十分な教育資金と老後資金のために

■3762 テクマトリックス 東1
巷ではAI、IoTといったIT系銘柄は人気となっている。
同社も情報インフラの構築とアプリ開発を生業にしている成長志向会社。
クラウド型にも強みがあるようだが、このような会社に対して強みは何か。
AIやIoTの可能性という一般論としては可能性が拡がるのは定説だが、
一方でこの領域を生業にしている会社は中小ベンチャーも含めると数多あるからこそ、
本質的な会社の強みがどこにあるのか。
同社の場合、少し資料や動画を視聴すると、
「クラウド」、「医療」、「セキュリティ」辺りが挙げられそう。
医療分野のクラウド型サービスは、黒字化してきたということで、
クラウド型という事から考えると今後収益は急拡大する可能性がある。
しかし、医療分野での電子カルテなどの広域医療情報システムは、
CEホールディングスなど専業もある中で、どうも凹凸がある。
医療法人は案外、設備投資には消極的な印象があって、
高齢化という医療ニーズが増す中で成長しそうでありながら、
どうも先行きに自信が持てない部分がある。
セキュリティは同社の起業の頃からの注力領域ということで、
今も一定の優位性はありそうだが、一方で今はセキュリティなくしては
情報基盤構築などありえないので、圧倒するものがないと評価が難しい。
結局、キーワードに挙げた部分で一定の強みがありそうだが、
どこまでのポテンシャルがあるのかは確信が持てないという印象。
ただ、社長の動画の様子やWebのメッセージなどをみていると、
創業からのサクセスストーリーや中計へのコミットメントもあり、
どこかコムチュアを思わせる。
今期のガイダンスは中計未達を示唆しているものの、
そのトレンドに沿ったものという説明も動画であり、
数値へのコミットメントがどこまであるのかも少し気になるところ。

いずれにしても、もう少し真面目に各商品・サービスの優位性評価をしないと、
詳細な分析が不能。

市場からの需要が引き続き堅調であることもあり、
当面は高成長で推移しそうであるが、
CAGR20%は少し強気かとも思う。
時価総額が400億~500億の会社が更に倍となり
1000億の規模になるとすると、
何せ人材育成などの投資も益々増加するだろうし、
会社のガバナンスコストも一層高まるところとも思う。
CAGR15%程度でみておくのがよさそう。
その目線で目標株価を算出してみると、
22.3期EPSは140で評価PERは20倍~25倍くらいとすると、
2800円~3500円で中央値の3150円となり、
今の株価から4年後に2倍までいくかどうかといったところ。

医療分野のクラウドサービスが黒字化した後に、
どの程度のスピード感で拡大していけるのかという点と、
セキュリティ分野でAIやIoTというテーマを背景に、
同社の商品サービスがどこまで優位性を持って導入していけるのか、
このあたりの進捗状況次第では大きく化けそうではある。

コムチュアと同じ匂いがするんだけど、
金融分野に強みがあるコムチュアであれば、
医療に強みのあるテクマトリックスという印象。
もちろん、金融や医療だけではなく、
他業態や領域に進出しようというのも同じ流れ。

コムチュアはNRIへの売上が大きいが、
テクマトリックスはNECへの売上が大きい。
NECは大手ベンダー系のSIerの中では劣勢という認識があり、
一方でNRIは金融に強みがあり、
顧客基盤という面からも少し心配もあるかなー(気にし過ぎかな)。
過去業績の安定性の面からもコムチュアに軍配。


■4595 ミズホメディー JASDAQ

臨床試薬の器具、消耗品、検査薬などを扱う。
インフルエンザ検査に関する商材は既にデファクトスタンダードとなっていて、
機器の更改販売のフローと消耗品が継続的に発生。
またインフルエンザ以外にも肺炎など様々な感染症に対応するための
商材ラインアップを拡充中。
更に簡易的に検査が出来る機器も独自開発。
そもそも、同社は技術屋会社で一貫した自社製品開発など、
拘りがとても強い。なので、社長もどこか口下手な印象。
佐賀の地方会社でアクのある拘りある系の会社なので、好みの会社。
インフルエンザの流行期になると物色されがちだが、
インフルエンザ以外の様々な新商品の投入や、
既存商品の検体検知力の向上など付加価値向上型も魅力。

