投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.2% となりました。
前週比は+0.0% で推移しました。


SnapCrab_NoName_2020-1-17_21-53-5_No-00.png



今週は数百円の差異しかない程の横ばいでした。


2.全体所感


今週は各指数とも週間では静かな騰落となっています。
しかしながら一部の銘柄で高騰や暴落がみられたため、
買い方、売り方双方でうまく立ち回れた方は、
資産を大きく殖やせた週となったのではないでしょうか。
私は今週もなにもしていない(できない)中で、
指数と同様おとなしい1週間となりました。

個人投資家の雰囲気は引き続き良好のように感じてますが、
マザーズ指数は年初来でもマイナスのままで
指数の中で一人元気がないようです。
SNSでは個人投資家のウェイウェイ感を至る所で認知している中で、
どうにも実感がわかないですが、まぁそういうことのようです。

米中の問題やイランの問題、
あるいは中国の謎の肺炎問題など、
色々と相場を揺るがす心理不安もありますが、
何より、消費が弱含みしていないかが気になっています。
最近、ふと消費が弱いという印象を受けることが続いており、
あくまで感覚的なものですが、心配ですね。
そういえば日銀の各支店の景況感でも東海など一部地域では、
見通しが下方修正されていましたね。

まぁ、あまりこういうものに右往左往されず、
今後も企業の長期的なスタンスに寄り添い、応援していきたいと思います。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2020-1-17_21-51-51_No-00.png


ほぼ横ばいとなっており、先週からほぼ構成も変わっていません。
アイドマMCの株価が下落したことで、保有比率が4%台となってしまいました。
残念ですが、致し方ないですね。
決算を警戒されているということですかね。
電子値札関連などといわれても実態は、その分の投資も乗ってくるので、
増税後の小売のコスト抑制力と合わせ技で結構シビアな数値が出てくるのでは、
なんて思っているのですが、さてどうでしょうかね。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。


SnapCrab_NoName_2020-1-17_21-50-26_No-00.png



オリコンHDは今日、何か急騰していますが、
終値ではそこそこに落ち着いたようです。
元々板が薄いといわれる中で、仕掛けられやすい面もありますから、
あまり一喜一憂しないようにしたいですね。
出来高も再び増えているので、少し大きめのロットで売買があったようなので、
どこかで同社の事に言及があったでしょうか。

イオンディライトは決算の進捗がネガティブ視されているのだと思いますが、
比較的同社にとっては大きめの下落率となっています。
翻訳センターの下落はロゼッタの超絶翻訳に比して、
翻訳センターの仕事が奪われる懸念でも台頭したかのようですね。
まぁ実際そういう懸念もあるのかもしれませんね。
翻訳センターはMTのためにコーパスを蓄積するための施策を展開していますが、
ロゼッタの超絶な効果をみると、そんな蓄積とかでなくて、
既に成果があげられるかのようなソリューションになっているようですからね。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

SnapCrab_NoName_2020-1-17_21-50-59_No-00.png



現状のポートフォリオPERからするとやや現金が薄いですが、
諸々考慮するとまぁちょうどいいくらいかなと思っています。


4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。
なお、株価の動きを踏まえた率直な思いも適宜メモしていきます。


■ルネサンス
小田急沿線への新規出店のリリースが出ています。新百合丘の隣駅の駅前立地のようです。
最近の流行りなのか、ランドリー&カフェも併設するそうです。

それから熊本県合志市において、市や熊本大学、日本ユニシス、Kuru-Labとが協業し、
地域住民の健康増進および地域発展を目的とした
フィットネス&コミュニティ「 コレカラダ」と
健康データの取得・研究活動の拠点として「コレカラボ」を開設するそうです。
地方自治体が住民に対する健康対策を加点化して優遇するような動きがあると
以前にニュースがあり、自治体の健康支援の在り方の議論が今後進んでいくだろう中で、
産学官の連携が深まる事例となるといいですね。
もちろん足元の業績にはごく軽微なので、
投資家の皆さんは注目しないのかもしれませんけどね。




■イオンディライト
決算開示を受けて株価は下落していますね。
決算精査記事をUPしています。



まだIR照会結果は追記出来てません。
そんなに際立った内容もありませんが。

ちなみに私の拙い精査より以下のレポートが参考になると思います。
今回のIR照会の結果とも平仄が取れた内容になっています。




■ヤオコー
東久留米に新規出店のお知らせです。
都内は11店舗目となりますね。
周辺地域は業務用スーパーやビックエーなどが近隣にありますね。
最近はデフレ化みたいな風潮もあるので、そんな中でヤオコーのような
どちらかというと高付加価値型のスーパーがどこまで受け入れられるのか、
ちょっと心配もありますが、頑張って頂きたいですね。


■ソーシャルワイヤー
ファインドモデルを完全吸収することになりましたね。
軌道に乗ってようやくということですね。
事業譲渡された際に、ファインドモデルを創業した前社長が、
矢田社長へのバトンを渡す際に思いがあった記事がありましたが、
きちんとバトンが引き継げたという意味では大変意義あるステップだと思います。
足元は好調ですが、アパレルや美容に偏重していることも事実です。
特にアパレルは気候の問題もあったりで小売現場は暗い状況もありますが、
認知度も上げてぜひ有効なツールとして今後も躍進してもらいたいと思います。


■Hamee
Hameeは本日臨時株主総会が開かれました。
議題は定款に事業目的を追加するというものですが、
特に損害保険の追加について早急に準備を進めたく、
敢えて臨時総会を招集して急いだようですね。
IoTに絡めた新規事業など期待感も増大していますが、
慎重なスタンスを崩さない固さがありますよね。


■日本管理センター
四半期の管理戸数と延滞保証件数が開示されています。
管理戸数が着実に回復基調にありますね。




■ゼンリン
レーティングが新規中立で目標株価は1900円だそうです。
結構、いい線かもしれませんね。
現状下方修正リスク含みだと思いますが、
指標面からまだまだ下値がありそうで、1500円の割り込み、
更に1000円くらいまではありうるではと思っています。
まぁそうなると私の買付である1860円ですから死亡ですね(笑)。
なんとか、総会出たいな、と思っています。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。


SnapCrab_NoName_2020-1-17_21-52-49_No-00.png

横ばいです。


6.雑記

古い町を歩くのが好きです。
いかにも歴史がありそうな建物にノスタルジックな雰囲気を醸す、
時代がタイムスリップしたような人知れずにひっそりと佇む路地裏。
そんなところで地場の歴史ある食材を求め、
それを小さな家族へのお土産にする。
その町並みをお土産話にしながら、
食材を頂くと、その土地に、その時代を感じる事が出来て、
あぁ、日本の伝統とはいいものだなと思うものですね。




イオンディライトの決算精査記事ですが、noteにてUPしました。
ブログからはリンク先のご紹介のみになりますが、
ご参考になれば嬉しいですし、感想や間違っているよ、というご指摘を頂ければ、
大変嬉しく思います。

イオンディライト決算精査記事リンク



◆最近のお気に入り