十分な教育資金と老後資金のために


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +4.2% となりました。
前週比は ▲2.8% で推移しました。

20170407_パフォーマンス推移表




2.全体所感

3月までの楽観ムードが嘘のように、
4月に入った途端に調整が始まりましたね。

テロの問題、北朝鮮やシリアの地政学的リスクの台頭、
米国金融政策の行方など、まぁこの時とばかりに
リスクだリスクだと騒ぎ立てて、
この調整を解説しようとされていますが、
結局どれもしっくりこないし、
しっくりしたとしても自分のスタンスでは何も対応出来ないために、
考えること自体が無駄だなと思ってやり過ごしています。

厳しい下落だなんて言われていますが、
そもそもこれまでが異常に騰がっていたので、
この程度の下落でいちいち騒ぎ立てるようなものではないと捉えています。
(願わくば、この上昇の恩恵で私ももう少し余裕を持っていたかったですが…)

実際に週間で3%程度の下落なんて、
昨年をみても何度もあったことですし、
全く珍しいことではありませんし、
なんちゃらショックという時には10%を超える下落をしてきているので、
今週の下落なんて、まだ序の口だと感じます。

確かに外部環境は騒がしいですから、
来週以降も下落が続くことも十分想定されますし、
それにより、10%や20%の下落なんて局面も来るかもしれません。
そういった時に、自分が如何に冷静かつ、
自分の投資スタンスに則った行動を取ることが
とても大事なことだと思います。

逆張りの指標で急に騰落レシオだとかVIXだとかを持ち出して
それを意思決定の重要な論拠とするとか、
それが正解か以前に自分の投資スタンスと異なることを急にやりださない、
そういうことを肝に銘じて臨みたいなと思います。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170407_ポートフォリオ内訳


今週は総じて保有株は下落したと思いきや、
実は騰落はまちまちだったこともあり、
売買こそしていないものの、
準主力銘柄達で多少順位の入れ替えがありました。
とはいえ、意図的にリバランスをかけたわけでもなく、
構成が大きく変わらない状況です。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170407_保有銘柄一覧(週間騰落)


準主力銘柄以上で見ると、
これまでずっと軟調だった丸和運輸機関は下落しませんでしたが、
それ以外は総じて5%超の下落となっています。
にも拘らずこの程度で済んでいるのは、
元々警戒して現金比率を高めていたことと、
WDBや全国保証など中位銘柄でプラスの銘柄もあり、
なんとか耐えたといった印象ですね。

アイドマMC、ソーシャルワイヤー、シュッピンなど
これまでの上昇ピッチが速かったものは、
やはり厳しい展開となっていますね。
ただ、株価ではなく業績面に着目していきたいため、
例えば今日のシュッピンの月次も好調ですから、
こういった動きをきちんとトレースして納得いく資金を
置いていきたいなと思います。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170407_保有銘柄一覧(指標)


日本管理センターは指標面で見ても魅力が高まっているように思います。
業態としての不確実性というのもありますし、
既に資金比率も高いので、ここから買い増しをしたい中でも、
より慎重に判断したいところです。





4.個別銘柄トピックス


■ 3276 日本管理センター

JPMCセンターデポのサービス開始がリリースされています。
この施策は最近目にするようになったもので、
資材高などを背景としてパートナー企業やオーナーにとっての付加価値向上として、
寄与出来るものだと思います。
この商流構築という仕組み自体は別に新しい創出というものでもないので、
このことが収益となるわけではないと思いますが、
同社がポストプレハブメーカーとして対峙していくために、
最低限の共同調達の仕組みの確立は必至ということなのでしょう。
パートナー企業の獲得などやや数値面では停滞している面もみられるので、
テコ入れとして新鮮なアイデアではないものの、
一定の効果はあるのかなと思います。




■ 9090 丸和運輸機関

会社からのリリースはありませんが、
シリアの情勢悪化によって原油の動向には
少し注視が必要なのかもしれません。
前にIRイベントで、原油の反転が今後更に進んだ際には、
来期以降の成長性予測に少し影響を与えるかもしれないという
趣旨のコメントをされていました。
まぁ可能性の話を言ったらそれはそうでしょう、となるわけですし、
物流網は原油の動向如何に関わらず、
毎日動くわけですからあまり原油の動向如何に
過敏になる必要はないと思いますがね。。。



■ 2475 WDBホールディングス

埼玉県と高知県にそれぞれ新規支店を開設したようです。
まだまだ支店を作る≒ビジネス機会があるのだなと感心します。
また中堅証券会社からレーティングがついたようですね。
目標株価1800円らしいですね。



