十分な教育資金と老後資金のために


昨年に続いて、サンセイランディックの株主総会に参加してきました。

昨年とは会場が異なり東京駅からすぐの丸の内界隈の会議室での開催です。
昨年は神田駅から少し歩いた会議室でしたが、
本社を丸の内に移転したこともあり、
本社のすぐ隣のビルの会議室での開催です。

通勤客に混ざりいつもは通過している東京駅で下車して、
総会に出席するために会社とは違う所に向かうのも、
少しワクワクするものですね。

会場のビルまでプラカードを持った案内の方がおりまして、
迷うことなくビルに到着してエスカレーターを登ります。

すると底地くんが出迎えてくれます(笑)。
昨年はおりませんでしたので、今年デビューですね。

3277_soukai.jpg

社員の方が一緒に写真をお撮りしましょうかと
お声掛け頂きましたが、
それはなんとなく固持し(笑)、受付の様子という事で撮影しました。

中にはペアで撮ってもらっている株主さんもおられましたね。
いきなり癒されますが、
同時に開場から開会までの1時間余りの間、
着ぐるみに包まれた中の人は大丈夫なのかな、と
変なところが気になってしまいました。


会場のに入ると、まだ誰も来られていなくて、
とりあえず席を確保して荷物を整理していると、
いつも懇意にして下さっているIR担当の方にお声掛け頂きました。

というか、早くないですか~とかフランクで楽しくお話をさせて頂いていると、
社長もマイクの調整や確認などで会場にお越しになったので、
一言ご挨拶をさせて頂きました。


そういえば、優待クロスに忙しかったので
株主総会での質問事項をきちんと事前に整理出来ていなかったので、
入り口のホワイエコーナーの椅子で復習をすることにしました。

セルフサービスで無料のコーヒーを頂きながら、
短信や決算説明資料を再読し、
自分の決算精査記事などにもざーっと目を通します。

ただ、直近で東証IRフェスタ2017
相当な時間ブースに入り浸り(笑)、
色々勉強してきた後だったので、新たな観点はなく、
確認くらいかなという感じです。


いくつかメモを取っているうちに、いよいよ開会です。
株主数は昨年は70人位の印象でしたが、
今年は少し増えて100人弱程度でしょうか。(数えたわけではありません)


事務局席に朝お話させて頂いたIR担当さんも着席されており、
その後、役員が入室されて、10時の時報を待ちます。
事務局から開会宣言があり、定款の定めにより議長は社長という
いつもの案内で進んでいきます。


事業報告については映像ですが、ここはだいたい理解しているので、
復習のつもりで耳を傾けます。
対処する課題については、映像ではなく、社長が自ら説明ですが、
無難さを優先しているのか、招集通知記載の内容をトレースするものです。
元気で早口なのはいつものことですね。

この辺は昨年同様にさらっと流れていきまして、いよいよ質疑です。

去年の総会も感じたことなのですが、
QAに対して事務局席のメモ提供の速さですね~。
こちらが質問して一通りしゃべり終わった頃には、
既に手書きのメモが社長に手渡されているのです。


というわけで、やり取りで私のつたない記憶と、
冴えない解釈に基づいてメモを残しておきます。
なお、出来るだけ時系列で記載している点と、
他の株主さんの質問でよくわからないこともあったので、
メモの言葉でいまいちなんのこと?というのも含まれる点、
ご了承下さい。


【Q】
2020年に向けた営業方針は?

【A】
次期中計(来年開示予定)策定で検討しているところ。
既存の拡大と新規ビジネスのバランスをみて、
着実な成長を実現できる方針を策定中であるため、
来年の開示をお待ちいただきたい。


【Q】
不動産バブルはいつはじけるのか?

