十分な教育資金と老後資金のために

2017年投資方針に従い、
改めて銘柄の定点観測を実施します。


◆9414 日本BS放送

【認知度向上も設備投資も控える】
認知度向上によるトップライン向上の継続が見られるも、
販管費積極投入や設備への大型投資が見込まれる中で、
利益成長は当面緩やかな推移となる。
TV離れが続く中でニッチなファンとターゲットの明確な
同社モデルへの広告出稿の期待は継続出来るものの、
不況耐性や広告そのものの多様化の動向にも注視を要する

【安定さと還元の魅力】
大型設備投資が控えているとはいえ、
現金が厚く自己資本など財務安定は抜群。
その上、優待魅力度も高く優待目的で少数保有方針。
但し、成長と安定という主軸がいずれも評価が並である点も考慮が必要。

【総合評価】 ・・・「B」
成長性は認知度向上など視聴数の増加という明確なシナリオがあるものの、
それには費用を要する点と攻めの投資というより守りの投資が継続して要される点から、
利益成長は限定的と見る必要もある。
安定性は過去実績こそ実績は高いが、不況耐性などに一抹の不確実性もある。
これらから成長、安定はいずれも並の評価としている。
一方で安定性や還元性の評価は高く、
長く還元を楽しみながら長期保有をしていくには良い銘柄とみえる。
テーマ性に突出した点もなく、割安性も薄いため、
成長もしくは安定のいずれかにもっと確信が持てないと、今の優待銘柄保有のみが限度。


 【成長性】 ・・・「B」
  <成長シナリオ根拠> ・・・12pt/20pt
   ・視聴者の認知度向上
   ・番組の付加価値向上(ニッチ特化)
   ・視聴率向上が広告効率向上に寄与
   ・但しいずれも爆発的なシナリオとは感じない
  <想定CAGR> ・・・8pt/20pt
   ・CAGR10%
   ・過去実績は大局的には安定成長
   ・認知度向上策への投資でやや緩慢な成長基軸
   ・今後設備投資が必須の状況(償却費)
  <テーマ性> ・・・ 5pt/10pt
   ・テレビ離れ(ネット世界台頭)
   ・個人の多様化(ニッチへの要望増)
   ・オリンピックなどスポーツ放映
   ・韓流や競馬など根強い人気
   ・放送設備インフラの高度化(4K→8K)
   ・広告の費用対効果への重視基調の見直し

 【安定性】 ・・・「B」
  <スイッチングコスト> ・・・10pt/15pt
   ・BS専業としては少数
   ・民放キー局は元々棲み分け
   ・ニッチかつ視聴者セグメントが明確な広告出稿ニーズへ対応可
   ・ネット広告などTVメディア以外へのシフトは想定される
  <不況耐性> ・・・4pt/10pt
   ・TVメディア広告出稿は景況感に影響
   ・但し、民放と比べるとマス要素は低く効率性重視から見直し契機にも?
   ・通販など主力以外は影響も大きそう
  <ストック性> ・・・4pt/10pt
   ・基本的には一定期間の受注に基づくフロー型
   ・スポット広告は完全にフローだが、タイムは概ね常連の出稿が続き安定的
  <過去業績実績> ・・・7pt/10pt
   ・安定の成長基軸を継続
   ・但し直近では販管費積極投下によりやや利益成長は緩慢に
  <顧客層> ・・・3pt/5pt
   ・電通、博報堂など大手広告代理店

 【割安性】 ・・・「C」
  <PEGレシオ> ・・・10pt/20pt
   ・PEGレシオ1.3
   ・PERの絶対的水準も並の印象
  <目標株価GAP> ・・・6pt/20pt
   ・上昇余地50%弱でそこそこ評価されつつある

 【安全性】 ・・・「S」
  <営業CF推移> ・・・14pt/15pt
   ・営業CF+で安定的
   ・今後の大型設備投資局面で一時的にキャッシュフローは一時的悪化あるか
   <自己資本比率> ・・・14pt/15pt
   ・90%前後 現金厚すぎで逆に効率悪い印象だが、設備投資備えでやむなし

 【還元性】 ・・・「A」
  <DOE> ・・・9pt/15pt
   ・DOE2.1% 設備投資備えを考えるとやむなしか。配点は低めに評価。
  <資本政策> ・・・3pt/5pt
   ・ROE10%前後 設備を大きく持つ必要がありこの程度でやむなしか
  <IR活動> ・・・4pt/5pt
   ・決算説明資料開示
  <株主優待> ・・・5pt/5pt
   ・株主優待は魅力あり


人気ブログランキングへ

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +0.7% となりました。
前週比は ▲0.6% で推移しました。

20170113_パフォーマンス推移表


2.全体所感
年初の各指数のスタートダッシュが一服して、
今週はJASDAQ指数を除いて微減となりましたが、
まぁほぼ横ばいという状況です。

今週はトランプ大統領の記者会見があり、
そこで貿易赤字の件などで、
日本が名指しで批判されたそうで、
その後、為替も円高に振れて株安に動きました。
日経平均は1日に200円程度下落し、
その程度の下落でも大袈裟に「大幅な調整」と解説されていました。
最近ずっと好調な推移だったので、この程度の下落でも、
なんだか随分せわしないことだと感じました。