遺伝子レベルの検査への対応など、
今後も研究開発や生産ラインの投資も継続的に必要なこともあり、
成長率からするとややマイルドか。
CAGR15%程度で21.12期EPSは184、評価PERは25倍とみると、
目標株価は4600円。4年で+60%程度の上値余地ということで、
今がやはり手が出しにくい価格帯という判断。

なお、需給面で目先JASDAQから将来的に東証1部へ昇格期待もありそう。
(東証2部経由かな)


■3724 ベリサーブ 東1

ソフトのデバック(ソフト検証)を行う会社です。
ゲームソフトにおけるデバックとしては、
ハーツUGやポールトゥウィンなどがありますが、
これらの検証とは違い、
電子機器や車載搭載機器に実装するソフトの検証を行います。

ソフトの構築で人手が足りないことは周知のことですが、
IoTという時流の中で、益々需要は旺盛になっていく分野だと思います。

ソフト構築は工程別に求められるものも異なりますが、
下流になればなる程、人力技という印象です。
従って製造工程(いわゆるプログラミング)や試験工程は、
どうしても労働集約型になりがちであるという点と、
設計工程で実装した内容をチェックしていくわけなので、
上流の設計工程をマネジメントしているキーマンがいないと、
試験工程で品質を網羅出来ない構造があるという点が肝です。

このようなことを念頭におくと、
まず労働集約型であるという点についてですが、
昨今ではテストの自動化というツールが有用になっており、
試験データの作成やその走行をある程度自動化することが出来ます。
同社においてもこのようなツールを活用しているようですし、
その一環として特化型ワークフローで効率を重視している様子は伺えます。
但し、同社ならではという強みまではなかなかすぐには発掘出来ませんでした。

相応のSIer会社であればオフショアやツール適用など、
様々な施策の中で効率を求めて、
出来るだけ労働力に頼らないやり方は既にやられており、
この点で差別化要因があるようには感じません。
(決して劣っているというわけでもないので、良くも悪くも普通という印象)

また2点目の設計工程への寄与度という点では、
開発フェーズからの参画で実績という内容が触れられています。
しかし、同社が開発フェーズで強い優位性がある、
つまりSIerとしての優位性がどこまであるのかは未知数です。
推測ではありますが、SCSKから独立した会社で、
未だ筆頭株主という事を考えると、
要するにSCSKが手掛けるプロジェクトに参画しており、
その中で特にテスト工程に強みのある会社として
請負をしているということなのかなと感じました。
(完全なる推測なので違っていたらすみません)
それであればSCSKの工程分担会社という見方も出来るかもしれません。

そもそもSCSK自体もSI業界の堅調さの中で成長していくでしょうから、
その流れに同社も乗って一定の成長は期待出来るかもしれません。

営業利益率がこの業界としてはやや高く10%を超えています。
固定資産が少なく償却費が少ない構造であることで原価率も低いのですが、
研究開発費なども低く(それでいいのかな?)、販管費率も抑制されています。

とざっくりビジネスの状況を把握した上で同社をみて感じることです。

まず、現金そんなにため込んでどうするの?ということです。
財務は岩盤で現金を還元するなり投資するなりしないとなりませんが、
どうするつもりなのかということです。
投資に回すつもりがあるにせよ、還元姿勢が極端に弱いので、
もう少し見直すべきだと思います。

次に経営姿勢についてです。
SCSKから独立したという会社ですが、大株主には経営陣が一切いません。
この時価総額であればもう少し役員が株式保有でもって
株主の方を向いた経営があってもいいのかなと感じます。
IR活動もかつてはセミナーや資料開示もあったようですが、
直近ではそれも消極的になった印象です。
経営への意欲や株主への姿勢などやや消極的かなという印象を持ちました。