【A】
オリンピックまで待たずにシュリンクしてくると考えていたものの、
現状を見るとなんだかんだいって
オリンピックくらいまではもつのかなという印象。
但し、オリンピックの前後では確実に調整局面が来ると感じており、
これは不動産に限らず、
経済全般に調整局面が来る前提で捉えるべきと考えている。
なお、これらはあくまで私見として述べたものである。


【Q】
相続についてはどうか・・・
(何を聞きたいのは私には理解できず・・・)

【A】
相続税の対象者は4%から8%に大幅に拡大し、
その対象者が増えることは、
様々な面で当社の活躍フィールドが広がると認識している。


【Q】
前期末で従業員が3人の純減となっているが、
人員確保は生命線とも認識している。
減少の背景として何か働きにくさなどの諸問題が背景にあるのか、
その原因についてどう認識しているか。
また、人材獲得競争が激化する中で、当社の今後の状況はどうか。

【A】
前期末で離職した社員はいずれも個人的な都合である。
(雰囲気的には家業を継ぐとか結婚や子育て起因のような)
構造的な問題ではないものと認識している。
また足元の人材獲得の状況では特に新卒採用を積極化しており、
今年も5人を採用している。
丸の内に移転していることや東証1部上場による知名度向上が、
確実に獲得競争にプラスに働いていると実感している。
また人数の量より、質を重視しており、
教育をより重視していく方針である。


【Q】
2022年問題として生産緑地の宅地化の増大について、
当社の底地ビジネスなどへの懸念する面と、
新たな事業機会と捉えてチャンスと見る面と双方あるのではと思うが、
現状で脅威や機会としてどのような認識を持たれているか。

【A】
生産緑地の対応においては専業でやられている会社が存在している。
(へぇ~そうなんだ~~知らなかった)
当該会社からも様々な提案を頂いている最中である。
総論としての認識は、
今の不動産のニーズの状況や生産緑地の立地を踏まえると、
直ちに大量の宅地化が進むと捉えておらず、
従って現状の地価等に与える影響は限定的だと理解している。
この問題よりも、不動産ニーズそのものの動向という意味で、
少子高齢化が進むことの方によほど対策立案が求められることと思う。


【Q】
今期業績予想は、現中期経営計画の最終年度の目標額と比較すると、
下押しした業績予想となっているが、
これは株主としてどのように捉えたらよいか。

【A】
中計の数値を諦めたわけではなく、ここを目標にやっていることに変わりない。
業績予想はかなり保守的に策定しており、
それを必達しつつ、中計数値達成までをやり遂げられるよう努力していく。


【Q】
木密地域の打開に向けた対策は急務であると感じているが、
当社のようなノウハウをぜひ横展開してビジネスにすることはできないのか。


【A】
一番大事なことはやはりその木密地域にお住まいの方々の
意識だと感じているところである。
またその意識下にある要望を具現化するためにどうあるべきか、
それを深堀するために、
対象住民に対してヒヤリングすることに着手するつもりである。
一方で行政も当該問題に過大は感じているものの、
何から手を出してよいかわからないと混沌とした状況のようで、
すぐに形にはならないかもしれませんが、
行政をどこまで巻き込んで本気でやれるかを見通していくつもりである。


【Q】
民泊は法整備などの問題もありやはり難しいのか。

【A】
エアビーは法律上、現行法に照らすとグレーゾーンとなる。
当社はあくまで合法でやり遂げることを標榜するため、
最近では当社と近しい立場の百戦錬磨さんと
色々な面で連携する機会が増えたそうです。


【Q】
認知度向上や株式市場での存在感を確率するための整備をもう少し検討出来ないか。
例えば弁護士ドットコムのように会員制として
会員数の増減によって業績も変わり株価も騰落するが、
そういう会員数みたいな指標を例えば開示するなどどうか。
IRの積極化などでもう少し株価対策を検討してもらいたい。

【A】
株価対策としては原点である企業価値を高めて、
安定的な利益成長にこそ注力すべきことだと認識している。
そのためにも一義的には利益成長を確実に達成していくことと、
認知度向上のためにIR活動機会をより充実させていきたい。
この他、広告出稿なども踏まえて認知度向上も課題と捉えている。


