PERは12倍をSTAYさせます。

・想定EPS(19.12期)
105×1.07×1.07×1.07≒130
・評価PER
12倍
・目標株価(20.3期想定)
130×12=1560円 →時価総額想定 約129億(現状65億)

というわけで、2~3年で株価は概ね倍になる想定です。
さて、どうなるもんですかね。
その前に不動産市況の転換にある程度の影響を受けて、
この見込みも破たんするでしょうかね。


5.さいごに

同社の誠実で愚直なIR姿勢には、
ついつい思い入れをしてしまうのですが、
それはそれとして投資判断を下していかねばなりません。

こういう銘柄はよく万年割安株と言われることも多く、
ずっと低PERのままということがあるようですが、
堅実に少しずつですが成長を継続していますし、
今後の展望も決して楽観できる状況ばかりではありませんが、
そのことと株価水準を睨みつつ、
どう冷静に投資判断を下すかをよく考えていきたいと思っています。


~なお、当記事は私の主観に基づき記載されていますので、
投資判断をされる際にはご自身の尺度で十分検討を行って頂くようお願いします。~



人気ブログランキングへ

【決算精査】 2475_WDBホールディングス(17年3月期_4Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「4」 (☆★★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング

労働者市況はタイトで、労働者の派遣事業をコアにしている会社は、
総じて堅調なわけですが、同社もその恩恵に預かった好決算となりました。

3Q進捗時点の記事でやや保守的に見た17年3月期着地の想定数値についても、
それを超過して着地した上で、
その上振れ着地を起点としてさらに期待しているCAGR10%に応える
予想ガイダンスとなっています。

16年3月期から18年3月期の3ヶ年での平均成長率は17%程度で、
これはCAGR10%の自分の想定を超えてくる内容となっています。

定量面から見てみるとこのように自分の想定見通しを超えているわけですが、
これは有効求人倍率など労働市場の外部環境に支えられているという面もあり、
もう少し長いスパンで見た時には冷静に捉えるべきものでもあるとも思うのですが、
短信上ではCRO事業など新たな活動についても
順調に立ち上がりを見せている様子がうかがえます。

インタラクティブ事業はまだその詳細がわからない点は
残念ではありますが、拠点の新設、既存拠点における業容拡大も
順調に進捗が見られているという各定性情報を見ると、
総合的に見ると、自分の想定しているシナリオの中では
最善のシナリオが継続しているように思います。
(CRO事業の立ち上がりでも停滞リスクがあると思っていますが、
今の所順調のようですし)

社長のメッセージも更新されていますが、
相変わらず野心がある内容となっており、
今後の期待も継続出来る内容と読みました。

以上から、定量面の好調さに加え、中長期的な展望に立った
定性的活動成果も感じられる内容ということで、
総合評価は「4」(ややポジティブ)とします。



2.定量数値の確認

3Q決算時の精査記事で、17年3月期の着地を独自に皮算用していました。

以下の通り、会社予想より利益面では強気の予想をしており、
とはいえ、会社方針で30%乖離という開示ルールに準じた姿勢なので、
上方修正はないと思っていました。
概ね想定通りでしたが、その上振れ幅は想定を超えるものでした。
当初の予想から+20%台の利益成長でありました。

また、この上振れを想定していたからこそ、
今期予想が弱いかなとやや心配していましたが、
そこも私が概ね想定している平均成長率並みのガイダンスとなり、
これは数値で見えているもの以上に強いな、という印象なのです。
(前期にかなり上振れしてからの増益予想なので)

 <会社予想>
 売上 33,081百万円
 営業利益 2,827百万円(8.5%)
 純利益 1,696百万円(5.1%)

 <今期通期の独自予想>
 売上 32,600百万円
 営業利益 3,330百万円(10.2%)
 純利益 1,890百万円(5.8%)

 <実績>
 売上 32,694百万円
 営業利益 3,413百万円(10.4%)
 純利益 2,073百万円(6.3%)


(1)売上の推移

◆4Q累計
2475_WDB(17年3月期_4Q累計)売上推移




◆4Q単計
2475_WDB(17年3月期_4Q単計)売上推移


3Q決算時のIR照会の通り、
売上は若干(1%程度)ではありますが未達となりました。
ただ、IR照会でのトーンの通り、未達は承知の上だったので
特にコメントはありません。
皮算用していていた数値とも肉薄していますからね。
概ね前期比でも+10%となっており特に問題はありません。