良い点としては、従業員の給与水準ですが、
41歳で平均年収640万は、悪くはない水準です。
こちらも想像ですが、SCSKはホワイト企業に邁進する会社ですから、
その文化をうまく継承できているとすると、
この年収数値以外の従業員の定着という面で良い面はあるかもしれません。
ただ、離職率など定量データで裏どりしたいところです。

株価水準ですが、PER水準は10倍台後半で、
この相場にあって見た目はそこまで高くないかなという印象です。
成長性については、需要は旺盛ながらも対応出来るキャパという観点もあり、
CAGRは10%程度が現実的だと考えています。
22.3期EPSは290、評価PERは20倍くらいとみると、目標株価は5800円位ですかね。
5年で+60%程度なのでまぁ微妙かなと思います。
CAGRがやや控え目でかつ評価PERも20倍程度と控え目で見たのは、
安定性、還元性において低い評価であることによります。
収益構造がフロー型が主体で安定性に凹凸があると思われ、
今でこそ他案件でカバーできているのですが端境期の存在も考慮すると、
CAGR水準もこの程度で、かつ還元姿勢も含めて考えると、
評価PERもこの程度かなと思います。
受注状況の定量データもあるのですが、
試験工程を中心とした領域であることを考えると、
売上計上までの期間はそこまで長くないと思われ、
安定性評価の際の助けになるかといわれるとそこも微妙かなと思い、
やはり安定性評価でもそこまで高い評価が下せません。

ちょうどsunさんのブログで取り上げられていたこともあり、
埋没していた監視銘柄リストからピックアップして、
改めて簡易的な所感をメモしてみました。



人気ブログランキングへ

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +29.1% となりました。
前週比は ▲1.3% で推移しました。

20171020_パフォーマンス推移表



2.全体所感

日経平均の連騰記録が話題になっているようです。
選挙による官制相場であるとか、
海外勢の買いが強いだとか、色々解説されていますが、
やはりやや強引に指数をあげたいというようにみえています。

ただ、指数動向の状況や選挙後にどう相場が推移するかなんて、
考えてみてもよくわかりません。分かったら苦労しませんしね。
従ってそんなことに時間を使うくらいであれば、
監視銘柄のひとつにでも多くメモを付けていく方がいいですね。
何事も初心に戻ることですね。

それで、日経平均の連騰に比べて、
自分のポートフォリオは全くついていけていない感触が強かったわけですが、
定量的に見てみるとこんなもんだったのかとちょっと安堵しました。
週間パフォーマンスなんて短期的な結果なんて、
何の意味もないのですが、漠然として不安はないわけではなく、
実際に数値を見ると良くも悪くも冷静に受け止められます。

私の資産は前週比で▲1.3%と減っていますが、
体感よりかなりマイルドな下落と感じます。
一方で、日経平均が連騰で騒いでいるわりには、
日経平均は前週比で+1.6%となりこちらもマイルドに感じます。
結局のところ、自分の感覚なんてものはあまりあてにならないということですね。

これから決算シーズンに突入していきますが、
続々と修正開示が出ています。
こういうものにきちんと目を光らせて、
何か変化があることはないか、
違和感がヒントになりますので、
私もマイペースにチェックしていきたいと思います。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

201710320_ポートフォリオ内訳


丸和運輸機関を更に売却し、
遂に下位銘柄に転落となりました。
その他は大きな変化はありません。

保有比率5%以上の銘柄は引き続き3銘柄となり、
今後が心配になります。
そろそろ来年以降の事も念頭に置かねばならないわけですが、
今後を牽引してくれる銘柄をきちんと入れておかねばなりません。
ただ、一方で妥協をすると納得感が損なわれるので、
無理をすることはしないですが、悩ましいですね。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20171020_保有銘柄一覧(週間騰落)