【Q】
One'sLife社の赤字が前期にも足を引っ張っているように思えるが、
当該子会社をどう立て直すつもりか。

【A】
売上も16億計画に対して13.9億と未達となっており、赤字決算となっている。
今後の対策としては注文住宅の引き合いは依然と比べても強い事を踏まえて
そちらへの注力に沿うようにしている。
また物件仕入から施工、管理までを一気通貫して対処することも考える。
そのためにも親会社である当社とのシナジー発揮をどうするかを勧めていく。


【Q】
取締役の増員を検討しているようだが、
今回3名が新規で選定されている。
新たな役員を登用し、事業もより多角化していくとすると
本業がなおざりになるなどの懸念も気にしている。
今回新規登用の方のスキルは何であるか。

【A】
名古屋支店長の長を西日本を統括する立場となる。
また横浜支店長を首都圏の営業全般の立場。
コンサル他社ノウハウを社内に展開し、既存改革に長けた自分である。

前提として新規事業をやる→役員増ではなく、
役員増はあくまで「営業戦略の強化」が趣旨である。

多角化は原則やるつもりはないが、
不動産のシナジーが生まれやすい場合、
不動産という枠組みの中で新たな種を見つけていきたいとは思っている。
その過程では女性登用による女性のアイデアをぜひ活用したい。
その事も意識して定款を変えた要素もある。
(定款修正メインは民泊ではあるが・・・)

【Q】
定款の追記で「特定会社への出資」が挙げられているが、
何か具体的な案件を見据えたものか。

【A】
現状では石巻地域での復興再開発案件が大詰めであり、
今後特定目的会社の設立が必要になるかもしれないという点で、
今回のタイミングで追記することとした。
この他では特に現状具体的に検討している事実はない。

【Q】
機関投資家向けのIR活動は実績はいかがか。

【A】
Q2とQ4の後の決算説明会の場を設けている。
ちなみにそれ以外では個別に通期で44回の実績がある。



実は株主からの質疑応答を受ける前に、
仕入、配当、に関する質問が多いため、
先に回答案の説明がありました。(これは効率的ですね)


その後は、決議と新任取締役の照会があり、散会です。


去年は定規のお土産がありましたが、
そういえば今年は何もありませんでした。
私は全く気にしませんが、
株主からお土産がないという指摘がなかったことに安堵しました。


皆様にご挨拶を交わしてビルを後にしました。


※ここまで書いておいてなんですが、
特に見立てを変える新たな材料はありませんでしたが、
こうやって経営者と顔を合わせて議論するのはよいですね~


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +7.1% となりました。
前週比は +1.3% で推移しました。

20170324_パフォーマンス推移表




2.全体所感

株価指数がどうこうより、
今週は政局(?)が騒がしい週でしたね。

政治的なネタはあまり言及しないようにしていますが、
さすがにこれだけ騒がれている上に、
株価の動きにも影響を与えているようですから、
全く無視というわけにもいかないのでしょうね。

理事長が証人喚問を受けている最中も、
その動向で指数も神経質な動きになっていたようですしね。

ただ、やっぱり「ばからしいな」、と冷めてみています。
「ばからしい」というのは、
こんなことで株価が振らされているという意味でも、
外交、経済、防衛、社会保障等の重要課題が目白押しの中で
議論すべきことを棚上げしている国会の有様という意味でもです。

確かに、安定政権があってこその政策推進が図られるという点からも、
それが揺らげば政策が滞留して、
経済活動にも影響が出るという意味においても、
または、仮にその政権自体が失脚するような事態に繋がるとした場合の
混乱を想像してみると、確かに株価にはネガティブでしょうから、
完全に無視はできないし、むしろ注視するべきというのが、
一般的な対応なのかもしれません。
しかし、私の投資スタンスにおいて、
このようなリスク程度でいちいち怯えているわけにはいきませんし、
中長期投資というのはその企業の本質的な優位性に期待をするわけですから、
一時的な外部環境で嵐が吹いたとしても
気にせずいる位のものでなければならないと考えています。

