十分な教育資金と老後資金のために


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +26.6% となりました。
前週比は +4.4% で推移しました。

20170915_パフォーマンス推移表






2.全体所感

先週にやや不安がある動きがありましたが、
それを早々に忘れてしまうような堅調な週になっています。
北朝鮮によるミサイル発射にもあまり反応はなく、
強い相場が続いています。

今週は四季報の発売ということもあり、
有料会員向けの情報もありますから、
個別の好業績だったり目先に材料がありそうな銘柄が、
よく物色されていた印象です。

皆さん本当によく見ているなと思います。
私も見習わないといけないのですが、
一方で慎重に投資判断を下した上でなければ、
注文を出せないルールにもしていることもあり、
まぁ自分で課した制約の中でやっていることなので
これでいいかなと思います。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170915_ポートフォリオ内訳


売買もなくポートフォリオに大きな変化はありませんが、
シュッピンの上昇に伴い保有比率が5%に乗ってしまいそうです。
だからなんだということなのですが、
一応5%以上となると準主力銘柄という扱いになります。
それで、だからなんだということなのですがね。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170915_保有銘柄一覧(週間騰落)


今週はポートフォリオは大きく動いていませんが、
個別銘柄ではだいぶメリハリのある内容です。
もちろん週間の騰落など、たまたまということなので、
嬉しくも悲しくもないのですがね。

ソーシャルワイヤーは株式分割の発表もあり、
週間で30%以上の上昇です。
ただ、株式分割だけでは説明はつかないですね。
別に企業価値が変わるわけではないですし、
いずれ本則市場への昇格を意識していたとしても、
時期尚早です。何より既に高いですからね。
私もこのまま準主力銘柄として保有を続けるのか否か、
よく考えないとならないのです。
ずっと考えているのですが、なかなか答えが出ません。

シュッピンも週間で20%を超える上昇です。
こちらは月次数値が好感されていて先週からずっと堅調です。
こちらもやり過ぎなのですが、既に優待目的分しか保有していないので、
こちらも対応には苦慮しています。
優待が欲しいから売却出来ないというわけではなく、
既に過去の利益確定でいわゆるただ株であるということと、
成長へのポテンシャルの評価は変わっていませんので、
まだ長期で応援したいというモチベーションがあるのです。
悩ましいですね。。。


煩悩との戦いです。

まだまだ未熟者です。
ですが、それが実態なので、
自分の行動に後悔なきように納得できるよう行動したいものです。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170915_保有銘柄一覧(指標)


再びポートフォリオPERは15倍を超過しています。
また4銘柄が目標株価を超過しているという異常事態です。

各銘柄の目標株価は都度見直しをするものですが、
時価が騰がっているからといって安易に見直してはなりません。
慎重に精査をしたいと思います。

それから目標株価にどこまで機械的に処理するかも、
よく考えないとなりません。
これまで目標株価に達したといって早売りしている前科もありつつ、
それは堅実なやり方でもあると今でも本気で思っています。
どちらが正解というのは、結果論から評価してはなりませんが、
自分の取っているリスクを俯瞰して適切に運営していきたいと思います。




4.個別銘柄トピックス

特に大きなリリースがなかったのと、
これから四季報精読を進めてまた評価したいとも思いますので、
今週はここでの記載は割愛します。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170915_資産残高推移表


他の個人投資家の方がよくYHと呟かれているので、
私も一応YHと言っておきますが、
私はこの表現はあまり好みません。
というより意味のないものだと思っています。
なのでツイートも含めてほとんどそのことに言及していません。

実は、YHという言葉の意味も最近まで知りませんでした(苦笑)。
ずっとなんだろうと思っていたのですが、
資産の年初来高値更新のことだったのですね。

私は数年先を見据え、
最終的には30年位のスパンでの資産形成を意識しています。
ですので、2017年の今日、年内で最高値となったこと、は
どうでもいいことなのです。
通過点でありますが、そもそも減ったり増えたりしながらなので、
その一断面をとって一喜一憂するのは適切ではありません。

ですので、これからもあまり意識しないようにしていきたいと思います。



6.雑記

これから四季報を読みます。
3連休は日本列島を台風が通過するそうなので、
家でおとなしく精読に時間を当てたいと思いますが、
結局、家族との時間を優先してしまいそうです。

四季報読むのも楽しいですが、
子供と部屋で戯れる方がやはり楽しいです。
投資家としては怠け者かもしれませんが、
まぁそれくらいゆるくていいと思っています(笑)。

ということで、せめてここに戯言を書く時間を節約し、
精読の時間に当てたいと思います(笑)。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +22.2% となりました。
前週比は ▲2.6% で推移しました。