騰落を見てみると、WDBHDと丸和運輸機関がやや大きめの調整です。
どちらも目標株価を既に超過しており、
なるべくしてなっている、という感覚です。
時点でソーシャルワイヤーとシュッピンのマイナス幅が大きいです。
目標株価超過銘柄がきちんと調整しています。
これは偶然なのですが、まぁ受け入れやすい内容です。
マイナスを受け入れやすいっておかしいんじゃないかって思いますが、
まぁそんなもんでしょう。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20171020_保有銘柄一覧(指標)

丸和運輸機関の売却により、
ポートフォリオ全体のPERは15倍超で推移していましたが、
とりあえず14倍台後半までやや下がりました。
シュッピンとWDBHDが目標株価超過でありながら、
準主力手前の比較的上位になっていますが、
もう少し様子見かなと思っています。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄に関して、トピックスがある銘柄のメモです。


■日本管理センター
月次が開示されていますが、株価は無反応です。
引き続き、見た目の悪い管理戸数の状況が続いていますが、
だいぶ期待感も剥ぎ落とされてきた印象を持ちます。
人気投票という側面からの株価形成期待の上では、
見切られたという要素が強い印象もありますが、
私は元々トレンドに乗るために同社へ投資しているわけでもありません。
良好な配当姿勢と決算の安定性や経営への信頼という点に
なんら変わりがあるわけではないので、
引き続き、放置かなと考えています。
但し、同社の保有比率がやや大きい点と、
全体相場の危うさから見ると、
少し比率は調整してもいいかなとも考え始めています。
ただ、目先の相場のトレンドみたいな視点で取るべき行動としては、
私の投資スタンスとやや相違する部分でもあり、悩ましいなとも思っています。

それから、NHKのニュースの特集の中で、
サービス付き高齢者住宅に関する問題が報じられていました。
ヘルパーが実際には対応していないメニューまで対応したことにして、
補助金などの不正受給を行っている事業者があるといった趣旨です。
なんでも悪いことを考える人は出るものです。
この事例で悪いのはサービス提供事業者ですが、
日本管理センターがふるさぽで拡充している中で、
このような問題がより社会問題化してくると、
そもそもの構造でトバッチリを受けることも多少気に掛けておかねばなりません。
とはいえ、このリスクはある程度受容するしかないでしょうね。


■サンセイランディック
同社の業績に関わる部分ではありませんが、
ユニークな優待(パンの缶詰)を頂いたので、
調子に乗って記事をUPしました。
相場の福の神を名乗られている某氏による推奨記事のせいなのか、
株価は週初こそ幸先よくスタートしましたが、
ズルズルと弱含みました。
なかなか理解されないニッチな領域ですし、
まぁそう簡単に1000円台にはさせてくれなそうですよね。
来年の中計発表までは少なくてもヨコヨコかもしれませんね。
短期的な動向より、同社もまたIR姿勢がステキなので、
応援していきたいと思っています。
なお、同社の事業への影響は軽微ですが、
大田区で民泊を6泊以上という前提から
2泊以上ということで緩和されるようです。
少しずつですがモラルを担保しつつ規制が緩和していく方向だと思いますが、
だからこそ、真っ当に法の中でやろうとしている同社のような事業に、
より光があたるといいなと思います。


■アイドママーケティングコミュニケーション
週前半にやや出来高が増えていたので、
何かあったかなと思っていましたが、何もなかったようです(笑)
決算シーズンを控えて、有望な銘柄に上方修正が相次いでおりますが、
本来であれば準主力位の位置づけである同社には、
それに続いて欲しいとも思いますが、
主要顧客のバローHD等の状況を見てもまぁ期待できないですね。
だったら期待出来る監視銘柄と入れ替えた方がいいかなとも思うのですが、
まぁ上方修正の当たりを引くゲームをやっているわけでもないですし、
何か投資前提が崩れるような事象のリスクを感じているわけではないので、
まったりいこうと思います。