ですから、本格的に政権が危うくなり前提となる政策が大きく転換することで、
影響が甚大だという判断を冷静に検討した上で、
それから対処をしていくことにしたいと思っています。
但し、タイミングが良いのか悪いのか、
総じて保有株も含めて割安性は薄まっている点にこそ注視すべきだと思っています。


それから国会での一連の対応についてです。
まず私は証人喚問もつまみ食い状態ですし、
一部の情報からしかインプットしていないので、
その是非などの見解にそこまで強い思いがあるわけではない、
その点をお断りした上で書きます。

今回の政治介入があったかなかったかとか、寄付金をもらったのかどうかとか、
メールを送ったとか電話で話したとか話してないとか、
全てが国会の場で是非をされることとして違和感があります。

真実を知ることは大事ですし、
ネタがネタなので興味関心が高いのは事実でしょうが、
前述の重要課題について話し合ってもらいたいんです。

政治家が広く陳情を受けて意義に照らして
便宜を図ることこそ本来の政治家の役割です。
そこに金が絡むとなるとそれはよくないわけですが、
はっきりいってグレーなのでしょう。
水掛け論などしている場合ではないのです。

民進党の蓮舫代表の国籍問題の時もそうでしたが、
真実を追求すること自体はあるべき姿ですし、
それを知る権利は我々国民にあるのですが、
メディアの格好のネタに踊らされ本質を見誤ってはいけないなと思うのです。

一刻も早く、真っ当な重要課題に向けた議論と政策が
正常通りに進み、ひいては日本経済にとっても良い方向に向くようになることを、
願ってやみません。


誤解なきよう付け加えておくと、
なんでもうやむやでいいと主張しているわけではありません。
真実を調査することは一義的には重要だという点はその通りだと思います。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170324_ポートフォリオ内訳


ポートフォリオ構成は大きく変わりません。
個々の銘柄の値上がり、値下がりによって多少比率に増減はあれど、
構成は変わりません。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170324_保有銘柄一覧(週間騰落)


WDBはMAの材料が出て、全国保証は業績と配当の材料が出て、
これら2銘柄がやや上昇したかなという印象です。
全国保証は上昇というより、ここ数ヶ月少し調整局面が続いていたため、
それが戻りつつあるだけとも見えますがね。。。
WDBのMAそのものはまだ評価には時期尚早なので、
まぁすぐに落ち着くでしょう(笑)。

下落側ではソーシャルワイヤーが保有株の中では一番下落していますが、
逆にここ最近強い動きもあったため、当然の調整だと思いますし、
私も既にほぼ利益確定を済ませており、
ここからは更に長い時間軸で見ていくことになりそうですね。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170324_保有銘柄一覧(指標)

コムチュア、シュッピン、ソーシャルワイヤーが
既に目標株価までのGAPが10%を切っています。

3銘柄とも3月決算で目標株価の更新時期ですので、
それも考慮しつつどうするか検討しています。

ソーシャルワイヤーはまず利益確定を進める選択をして、
とりあえず優待もないものの、その水準まで比率を落として
様子見をする判断をしました。
将来性への期待はまだ大きいため、
完全売り切りにはしていません。
もしかしたら優待新設もあるかもな位には思っていますが(笑)。

シュッピンも比率としては既に優待目的のレベルまで
比率を落としています。
こちらは過去の利益確定タイミングがあまりよくなかったわけですが、
まぁそれも何かの縁でしょうね。
インバウンドの反動から回復してきているという市場の見立てでしょうが、
そもそもインバウンド以外は多少の浮き沈みはあったものの、
総じて主業は順調だったと認識しているので、
市場の評価というのもかなり雰囲気に流されるものなのだな、と実感しています。