(2)利益の推移

◆4Q累計(営業利益)
2475_WDB(17年3月期_4Q累計)営業利益推移



◆4Q単計(営業利益)
2475_WDB(17年3月期_4Q単計)営業利益推移


こちらも会社予想では前期比+20%を超える上振れです。
30%を超えていないので開示ルールには抵触しておらず、
上方修正の事前開示はありませんでした。
一部で期待する声もあったようですが、私はどちらでもいいかなと思っていました。
(前述の通り、IR照会の感触からも修正はないと私は判断していました)

利益率が17年3月期はその前の期と比較して概ね1ポイント改善しており、
私がひとつの区切りと捉えている10%を超えてきました。
そして今期予想もちょうど10%と意思を示した印象を感じるところです。

当然外部環境が追い風な状況のため、
派遣スタッフの稼働率が上がれば固定費が在る程度一定の中で、
収益が伸長することで利益率も向上していくわけですから、
当然の流れだとは考えています。
同時に、外部環境に助けられてると常に念頭を置いておかないと、
と思っています。


◆4Q累計(純利益)
2475_WDB(17年3月期_4Q累計)純利益推移



◆4Q単計(純利益)
2475_WDB(17年3月期_4Q単計)純利益推移



営業外で助成金収入があったり、
特別損失で固定資産除去損などの計上がありますが、
まぁ大きなトレンドは営業利益と同様です。



(3)今期予想について

短信表紙だけみると、
売上や純利益において、
CAGR10%を超える内容で特に純利益予想は+36%と
驚異的にも思えます。
ですが、それは特殊事情(固定資産売却益の計上予定)による影響であり、
それを除くと概ね+10%のガイダンスとなっています。

先に開示のあった固定資産売却について、
額面で945百万円の特別利益の計上となっており、
当期純利益予想の2,822百万円にはこれが含まれています。
これを単純に減算してみると1,877百万円となり、
減益と見えます。
もちろん税額なども影響することからあまり
当期純利益の増減率を見ても参考になりません。

元々私は概ね営業利益に着目しているため、
営業利益の増益率が+9.9%のガイダンスは満足です。
(特に17年3月期でだいぶハードルが上がっている割には)

また、売上も15%増収見込みということで、
こちらも好調さが続く見通しとなっています。

高成長が期待されるわけでもなく、
徐々に着実にというのが同社の魅力でもありますので、
これからが楽しみな予想という印象です。



(4)セグメントの状況

収益のおよそ94%が人材サービス事業となっており、
立ち上げ中のCRO事業は4%台とまだまだこれからです。
CRO事業は米国に続き北欧でも事業拠点を獲得して、
広く見れば欧米での地位を築くための立ち上げ中という理解です。

前にIRをした時も、受注活動も順調とのことですし、
今回の短信でも着実に準備が進んでいることが伺えますので、
まだまだ数年とか10年のスパンで物事を見ていかねばなりませんが、
新たな成長エンジンとして期待したいところです。

立ち上げ期ということで、まだリスクは高い状況であるわけですが、
基盤となっている人材サービス事業も、
いわゆる製造業で景況感に大きく影響を受けるというより、
研究開発など息長く派遣出来るスキームがあることから、
この基盤となる収益源を元に、チャレンジを期待したいところです。


3.IR照会

特に実施していません。
株主総会は懇親会付きのようなので、
ぜひ姫路まで行きたいのですが、日程が揺るかどうか・・・。


4.株価推移

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

2475_WDB(17年3月期_4Q)株価推移

赤色で買って、青色で売っていますが短期的に見ると
今の所、たまたまタイミングよい売買が出てきているかなという印象です。
青色の売りが早い気もしますが、
当時の目標株価への接近状況や現金比率の確保などの
ポートフォリオ全体の最適化という観点から、
自分なりに当時の最善を尽くした記憶があるため、特に後悔もありません。

買いを決めてから集めるまではもう少し強気で集めてみても
よかったかもしれませんが、
これでもほんの少しだけ、いつもより買いを強くしたんですよね。
自分なりに小さな変化ですが、少しずつ自信を深めて、
もう少しでも大胆な売買が出来るようにしていきたいですね。