■ 3179 シュッピン

月次開示が出ています。
これで通期の売上がほぼみえましたが、
通期予想から2%ちょいの未達となりますが、
利益率を考慮しても利益は
若干の上振れとなると思われます。
但し、修正が出る程でもないですし、
もしかすると前年に賞与をカットしている反動で、
多少従業員にも還元するかなとも考えています。
その意味では多少利益率を落として、
利益も予想ラインで着地させるかもしれないかなとも思います。
そして、株主にも増配をしていますし、
ユーザー数の増加トレンドを見る限り
来期も期待が高まりますね。
保証サービスも開始していますし、
今後は増加するユーザー数を背景に、
更に成長が続くかなとみています。
もちろん、株価はそれをある程度織り込んでいますが。


■ 3179 シュッピン

まず貸借銘柄への指定という内容がリリースされています。
こちらは私のスタイルとしては全くどうでもいい話ですね。
それより、本日より、いよいよMapCameraにおいて、
「いつまでも安心保証」のサービス開始となりました。
商材が高額であり、かつ精密機器ということもあり、
愛機を大事にするために加入する率が
一般の家電に比べると高いと思われますので、
よい制度だと思います。



■ 3929 ソーシャルワイヤー

まずKPI情報ですが、
リリース配信数はやや頭打ちになっています。
一方で先行指標となる未使用チケットは順調に増加をしています。
これが営業努力によるものでありプラスの増加なのか、
実は未消化で滞留が起こり不良在庫のように未消化チケットだけが
積み上がっているネガティブなものかはよく注意しないとなりませんが、
これまでのアフターフォローの姿勢などを垣間見ていると、
チケットを売りっぱなしにするような愚行をしているとは考えにくく、
真っ当な内容であると解釈しています。
一方でレンタルオフィスの可動席は順調に積み上がっています。
ちょうど、渋谷の新規入居キャンペーンなんてものもやっていますね。

それから決算開示スケジュールが丁寧に案内されています。
そしてオンライン説明会だけでなく、
少人数制のMTGも予定されているようですね。これは楽しみです。




■ 9414 日本BS放送

一応、銘柄分析シートのみUPしていますが、IR照会の結果、費用の期ズレなのか、意図的なのか、場当たり的なのか、
いまいち回答が曖昧でしたが、
とりあえず、4月の改編でコンテンツ拡充と認知度向上という
基本シナリオを継続しながら緩やかに成長を続けています。
既に優待目的保有に切り替えて比率を調整済なのでまぁ放置ですね。




5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170407_資産残高推移表

まぁ少し減りましたよね。
時価なんてほんとうに水物ですね。



6.雑記

子供の春休みもいよいよ終わります。

この春休みも仕事を休んだり、
相場を放置したりで子供と向き合う時間を沢山持ちました。

何をしたかも大事ですが、
どれだけの時間を共有したかが子供との時間では
とても大事だと思うのです。

〇〇へ行ったというコトの共有は、
昨今のコト消費にも注目が集まっていることもあり
それはそれで重要なのですが、
コトより子供へどれだけ興味関心のベクトルを向けて、
一緒の時間を共有出来たかが、
自分の満足感にも影響しているように思います。

特に私の子供のようにまだ小さい場合は、
遠くにある初めて訪れる〇〇より、
近くのいつもいく公園の方が嬉しかったりもするような気がします。

両方をこの春休みにもふんだんに企画してやってみた結果、
実感としてもそう思うのですよね。

いよいよ小学校に入学に当たり、
親としては楽しみより不安の方が大きいのが情けない所ですが、
それでも小学生になるわけですから、
希望ある子供の将来のために、
親としてやれることはやり、
またやらせていただきたいなと思います。
コメント
この記事へのコメント
資産が半分になってもしれてる金額なんだから銘柄絞って勝負したらいいのにと思ってしまいました。もしくはFXやCFDで倍するとか。VIXや騰落レシオを馬鹿にしているのも残念ですね。
2017/04/14(金) 07:14 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
>通りすがりさん

こんにちは、通りすがりさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

率直なご意見として貴重なコメントを頂きまして、
感謝申し上げます。
立場が多少異なる点もあり、
反論のようになってしまうかもしれませんが、
私の考えや立場を回答させて頂きたいと思います。
(気分を害されましたら申し訳ありません。)



まず資産の規模については、
ご指摘のように著名な投資家が多数存在する中で、
私が公開している資産規模は小さいものと認識しています。
但し、それはあくまで多くの著名投資家と比較した相対的なものであり、
規模は小さくてもとても大事な資産であることは
しがないサラリーマンとして貯蓄してきた立場もあり、
疑いようがない実感であります。
ですから、相対的に規模が小さいからといって、
半分になってもやむなしという前提で、
「勝負」をするスタンスは私のスタンスとは相知れないものです。