20170908_パフォーマンス推移表






2.全体所感

ずっと堅調に推移していた新興市場でしたが、
ここ最近怪しげな空気が漂ってきたなと思っていたら、
今週はストンときました。
北朝鮮のリスクなどと解説されているのですが、
まぁこれまで堅調に推移していた反動の範疇だと感じていますし、
そもそもこの程度の調整はまだ序章だとさえ思っています。
(別に不安を煽っているわけではありません)
この後、建国記念日に何が起こるのかなんてわかりませんが、
まぁ目先の騰落は考えてもわからないの一言なので、
どうなってもよいように気持ちを整理しておきたいと思います。

マザーズは週間で10%の下落となっているものの、
それでもまだ年初来プラスを維持しており、
個人投資家もまだマインドには
だいぶ余裕があるのではないかと思います。

私は常に強気でも弱気でもない、
ニュートラルに相場に対峙していければと考えています。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170908_ポートフォリオ内訳


今週は売買もなく、ポートフォリオにも大きな変化は生じていません。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170908_保有銘柄一覧(週間騰落)

PFの準主力クラスのマイナスが大きいのと、
案外、中下位の銘柄は下がっていない印象です。

ソーシャルワイヤー、WDBHD、IRジャパンHDは
直近で高かったですから当然の反応だと思います。
アイドマMCは直近高なくなかったのですが売られています。
同社はどうしても地味で目先に材料もなく
値動きの悪さもありじりじりと見切り売りを
強いられている印象です。まぁ仕方ないですね・・・。
ステップや全国保証はストック性が高く、
安定業績が魅力ということもあり、
あまりこういう市況に影響を受けないのかもしれません。

シュッピンは後述の通り月次開示が好調ということで、
一気に買われています。
まぁふ~んという感じなんです。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170908_保有銘柄一覧(指標)


先週までにポートフォリオPERが15倍程度まで上昇しており、
割安性が薄まっているというコメントを先週ここに書いていましたが、
まぁそういう面からも調整は当然だと思います。
もちろんポートフォリオPERの落ち着き処に正解はないのですが、
やはり感覚的には15倍を超えると割安性が薄まるという感覚を持っています。


4.個別銘柄トピックス

■日本管理センター
個人投資家向けIR説明会に出席しました。
詳細、というかメモは記事にUPしています。 → こちら


■ソーシャルワイヤー
クロスコープの開設が先行している仙台市においても、
ベンチャー企業支援の体制構築について、
自治体との提携が発表されています。
福岡、大阪に次ぐ内容で、
今後も当面このような発表が続くかもしれません。
ただ、リソースの問題もあるため、
業績面で急伸するというわけではないようなので、
長期的な材料として評価するべきだとは思います。
事実、株価も無反応ですもんね。

また、アサガケというプロモーション機会を創造するサイトを
新たに運営することにしたようです。
ベンチャー企業など、自社製品をアピールしたい立場と、
それを利用してユーザー目線の声を上げたい立場を繋ぐ、
機会としてはそこまで新規性の高いものではありませんが、
同社のようにベンチャー企業が多く顧客に抱える同社が、
このサービスを展開することの意味は大きいと感じました。
こちらも足元の業績には影響がないと思われますが、
長期的に顧客へ提供出来る付加価値向上に資する内容のため、
楽しみな内容だと思います。

また、8月の月次も開示されていますが、
先行指標のチケット残高は引き続き過去最高を更新しており、
配信数や国内のレンタルオフィス稼働席が特に
堅調に推移していることが確認出来ました。
社長のコメントも顧客基盤の拡充に注力している点も心強いです。
リソース面で攻めの拡充に注力している点が、
マイナスに影響しないかだけは注視が必要かなと思っています。



■シュッピン
月次開示で表面上の売上伸長率が高く評価されているようです。
40%超えですからね。ただ前年が低かった分も考慮すると、
そこまで驚く内容ではないでしょう。
確かにコメントでも計画を大幅超過ということですからね。
期待が先行するのはよくわかります。
ただ、利益率とかも気になりますね。
一応キヤノンから新製品も出ていることもあり、
新品率が高く利益率がどこまで確保できるかはまた別ですからね。
とはいえ、これだけ身長していれば、あまり懸念は不要でしょう。
それより、ユーザー数の伸びが大きい点は注目に値すると思います。
ついに4000人規模までいきそうですね。
様々な施策がうまく回り始めているという評価をしています。