目標株価ですが、18年3月期の予想EPS140は特殊事情が含まれているため、
無視します(笑)。

私の期待する成長率はCAGRで10%ですから、
17年3月期の実績EPSである103.4を元に計算します。

進行期が進んだことで、目標株価算出は、
20年3月期となるため、10%成長で求めます。

すると20年3月期の独自予想EPSは138となりますが、
キリのいい数値ということで140とします。

つまりたまたまですが、
18年3月期会社予想EPSである数値と一致します。

評価PERですが、15倍で見積もっていたわけですが、
これを16倍に若干の上振れ修正をかけます。

CRO事業の立ち上げが順調である点や、
拠点新設もより進み、シェア率も上がり、
より基盤ビジネスが強固になりつつあることを認識したりと、
全面的にやや楽観できるものと感じました。

一方で期待するCAGRを10%で据え置いており、
では18倍、20倍と評価を上げるのにも及び腰ということで、
ちょととしたさじ加減の調整ではありますが16倍で見たいと思います。


・想定EPS(20.3期)
103.4(17.3期実績)×1.1×1.1×1.1≒140
・評価PER
16倍
・目標株価(20.3期想定)
140×16≒2240円 →時価総額想定 約316億(現状449億)



5.中期経営計画について

同社は中計の開示はないですが、
社長のコメントがちょっと独特です。

社長コメント


理学系の研究職派遣では既にシェア率が30%を超えていることが
記載されています。同社の提供する価値が一定程度認められている証拠です。

インタラクション事業も日米で同時にリリースとありますが、
その詳細が早く知りたいですね。

その他、CRO事業も含めて新たな種まきの意欲を感じますので、
引き続き応援したいなと思える内容です。


以下の文章が印象的です。

このような形で人材と資金と時間を投資していくことを決めましたので、
しばらくは、足踏みをしているように見えるかもしれません。
私たちの事業は、どこからの制約も受けずに行うことができますので、
自分たちの意思で、事業の形を決めようと思います。
これは、決して利害関係者の方々の期待を裏切るものではなく、
更なる成長のための一時的な踊り場だと考えています。



今の状況が足踏みで踊り場であるということなのでしょうか?
どう見ても順調かつ堅実に成長を続けていると思うのですが、
今後CRO事業など含めて投資を増やし、
一時的に踊り場が見えてくるということでしょうかね。



6.さいごに

同社はあまり個人投資家界隈でも名前を聞かない銘柄で、
派遣ビジネスといえば、
ウィルグループとかヒトコミュニケーションとかが有名で、
株価も堅調に推移しているようです。
もちろんこれらの銘柄も見ていますし、
特にウィルグループは魅力的な銘柄だと思いますが、
私はそれでもWDBホールディングスを選択していますし、
今の所、それを継続してよいと自分自身の判断にお墨付きを与えています。



~なお、当記事は私の主観に基づき記載されていますので、
投資判断をされる際にはご自身の尺度で十分検討を行って頂くようお願いします。~



人気ブログランキングへ

【決算精査】 3179_シュッピン(17年3月期_4Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング

毎度のことですが、売上は未達という結果に終わりました。
しかし、各利益は計画をきちんと超過して着地してきました。
前々期にシステムトラブルに端を発した減益からのV字回復です。
ですので表面的には30%を超える増益ですが、
そこまで驚くようなものではありません。
計画を超過した利益については、
適正なセールの実施や特に4Qにユーザ数の伸長が強く
ここでも稼げたのかなと推察しています。

マーケティングツールや商品画像の多様化への対応など、
顧客のニーズを発掘する精度向上という点が
売上に繋がっているようです。
それは会員数の推移を見れば一目瞭然です。

中計は相変わらず強気なのが気になりますが、
あまり今までの所感と変わりません。

以上から、総合評価は「3」(想定通り)となります。



2.定量数値の確認


(1)売上の推移

◆4Q累計
3179_シュッピン(17年3月期_4Q累計)売上推移



◆4Q単計
3179_シュッピン(17年3月期_4Q単計)売上推移


各四半期で売上に凹凸があるのですが、
これはカメラの高価格帯のフラグシップモデルが発売になるなど、
一時的な需要の凹凸があるためです。
決算説明資料にもある通り、年次で見ると右肩上がりの成長が見て取れます。


(2)利益の推移

◆4Q累計(営業利益)
3179_シュッピン(17年3月期_4Q累計)営業利益推移



◆4Q単計(営業利益)
3179_シュッピン(17年3月期_4Q単計)営業利益推移


こちらも前々期の減益から回復しましたね。
株価を見てもこの減益を見て一時的に軟調に推移したところから、
回復してきています。

それにしても、決算説明資料を見ると
前々期は業績不振から賞与を見送り、
前期は賞与を支払っているということで
この賞与がなければ繁忙期である3Qと利益水準は同等とのことで、
よかったね~と思います。(なんじゃ、その感想は?って感じですが)