■丸和運輸機関
コーポレートWebページにスポーツ活動の紹介ページを開設されました。
(どうでもいいですかね(笑))
ラグビー部だそうで、写真などを見ると、まぁそれはそれは・・・なわけです(笑)。
こういう社風なので、頑張って頂きたいですね。
本社にクラブハウスまで作って気合も十分です。
で、本題ですが、日経新聞に業績観測記事が出ました。
私の記憶だと日経新聞に同社の観測記事が出るのは初めてではないでしょうか。
(違っていたらすみません。)
それで内容ですが、売上こそ10%程度の増収とのことですが、
求人費の支出で利益項目は横ばい圏とのことです。
営業利益で21億円前後とのことで、2Q単では11.5億程度ということになります。
前期の2Q単が11.9億ですから、2Q単では減益になったことと思います。
私の率直な感想では、「この程度で済んでいるのか」という印象です。
一方で記事によると、今回の記事ではあくまで「求人費」の発生による利益圧迫です。
今後も慢性的な人材不足は続くでしょうから、引き続き求人費は発生するでしょうし、
そこで獲得した人件費は更にストックで積みあがってきます。
いくら同社が個人事業主の連合体という形式だったとしても、
それなりに継続性のある人件費となると思われます。
記事によると、下期では効率化の奏功とアマゾンの荷量の増加による
トップライン向上により修正は必要なく挽回できるというシナリオのようですが、
未だ一部都内では配送が輻輳していたり、
「丸和氏ね」などの声も収束しておらず(もっともこのような口コミは話半分に捉えていますが)、
効率化による収益改善にはまだ時間がかかり、
結局下方修正になる可能性は拭えないと考えています。
上場直後からずっと応援しており、今後もその気持ちは変わりありませんが、
このアマゾン配送のボトルネックをうまくマネジメントできるかは、
相応のリスクも孕んでいることもあり、
今の株価水準から冷静に受け止めると更に比率を下げざるえないと考えて今週対処をしました。
タイミングとしては、元々、分割前の高いところで対処したかったのですが、
既に保有数も単元まで落としていたこともあり、
売り切りとはしたくなかったことと、
決算前には対処を済ませたかったということで、
分割後の対処ということで、今週ということになりました。
残り1枚はアマゾンの対処と共に応援する気持ちでホールドしたいと思います。

なお、一応IRに照会しました。
細かなやり取りは割愛しますが、
日経記事には言及しないこと、
既に回復傾向はあり効率化の効果は出ている、
更なる拡充のために今後も求人費が発生する、
それでも効率化やトップライン向上と既存3PLの堅調さで挽回可能である、
ということです。
解釈は難しいですが、私は今の株価水準でニュートラルに見た時に、
今の比率に落とすという判断は、やはりしっくりくる対応だと感じているところです。
それにしてもどこかできちんと買い戻したいとは思うわけですよね。。。


■全国保証
同社の業績や株価は良くも悪くも安定しています。
直近でも記事には取り上げていませんでしたが、
金融機関との小さな提携は適宜進んでいます。
同社の成長はやはりメガバンクの保証をどこまで受け入れできるか、
そのためにどれだけの事務効率化が図れるかにかかっています。
一朝一夕にはイノベーションは起き得ないので、
こちらものんびり応援型となります。
外部環境としての景況感の変化や金利動向の変化により、
代位弁済率の上昇などがリスクですが、
そのあたりをよく注視しながらの対応になっていくかなと思います。
ところで、同社は保証会社ですが、
貸付をメインにしている日本モーゲージサービスという直近IPO銘柄が、
最近値動きがよいようです。
リスクは保証に係る事務をアウトソースしたいという
金融機関の大きなトレンドは認識してますが、
住宅ローンで細く長く取引をしてもらい(その上で薄利もゲット)、
メインバンクとして取引をしてもらうという金融機関のモチベーションは、
一定程度あると思うのですが、なぜ独立系の貸付業務を生業にして成長していけるのか、
違和感があるのです。
ただ、実際には株価も買われているということもあり、
何か自分の見えていない視点があるのかもしれません。
全国保証そのものの内容ではありませんが、
気になったので関連としてメモを残しておきました。