コムチュアの対処は悩ましいですね(笑)。
定性的な評価は高く当面成長は継続するものと認識する一方で、
指標面でも割安だよね~とはいえない状況にはなってきています。
その上、個人的にはSier分野は当社に限らず少し踊り場になるかなとも
認識しています(今期進捗もやや遅れているようにみえます)ので、
当社も成長性がやや鈍化してくるかなとも考えています。
ただ、そうなったとしても積極的な還元姿勢もみられていますしね。
とりあえずそろそろ分割をして頂き、
比率的に少し落としておきたいなと思うのですがね。。。



4.個別銘柄トピックス


■ 9090 丸和運輸機関

心温まるCSR活動として、
地元小学生の本社物流センター見学会の様子が紹介されています。
あの株主総会が実施されるステージを前に、
小学生は何を感じ、学んだのでしょうか。

一方で暗い話題として、
関西地域子会社が安全義務を怠っていたということで、
書類送検という結果になったようです。
高所作業中に労災事故があったようで、
その原因として会社側の労働安全衛生法上での不備があったようです。

社員を何より大事にして、
強い体育会系企業としての特有の強みがあるわけですが、
一方でそういうノリが安全への怠りの綻びに繋がるのは、
やはりよい文化ではありませんので、
今回の件を真摯に受けて社内体制を再度確認してもらいたいですね。
きっと社長を始め、多くの方が忸怩たる思いでしょうね。




■ 2475 WDBホールディングス

フィンランド拠点のCRO事業を手掛けるOy Medfiles社を
買収する件がリリースされています。

CRO事業は当社にとっては新規事業領域の種まき中の位置づけで、
米国に進出して着実に受注を積み上げている最中です。
今回のリリースで新たに欧州地域の足掛かりを求めたことになります。
方向性としては米国の順調さも手伝い、着実に歩みを進めている印象です。
一方でこの買収の詳細のシナジーの存在や発揮には、
まだどう評価してよいかわからないというのが率直なところです。
一応IRにも形式的な質問をしました。
買収先のOy Medfiles社の業績は右肩下がりだけど大丈夫?という件は、
直接的な回答はなく(そりゃそうだ)、
直近期の数値(精査中のため今回は非公開)の他、
リソースやノウハウを見極めて適正にデューデリしているとのことです。
また純資産の減少は配当の増加によるもののようです。
これはWDBが受け取れる配当が多いからラッキーというより、
現地で配当を増やす=成長鈍化の兆候があったのでは、とも読めるので、
どんなもんかなと思いますが、
そういう財務面も評価して買収価格を決めているようです。
また欧州の医薬というとフィンランドという印象ではなかったのですが、
なぜ?という質問についてもバルト3国を含めた北欧での存在感や、
AI活用で地域差がなくなっているため、
そもそも地域には拘っていないとのことでした。
まぁ一連の回答も現時点ではそう答えるしかないよね、
という内容でしたし、やはりもう少し見ないとよくわかりません。
専門家ならわかるのかもしれませんがね・・・。



■ 7164 全国保証

今期業績の上方修正と増配ですが、
こちらは概ね最新四季報ラインでしたね。
進捗率もよくまぁある程度予測出来ていましたかね。
前回の総会で渋い配当に苦言も出ていましたが、
増配も結構良い感じですね。
ただ、それでも配当性向はきっちり22%程度の水準ですね。

新中計も同時にリリースされており、
何より驚いたのは、私の当社への見通しCAGRは8%ですが、
会社開示の向こう3ヶ年も8%を少し割るくらいということですので、
ほぼ見込み通りのガイダンスとなったことです。

現状の私の中長期見込みによる19.3期EPSは305としています。
(これに評価PERは18倍で目標株価は5,500円です)
一方で今回の会社増益率を単純に乗算すると19.3期EPSは320となります。
ちなみに新中計の最終年度の20.3期EPSは345までいきます。