それから、小野社長のインタビュー記事が紹介されています。
失礼ながら初めて知ったのですが、「厳選ファンド」というファンドで、
アナリストが企業訪問した様子を記事にしているようです。
鎌倉投信やひふみ投信のようですね。

小野社長の評価を下す際に、
社員を公平に評価したいと思いつつ、
全ての現場業務を正しく網羅的に把握できない点を、
悔しいと表現されています。
もちろん、美談となっていて、話半分に読むべきかもしれませんが、
そういう発想はいかにも小野社長らしいんだろうと感じました。

→ こちら




5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170908_資産残高推移表




特にコメントはありません。




6.雑記


情報は鮮度が高い状態で得て活用してこそ、
優位性を生むといわれます。

ビジネスではより早く思い付き、
そのアイデアを具現化することにより、
先行者メリットを享受できるわけですね。

株式市場でも、
インサイーダは別として、より高いアンテナを張り、
自らの足で稼いで収集した高い鮮度の情報を得ていることが、
優位性を生みます。
このことは事実だと思いますし、それは合理的だと思います。
そして、その情報が一般人へ浸透し、知れ渡る頃には、
鮮度が落ちてその情報の優位性は低減していきます。

少しでも優位性を確保するために、
鮮度の高い情報を集めようと私も含めて思考錯誤しているのですが、
一方でその競争に勝ち優位性を持とうという方針は、
少し無理があるかなと感じています。

例えば私は本の四季報を精読しますが、
有料会員になれば、先取り情報を入手できますので、
既に本として発売されている四季報データは、
相対的に枯れている情報です。
有料会員になることで先取り情報という言葉に駆られて、
人より早く情報を仕入れて仕込んでやろうなんて、
私もよく考えていました。
しかし、同じ有料会員は沢山いますし、
その情報だって既に鮮度は多少は落ちていると思うわけです。


このように考えていくと、やはり専業投資家でもなければ、
情報収集に割ける時間が限られる私の立場で、
情報鮮度で勝負しようと思うこと自体に無理があると
感じるようになっています。

私は個別の業種に長けた知識もなければ、
人脈があるわけでもありません。
四季報オンラインの月額1000円ですら未加入で、
情報に対するコストもかけていません。
普段はサラリーマンや家族サービスなどで時間を割き、
無駄の多いブログで長文をしたためることに更に時間を割き(笑)、
そんな私が情報鮮度で出し抜こうなんて、
やはり無理があるのです。


株式市場でもサラリーマンとしての仕事でも、
ビジネス企画の場面でも、
もう成熟したマーケットや誰しもが認知している中から
シンプルに発想するというやり方で勝負する事も出来ると思うのです。


実際、私が投資判断を下す時、
情報鮮度で勝る耳より情報を頼りにしたことなどないのです。

投資する業種も例えばブロックチェーンとかバイオとか、
技術的にとても知識や情報がモノをいう会社には、
投資はしていませんし、投資できないのです。

情報戦の投機筋の多い銘柄には触りませんし、
自ら情報戦から降りているのです。


自分がどういう領域で投資活動を続けて、
そのためにどういう労力を注いで対応していくか、
良く見つめ直さないといけないなと思います。

銘柄探しにも苦戦し、ついつい新しい情報を探しにいきそうになりますが、
そうではないよ、ということを改めて肝に銘じて、
基本に立ち返りたいと考えているところです。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +24.8% となりました。
前週比は +2.1% で推移しました。

20170901_パフォーマンス推移表





2.全体所感

既に昨日、月間パフォーマンスの記事 にて記載していますが、
私のポートフォリオも順調な推移が続いています。

私は早々に現金比率を高めていることもあり、
他の投資家さんのように勢いこそありませんが、
十分すぎる推移だと認識しています。

株価の動きやそれを受けたパフォーマンスの推移は
その時々で儚いものですが、
投資している企業の価値は堅実なものであると思いますし、
そのような会社を出来るだけ選んでいるつもりです。

全体相場は膠着状態ではありますが、
引き続き、個別銘柄に物色が向かっていて、
目先では勝ち負けがより鮮明になっている状況だと思いますが、
そういうものに一喜一憂することなく、
各企業の価値に目を向けて理解を深めていきたいと思っています。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170901_ポートフォリオ内訳


今週は売買もなく、ポートフォリオにも大きな変化は生じていません。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170901_保有銘柄一覧(週間騰落)