◆4Q累計(純利益)
3179_シュッピン(17年3月期_4Q累計)純利益推移



◆4Q単計(純利益)
3179_シュッピン(17年3月期_4Q単計)純利益推移


営業利益と特に変化はありません。



(3)今期予想について

13.7%増収、28%の増益とまた強気な予想を出しています。

これは業績予想でしょうか、業績目標でしょうか(笑)。

ただこれまでと違うのは、ITツールの整備などで
ユーザ数の増加が顕著ですので、
今後うまく消費に繋げることが出来れば
程度はともかく高い成長性は継続しそうな気がします。

私はCAGR18%で見ていますので、
下方修正も覚悟の上でのんびり眺めていきたいと思います(笑)。


(4)セグメントの状況

決算説明資料を見ると、
主力のカメラは好調が継続しています。
中古品率も向上しており、
売上、利益共に20%超の成長となっています。

また第2の柱となっている時計は特に利益の伸長率が大きいですね。
時計はカメラ以上に高額品で元々ECより店頭が強い傾向があったのですが、
このような信頼性が求められる商材である中で、
「自社の」ECサイトチャネルが好調というのは良い傾向ですね。
自社サイトの方が販売手数料分は少なくても利益が取れるでしょうし、
自社サイトが充実していくことは、
コンテンツの魅力という意味でも喜ばしいことだと思います。

一方で筆記具や自転車はいただけませんね(笑)。
特に自転車はいつになったら赤字を脱却してくれるのでしょうか。
また総会で、赤字はいかがなものかという質疑が出るのでしょうかね。


3.IR照会

特に実施していません。
株主総会に向けて質問事項を整理しておきたいです。



4.株価推移

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

3179_シュッピン(17年3月期_4Q)株価推移


たまたま偶然なのですが、
概ねPER23倍の近似線に沿ったトレンドとなっているようです。
成長性はとても強く(少なくても業績予想?目標?の上では)期待も大きい中で、
この辺りが居心地の良いところということでしょうか。


目標株価ですが、19.3期EPSの想定は80.5で評価PER23倍で1850円としていました。
今回、進行期が進んだことにより見直します。

会社開示の伸長は中計ローリング結果を見ても、
成長率は25%強と設定されているわけですが、
私の見込むCAGRは18%を維持したいと思います。
同社の中計も含めて相応に強気過ぎる傾向があるので、
少なくても株価目標を独自に策定する上で鵜飲みに出来ないわけです。

17.3期EPS実績が61.91ですから20.3期EPSをCAGR18%で計算します。
その上で、PERは23倍から25倍に上方修正します。
過去に30倍近傍まで評価を上げた後、
段階的に冷静な評価をつけて、現在は23倍まで下げていました。
コンテンツの拡充やマーケティングの仕組みがきちんと機能するのかとか、
色々不透明な部分があったことも評価を下げていた要因ですが、
現在それがユーザー数などを見ても奏功している兆しが確認できたのと、
優待の拡充やわずかではありますが配当性向を高めてきて、
少し還元にも意識が向いてきたかなとか、
諸々評価をしました。
CAGR18倍で評価25倍であればPEGは1.4位になりますが、
これ位は許容できるかなという感触です。


・想定EPS(20.3期)
61.91(17.3期実績)×1.18×1.18×1.18≒102
・評価PER
25倍
・目標株価(20.3期想定)
102×25=2550円 →時価総額想定 約213億(現状305億)



5.中期経営計画について

中計がローリングされています。

過去の中計を列挙してみます。

◆2017年5月開示
3179_シュッピン(2017年5月開示版)中計目標

20.3期予想で純利益は17.3期比で利益2倍ですから
3年で2倍になる計算です。



◆2016年5月開示
3179_シュッピン(2016年5月開示版)中計目標

→18.3期 売上 294億(284億) 営業利益 14.1億(14.0億) 純利益 9.5億(9.5億)
※()内は今回開示予想
→19.3期 売上 339億(326億) 営業利益 18.1億(18.2億) 純利益 12.1億(12.4億)
※()内は今回開示予想