そして何よりトランプ大統領の会見を通して、
ここまで相場が動くということで、
改めて今年1年が難しい年になりそうだと再認識しました。
今後大統領という立場に立ち様々な情報発信をしていくはずですが、
その一挙一動にいちいち反応していくわけですからね。

ただ、そんな先行き相場感など、
私には「わからないこと」なので、
わからないなりの対応を慎重に取っていきたいと思います。
その一環でもありますが、現金比率にはとても敏感になっています。


3.ポートフォリオ
本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170113_ポートフォリオ内訳


今週は早速ポートフォリオに若干組み換えしています。

まず、新規銘柄としてずっと監視してきたアイドマMCを購入しました。
分売分への応募分は全部割り当てがなく、
機会があえば市場調達をしてもう少し比率を上げたいなと考えています。
ただ、現状市況全体では割高感も台頭しているので無理はせずにゆっくりとやりたいです。

また現金比率の目安を考慮して、WDB、ジーフット、スターマイカを売却しました。
WDBは期待値などは特に変わりませんが、
目標株価GAPが縮小してきていたことなどを踏まえて一部利益確定しました。
またジーフットとスターマイカは、
既に準主力以上から利益確定を行い優待分のみとしていましたが、
スターマイカは直近決算や近く1部昇格とセットであろう増資も警戒しており、
既に目標株価へも相対的に魅力が減っていることもあり対処しています。
ジーフットも概ね同じ経緯での保有なのですが、
直近決算を見て、3期連続で粗利率向上が見られず横ばい圏となっていることもあり、
そろそろ踊り場が鮮明となってきたこともあり現金を作るために対処しました。
ジーフットは残り1単元となりました。

保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170113_保有銘柄一覧(週間騰落)



週間騰落としてほぼ横ばいなのですが、
シュッピンの下落がやや目につくでしょうか。

儲け時の12月の月次売上高の開示がありましたが、
私はニュートラルに捉えています。
会社の3Q計画にほぼ肉薄する実績です。
セールの兼ね合いで利益率がどの程度かわかりませんが、
要するに計画線で進んでいると今は判断する他ありません。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170113_保有銘柄一覧(指標)

定点観測記事で棚卸をした結果、
BS11について評価を一部変更しています。
決算も開示されていますが、特に見立てを変えるものではありません。


4.個別銘柄トピックス

・ソーシャルワイヤー
 元々同社はプレスリリース配信とレンタルオフィス事業を手掛けていますが、
 アジアBPOというフィールドでドメインを見ています。
 その一貫でシンガポール子会社からリリースが出ていますが、
 金融や美容業界において同地域へ進出するための講演会が催されるそうです。
 こういう付加価値が今後より具現化していくことで、
 同社提供サービスの総合魅力度向上へ繋がるといいなと感じました。
 同リリースが株価にもやや影響を与えたのかもしれませんが、
 それはまだ尚早だと思います。

・シュッピン
 月次開示が出ています。3Q累計で売上は概算で68.4億円です。
 直近の決算説明資料には四半期毎の計画値が棒グラフで表記されていますが、
 見た目で69億くらいでしょうか。つまりほぼ計画通りです。
 セールでどの程度の利益率で着地させたのかわかりませんが、
 同社は適正な利益率確保に向けて改善してきたところなので、
 まぁ結局、普通なのだと思います。
 そしてユーザ数がだいぶ増えています。
 稼ぎ時の月で新規利用も増えたでしょうから、
 今後はこれを継続的に惹きつけるコンテンツなどへ期待したいです。
 リピーターになってもらう必要がありますからね。

・アイドマMC
 ようやくPF組入れを行いました。
 ただ、まだ比率は小さく丁寧に拾っていきたいと思います。
 本則市場への鞍替えのための分売をこなして、
 本日正式に申請したとのIRが出ています。
 謎なのは、この本則市場のIRのせいかPTSで少し買われたことです。
 いやー分売自体に書いてあったしね・・・
 市場は本則市場変更目的の分売は認識していなかったのでしょうか。
 それとも想定より申請が早かったということですかね。

・ホクリヨウ
 ざっくり売上が減収となり、
 利益も前期比半額弱まで落ち込んでいます。
 この減益率見ると心配になりますが、
 私はあまり気にしていません。
 そもそも会社計画比で順調に推移しているので、特に心配もしていません。
 加工卵(液卵)の工場稼働開始していますが、
 その状況などを教えてくれるともっと嬉しかったですね。
 株価は半分担った利益に悲観一色かもしれませんが、
 計画線できちんと推移しています。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20170113_資産残高推移表


まぁなかなか増えないわけですね~(笑)



6.雑記

久々に終電で帰ってから当記事を書いています。
だいぶ疲れていたので、明日でもいいかなと思いましたが、
やはり金曜夜のうちに終わらせようと思って書きました。
ということで雑記はさぼります(笑)。



人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り