週間騰落では、後述する通りソーシャルワイヤーが連日リリースを出しており、
顧客基盤の広がりに改めて期待をするような買いが入っているようです。
直近で大株主のユナイテッドも追加で売却されていたようですが、
強い動きが続き高値更新をしています。

また、日本管理センターも武藤社長の動画がUPされる前から、
買いが入っており、こちらも高値を取ってきました。

高値更新といえば、WDBHDも同様です。
週間騰落で見ればたいしたことはないのですが、
株価の動きは堅調の一言です。
私の見立てからするとかなり期待感が先行しており、
今の保有量なので放置をしますが、
量が多ければ、徐々に売っていきたい感じですね。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170901_保有銘柄一覧(指標)


特にコメントはありませんがポートフォリオPERがだいぶ上昇しており、
割安性が薄まってきていますね。



4.個別銘柄トピックス

■日本管理センター
上期の決算説明資料、並びに動画がUPされています。
全体の印象として感じたのは、とても頑張っているんだな、ということです。
何を今更?って感じなのですが、
随所に苦労の跡が見られます。
涼しい顔で当たり前のようにサプライズなき決算を続けてきたように
錯覚してしまうわけですが、
実際には同じ事業の中でも様々な変化を与えて、
その時々にフィットしたやり方を試行錯誤しているのだな、と
当たり前のことを再認識しました。

ただ、なんとなく武藤社長が元気がないような気がしたのですが、
アナリスト向けということと動画だからということで、
気のせいだとは思うのですがね。


■ソーシャルワイヤー
大阪市の中小企業支援機構との提携や
VISA法人会員向けのサービス提供など顧客基盤の拡充が
目白押しでリリースされています。
社長コメントも総じて自信に溢れた内容ですし、
月次KPIも至って好調です。
高PERですので、この程度は当たり前に出来ていないと
ダメという内容かもしれませんが、
順調なのはよいことです。
気掛かりな点は、一気に提携が広がり限られたリソースで運営しているために、
疎かになったりしないかということですかね。

福岡や大阪など地方の大都市圏での提携でもあり、
今後、仙台に続くクロスコープの開設もあるのではないかと
期待しているところです。頑張って欲しいですね。


■シュッピン
eBayへの越境ECに関するリリースが出ています。
元々、当件の方針は株主総会などでも意欲を聞いていたので、
特に新たな驚きも評価を変えることもなく、
ようやく準備が整ったのね、という印象でしかありません。

キヤノンやニコンのカメラはグローバルでも強みがあり、
キヤノンは世界シェアでもトップを走り続けています。
ですから、世界の人々にとって、価値あるこれらの良質な中古に、
ニーズはあると考えられます。

但し、そもそも中古品への信頼度や許容度について、
受容できる文化がどの程度浸透しているのか未知数ですので、
即座にバカ売れするなんてことはないでしょう。
ただ、eBayへの出店により計上されるコストは、
売れた分の販売手数料が主だとも考えられるので、
既存のコスト構造を大きく変えることなく、
チャネルを増やしてみた試行としては、まぁいいんじゃないでしょうか。

「越境EC」という言葉だけが独り歩きして、
またテーマ物色とか変な流れにならなくてよかったと思っています。


■あいホールディングス
NBS社によるクラウドベース決済システムの販売というリリースが出ています。
リリース文に記載の内容は概ね違和感もないですし、
まぁ普通にいいんじゃない、という印象です。
強いていえば、各種電子マネーの台頭による金融機関にとってのリスク、
及び独自のクラウド決済システムへのニーズに言及されていますが、
この部分は未知数ではないかと考えています。
加えてクラウド決済システムの導入は個別行が個々にソリューションを入れてやる
というより、もっと大きなプラットフォームで
対応していく方向になるのではないかとも思います。

クレジットカード決済ではCAFISというデファクトシステムが鎮座しており、
同システムを個々に採用して拡販されていくイメージがいまいち持てません。

それから当件に関するリリースは、既にNBS社のニュース欄に何度も登場している
焼き回しのような印象で、何が新しいのかよくわからなかったです。

いずれもよくわからないので良し悪し評価ができないのですが、
これも私の無能のせいかもしれません(笑)。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170901_資産残高推移表



特にコメントはありません。




6.雑記

最近、私の周りでもビットコインの市場参加者が
指数関数的に増えています。

そしてその多くが直近でも価値が上昇し続けているために、
資産も増えて大喜びという状況をよく見るようになりました。

新しい黎明期にどんどん参加者が増え、
ビットコインが欲しいという方が沸いてくる現状からすると、
当面は期待が高いのかもしれません。

しかし、私はビットコインの市場に参加することは今後もないと思います。
別にこの市場をネガティブに見ているというわけでもなければ、
投機的な流れを否定するつもりがあるわけでもありません。
短期間に資産を動かすことに一役を買って、
参加者に興奮をもたらすことは、
その趣旨を理解し、受け入れられる方にはよい機会だと思います。