◆2015年5月開示
3179_シュッピン(2015年5月開示版)中計目標

→17.3期 売上 270億(250億) 営業利益 15.3億(11.0億) 純利益 10.1億(7.4億)
※()内は実績
→18.3期 売上 318億(284億) 営業利益 20.4億(14.0億) 純利益 13.6億(9.5億)
※()内は今回開示予想


◆2014年5月開示
3179_シュッピン(2014年5月開示版)中計目標

→17.3期 売上 246億(250億) 営業利益 14.9億(11.0億) 純利益 9.5億(7.4億)
※()内は実績



2014年、2015年開示の中計は明らかにスローガンですね(笑)。
全く達成どころかかすりもしていませんからね。
一方で2016年開示の中計はそれなりに精度があるような印象です。
売上こそ相変わらず過度ですが、案外利益は大きくは外していない印象です。
(だからといって今回の開示も精度があるとは限りませんが)

そういう目線で直近の中計を素直にEPSに置き換えると、
20.3期EPSは125程度になることになります。(資本政策が特になければ)
これにPER25をかけると3125となります。
会社計画を鵜のみに出来れば、株価は3年後までに3125円が射程ということになります。
超楽観ということになりますが、一方で会社が公式に開示している見通しなのですがね。


6.さいごに
既に優待目的まで保有比率を下げていますが、
当面堅調な株価が期待出来そうな内容ですね。

ただ、中計の数値を見て単純に楽観的にはなれませんし、
そもそもPER20倍超えで今でこそ市場環境が良好なので
麻痺してしまいますが、それなりに高い評価がなされている点には、
引き続き留意が必要だと感じています。

期待先行でファンダメンタルズの範疇では説明がつかない領域で
株価が跳ねるということは今後もあるかもしれませんが、
あまりそこに踊らされずに中長期で保有出来るかをよく考えて、
自分自身の比率の持ち方も検討していきたいと思います。



~なお、当記事は私の主観に基づき記載されていますので、
投資判断をされる際にはご自身の尺度で十分検討を行って頂くようお願いします。~



人気ブログランキングへ

【決算精査】 9090_丸和運輸機関(17年3月期_4Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング

3Qまでの進捗で売上こそやや上振れ傾向ながら、
会社計画線だろうと認識していましたが、
概ねその通りの着地となりました。
ただ、純利益は計画より超過しており、
EPSが想定よりだいぶ伸びる結果となりました。

期初では新規センター立ち上げコストが想定超に嵩み、
一時はどうなるかなと心配していましたが、
その後、コスト削減を主としてリカバリして計画線に乗せてきました。

新規センターの立ち上げも順調に進むと共に、
戦略的にスーパー向けの低温物流分野への投資も順調に進捗しているようで、
このあたりも今後が楽しみな成果となったように思います。
前期実績も低温物流セグメントだけで見ても20%以上の増収で、
既に主要顧客のマツキヨ向けの医薬品物流を超える規模にまで成長をしています。

今期についてもスーパー向け低温物流への投資を継続することで、
深掘りと幅出しを進め、同時にコスト削減活動を更に進めるということです。
それに加えてAZCOMネットワークの拡大を見込み、
これはドライバー不足や車両不足という構造的な問題への対処として
今後も注目していきたいと思います。

以上のことから、前期実績も今期予想も想定通りですが、
たまたま前期実績のEPSが高く着地したこともあり、
少し想定より早いEPS成長となっています。(19.3期EPSの独自予想を215としていた)
とはいえ、この数値のブレはまだ偶然性の範疇でもあるとも思いますので、
総合評価は想定通り「3」となります。



2.定量数値の確認

売上は会社予想660億に対して、673億程度をミニマムとして着地を想定していましたが、
着地実績は672億となりました。
まぁほぼ想定通りでしょう。

その上で会社予想を想定していた利益ですが、
営業利益は2%弱の未達、経常利益は2%強の超過で、
純利益は12%の超過となりました。


(1)売上の推移

◆4Q累計
9090_丸和運輸機関(17年3月期_4Q累計)売上推移


◆4Q単計
9090_丸和運輸機関(17年3月期_4Q単計)売上推移


順調に前年を上回る売上を上げています。
但し、4Qはもう少し売上がいくかなと思いました。
今期予想の増収率も10%を割り込んでおり、
如何に継続して2桁成長が難しいかを実感しますね。