■ステップ
IRの情報はとても少なく過疎状態ですが、
直近でもSTEPキッズの説明会のアナウンスなどリリースは頻繁に出ています。
事業そのものは活性的のようです。
幼児教育無料化などで一部の銘柄ではテーマ性でもてはやされていますが、
そういえば、ステップは全くもてはやされませんね(笑)。
これは逆にチャンスではないかと思ったりもするのですが、
買い注文の指値をあげるかどうか悩ましいなと思っています。
STEPキッズで新たなマーケットは魅力ではあると思いますが、
それに適した人材をはじめとしたリソース確保は必要で、
テーマでもてはやされるような爆益なんて期待できないと思っています。
緩やかに成長すればいいので、何もそんなにいき急いで買い付けなくても、
と思ってしまうのですよね。


■ソーシャルワイヤー
翻訳に続き、今度は取引先チェック機能の拡充のリリースがありました。
既に簡易的には既存顧客の付加価値向上の側面で提供されていたものを、
正式に製品販売することにしたようです。
こういうかゆいところに手が届くサービスを
クリッピングサービスの延長で手間なくやれるのであれば顧客のためにも同社のためにも
良い効果になりそうですね。
それから、日本テクノロジー Fast50で今年度も成長性を評価されて受賞したようです。
他の企業も見ると、上位はベンチャーが多いですが、
中位以下を見ると、結構知っている会社も多く、
しかもマザーズで頑張っている会社も多いですね。
ベガコーポとかテラスカイとか色々あって、
ちょっとまじめにエントリー会社を見てみようかなと思いました。


■日本BS放送
上場名の略称を「BS11」から「日本BS放送」にするそうです。
そんなリリースが出るのですね。
理由は何をしている会社か想像しにくいからだそうです。
っていまさらですか!?とも思うのですがね(笑)。
企業価値向上に繋がるそうで、であればもっと早くやって頂ければと。
11チャンネルという浸透は一定程度できたということなんでしょうかね。




5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20171020_資産残高推移表

策定している長期資産シミュレーション上では、
今の資産規模は、2020年半ばくらいの水準となっています。
3年前倒しということになります。
素直に喜べばいいのかもしれませんが、
やはりそれよりは警戒感を抱いてしまいます。
いずれにせよ、よりリスクには敏感になって、
守ることに注力しないといけないという思いが強くなっています。



6.雑記

私は冗長な文章を書くのがとても得意です。
端的にコンパクトに書くことが能力的に出来ないのです。
そういえば国語が苦手でした。
小学生の頃から文章題で、主人公の心情を選択させる問題でも、
自分は確信をもって答えているつもりでも不正解とか、
論説でも構成が下手とダメ出しばかりでした。
大人になってもそう簡単には変われません。
これは仕方のないことだと諦めています。

そんな私ですが、違和感がある文言があります。
株式評論家などからよく聞かれる言葉なのですが、

「〇〇してもおかしくはない」

ですね。

日経平均の連騰ぶりをみて、
「年末までに2万5千円まで高値を追ってもおかしくはない」
とかいうやつですね。

評論家、とりわけマーケットに携わる方にとっては、
パーソナルな信頼性が大事ですからね。

仮に主張が実現しなかったとしても逃げ道を用意したいという
心情が滲むもので、私には違和感があります。

おかしくはないの他にも不思議ではないとかも類語ですね。

可能性をあげたら、
それは上が不思議ではなければ、下だって不思議ではないですし、
ものの言いようですから、
そんなことを言われてもふ~んとしかならないんですよね。

こんな玉虫色の表現をする位ならば、
わからない将来について言及しなければいいのにと思うのですがね。

個人が勝手に自分の思いをSNSなどで主張するのと違い、
アナリストとしてどこぞやの会社の看板をしょって
発言をするわけなので、もう少し信念をもって発言されたらいいのにな、
といつも思うわけです。

信念がない言動は何事も引き込まれないですね。
アナリストの発言しかり、政治家の選挙活動しかりです。

私は例え、稚拙な主張だったとしても、
信念をもって言動出来るようにしていけたらいいなと思っています。



人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り