私は、ビットコインの価値が理解出来ていません。
皆が欲しいと思うから価値があがるわけなのですが、
それが理解出来ないとするとやはり参加すべきではないと考えています。

例えば、全く自分の興味のないブランドの品物。
国内での限定販売に列をなしている状況を見て、
私も並ばねばとは思いません。
群集心理などでついつい並んでしまうという方もおられると思いますし、
私もそのブランドに少しでも興味があれば、
そうするかもしれませんが、
全く興味がなければ、そうはなりません。

株式の場合、配当や優待という還元策で享受できる
実益のみならず、その会社の一部を所有することで得られる
満足感や繋がりを強く意識することが出来ます。
株式を保有することで、実益を少しずつでも享受しながら、
自分が面白いと思うビジネスモデルへの理解を深め、
時には経営者と対話をする機会もあることは、
保有する面白味であると感じています。

ビットコインを保有していても、
その時々の時価が増減することで資産がダイナミックに変わる
興奮は味わえるかもしれませんが、
保有している満足感というものがあまりなかったり、
納得感という部分が実感しにくいため、
どうしても距離を置いてしまう自分がいるわけです。

ビットコイン市場に参加されている皆さんは、
どういう面白さを感じて参加しているのでしょうか。
やはり資産を増やせるかもしれないという「夢」でしょうか。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +22.7% となりました。
前週比は +1.4% で推移しました。

20170825_パフォーマンス推移表




2.全体所感

北朝鮮情勢や北方領土、トランプ政権の解任や壁問題など、
世界では色々なことが起こっていますが、
株価指標は案外冷静に推移しているようです。
各指数は、東芝指数と化している東証2部指数を除くとほぼ横ばいです。

ジャクソンホールでどのようなことが議論され、
世界経済、とりわけ為替がどのような反応をするのか、
またその後、様々なアナリストがああだこうだと論評されると思いますが、
それを踏まえてどういう方向に織り込まれていくのか、
注目なのでしょうが、どうも注目する気になれません(笑)。

というか私自身がこういうたいそうなトレンドを
主体的に捉えることができないので、
自分の力量のなさとやる気のなさだと感じています。

ただ、そもそも必要性を感じていないのです。
ジャクソンホールでイエレンさんがどういう話をするか、
それで為替のトレンドが形成されたとして、
では保有株のファンダメンタルズにどのように影響をするのか、
もしくは長期的な経営にどう影響するかなど、
あまりにかけ離れたことで合理的な判断が出来ません。

結局、自分の投資法では、
こういう難しい世界経済のトレンドを全て主体的に把握していなくても、
もっとシンプルに考えられるべきとも思っているのです。

ですからもちろんニュースには目を通しますし、
自分なりに解釈する努力はしていくつもりです。
実際白川総裁時代には、このジャクソンホールがきっかけで
日銀の政策決定にも影響があったという事実もあります。
しかし、そのジャクソンホールの解釈をより深めようとしたり、
精度をあげようというモチベーションがありません。

マイペースにやっていきたいと思っています。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170825_ポートフォリオ内訳

先週に続き、今週もそれなりに買い注文を入れていました。
しかし、結局指値が約定せず、唯一、ステップの最初の買いのみ約定で、
やや保有比率があがりました。

現状で各銘柄(新規銘柄を含む)への配分比率を決めて、
その比率に中期的にもっていけるようにと、
指値を決めているのですが、まぁ思うようになりませんね。
指値にスケベ心が強すぎるのかもしれませんが、
各指値がかかった後の取得単価のバリューエションをみて、
納得ができるかという観点で決めているので、
どうしても安易に指値を妥協しないし、
そういうプロセスを入れているので妥協しにくくなるように仕向けています。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170825_保有銘柄一覧(週間騰落)

アイアールジャパンHDが高値を更新して強いですね。
何故なのかわからないんですよね。
先日の1Q決算では勝手な期待に応えられずということで、
失望で株価も下がってたんですけどね。
私も失望どころかやや期待感も大きくなったので、
そこで多少は買い増しをしていますが、
もう少しヨコヨコからじり安で買い増しチャンスと思っていたのですが、
まぁそういう値踏みするようなことをしているとろくなことがありません(笑)。
こちらもマイペースでゆっくりいきます。