(2)利益の推移

◆4Q累計(営業利益)
9090_丸和運輸機関(17年3月期_4Q累計)営業利益推移



◆4Q単計(営業利益)
9090_丸和運輸機関(17年3月期_4Q単計)営業利益推移


営業利益はやや計画を未達しているのは前述の通りですが、
それでも4Q単で見ると前期比で大きく増益です。
もっとも、前4Qが利益率が低下していたわけなのですが、
利益率で見ても回復していることがわかり良かったですねという感じですね。




◆4Q累計(純利益)
9090_丸和運輸機関(17年3月期_4Q累計)純利益推移



◆4Q単計(純利益)
9090_丸和運輸機関(17年3月期_4Q単計)純利益推移


営業外損益や特別損益で積み増しがあるなどして
純利益ベースでは計画超過で、増益傾向もより強いですね。



(3)今期予想について

7%の増収、12%の営業増益、4%の純利益増益の予想です。

売上は前期実績がやや上振れしていたところからの
増収予想だったので、まぁ概ね10%成長位でいいんじゃないでしょうか。

利益面は営業利益が前期実績がやや未達というところからの
12%増益なのでやはりならすと10%程度かなという印象です。

純利益は前期実績が20%に近い増益率だったこともあり、
こちらもならすと10%程度ではないでしょうか。

3年期間(16.3~19.3)のCAGR正確には以下の通りです。
売上+9.2%、営業利益+13.0%、純利益+11.6%です。

ちなみに私の想定している期待成長率はCAGR8%ですから、
まぁこちらもいいガイダンスだと感じました。


(4)セグメントの状況


◆食品物流
新規開拓、既存深掘りと順調で24%の増収です。


◆医薬・医療物流
要するにマツキヨなどへのビジネスですが、
インバウンド落ち込みがあるものの、
改装やオムニチャネル対応などで横ばいを維持しているようです。

◆常温物流その他
既存の深堀りが進展し4.6%の増収と堅実です。

新規センタ開設のコストなどを負担しつつも原価削減も同時に行い、
物流全体では11.5%増収、12.2%の増益という内容です。問題ないですね。

◆その他
文書管理事業は新たな獲得は難しいようで、
現規模の中でコストコントロールを行い減収増益ですが、
ここはもうこの程度で落ち着くのかなという印象です。
新たに公共機関などから受託があれば、おまけ的な位置づけと理解しています。




3.IR照会

特に実施していません。
株主総会に向けて質問事項を整理しておきたいです。



4.株価推移

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

9090_丸和運輸機関(17年3月期_4Q)株価推移

物流業界は低PERなのですが、
このチャート上はPER10倍~20倍のレンジで想定した株価推移を
プロットしています。
上場してから前々期の本決算まではPER1桁台でしたが、
配当による還元が高まり、東証1部へ昇格してから
評価PERが10倍台が定着してきました。
但し、PER20倍を超えるとさすがに行き過ぎといった構造も
何となく見えて来ます。
現在PER15倍近傍から再び高値を目指す動きになっていますね。



目標株価ですが、19.3期EPS215で評価PER16倍で3400円としていました。
今回、進行期が進んだことにより見直します。

今後のCAGRは8%は今後も見直しません。
ここ3期を平均すると10%を超えていることは、
前述の通りですが、今後のマツキヨのインバウンドや改装による
押上げ効果はだいぶ落ち着いてくるものと思われますし、
戦略投資のスーパー向けも急増という印象はありません。

18.3期予想EPS200.65に対して8%成長と見ると、20.3期予想は234です。
19.3期EPS予想は215でしたから概ねそのトレンドの延長戦という見立てです。
ここに従来の評価PER16倍を乗算すると目標株価は3744円になります。
というわけで、新たな目標株価はキリのいい数字で3800円とします。


・想定EPS(20.3期)
200.65×1.08×1.08≒234
・評価PER
16倍
・目標株価(20.3期想定)
234×16≒3800円 →時価総額想定 約444億(現状610億)



5.さいごに

同社の決算開示後、速やかにIRページの社長メッセージが更新されます。
今回も即座に決算について和佐見社長のコメント文が掲載されています。

短信の一部抜粋をしているような印象も受けますが、
せっかくなのでもう少し形式に縛られないで、
和佐見社長らしいトーンでのコメントだとより嬉しいですね。


~なお、当記事は私の主観に基づき記載されていますので、
投資判断をされる際にはご自身の尺度で十分検討を行って頂くようお願いします。~



人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り