例え、規模は小さくてもそれを大事に自分が納得できるような、
スタンスで臨みたいと考えています。
見ようによっては臆病だし、そんな細かな所を配慮したからといって、
吹けば飛ぶような額でしかなかろうに、ということかもしれません。
そのような指摘を頂いたことは、
素直に受け止めさせて頂き、
その上で私は今の自分の試行錯誤のスタンスを堅持したいと思います。


なお、FXやCFDのように自分が全く理解できない動きをすることもあり、
投資対象としようと考えたことはありません。
なぜ円安になって、なぜ円高になってなどということは、
恥ずかしながら全く解釈できないため、
単なる私の実力不足なのですが、
そういう無知な自分を受け入れるしかないのが実情です。
もし失敗したとしても自分が納得出来る振り返りが出来て、
その中で自分のスキルを身に付けられるようであれば、
今後投資対象として検討はしていきたいと思いますが、
今の所、日本株式だけでも私の能力的に見ると限界なので、
当面は日本株投資と向き合いたいと思います。
ご提案頂いておきながら、あまり検討出来ずに申し訳ありません。


最後に、VIXや騰落レシオの件ですが、
まず最初にお詫びを申し上げます。
私が記事中で言及したのは、
VIX指数や騰落レシオの無能さを指摘したわけではなく、
自分のスタンスでモニタリングしていなかったり、
投資判断に使っていなかった指標を、
急に持ち出して自分の投資判断の主たる判断に使うようなことは、
しないようにしたいという自分自身への戒めのつもりでした。
誤解のある表現であった点については申し訳ありません。
決してこれらの指標を馬鹿にしたわけでもないですし、
こういった指標を主な拠り所として、
相場感を見極めている玄人の方もおられることですし、
そういった指標を自分のものとして活用されている方、
またそれを自分の言動に忠実に反映できている方を尊敬しています。

VIX指数や騰落レシオは私も日常的に横目には見ています。
ただ私には扱いが難しく、かつ自分の投資判断のプロセスからすると、
最重視する指標ではないために、
相場の動向が変わったからと言って、
安易にこういった指標にすがるようなことはしないようにしたいと
感じているところです。

重ねて申し上げますが、これらの指標を否定的に見ているわけでもなく、
またこの指標に限らず私は出来るだけ否定をするのではなく、
そういうものの存在を認めつつ、自分が大事にするものと、
そうでないものを自分なりの指標に照らして、
取捨選択して臨みたい、そのように考えています。

誤解を与えた上に、そういう指標を活用されている方の立場を損なうような、
印象を与えてしまった点は申し訳ありません。


貴重なコメントを頂きましたが、
私の資産や実力不足に加え、配慮のなさから
不快な思いをされたようで申し訳ありません。

今後も何かございましたら、ぜひコメントを頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。


2017/04/14(金) 18:35 | URL | まるのん #-[ 編集]
損失が「働いて返せる金額」の間の「恐怖」なんてものは、後から見れば笑ってしまうほど小さなものです(恐怖でも何でもない)。数倍にするのに頃合いの金額なのに勿体ないな、と思っただけです。批判したわけではありませんよ。

貴殿の投資法なら、自分で考えなくても、ひふみ投信と成績は変わりないと思います。インデックスと比較するのではなく、セゾンやひふみなどのアクティブ投信と比べるのが適切ではないですか?

また、投げない投資法を好むなら中国株や米国株のほうが良いと思います。テンセント、amazon、グーグルなど。ご自身の保有銘柄と長期チャートで比べてみてください。

お互い頑張りましょう。
2017/04/16(日) 07:24 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
>通りすがりさん
こんにちは、通りすがりさん。
返信頂きましてありがとうございます。

私の資産規模であれば、
最悪大変を失ったとしても、
運用資産とは別の家計資産がありますし、
サラリーマンとしての定常収入もありますから、
生活が脅かされることはありません。
その意味では、ご指摘の通り「恐怖」は、
高いリスクを負って対峙されている方からすれば、
笑ってしまう程度の小さなものである、
ということはその通りだと思います。

数倍にする可能性があるような投資法は、
私の理解ではそれなりのリスクを受容した上での
リターンであるという認識をしています。
一定程度はリスクを限定的にしながらも、
大きなリターンを得る方法もあるのだと思いますが、
それは偶然か必然だとしても凡人になしえることではないと
理解しています。