あいホールディングスは決算を受けて下がっています。
四季報などの予想から見ても今期予想ガイダンスが弱いということで、
もう少し売られるかなと思っていましたが、
思っていたより下がりません。
決算前までに3000円台を超えて堅調だったので、
その反動もあるだろうと思っていたのですが、
2000円台後半くらいで落ち着きそうな気配です。
個人的には思い切って2000円割れ位まで調整してくれてもいいのですが、
まぁそれは高望みでしょうし、
私は同社を主力まで上げるつもりはないので、まぁどちらでもいいです。


また週間騰落では横ばいですが、
じり安となっているステップですが、前述の通り買い増しをしています。
同社への見立ては変わっておらず、
成長率が低い分、より長期目線でみての買いで、
であるならば、まぁ少しずつ買い増しておきたいとずっと考えておりました。

少し脱線しますが、
私は取引履歴を出来るだけリアルタイムでツイートしているのですが、
そこで現在はブログを休止中であり、
私が投資に向き合う上で、いつも学ばせて頂いているゆうゆーさんから、
コメントを頂けたことが嬉しかったです。
同銘柄はあまりにも退屈であり個人投資家界隈でも
一切話題になっていない中で(話題になってもらわなくて上等ですが(笑))ので、
このようなやり取りが出来たことを嬉しく感じました。
だからなんだってことなんですけどね。
この銘柄に限らずですが、
他の投資家の方のコメントは多いに参考にしつつ、
自分で主体的な判断が出来ると確信している銘柄だけを残し、
そうでない、誰かの判断やコメントに依存していると感じたら、
きちんと売却して清算をするようにしたいとも思っています。
投資判断では、著名な方の意見に拠り所を求めると、
その時はどこか大船に乗った気になり楽になりますし、
実際それで成功することもあるかもしれませんが、
そうなったら全てがおしまいだと思っています。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170825_保有銘柄一覧(指標)

特にコメントはありません。
随時、目標株価を修正検討しているものを反映していきたいと思います。



4.個別銘柄トピックス

■サンセイランディック
決算説明資料並びに決算説明会の動画が開示されています。
細かな内容は割愛しますが、
やはり地に足のついた活動を想像させます。
建築事業の回復がまだ道半ばですが、
そういう点にもきちんと説明をすべきではないかと考えていましたが、
説明会ではきちんと言及があり良かったと思います。
採算性も重視した受注というのは、
良くも悪くもあるかなとニュートラルに捉えましたが、
そもそもこの事業にそこまで期待を寄せていないので、
まずは黒字化に向けて頑張って欲しいです。

主業の底地などの不動産販売事業では、
外部環境だけで救われているのではなく、
内部の販売体制の付加価値向上が具現化している様相もあり、
引き続き楽しみですね。

また障がい者支援に関する内容は、
同社の貢献主義のようなものを感じさせる活動だと感じます。
現状では業務提携で千葉の船橋での一部試験的な活動ですが、
今後、こういう求められる活動が事業として確立していければよいですね。
ただ儲けを出そう(いや、それがとても大事だと思うのですが)というノリだけではなく、
意義あることをやろうという姿勢が鮮明で好きなところです。

強面だけど実はとてもやさしい(実際社内でもやさしい社長で通っているらしい?)社長の
前のめりのプレゼンですが、
新中計の策定を進めている中で、
今の市況も反映されてくると思うので、
それなりのものを出してくれると感じているところです。

ただ、本質的には、市況に右往左往するのではなく、
もっと長い視点でみていかないといけないと思っているところです。


■アイアールジャパンHD
ホームページがリニューアルしています。
特に中身のコンテンツは変わり映えしません。
というかデザイン以外で何がどう変わったかイマイチわかりません(笑)。


■丸和運輸機関
株式分割が発表されました。
というか発表されてしまいました。。。

私の想定では、アマゾン関連の売上増や追加投資、体制強化の先行コストを含めた
業績予想の修正をやるタイミングで分割かなと思っていました。

ただ、同社は過去にも分割を続けて実施しており、
この位の株価水準であればやってくるということは、
ある程度市場も織り込み済だったのではないでしょうか。

なお、ひふみ投信から大量保有が出ています。
同ファンドの責任者である藤野氏の著書の中で、
地方銘柄への脚光を向ける中で同社の名前もあがっていましたが、
このタイミングで大量保有をするというのは、
率直なところ、あまり理解ができないでいます。