これを受けて直ちに目標株価を修正はしませんが、
今期予想の底上げがあったことで、
その後の見通しがやや明るくなったことになります。

方針や戦略も違和感はなく、どれも地に足の着いた内容に感じます。
ただ、1点注文を付けるとすると、
事業規模の拡大の部分で、新規提携先拡大が最初に記載があったのかです。
地方のJAなど規模の小さい新規提携先拡大より、
既存のメガなど規模の大きい先に対するシェアを上げる方が、
優先ではないかと捉えています。
ですので、こちらを大々的に掲げて欲しかった。
いや、単なる記載順の話なんですがね。。。
まぁとにかくまじめで堅い会社というイメージなので、
書かれていることをきちんとやって毎期成長くらいは
きちんとやってくれるかなと感じています。

あとは金利や景況感の変化などが
どのように作用するかですが、
そのリスクは受容するしかないですね。
ただ、同社が影響を受ける位に外部環境が変わった時は、
そもそも他の銘柄はもっとひどいことになりそうですから、
恐れていてばかりいても仕方ありません。

働き方改革などにも言及されていますが、
同社の手掛ける事務は複雑で人出も要し手がかかると思うので、
AIなどやり方を変えることでもっとコストダウンの要素はあると思います。
もちろん、業態的に事務リスクを過大には出来ないので、
そこの兼ね合いには注視も必要だと思いますが。


■ 9466 アイドマMC

東証1部昇格おめでとうございます。
そして記念配当をありがとうございます。
そして、昇格決定後は見事に株価は
出尽くしで下がりましたね。

まだ私の見立て上でも目標株価まではGAPもありますが、
急激にそのGAPは縮小していましたから、
そもそも出尽くし云々以前に当然の調整だと感じます。




■ 1384 ホクリヨウ

今週に材料があったわけではないのですが、
引き続き、鳥インフルエンザの報道が続いており、
千葉や宮城などでも発生していますが、
こういうニュースが出ると株価も下がるのかと思いきや、
騰がりましたね。しかも出来高も気持ち多い印象です。
たまたまかもしれませんが、
ちょっと意外と感じると共に、
同社の優位性をよく理解した株主が増えているのかなと感じます。
もちろん、同社の鶏舎で鳥インフルエンザが出ないとは言い切れませんが、
対策を十分に施した設備ということもあり、
相対的に安心感や魅力が上がることもあるわけですからね。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170324_資産残高推移表



6.雑記


3月は別れの季節ですね。

わが子も今度の4月に小学校へ入学するのですが、
その前の重要イベントの卒園式が先日ありました。

大人の方が感動してしまい涙ぐんでしまうわけですが、
当の子供たちは、まだ実感が湧かないようで、
卒園式の感慨の余韻に浸る間もなく、
外で駆け回って遊んでいました。

幼いながらに「別れる」ことはわかっている様子なのですが、
それを感慨深いという感情に変えて、
様々な思いを巡らし寂しさを感じるまでには、
幼い男の子の心はまだ発達していないのかなと
感じました。
一方で女の子の中にはそんな感受性が育っている子もおり、
泣いてしまう子もいました。

心の発達にも早い、遅いがあるようですが、
これはどちらが優れているというものでもないので、
それぞれの子供がそれぞれの受け止め方をして、
この日を迎えられることだけで十分感謝に値するものと思いました。


そして初めての自分の子供であり、
そして子供の人格形成に大きな影響を与える
幼児教育時期を非常に恵まれた環境で過ごさせてもらったことに、
親としてとても感謝をした次第です。


自分の卒業などの別れの時とはまた違う、
親の立場での感触は別れの寂しさというより、
これまでの間、ありがとうございますという感謝だな、とつくづく思いました。


私は常に謙虚さを持つよう接するようにしています。
過度な謙虚さに嫌気を抱かれる方もおられるでしょうし、
その言い分も理解はしていますが、
自分のライフスタイルとして周囲に感謝をもって接することで、
自分を保つというのが性に合っているようです。
結局、自分が傷つきたくないというもろさの中で、
自分が心を豊かに過ごすためのスタイルのようです。

これから新たな出会いがまたあり、子供は巣立っていくのかと思うと、
とても感慨深いものがこみ上げてきますね。



人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り