従って数倍にする可能性がある投資法を今の私が手を出せば、
それは半分になる可能性も十分考慮するべき
リスクがより高まるやり方になると考えています。

客観的に見れば半分になってもたいしたことはない、
笑ってしまうほど小さな恐怖でしかないかもしれませんが、
私にとっては、いくら余剰資金であるとはいえ、
笑えてしまえるものではありません。
従って投資スタンス上も短期で数倍にする可能性がある方法、
ひいては半分になってしまう可能性も孕んだやり方は、
出来るだけ敬遠したく今の投資方針を掲げて取り組んでいます。


批判でないとのことですし、
実際客観的に見て、可能性があるのに勿体ない、という視点があることは、
気付きにはなりましたので、その点はありがたくご指摘として、
受け止めさせて頂きたいと思います。
ありがとうございます。


自分で考えなくても、
昨今流行りのひふみ投信を始め、
優良なアクティブファンドでいいではないかというご指摘ですが、
それはその通りだと感じています。
(私のような素人が優良なファンドと比較する事自体、僭越ではありますが)

ひふみ投信は今期の投資方針でも、
少量でも組み入れを検討している程で、
私も日常的にレポートやパフォーマンスは確認しています。
ただ、ブログ上では少なくても明示的にひふみとは比較していませんが、
今後は検討してみたいと思います。


外国株の超優良銘柄との比較の件ですが、
挙げて頂いた銘柄群は超優良銘柄ですし、
ご指摘のように超長期保有で安心して保有するという観点からも、
お勧め頂くことは納得できます。
実際、私が手だしするような中小型銘柄の寄せ集めより、
こういった超優良銘柄をずっと握っていた方が、
恩恵にはあずかれるかもしれません。

但し、先ほどのひふみの件もそうなのですが、
私の場合、あまり自分で考えず、またはずっと投げない投資というより、
自分で色々考えてみて、自分自身の選力眼を鍛えつつ、
自分が一人称で相応の投資判断をつけられるようにするという
練習期間でもあると認識しているため、
敢えて自分で選び、自分で考えるというスタンスを、
このブログなどを通して凡人なりの悩みなどを織り交ぜながら、
ご紹介しているものです。

ある程度自分で考えなくてもよい、
もしくは放置出来るという意味で手間をかけないようにしつつ、
結果も得られそうという意味で、
海外の超優良銘柄や優良なファンドを買うというのは、
とても合理的なご提案だと感じました。

但し、私の場合、自分の投資家としての成長のためにも、
敢えて日本株の中小型株を中心にいじってみて、
自分なりに納得感を深めながらやっていきたいと思いますので、
将来的にファンドの組み入れや
海外株の組み入れなども検討したいと思いますが、
現時点では投資方針を変えるつもりはありません。


色々なご提案を頂き、
またお互い頑張りましょうと励みのコメントを頂きまして、
感謝申し上げます。ありがとうございます。



2017/04/16(日) 20:20 | URL | まるのん #-[ 編集]
着実な投資をしてる人に対し投機で倍にしろって愚か過ぎるコメントですね。ひふみも過去の実績にすぎないのに。

投資家はギャンブラーじゃない。まるのんさんが長い時間をかけ着実な成果をあげることを期待します。
2017/04/22(土) 16:57 | URL | 堅実な投資家 #-[ 編集]
>堅実な投資家さん
こんにちは、堅実な投資家さん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

投機で倍にするということが愚かかどうかは
様々な意見があると思います。
私は個人的には自分の考えに合わないため違う立場で
対応いたしましたが、そういうように見ている方もおられる点は、
改めて気付きになりましたし、
その上で、自分の大事な考えを再確認出来た意味でも
ありがたく感じてもおります。

ひふみ投信は私も好きなファンドであるわけですが、
ご指摘のように過去の実績が
将来を保証するものではないため、
過去がよいから安易に楽観すべきではないですよね。

株式を売買すること、もっといえば、
資産運用に対しては投資か投機かという根本からして、
千差万別の色があるわけでして、
私は投機やギャンブラーに対しては
自分はそうなりえないと思っています。
とはいえ、異なる立場を否定せずに
出来るだけ受け入れた上で、
自分が何を大事にして、何を大事にしないのかを
深めていきたいなと思います。

きっと、堅実な投資家さんは、
私へのフォローのつもりでコメントを頂いたのだと思います。
(違っていたらすみません)
そのような配慮ある対応を頂いてコメントを頂けることを、
嬉しくもあり、またその激励を今後の自分の糧に、
これからも投資やブログの運営を細々とやっていきたいと思います。

私が長い時間をかけてどこまで成果が出るかわかりませんが、
どんな行く末であっても、私はありのままの状況を
これからも晒していきますので、激励頂ければ幸いでございます。

ありがとうございます。





2017/04/23(日) 21:43 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/872-256d1152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り