アマゾン荷量の参入を単純に評価した買いではないでしょう。
業績予想から見ると今期にはネガティブなはずです。
立ち上げコストだけでなく、
一部で炎上している遅送への対策費も計上せざる得ない状況でしょう。
まさかそういうシナリオをファンドが認識していないことはないでしょうから、
それを踏まえても買いということと思いますが、
あまりファンドが買ってくるのがイメージ出来ないんです。
どうせなら、今期にげろった後でよいのではないかと思うのですがね。
実際、私もげろった後を狙っているわけですが。。。
まぁ皆が思う事をやっていてはだめということですかね。


■全国保証
例年恒例となっている住宅ローンキャンペーンを実施とあります。
リフォームなども対象なのですね。
例年恒例なので、業績予想にも織り込まれているでしょうし、
まぁ静観してみていればよいニュースですね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170825_資産残高推移表


特にコメントはありません。




6.雑記

今週は8月権利確定の優待権利獲得のための
クロス取引の対応をしていました。
これまでこの優待クロスは私の投資方針上は、
許容はしているもののメインではないし、
当ブログの投資方向性ともかけ離れているため、
意識的に記事をあげていませんでしたが、
自分のためにも今後は記事をあげていきたいと思います。


ところで、職場で少しだけ変化があったのですが、
変化を楽しめる人と、変化を不安に捉えてしまう人といます。

もちろん私は後者であり、少しだけストレスを感じているところです。

この不安は何で生まれるかということなのですが、
この先にどんな業務やなすべきことが待っているのか、
「わからない」ことが起因しています。

自己啓発本などをみれば、
それを如何に乗り切るかを様々なアプローチで書かれていますが、
多くが頑張るとか様々な状況を受け入れるとか、
精神論に帰着していて結局気の持ちようということになり、
イマイチすっきりしないのです。
(なので、自己啓発本はあまり乱読したくないんです)

それで、まず今後起こりうる良い事、悪い事、
様々なことが起こった時、
しかし、それは私や家族にとって存続危機になるものでもないし、
そうなることが予見されたら、KYでも逃げればよい、
という大前提に立つことです。

その上で、「わからないこと」の中で、
自分で対処できることとそうでないことを明確にわけることです。

ある業務があったとして、
それをやるかやらないかの意思決定権は私は持ち合わせてなければ、
それをやるかやらないかどちらに転ぶかわからない状況を、
ああだこうだいっても仕方ありません。
自分で対処しようのないものを明確に意識することで、
この無用な懸念から来る不安を軽減させることが出来ます。

一方でその業務を自分でやるか更にアウトソースするかは
自分が選択できる余地があります。
自分でやれば周囲から崇められるかもしれませんが、
誰かにアウトソースすれば場合によっては
丸投げする奴だと陰口をたたかれるかもしれません。
自分が周囲から受ける眼差しという形で
自分の言動への責任を負う必要こそあれ、
やり方に一定の裁量があるわけです。
ですから、その時々の状況を踏まえた言動をしていけば、
自分が許容できる不安はコントロールできます。


自分でできないことは悩まず受け入れ、
自分でできることはその時々で自分が居心地よい、
もしくは妥協できる範囲で行動していけば、
わからない状況から来るストレスと解消されるかもしれません。

これは株式相場でも同じようなことがいえます。

明日株価が下がるか騰がるかということは、
Mr.マーケットのご機嫌によるかもしれませんし、
今であれば、北の将軍様の口先、
もしくはトランプさんのツイッターによるかもしれません。
自分ではどうする事も出来ません。

しかし、家計を脅かさない範囲で保有するとか、
それに危機感を感じたら現金にしてみるとか、
自分出来る対処はいくらでもあります。
年利10%の目標ですら私にはハードルが高いのですが、
それは私がわからないことに対して自分が対処出来る範疇で
わからないことへの許容度が低いという事に他なりません。

リターンはリスクによる決まるといわれますが、
本当にその通りなのだと思います。


新たな業務でも株式運用でも、
あるいは子育てでもなんでもそうなのですが、
今後の未来への不確実性への不安を感じた時、
自分でできる事の中で、どう対処すべきかだけに意識を集中して
居心地の良さを見出しながら、
肩に力を抜いて生きていきたいなと思います。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +21.2% となりました。
前週比は +0.5% で推移しました。

20170818_パフォーマンス推移表




2.全体所感

北朝鮮に関する問題や、
テロ問題など世界情勢の喧騒の中、
国内市場は右往左往しているようです。

米国の指標がどうだとか、
各中央銀行の動向に注目がされたり、
とりわけ米国の足元の指標にやや先行き不透明感が出るとなると、
利上げペースが遅れ為替が動くとか、
まぁ相変わらず忙しなく海外市況も不安定です。
というか安定していることなんでないですがね。。。

そんな中、国内市場も大きく調整するのかなと思わせておきながら、
あまり調整するわけでもないようです。
資産が減らずに済んだと目先の短期的なことに嬉しいと感じたり、
買い増しが想定通りに進まず悲しいやら複雑な心境だったりします。
ただ、そんな一喜一憂の煩悩こそ、
私のような中途半端な初心者投資家には大敵ですので、
目先の「株価の動き」に惑わされないようにしたいと思います。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170818_ポートフォリオ内訳


ポートフォリオに大きな変化がありません。
今週は少し厚めに買い注文を出していましたが、
まだ、そうそう簡単には買わせてくれないようですね。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170818_保有銘柄一覧(週間騰落)


週内での浮き沈みはそれなりに大きかったですが、
終わってみれば、平穏な週だったと思います。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170818_保有銘柄一覧(指標)


前々から検討してきたサンセイランディックの目標株価を修正しました。
20.12期EPSを147としました。(CAGR7%成長を維持)
更に評価PERは12倍としています。



4.個別銘柄トピックス

■ソーシャルワイヤー
福岡市のスタートアップカフェ会員企業向けの
アットプレスサービスの提供を行う旨のリリースがありました。
福岡市といえば、スタートアップ企業に
積極的という記事を多数見て来ました。
改めてスタートアップ企業数等どこかに定量データがないか探してみたのですが、
すぐに見当たらなかったのですが、
コンパクトシティであったりベンチャー企業への支援に積極的ということもあり、
どうやらアツイ都市らしいです(なんだか俗っぽいですが・・・)。

同カフェでは会計や広報、クラウドシステムなど
様々なツールを利用できる特典があるようで、
実際、プレスリリースについても、
既にPRTIMESのサービスも月1回配信が出来るサービスが提供されています。
この度、同社からも改めて地域創生という
巧みで便利な言葉を用いたリリースとなっています。
当リリースが何か目先の業績や価値の見通しを変えるものではありませんが、
福岡といえば、アジア進出の際にも優位ですし、
同社の顧客ターゲット層にもマッチしている内容ですから、
引き続き頑張って欲しい、その程度の感想です。
株価は相変わらずややボラティリティが大きく、
投資家や投機家の様々な思惑が交錯しているようですので、
あまりそこに飲まれずにいきたいと思っています。

■あいHD
決算が出ています。
精査記事まであげるかこれから考えますが、
順調ではないでしょうか。
今期見込みが四季報などと比較して弱いので、
売られるでしょうが、今期見込みを当てるゲームに
参加しているわけではないので、どちらでもいいのです。




5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170818_資産残高推移表


特にコメントはありません。




6.雑記

今週は週央に短い家族旅行に出掛けていました。

旅行ブログならその旅行記を詳細に語りたいところなのですが、
まぁそれは割愛します(笑)。

ところで、私の周りでは株式投資に対して、
仕事中も旅行中も株価が気になって落ち着かないという方が多いです。
そしてそれが理由で資金運用にネガティブな意見を抱かれています。

私も投資を始めた3年余り前の初期では、株価の動きが気になり、
一日に何度も株価や騰落をチェックしていたりしました。
実際それで感情的に売買をしてみたり、
雰囲気で根拠ない戦略でその場凌ぎのことをしてみたり、
確かにそういう時期を過ごしてきたので、
その落ち着かないという感覚はとてもよく理解しているつもりです。

3年余りが経って今となっては、
意識的に自分の感情を仕向けているというのもありますが、
だいぶ落ち着かなさはなくなりました。

というか、落ち着かない要因を招く銘柄は
保有しないか、落ち着く程度に比率を下げることにしています。
今の私のリスクヘッジのやり方は、
まだまだ自己流で、その場で試行錯誤しているもので、
強い根拠があってこのようにしているものでもありません。
なので、この先、必ず訪れるだろう下落相場を前に、
どこまで自分が平穏を保てるのかはわかりません。

少なくても今回の家族旅行の間は、
株価やSNSからも距離を置いて、
完全に放置をしていましたし、
それで旅行中になんらストレスを感じず平穏にいられました。

長期投資が前提だからこそなのかもしれませんが、
仕事や家族との時間と両立をして、
どっしりと構えられる可能性があるこのスタイルこそ、
私には受け入れやすいやり方なんだろうと、
改めて実感しました。


人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り